日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

あじさいの色はなぜ変化する?

      2016/03/06

あじさいの色はなぜ変化する?

六月頃になるときれいなあじさいの花が咲き始めます。あじさいの色は場所や時期によって様々に変化しますね。なぜあじさいの色は変化するのでしょうか。今回はあじさいの色の変化について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●あじさいの種類

紫陽花には2種類ある「ガクアジサイ」と「ホンアジサイ」

アジサイの花には2つのタイプがあります。「ガクアジサイ」と「ホンアジサイ」です。
ガクアジサイは、
花が手まりのように集まった円いやつでなく、平べったいやつで周りに花びらのある大き目の花がちらほら1重ぐらい取り巻いていて真中に円形にぶつぶつした小さな花が集まって咲いているやつ。
ホンアジサイ
もう一つは花が「手まり」のように集まった、普通のアジサイが「ホンアジサイ」で、日本固有のガクアジサイからヨーロッパで品種改良されて生まれたもの。
別名西洋アジサイとか「ハイドランジア」とよばれているもので、花色は青、桃、白などあり、今はこちらの方が普通のアジサイなってしまっています。

アジサイの語源

アジサイは、集真藍(アズサアイ)から来ているそうです。つまり本物の藍で染めたような色の花がたくさん集まって咲くという意味で「集(アズ)真(サ)藍(アイ)」が語源とする説があります。
ちょっと違う説としては、あじさいとは、アズ(集まる)サイ(藍色)から生まれた言葉といわれています。というのもありますがどちらも集まると藍色は同じですね。

引用元-RICOH Communication Club

●あじさいの色の変化

「七変化」と辞書でひくと「アジサイの別名」という記載があるほど、アジサイの花色の変化は、昔から周知の事実だったようです。ちなみに、花言葉は「移り気」で、昔はこんなカメレオンのような(?)アジサイの性質は「節操がない」と受け取られ、武士にはちょっぴり嫌われたとか…。アジサイの花色の変化の原因は、大きく分けて二つあります。まず、最近人気の秋色アジサイと呼ばれる『フェアリーアイ』や『西安』などは、秋まで長く開花していくうちに、鮮やかな花色がくすんだ緑色や赤色へと変わっていきます。これは、花の中の色素が少しずつ分解されておこる現象で、老化現象の一種です。アメリカアジサイとされる『アナベル』も白色から緑色へ、日本アジサイ(ヤマアジサイ)とされる『紅』も白色から深紅へと変化するのも同じ現象です。そしてもう一つは、土の酸度(pH)による変化です。“同じ場所で育てているのに年々色が変わっている”、“同じ品種なのに場所によって色が違う”…こんな場合は、土の酸度が影響して花色が変わっている証拠です。お店に並ぶアジサイの中で、『城ヶ崎』や『ダンスパーティー』など、同じ品種なのに店頭では青色とピンク色の2色が並んでいることがあります。これは生産農家さんが土を調節して、違う花色に仕立てているからなんです。

引用元-花ごころ

●成長過程の色の変化

成長過程での色の変化

上記の理由のほかに、成長過程でも紫陽花の色は変わります。

【咲き始め】
花の中に緑色の葉緑素があるので緑色をしています。

【花のキレイなころ】
葉緑素が分解されて緑色がうすくなり、同時にアントシアニンがつくられて青や赤になります。

【花が終わる頃】
植物には人間のような循環器官がないので酸が溜まり続け、くすんだ緑色や赤に変色します。これは花の老化現象です。老化は土壌に関係なく起こります。

引用元-Spotlight

●土の性質でも色は変わる

あじさいの花によって、色が違うのは、土の性質の違い(酸性とアルカリ性)によるのです。
でも、他にもあじさいの花の色を決めているものがあります。
それは、「アントシアニン」(ブルーベリーに多く含まれています)と「補助色素」と言われる色素です。
この二つは、あじさいの花の中に含まれているものです。
そして、あと一つは金属の「アルミニウム」が関係しているそうです。
花に、アルミニウムが関係しているなんて意外ですよね。
アルミニウムは土の中にあるのですが、土が酸性ですとアルミニウムはとけて根から吸収しやすくなります。
そうするとあじさいの花の色は、青色になります。
一方、土が中性やアルカリ性ですと、アルミニウムが溶けにくくなっていて根から吸収されにくくなっています。
そうすると、あじさいの花の色は、赤色になります。

引用元-お役立ち情報

●あじさいの色を変化させてみよう!

土壌の酸度(pH)を変えるには?

あじさいの花の色を変える為には土壌の酸度(pH)を変えるしかありません。具体的には、それぞれ下記のものを土壌に加えると良いでしょう。

・青色にしたい・・・硫酸アルミニュウム
・赤色にしたい・・・苦土石灰
 
施す時期としては、4月から5月頃が最適です。つまり、花が咲いてからではちょっと遅いということですね。花が咲いてから色が変化するというのも聞いたことがありますが、少しでも綺麗な色を見たいなら、早めが良いようです。
ポイントとしては、硫酸アルミニウムは500~1000倍液を20日おきくらいに2~3回、苦土石灰は株元に一握りくらいを1回だけで大丈夫なようです。

調べてみると、あじさいの青色専用・赤色専用肥料というものもありましたので、こちらを使用すると手間も省けるのではないでしょうか。

上記の方法であじさいの色をある程度変えることは可能でしょう。しかし、その色が本当に綺麗に発色するか否かということについてはいささか疑問が残ります。
できることなら、あじさいの花をより綺麗な色にしたいとは思いませんか?

あじさいをより綺麗な色にするには?

あじさいはそれぞれに赤系、青系(色素の薄い白系)という性質を持っているようで、赤系のあじさいを無理矢理青系に変化させようとしても、なかなか綺麗な発色はできないようです。
では、より綺麗な色の花を咲かせるにはどうしたら良いでしょうか?

それは元々持っている長所を伸ばすことではないでしょうか?つまり、赤系のあじさいなら、より濃い赤系に。青系のあじさいならより濃い青系に育てる。
つまり、あじさいの色を変える方法を逆に応用することで、あじさいの花の色はより綺麗に発色するでしょう。
淡い色を好まれる場合や中性の紫を好まれる方もおられると思いますが、個人的な意見を述べさせて頂くと、より濃い色が綺麗なのではないかと考えます。

引用元-知りたいことだらけ

まとめ
あじさいの色を変えて、気分を変えてみるのもいいかもしれないですね!

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ