日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

有線LANと無線LANの切り替え方法

      2016/02/28

有線LANと無線LANの切り替え方法

今無線LANを使用している方や、有線LANを使用している方など様々だと思います。有線と無線でのメリットデメリットはどのようなものなのでしょうか。それと、有線から無線、またはその逆に切り替える場合、方法はどのように行えばよいのでしょうか。詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

●有線と無線の違いとは

有線接続とは?

有線接続ではルーターからLANケーブルを伸ばして、各PCに直接繋げます。
このPCに繋げられたケーブルを通してインターネットへ接続するのです。
この様に接続されている方が大半だと思いますし、もっともポピュラーなのではないでしょうか。
有線接続では通信は比較的安定しており、大容量のデータ転送量も問題ありません。

ただし、この方法だと、PCの台数が多くなるにつれてLANケーブルの本数も増え、HUBも増えて、結果としてLANケーブルでぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。
ケーブルが切断してしまったり、HUBが故障したりした場合もインターネットに接続できなくなってしまうので、こうした機器のメンテナンスも大事になってきます。

無線接続とは?

一方で、無線接続ではルーターからLANケーブルは必要ありません。
文字通りPCからルーターへ無線で接続することができるのです。
しかし、PC本体に無線接続のドライバが入っているか、入っていない場合は市販の無線接続ユーティリティを準備する必要があります。
データ転送量も有線接続に比べて低いものが多く、大容量のデータ転送やダウンロードに時間がかかってしまう場合があります。

無線接続では、セキュリティ面は特に注意する必要があります。
きちんとしたセキュリティでもって、無線接続を実施しないと、外部に情報が漏えいしてしまう恐れがあるのです。
しかし、無線接続ではLANケーブルは不要なので、無線の電波が届く範囲であればどこでも接続ができるというメリットもあります。

このように有線、無線ではそれぞれメリット、デメリットがあります。
どのような環境で、PCからネットワークに接続するのかによって適した接続方法を選ぶ必要があるのです。

引用元-中小企業ITお助け情報局

●無線のメリット、デメリット

メリット

1、配線が不要なため、ケーブルが無くきれいでレイアウト変更がしやすい
2、移設、増設しやすい
3、部屋の片づけがしやすい
4、どの部屋からでもインターネットへの接続が可能 (11nの場合特に良好)

デメリット

1、有線LANルーターより高価(各端末にLANカードが必要となる為)
2、情報量が多い通信には不向き
3、今後新しい通信方式が開発された際には機器の買い替えが必要
4、セキュリティーに不備があると無線からPCへ不法に侵入されデーター流失のリスクもありえる
5、通信速度が有線LANに比べると遅い。障害物などの影響で安定していないこともある
6、場所によってはデッドスポット(無線の電波が届かない場所)がある デメリット
7、無線親機に障害が発生した場合予備機をあらかじめ用意する必要がある

引用元-株スバル電設 埼玉 有線・無線LAN工事設置所

●有線のメリットデ、メリット

メリット

1、無線より速く、安定した通信速度でインターネットを楽しめる
2、有線LANルーターは安価(無線LANは親機プラス端末分のLANカードが必要)
3、情報量が多い通信に向いている
4、有線なので不法侵入などでデータなどを読み取られるなどのリスクが低い

デメリット

1、LANケーブルが必要で、レイアウトを考えないといけない
(新築時であれば、壁に埋め込むことで解消可能)
2、ルーターの設置箇所にケーブルが集まり整理がたいへん
3、LANケーブルを片づける必要がある

有線LANと無線LANのそれぞれにメリット・デメリットがありますがどちらも捨てがたく使用目的に合わせ両方をうまく選んでください。最近両方をお使いになる方が増えています。
常時接続が必要なものは有線LAN、ノートPCなどは無線LANがよろしいのでは?
無線LANに障害があった場合の予備配線にもなりますし
最近無くてはならない物の1つになっています
ネットがつながらなくなったら大変ですよね。

引用元-株スバル電設 埼玉 有線・無線LAN工事設置所

●無線LANから有線への切り替えについて

一度無線LANの接続を止めてからLANケーブルを接続してみては如何でしょうか。

具体的には、
〔スタートメニュー〕>〔設定〕>〔ネットワーク接続〕、或いは〔スタートメニュー〕>〔コントロールパネル〕>〔ネットワーク接続〕を開き、ワイヤレスネットワークのアイコンをクリックして開きます。
〔ワイヤレスネットワーク接続の状態〕窓が開くので、〔無効にする〕ボタンをクリックして未接続状態にします。

その後LANケーブルを接続してみましょう。
おっしゃる通り〔ローカルエリア接続〕が自動作成されますので、LANケーブルを接続したら上記〔ネットワーク接続〕の中に〔ローカルエリア接続〕のアイコンができていることを確認しましょう。

因みに、〔ネットワーク接続〕の窓の表示についてですが、無線LANだけの時は〔ワイヤレスネットワーク接続〕のアイコンが1つだけ、有線LANを繋いでいる時は〔ワイヤレスネットワーク接続〕と〔ローカルエリア接続〕の2つのアイコンが表示されるはずです。

さて、万一〔ローカルエリア接続〕が作成されない場合、問題の切り分けのために他のLANケーブルでも試しましょう。
それでもまったく変化なければLANケーブルやルータ側の問題ではないと推測できます。
次に、〔ネットワーク接続〕の〔新しい接続〕から手動でネットワーク接続を作りましょう。
これでLANケーブルを繋いでうまくいけば、何らかの原因でWinodws側の自動作成機能がうまく働かなかったと判断できます。
ただし、それでもうまくいかなかった場合は、パソコンのLANカードの物理的不具合の可能性も出てきます。
その場合は購入店に持っていってメーカー対応してもらう方がいいかもしれません。

アマチュアユーザーの場合、不具合対処できるのはソフトウェアの範囲までだと考えてください。
タワー型デスクトップならユニットレベルの交換なら可能な場合もあります。
ノートパソコンの電子部品レベルの対処は不可能です。

引用元-教えて!goo

●有線LANから無線LANへの切り替え方法

>Q1、アンテナのアイコンをクリックし表示内容を教えて下さい。

無線LANのみ接続時の接続先のSSIDは「taka」(自分で決めた名前です)と表示されています。その横に「接続」と表示されます。シグナルも「非常に強い」です。
しかし、「現在の接続先」ところに「インターネットアクセスなし」と表示されてしまいます。。。

a1、無線ルータとは接続できている様ですね。

>Q2、戻したときの接続、右下のPCが2台重なったアイコンにカーソルを合わし、ローカルエリア接続かその他表示内容を教えて下さい。

このときは家のマークと一緒に「ブロードバンド接続」「インターネットアクセス」と表示されます。しかし同時にパブリックネットワークのアイコンも表示され、「識別されないネットワーク」「インターネットアクセスなし」とも表示されています。おそらくこれは色々なWi-Fiスポットを利用したときに作ったものです。2つのアイコンが表示されますが、ネットの接続は問題ありません。

a2、パソコン内にブロードバンド接続を設定しているようですね(IEのツールをクリック、インターネットオプション、接続タブの、ダイヤルアップと仮想プライベートネットワーク接続のbox内にブロードバンド接続の名称はありませんか、ダイヤルしないにチェックしてください。
ルータ故障等の切り分けにモデムに直結し接続可否のチェックが出来るので削除しなくとも良いです)。

>Q3、戻したということはモデムに挿している状態ですか、ルータ(TL-WR841N)にLANケーブルで繋ぎWeb接続できるか確認してみてください。
LANケーブルで接続できればワイヤレス固有も原因と判断できます。

はい、モデムに直接さしている状態です。ルーターにケーブルを繋ぐとネットはせつぞくできなくなります。現在ネットを利用できるのはモデムから直接PCにケーブルをつなげたときのみです。

a3、ルータにインターネット接続設定(プロバイダの契約書確認してください)がされていないものと推測します。設定が誤っていなければLANケーブルで繋げば接続出来なければおかしいです、a2のダイヤルしないにチェックし再度確認してみてください。
再度ルータの設定も確認を、ルータのランプ状況も確認し異常がないかも確認されてください、回線に接続されていなければWAN側ランプが異常点灯されています。

>Q4、ルータの接続設定は当然されていますよね。

されていると思います。はじめ付属のCDで行っていたのですが、CDを使うとインターネットが繋がっていないと最後の最後で「設定完了」にはならないので、http://192.168.1.1/と入力し、直接TP-LINKのWEB Managementページから設定を行いました。すると「Congratulation!」と出たので、できたと思ったのですが、いまだにインターネット接続は改善されないままでした。

a3での確認を。

>Q5、ワイヤレス接続にし、スタートボタンを押し、検索boxにcmdと入力しEnterキー、コマンドプロンプト画面が表示される。

ワイヤレスネットワーク接続:

説明・・・・・・・・:Broadcom 4313GN 802.11b/g/n 1×1 WiFiアダプタ
DHCP有効・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・:はい
IPv4アドレス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・:192.168.1.100(優先)
デホルトゲートウェイ・・・・・・・・・・・・:192.168.1.1

と表示されています。

a5、ルータとワイヤレスの設定は出来ているものと判断いたします、再度ルータのインターネット接続の確認をしてみてください。

ウィルスソフトによるインタネット接続をブロックされている可能性も考えられますので、一時的に停止させるか終了させるかの方法で接続できるかお試しを。

引用元-BIGLOBEなんでも相談室

まとめ
有線も無線もそれぞれメリットがあります。自分の使用環境を確認して、どちらのほうがあっているのか調べてみましょう。

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ