日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

1年に2日だけしか参拝できない!香川にある子供の守り神の神社

      2016/03/03

1年に2日だけしか参拝できない!香川にある子供の守り神の神社

香川にある津嶋神社という神社を知っていますか?ここはなんと1年に2日間しか参拝することができないのだそうです。子供の守り神として、多くの人が参拝に訪れるそうです。一体どんな神社なのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

●子供の守り神!香川県にある津嶋神社とは?

牛馬守護の神、そして全国でも珍しい小児守護の神

こどもの神である津嶋神社は、全国的にも珍しいとされています。

文禄年間6月から8月にかけて文禄年間の6月から8月にかけて、この浦に女のうたう声が聞こえ、その声を村の人は怪しみたずねてみました。何も見当たりませんでしたが、巫女に託して「我は海中に住む神。名は津嶋神という。今よりこの島に祭るべし。祠など造る必要は無い。何よりまず、木を植えるべし。それが我神体なり。さすれば、村の子供、牛馬を病から守るなり。」というご神託がありました。 里の人たちは早速、鳥居をたてて島に祭り、以降旧暦の6月24、25日の両日に祭りごとを営みました。これが、現在の夏季大祭の始まりとされています。(昭和45年に、こどもの夏休みにあわせて旧暦から今の8月4日、5日に改められました)

津嶋神社は別名「牛頭天王(ごずてんのう)」とも呼ばれています。
ある年、牛馬の病気が大流行して、大見村でも200頭以上の牛馬が死んでしまいましたが、この里では一頭の牛馬も病気になりませんでした。
牛馬の疫病を封じたこれより、家族と一緒に牛を連れて多くの参拝者がおとずれるようになり、無病息災を祈願した津嶋神社の赤いのぼりが農家の牛小屋の出入り口に祭られるようになりました。

のぼりを模した御守り 近年は農作業の機械化に伴い牛の飼育農家も減り、赤いのぼりを立てた風景はすっかり姿を消してしまいましたが、のぼりを模ったお守りは、今も地元の人々をはじめ多くの参拝者から信仰を集めています。

二代目安藤広重の浮世絵にも描かれた津嶋神社

宝永3年(1706年)に本殿を造営した津嶋神社ですが、浮世絵師二代目安藤広重は、緑樹に覆われ穏やかな瀬戸内海に映るこの島のさまに感動して、景勝「津嶋さん」を幕末に描き、全国的に「津嶋さん」が一躍有名になりました。

こどもの守り神として全国的な信仰をあつめる

こどもの守り神として 大正時代になると「こどもの守り神」として、地元の住民を中心とした厚い信仰を集めるようになり、その厚い信仰は徐々に日本全国へと広がっていきました。
大正4年には、四国の鉄道で初めて「津島ノ宮」臨時駅が認可され、夏季大祭の期間中だけ開設されるようになり、現在も続いています。
大正14年に守札授興所を新築し、昭和8年には当時の大見村村長倉田彌治郎氏を発起人として、海岸から島までの渡り橋(津島橋)が架けられました。
その後自然災害の被害などもあり、現在の渡り橋は4代目の渡り橋になります

引用元-津嶋神社

●香川県の津嶋神社に10万人が訪れる!

子供の守り神として全国的にその名を知られている「津嶋神社」。ここでは一年のうちたった一度、8月4日と5日の二日間だけ、島にある本殿へと橋が架かり参拝することができるんです。その二日だけのためにJRの臨時駅まで開設され、全国から10万人もの参拝者が訪れる「津嶋神社」。参拝の方だけでなく、鉄道ファンも橋マニアの方も必見ですよ!!

一年に一度だけしあわせの橋がつながる!

三百年以上にわたり、子供達の守り神として歴史を刻んできた「津嶋神社」。その本殿がある島・津島へは、普段は通行できませんが、毎年8月4日と5日の「夏季例大祭」の時にだけ、橋板が架かり参拝することができるんです!
長さ250メートルほどの橋の名前は「つしま橋」、別名「しあわせ橋」とも呼ばれ、この橋を渡れば、子供やカップル、夫婦に幸せが訪れるそう♪ チャンスはたった二日だけ。この日のために、県内外から老若男女が10万人も訪れるというのには驚きますね!

引用元-Travel.jp

●100周年を迎えた、日本一営業時間が短い駅

津島ノ宮駅って?

津島ノ宮駅は香川県の三豊市にあるJRの駅です。
地図で見るとここにあります。ええ。地図で見ると普通の駅っぽいです。
ただ、この駅は日本でも珍しい特性があります。それは「臨時駅」ということ。そう。駅なのに臨時なんですよ! 普段はこの駅に電車は停まらず、臨時のときにだけ停車するんです。変わっているでしょ?

なんで臨時駅なの??

この津島ノ宮駅ですが、なぜ臨時なんでしょうね。実はこの駅の存在理由に深く関係があるんですよー。それは「津嶋神社」という神社の存在です。
この駅は「津嶋神社」に参拝に行く人のためだけに存在している駅なんですね。「いや、それだったら臨時にしなくていいやんっ!」ってツッコミがくると思いますが、臨時でいいんですよ。
実はこの神社は……

津嶋神社には1年に2日しか行けない!!

そう。そもそもこの津嶋神社には、1年のうち2日しか行けないんですよ。
この津嶋神社は上の写真のように橋でしか渡れません(厳密にはボートでも行けるし、大潮の日には歩いて渡れるんですけどね)。250メートルほどの「津島橋」で渡れるのですが、この橋が年に2日しか通行できないんですね。
その2日というのが夏季大祭開催日の8月4日と8月5日です。それ以外の日には入り口が封鎖されるだけでなく、橋の床である板がすべて外されて行けなくなります

なので津島ノ宮駅は日本一営業時間の短い駅

ええ。こんなに営業している日数の少ない駅なんてほかにありません。なので、日本一営業日が短い駅で「幻の駅」なんです。
ん? よく見ると、なんかマスコットキャラでしょうか??「つしまのみや えきちゃん」って書いてますね。こんな子いたんですねー。
で、この「津島ノ宮駅」が2015年の今年でなんと!! 100周年を迎えた(1915年5月7日開業)んです。 これはスゴイ!

引用元-ヨッ!センス

●子供も大人も楽しめる!津嶋神社の祭

参拝以外にも楽しみがありますよね~
4日夜の花火!
間近で見ることが出来るとあって多くの方が見に来られます。
橋から見るのはとても美しいのだとか!
海に写る花火、天上に輝く花火、どちらもきれいですよ、とのこと。
しかし、花火の時間帯、橋の上はとーっても混むそうです。
覚悟するか少し離れてみるか・・・どちらを取りますか?

また、夜店(昼間もやってるけど…)もずらーっと並んでいて、かき氷や金魚すくい等々、楽しめるとのことです。

こじんまりした所だけど、由緒があって有名で希少価値があって・・・
更に楽しみになりました☆
みなさんも、是非ご家族とお友達と
誰とでも一人でも・・・
津嶋神社の夏期例大祭、足を運んでみませんか??

引用元-週刊みとよほんまもんRadio!

●アクセスと注意

子どもの神様として有名な「津嶋神社」、県内外から多くの人が訪れます。本殿へお参りできるのは、毎年夏季大祭の2日間だけです!

【参拝可能時間】 2日間とも
         午前6時~午後10時

【奉納花火】   8月4日(火)午後8時~        

【お願い】
●無人飛行機(ドローン)持ち込み、操縦、飛行、撮影などはお断りします。
●自家用車で参詣されますと、2~3km程歩く事があります。
津嶋神社の夏季大祭にあわせて「津島ノ宮駅」が開設されますので、電車をご利用ください。

★津島ノ宮駅は、日本一営業期間が短い駅として、鉄道ファンに知られています。

【アクセス】

 JR津島ノ宮駅から徒歩すぐ
 (津島ノ宮駅は普通・快速列車が停車します。)
 ※時刻は、時刻表等でご確認ください。

 三豊鳥坂インターから  約10分
 さぬき豊中インターから 約25分

駐車場や駅から橋を渡って、本殿の下まではベビーカーでお越しいただけます。
本殿の階段下のスペースにベビーカーを置いて、本殿へお参りください。

引用元-香川県 三豊市

まとめ
1年で2日間しか参拝できないなんて驚きですね。一度は行ってみたいものです!

twitterの反応


https://twitter.com/PrefUdon/status/364002129934950400 

 - 雑学

ページ
上部へ