まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

貧血の症状と病院での処方

      2016/02/28

 - 美容・健康

貧血でお悩みの方も多いことでしょう。貧血にも多くの種類がありますが、症状の重さは様々です。普段の生活に支障をきたす場合もあります。貧血の症状はどういったものなのでしょうか。その場合の病院での処方について調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

胃腸風邪の薬は市販薬でいい?病院で処方してもらうべき?

風邪をひくと吐き気や下痢の症状を伴うことがあります。それは胃腸風邪と言われ脱水などに気を付けないといけません。胃腸風邪の場合は市販の薬と病院で処方してもらうのとどちらがいいのでしょうか。

手の神経麻痺と原因

様々な疾患が存在します。軽い症状のものから、重たい症状があります。その中でも、手の神経の麻痺に悩まされている方もいることでしょう。原因や症状などはどのようなものなのでしょうか。調べてみました。

歯痛に効くのは?カロナールとロキソニンどっち?

急に歯痛が!そんな時は痛み止めを飲みますね。痛み止めといえばカロナールとロキソニンが代表的ですが、この2つの薬の違いは何でしょう。今回は歯痛の原因とその対処法について調べました。

筋トレを毎日やるのと隔日やるのとでどっちが有効

筋トレをしていると、効果がありそうで毎日続けていますが、隔日の方が効果は高いんだよと聞きました。毎日続けた方が良いに決まっているじゃん。いまいち納得が行かないので調べました。

若者に脳の病気が増えている

脳梗塞やアルツハイマーは中高年の病気だと思われていました。しかし、若者に増えているのです。「不規則な生活」「栄養バランスの偏った食事」「ストレス」などが原因とわかってきました。生活習慣を改善することが予防になります。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

奥歯の根元が虫歯に?治療はどうする?

奥歯は虫歯になりやすい歯です。歯の根元も気を付けないと段差ができたり虫歯になりやすくなります。歯の根元が虫歯になったときは早めに治療に行く必要があります。今回は虫歯になりやすい歯の症状について調べました。

イソジンの消毒はとびひに効くってほんとう!?

とびひは子供がかかりやすい皮膚の疾患で、伝染するので注意が必要です。このとびひの治療に市販薬のイソジンでの消毒がいいと聞きますが実際はどうなのでしょうか?今回はとびひの治し方について調べました。

もしも都立高校受験日にインフルエンザにかかったらどうする?

2016年が明けてからインフルエンザの猛威はすごいものでしたね。この時期は都立高校などの受験があるので体調管理には本当に気を使います。もしも都立高校受験日にインフルエンザに罹ったらどうしたらいいのでしょうか。

ビオフェルミンの服用が効果あり?アトピーが改善?!

ビオフェルミンといえば有名な乳酸菌の整腸薬ですね。このビオフェルミンがアトピーの改善に効果があるという話があります。はたして実際の効果はどうなのでしょうか?今回はビオフェルミンとアトピーについて調べました。

毎日ランニングを30分続けて健康な体を作る

ジョギングを毎日続けることは難しいし、しかも30分となるとなおさらです。三日坊主の私にはハードルの高い問題ですので、楽しく続づける方法と効果を理解すれば、三日坊主にならないかもと思い調べました。

コンタクトをしたまま目薬はOK?安全な使い捨て目薬とは

コンタクトをしていると目が乾いたり、目が疲れたりするので目薬を使っている人は多いでしょう。ところで目薬はコンタクト専用の目薬を使っていますか?ソフトコンタクトをしていても点せる、衛生面でも安心な使い捨ての目薬もあるようです。

頭皮が凝ると肩も凝る?効果的なマッサージとは

肩が凝ることはよくありますが、頭皮も凝るって知ってましたか?頭皮が凝ると肩の凝りだけでなく頭痛がしたりといろいろ影響が出るようです。今回はそんな頭皮の凝りに効くマッサージを紹介します。

美容院でカットを失敗した!?そんな時はどうする?

せっかく美容院で髪をカットしてもらったのに、思い通りの髪型にならなかったらどうしますか?失敗した!とならないためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は美容院でカットを失敗した場合について調べました。

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

サロンで使っているシャンプーはアミノ酸系が多い

シャンプーは近くのドラッグストアで特売品を買っていましたが、どうも髪がゴワゴワするし、フケも多くなってきました。肌に優しいと言われる、アミノ酸系シャンプーに代えようかなと思っています。

腹痛に下痢!微熱まであるのはどんな病気?

腹痛から下痢になるととてもつらいですね。そのうえ微熱まで出てしまった場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。今回は腹痛、下痢、微熱を伴う症状の病気について調べました。

赤ちゃんの頭が大きい?考えられる病気とは?

赤ちゃんの頭は遺伝で大きい場合もあります。しかし不自然に大きな場合は病気である可能性があります。赤ちゃんの頭が大きい場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?

舌を噛むには原因があった!?その原因と出血した時の対処法

食事中などに舌を噛んで出血したことがある人はたくさんいる事でしょう。中には無意識に噛んでいる人もいるのではないでしょうか。実は舌を噛むという事には原因があったのです。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

●貧血の症状は全身に現れる

体調に関する症状

  ・疲れやすい
  ・だるい
  ・めまいがする
  ・動悸や息切れがする
  ・眠気
  ・吐き気
  ・胃痛

頭痛や肩こりに関する症状

  ・頭痛
  ・肩こりがある
  ・頭が重い
  ・顔色が悪い

食事に関する症状

  ・食べ物が飲み込みづらい
  ・口の端が切れる
  ・舌の表面がツルツル
  ・煎餅など硬いものを大量に食べたくなる
  ・酸味がしみる

肌・髪・爪に関する症状

  ・爪がスプーン状になる
  ・爪が割れやすい
  ・枝毛・抜け毛が増える
  ・肌がカサカサする

 思い当たる症状はありましたか?貧血といえば「めまい」や「だるさ」くらいに考えられがちですが、貧血にはこれだけの症状があります。貧血は血液の病気ですので、全身を駆けめぐる血液の調子が悪いと、体のあちこちに障害が出てもおかしくありません。

引用元-わかりやすい貧血の知識

スポンサーリンク

  人気記事

●貧血で病院に行くべきか

医者を選んででも絶対に行くべきでしょう。

ヘモグロビン7g/dlは治療域です。それに、貧血は脳の働きが悪くなるから・・と説明すれば、危機感を持っていただけるでしょうか?
重量1350g足らずの脳は体重の1/40ほどしかありません。しかし、全身で使う酸素量の1/6~1/5も使わないと正常に動いてくれない、緻密で酸素喰いのコンピューターなのです。その酸素運搬には、ヘモグロビンが積み込んだ酸素しか使えないのですから、脳の働きが悪くなると云う意味はご理解頂けると思います。
運搬能低下が起きると大変なので、心臓に鞭を入れ、脈を早くして脳血流を保つべく代償機能を働かせます。その結果、後年心肥大などの病気を招くことになります。

有経であれば、毎月30mg(日量換算では1mg)の鉄を漏出します。そして、良い食事(鉄含有量10mg程度)を摂っても、1mgの鉄が吸収されて1mgの鉄が汗や尿、糞便から排泄されます。
と云う事は、毎日1mgずつ鉄が赤字終始になり、貧血は日々進むことになります。
鉄には植物性の無機鉄と動物性のヘム鉄があります。無機鉄は食事から得られる鉄の1~3%程度しか吸収されず、ヘム鉄は40%も吸収されます。
そのヘム鉄とグロビンと云うタンパク質が結合して、ヘモグロビンが出来上がります。と云う事は、鉄分だけ摂っても貧血は改善し難いということです。充分な蛋白摂取も大切です。

多彩な貧血症状を羅列しておきます。
精神・神経症状として・・・→朝起きられない・イライラ・ヒステリー・神経過敏・気まぐれ・無気力・鬱・精神錯乱 等々
身体症状として・・・→肩凝り・腰痛・関節痛・頭痛・易疲労・下痢・便秘・風邪を曳き易い・アザが出来やすい・冷え性・眩暈・立ち眩み・膀胱炎・抜け毛が多い等々
心身ともに健康を保ち、有意義な学生生活をお過ごしください。

引用元-教えて!goo

●病院で処方される薬と治療法

内服薬

ただ鉄分が足りないだけの鉄欠乏性貧血でも、病院で処方される内服用の鉄剤は市販で扱われているサプリメントなどとは鉄分の含有量が10倍以上も違うことがあります。
また、きちんと必要量の鉄剤を使えば症状は改善されますが、鉄剤は胃腸を荒らしてしまう可能性が高いんです。そのため病院では、胃で溶けずに腸で溶けるタイプや胃粘膜を保護しながら溶け出すタイプ等、状態に合わせて最適なものが処方されます。ですから、特に胃炎や潰瘍などが原因の場合には、市販の鉄剤の使用はおススメできません。

注射

貧血の種類によってはない服用の鉄剤が使えないことや、阻害物質によって消化器官からでは有効成分が吸収されないという場合があります。そういった場合には、注射や点滴によって直接吸収されるような治療が行われます。
特に悪性貧血の場合、どうしても外から取り入れることができないビタミンB12を定期的に筋肉注射する必要があります。

薬の使い方

鉄剤は、空腹時に服用するとより吸収率が高くなります。しかし、胃粘膜を荒らしやすいという性質があり、空腹時に服用すると胃粘膜からの出血で返って貧血症状を悪化させる可能性のほうが高いんです。そのため、鉄剤を含む内服薬が処方される場合には食後に服用するように指示されます。
また、症状が落ち着いても勝手に薬をやめてはいけません。症状が改善されても、体内に貯蓄されるべき鉄分が十分に貯蓄できているとは限りません。貯蓄量が足りないまま薬をやめると、また貧血を繰り返すことにもなりかねません。

引用元-プラス貧血

●貧血の薬について

「フェロミア」はサンノーバ社が販売している治療用鉄剤です。
その主成分は「クエン酸第一鉄ナトリウム」であり、「フェロミア」は成分ではなく商品名です。

質問文章内のリンク先を確認しましたが、
「ファイチ」はピロリン酸第二鉄、「マスチゲンS」はフマル酸第一鉄を主成分とする市販鉄剤のようです。

いずれも鉄剤という意味では、仲間と言えば仲間と言えます。
病院で処方される鉄剤にはフェロミアの他に「フェルム」などもありますが、こちらの主成分はフマル酸第一鉄であり、その意味ではマスチゲンSに近いと思われます。

病院で処方される鉄剤は、市販薬に比べて鉄含有量が多く、また鉄欠乏治療のために1日内服量も当然多くなります。
鉄剤内服による「嘔気」は割と知られた副作用ですが、これは鉄イオンによって胃腸粘膜が刺激されるために起こる言われています。
フェロミアは非イオン型鉄剤で、そのためイオン型鉄剤に比べると嘔気の副作用が少ないと言われますが、そうは言っても鉄含有量自体は市販薬よりも多く、一概にどちらの副作用が多いとも少ないとも言えないかも知れません。
(個人差も大きく、徐々に慣れる方も少なからずいます)

まとめますと
1. 市販のファイチおよびマスチゲンSは、フェロミアとは異なる主成分を持つが、鉄剤であるという点では仲間である。
2. 医師の処方薬であるフェロミアは、鉄含有量および1日の鉄内服量が他の2剤よりも多いため、適正標準量を内服した時の3剤の効果が全く同じであるとまでは言えない。
3. 鉄剤の副作用である嘔気は、鉄イオンによる胃腸粘膜の刺激によって引き起こされると考えられるが、鉄含有量および摂取量自体も3剤で異なるため、一概にどの薬剤に副作用が出やすいとは言い難い。また個人差も大きい。

引用元-Yahoo!知恵袋

●貧血のときに鉄剤が処方されるのは何故か

貧血でお悩みの女性の話はよく耳にします。病院に行くと当たり前のように鉄剤が処方されますが、これはどういう理由からでしょうか?

貧血とは、血液中の赤血球数、ヘマトクリット値(血液中に占める赤血球の容積の割合)、ヘモグロビン濃度(ヘモグロビンは、赤血球中のタンパク質で、その中に鉄を含有しています)が基準値を下回った状態と定義されています。

赤血球は骨髄を基盤としてつくられますが、その過程の中で血清中から鉄を細胞内に取り込めないと、赤血球に含まれるヘモグロビンが作られないため赤血球が不足し、鉄欠乏性貧血が発症します。
貧血には鉄欠乏性貧血の他にも、巨赤芽球性貧血、再生不良性貧血などがあり、一概に、貧血=鉄欠乏ではないのですが、頻度として最も発症率が高いといわれるのが鉄欠乏性貧血のため、必然的に鉄剤が処方される機会が多くなるのです。

鉄分が不足する原因は、消化管出血(胃潰瘍、痔など)、妊娠、分娩、授乳、月経異常、栄養吸収不良、食事の不摂生など様々です。

消化管を手術した場合にも、鉄の吸収力が弱くなり鉄分が不足する場合があります。ヘモグロビンは体中に酸素を運搬する役目を担っているため、鉄欠乏性貧血に陥ると、息切れや動悸、疲れやすくなるといった症状が現れてきます。

症状が進むと、スプーンネイルと呼ばれる爪がそり返って中央部がくぼんだ状態や、舌先の乳頭と呼ばれる細胞が萎縮し舌がツルツルの状態になることがあります。また、口角炎や口内炎、食道粘膜が萎縮して食べ物が飲み込みにくくなる嚥下障害などが見られることもあります。

貧血予防には毎日の食事が大切です。日頃から、レバーやひじきなど鉄分を多く含んだ食べ物を意識して食べるよう心掛けましょう。

引用元-TRINITY

まとめ
原因は様々ですが、まず、普段の生活を見直すことを心がけてみましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康