日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

あなたの短所と長所は?英語面接で聞かれた時の答え方

      2016/03/07

あなたの短所と長所は?英語面接で聞かれた時の答え方

もしあなたが外資系の企業へ就職や、転職をする場合避けて通れないのは英語面接です。英語面接では、長所や短所について聞かれることもあるようです。そこで今回は英語面接で役に立つかもしれない回答例について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●英語面接に臨むときはどうする?

第一の関門である書類審査を通過すると、さあ、次は面接です!面接は、転職成功へのカギを握ると言っても過言ではありません。
外資系企業への転職を目指している方なら、ほとんどの場合、英語の面接もあることでしょう。
ただでさえ緊張する面接。
ましてや英語の面接ともなれば、心臓が口から飛び出てしまうほど緊張してしまう方もいるかもしれません。しかし、面接は履歴書や職務経歴書などでは伝えきれなかったことを、面接官に対し直に伝える絶好の機会です。そんな事態は避けたいですよね?

では、どうしたらよいのでしょう?
そう!十分に準備をして面接に臨めばよいのです!
そうすれば、自信がついて極度の緊張を心地よい緊張に変えられるはずです。

引用元-英語の達人

●英語面接時の注意点

それでは、面接中の注意点を見てみましょう。

Point1 質問の意図を理解する

例えば「自己紹介をして下さい」と言われたら、大抵の人は名前、出身地、年齢、家族構成、趣味などを話すのではないでしょうか。しかし考えてみて下さい。このポジションに合っているかどうかを知るために、あなたの出身地を本当に相手は知りたがっているでしょうか?

ここでいう「自己紹介」とは、どうしてこの会社に興味を持ったのかというような、「あなたのストーリー」を話すべきでしょう。また、今回の募集に関係する経験はどんなものがあるか、という視点で自己紹介をすれば、アピールできることがひとつ増えると言えます。

Point2 企業の問題について理解を示す

もし新しい業界に転職するのであれば、その業界で働いている友達に話を聞いたり、インターネットで業界情報を調べたりして、事前の勉強をしっかりしておく必要があります。その会社についても、Googleで検索をすれば色々な情報が得られるでしょう。特に外資系企業の場合、海外の情報にも注目しましょう。英語で書かれているページでは、海外の業界情報やその会社の海外支社についての情報などが見つかることもあります。

その企業や業界が直面している課題やこれまでの歴史などについて、理解を深めていればいるほど、あなたの言葉に真実味を与えます。

Point3 志望企業に対して役立つスキルや知識を伝える

面接準備で行った「自己分析」がここで生きてきます。自分が何をしたいのか、何ができるのかを面接官は聞きたがっていますので、相手が求めるスキルや知識に特化して話すようにします。

時々、そのポジションには関係のないスキルや経験までもアピールする人がいますが、それではただの「自慢」に聞こえてしまいます。的を絞り、自分のアピールポイントを効果的に伝えましょう。

引用元-Cheer up! English

●どう答える?面接での長所と短所

「あなたの長所と短所は何ですか?」
就職面接で必ずと言ってよいほどよく登場する質問ですね。
これに対して、採用されたい一心で、長所を言い過ぎたり、短所を言わなかったりすると、

・謙虚さが足りない
・チームプレイヤーではないかも?

などと判断されてしまいそうです。
かと言って、長所のアピールが控え目過ぎても、短所を赤裸々に話し過ぎても、・自信のない人物

・欠点ばかりで頼りない

などと映り、採用通知が遠のいてしまうかもしれません。
バランスの取り方が非常に難しいので「この質問に答えるのは苦手…」という方も多いことでしょう。
日本語でも難しいのに、それが英語となれば…?
ここぞとばかりにアピールしていくべきか。
それとも、冷静に分析した結果をロジカルに語るべきか。
そもそも、英語の面接でもこの質問は訊かれるのか?
Bad Newsは、日本語と同様、英語でもよく訊かれるということ。
Good Newsは、答え方に大まかなガイドラインがあるということ。

引用元-BBT オンライン

●押さえておこう、よくある英語面接の質問例

よくある質問例

「自己紹介してください/Tell me about yourself.」

自分がこれまで、どんな目的を持って仕事をしてきたか、そのためにどんな努力をしたかなど、あらかじめ答えを考え、用意しておきましょう。この回答から、さらに深い質問に発展するため、見栄を張ると自分の首を締める結果に。きちんと話せる内容に絞り込んで自己紹介しましょう。

「長所(短所)はなんですか?/What are your strengths (weaknesses)?」

自己分析力を試す質問です。長所は、人脈の広さ、知識、経験などが考えられますが、それが会社の利益にどうつながるかを伝える必要があります。とくに謙遜する必要はありません。短所はあまり深く語らずに、長所の裏返し(マジメ=考え過ぎることもある、明るい=楽観主義すぎることもある、など)程度で十分。どのように克服しようとしているのかを伝えましょう。

「これまでの職歴を教えてくだい/Tell me about your job experience.」

どのような会社で、どういった仕事をし、何を学んだかを伝えましょう。そこで得た経験や知識が、求めている仕事とリンクしている必要があります。

「志望動機はなんですか?/Why do you want this job?」

仕事への熱意をはかる質問です。志望する理由と、仕事に就いた後の目的を具体的に述べましょう。仕事内容や会社の理念などを下調べし、うまく結びつけるのもポイント。転職の場合は、それがポジティブな活動であり、自分にとって(できれば会社にとっても)プラスであることを伝えましょう。

「あなたを雇うメリットはなんですか?/ Why should we hire you?」

募集要項に見合う経験、知識、能力を自分が持っていることをアピールしましょう。具体的にどういう業務に貢献できるかを伝えることが大切です。

「質問はありますか?/Do you have any questions?」

面接は、お互いを知るための唯一の機会。聞いておきたいことは、ぜひ質問しましょう。結果はいつ決まるのか、どんな人を求めているのかなど、質問内容をあらかじめ考えておくとよいでしょう。日本の面接ではタブーとされる給与や待遇についても、質問しても構いません。ただし、すでに説明があったことや、下調べできることは聞かないように。

引用元-Adecco

●長所、短所の回答例

英語面接で長所・短所を聞かれた時の答え方

ここでは、長所や短所を聞かれた際に、一般的に用いられる英語のフレーズをご紹介いたします。
もちろん、このまま利用することは英語の面接で他の人との差別化を図ることにはなりませんので、これらのフレーズを踏まえて面接では独自の解答を用意していきましょう。

~長所に答える場合~

・One of my greatest point is being able to recognize my weekness. 私の長所の一つは、自分の欠点を理解することができるということです
・My belief to never give up anything is one of my greatest strengths. 何事にも決してあきらめないという私の信条は、私の長所の一つです。

~短所に答える場合~

・I sometimes tend to put off some chores. 私は時に雑用を先延ばしにしてしまう傾向にある
・I am so open and honest to others that I am vulnerable to attacks from many things. 私は他人に対してとても寛容で誠実なので、多くのことに傷つきやすい。

引用元-新卒就活.com

●面接で使える!自己アピール例

1. “My strength point is to work flexibly. I can adjust my style to changing situations.”

日本語訳:「私の強みは柔軟に仕事ができるところです。状況に応じて対応をすることができます」
英語面接で使える定番の表現です。”Flexibly”をアピールすることで、一つのやり方にとらわれず、状況に応じて対応できる能力を伝えることができます。” My strength point is”は「私の長所は」「私の強みは」と切り出す言い回しなので覚えてしまいましょう。最初の文章に”I can adjust my style to changing situations”とつなげる事によって、具体的に長所が活かせるポイントを話すことができます。面接では「自分の長所」と「その長所を活かして職場に貢献できること」をセットで話すと説得力が出てきます。

2. “I’m a flexible person. I am able to adjust to new circumstance quickly and to each needs of customer.”

日本語訳:「私は柔軟な人間です。新しい環境にも素早く馴染んで、お客様それぞれのニーズに応えることができます」
「私の長所は柔軟さです」という内容を、さきほどとは違う言い回しで表現しました。”I’m a + 形容詞 + person.”で、「私は~な人間です」と言うことができます。面接で使える形容詞には”optimistic(楽観的な、前向きな)”、”outgoing(社交的な)” 、”patient(我慢強い)” 、”perceptive(洞察力のある)” 、”polite(礼儀正しい)” 、”practical(現実的な、経験に富んだ)” 、”open-minded(心の広い)” 、”organized(几帳面な、きちんと仕事をこなせる)”があります。自分の性格に合わせて、形容詞を選ぶだけで自己アピールを切り出す英語表現が簡単に作ることができます。

3. “I am a very positive thinker. I always try to see the good in everything.”

日本語訳:「私はとても前向きな人間です。いつでも物事は良くとらえるようにしています」
“positive thinker”で「前向きな人」という意味になります。“I’m positive.” で「私は前向きです」とも言えますが、「私は確信しています」または「絶対に間違いありません」という意味で使われることの方が多いので、面接の場では” I am a positive thinker.”と言う方がいいでしょう。”to see the good in~”は「~の良いところを見る」というイディオムです。人に対して”to see the good in others”というように使えば「人の長所を見る(認める)」という意味になります。明るく前向きな人は仕事にも積極的に取り組む印象を与えられるので、面接での評価も高くなります。

4. “I’m a quick learner. I can grasp the point of the issue quickly.”

日本語訳:「私は物覚えが早いです。問題の核心を即座につかむことができます」
“quick learner”は「物覚えが早い」という意味で使います。反対の意味の「物覚えが悪い」は”slow learner”です。”grasp the point”または”get the point”で「核心をつかむ」「要点を押さえる」という意味を表します。物覚えが早い人はすぐに即戦力になることが期待できるので、どんな職場でも喜ばれます。

5. “I like working with people and enjoy group projects, but I am also a self-starter who doesn’t mind working on my own.”

日本語訳:「私は人と働くことが好きで、グループでの仕事も楽しめます。しかし一人で仕事をすることを苦にしない自発的に物事を行う人間でもあります」
こちらも面接でよく使われる英語表現です。「協調性があるけれど、決して依存的ではない」ということが伝えられますね。“self-starter”とは、「自発的に物事を率先してやる人」という意味で使います。”who doesn’t mind working on my own.”と説明を加えることによって、自発的に行動できることをさらに強調することができます。

引用元-留学情報マガジン

まとめ
面接はただでさえ緊張するものなので、備えは万全にして臨みたいですね!

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ