まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

地方公務員の年収と平均年齢は?

      2016/03/07

 - 社会・政治・経済

公務員と言えば、安定した職業といったイメージですが、地方公務員はどうでしょうか。地方公務員といっても色々な仕事があります。今回は地方公務員の気になる平均年収と平均年齢について調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

子連れでも大丈夫!JALとANAのファミリー向けサービス

長距離の旅行での移動手段として飛行機はかかせないですね。しかし小さな子どもを連れての利用は不安があるかと思います。そこでJALとANAが行っているファミリー向けサービスについて調べてみました。

警察官採用試験の対策や勉強法について

警察官を目指している方も多いと思います。今勉強している方やまだ初めていない方など、どのように勉強したらよいのかわからないのではないでしょうか。そこで今回は警察の採用試験での勉強法や、対策について調べてみました。

利益率や原価率の計算の仕方

利益や原価なんてパートのおばさんには関係ない!って思っていませんか?ところが…パートのおばさんでもスーパー等で発注をまかされると利益や原価、また利率の計算方法もやらなければならない場面も出てくるんですよ!またそれらの計算方法を覚えておけば家計のやりくりにも役立つかも?今回は利益や原価のこと、またその計算方法を調べてみます。

需要と供給の意味とは?物価と需要と供給の関係

需要と供給という言葉をよく耳にします。経済において需要量と供給量はとても重要です。需要と供給の意味とはどういったことなのでしょうか。今回は経済における需要と供給について調べました。

司法書士補助者とは?その仕事内容

司法書士といえば法的文書作成に必要な資格ですね。その司法書士の仕事を手伝う人を補助者と呼ぶそうです。司法書士補助者はどのような仕事をしているのでしょうか。今回は司法書士補助者の仕事内容について調べました。

後期の大学受験(私立)までチャンスは逃さないで!

センター試験、大学の前期試験が終わると「上手くいった」「100%の力が出せなかった」と一喜一憂する学生の姿があちらこちらで見られますよね。もし上手くいかなくても諦めてはいけません。私立大学の後期試験までチャンスがあることを、ぜひ覚えておきましょう。

大学に推薦で入学したら就職に不利?!一般と推薦の就職への影響

大学入試には一般入試、推薦入試、AO入試などがあります。就職時に一般入試と推薦入試では推薦入試が不利であるといわれることがありますが実際はどうなのでしょうか。今回は大学の入試方法が就職に及ぼす影響について調べました。

市役所のクレーム対応は大変!上手なクレーム対応とは

市役所では色々な仕事がありますが、その中でもクレーム対応は大変なようです。中には対応のしようがないものもあるようです。クレームに上手に対応するにはどうしたらいいのでしょうか?

公務員試験に合格する勉強法!最短1ヶ月で受かった☆まとめ

「地元に帰ってきたら、親から公務員の仕事を勧められて受けることに! もう試験まで1ヶ月。そんな短期間の勉強でも合格することはできるの?」 ‥そんな人のために、同じ状況で勉強して合格した人の勉強法をまとめました☆

住民税額は年末調整で決まる!控除を活用して節約!

年末調整の時期ですね。会社勤めの方は書類をもらって書き込むわけですが、イマイチよく分かってない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、受けられる控除を受けていないと、住民税の額が変わってくるんです!ここでは、年末調整と住民税の関係について見ていきましょう。

理系大学の研究室はどんなところなのか

大学で勉強を頑張っている方も多いと思います。それぞれの大学で、いろいろな分野を学んでいることだと思います。理系大学には研究室といったものがありますが、研究室とはどのようなもので、どのような研究を行っているのでしょうか。詳しく調べてみました。

企業からの採用の電話!受け答えは大丈夫?

無事に就職活動を終えて、企業から採用の電話がかかってきた!そんな時あなたの受け答えは大丈夫ですか?非常識な対応をしてしまってはせっかく頑張ってきた就職活動が水の泡です。今回は電話の受け答えについて調べました。

小学校の先生はいつ休む?先生の休みについて

小学校の先生はとても忙しいイメージですが、先生の休みはどうなっているのでしょうか。夏休みは生徒と一緒で休みなのでしょうか?今回は忙しい先生の休みについて調べてみました。

司法書士補助者の権限と仕事内容

色々と難しいところでお世話になる司法書士の先生。そしてあまり聞きなれないですが司法書士の補助者というお仕事もあります。でも司法書士の補助者の仕事って何をするんでしょうか?司法書士と同じように権限はあるのでしょうか?今回は司法書士の補助者について調べてみます。

会社へ書類を郵送するときの注意

最近はメールでのやり取りが増えて、個人で会社へ書類を郵送する事って滅多にないので、どの様にしたら良いのかが分かりません。失礼の無いように書類を郵送する方法を調べました。

諸説ある日本の国歌〈君が代〉の意味と他国の国家

皆さん、日本の国歌である君が代の歌詞の意味をご存知でしょうか?〝君が代”という言葉はどういった意味なのか。ネットでは、様々な解釈がされているようです。諸説ある意見をまとめました。

介護の現場から利用者家族への手紙

介護施設などの現場で働いていると、利用者のご家族に手紙を書く機会があると思います。でも、このメールやSNSの世の中で、手紙なんてなかなか自分では書きませんよね?書き出しは? 内容で注意するところは? など、ポイントとなるところを調べてみました。

気になるホテル客室清掃・掃除の仕事のあれこれ

客室清掃・ルームキーパーともいわれる、ホテルの掃除のお仕事。何となくは知っていても具体的にどのようなお仕事なのでしょうか。また、その辛さや楽しさはどんなところにあるのでしょうか。興味があるけどあまり知らないという方、必見です!

パートで働いたときの雇用保険とメリット・デメリット

子育てに手がかからなくなり、教育費などがかかってくると仕事始めようか考えるようになりますが、正社員で働くことができればいいですが子育ての空いた時間に、と考えるとパートで働く選択が濃厚のような気がしますが、パートで働くことのメリット、デメリットについて雇用保険について調べてみました。

ホテルへの就職は高卒でも大丈夫?

一流ホテルへの就職は高や大学を問わず、憧れの的です。でも、ホテル業は接客業の中でも一番大変と聞きます。では、高卒でホテルに就職するにはどの様な心構えが必要なのか調べました。

●地方公務員とは

地方公務員は治安・教育・交通など地域の生活にかかわる様々な仕事をしています。
役所勤務だけでなく、学校や病院・図書館などの仕事をしている人も地方公務員です。
地方公務員は国家公務員と比べると、地域住民との距離がとても近くなります。
その分自分が行った仕事の手ごたえも実感しやすく、やりがいを感じ取りやすいというメリットがあります。
採用された自治体でまちづくりや教育・福祉・産業についていろいろな分野の仕事に携わることができるからです。住民の声に耳を澄ませて、今何が求められているのかを汲み取る力が必要になってきます。
些細な意見でも聞く耳を持ち、良いと思ったことをすぐに行動に移す行動力で、自分の担当する地域をより住みやすいところにすべく日々を過ごしています。
もちろん苦情が持ち込まれることもありますが、実際の意見こそ一番耳を貸さなければいけないところでもあります。
地域活性化にも力を入れているところが多く、着眼点や発想力もますます求められる傾向にあります。真面目で人の立場に立って物事を考えられる人に向いている職業です。
地方公務員は一般職と特別職にわかれており、知事や副知事が特別職、それ以外を一般職と呼びます。
地方公務員は、一般企業に比べると残業が少ないと思われがちですが、部署によって様々ですので一概には言えません。
ただほとんどの自治体が週休2日制をとっており、やはり恵まれた環境といえるでしょう。不況の今でもとても人気が高いです。
地方公務員は3年から5年おきに異動がありますので、色々な職務を経験できるというメリットがあります。
Ⅰ類、Ⅱ類、Ⅲ類に分かれて試験があり、毎年かなりの倍率です。また警察官・消防官・看護師・薬剤師・保健師などの専門職は、試験を個別で行っています。
国家公務員が国から給与を受けているのに対して、地方公務員は地方公共団体から給与を受けているという違いがあります。
警察官以外の地方公務員は国家公務員と同じく人員の削減が求められています。

引用元-公務員の種類・職種一覧! 仕事内容ガイド

スポンサーリンク

  人気記事

●地方公務員試験をを受ける人の学歴

地方公務員の学歴はどんなもんなのでしょうか。

●地方上級試験について
私は、地方の県庁に平成11年に入庁しました。
その頃は、就職難の真っただ中で、どの自治体も軒並み高倍率でした。
同期入庁者の中心となる層は、地元の国立大ですが、旧帝大クラスもぞろぞろいますし、東大卒もいました。 地元の中堅私立大出身も、4、5名いました。

参考・同期入庁者
東大・京大クラス 2名
旧帝大・早慶クラス 10名
地元の国立大・難関私立大クラス20名
中堅私立大クラス 5名

最近(H18年度以降)は、団塊世代の大量退職による採用増、民間企業の採用増などにより、倍率は一昔前ほど高くありません。
どの自治体でも、地方上級試験の合格者の中心層は、地元の国立大学出身者でしょうが、競争率が10倍程度であれば、中堅私大出身者にも、十分なチャンスがあります(採用に当たり、出身大学が合否の基準になることはありませんので念のため申し添えます。)。
よく聞かれるのが、「学閥はありますか」という質問です。
出身大学によって、業務上の派閥がわかれたりすることは、私の知る限りでは全くなかったですね。
余談ですが、某市役所において、市が合併して新市に移行し、合併前の市の単位で派閥があって面倒くさい、という話は聞いたことがあります。
学歴によって、採用のときの面接の点数や、入庁後の異動先に影響を与えることは、若干あると思います。これは私の私見ですが、次のような影響はあると思っています。
・ 難関大学の出身者は、入学時にそれなりの努力をしているので、努力する才能がある可能性が高い。
・ 難関大学の出身者は、地頭が良い可能性が高い(あなたも、入るのが難しい大学の出身者と話しをしていて、頭の良さを感じることが多々あると思います。)
・ したがって、採用面接や、採用後の異動先の決定に当たり、そのような印象をもって行う。
ま、学歴を使って仕事することはありません。入庁し、実際のあなたの勤務評価が確立するまでの参考情報という程度です。

○地方中級・初級試験について
中級試験は、私の入庁した時はかなり高倍率で(40~50倍)で、上級合格者と学歴的にはそう変わりはありませんでした。
初級試験は、短大卒・高卒者ですが、入庁したあとに、夜間の大学に通ったりする人もいます。また、上級職への受替の制度もあります。
初級職であっても、その人の能力と努力次第で、上級職と同様のキャリアを形成することは可能です。初級職だからといって、配属先が限定される、ということは、基本的にはないです。

引用元-地方公務員になる前に絶対知っておくべき事

●地方公務員と国家公務員の年収の差は?

国家公務員、地方公務員の給料差ですが、これに関してはどの点を見るかによって大変大きな違いが生まれてきます。
たとえば、地方公務員における最高の年収と、国家公務員のそれとを比較した場合、国家公務員は総理大臣も含むわけですから、圧倒的に格差が生まれてきます。
しかし、高官ではない公務員同士を比較してみると、それほどまで年収に開きがないことがわかります。
それこそ、数十万ほど国家公務員の年収平均が多いほどで、地方公務員と給料面で大差はありません。
ただ、国家公務員も地方公務員と同じく、着任した自治体によって給料が変わるため注意が必要です。

引用元-平均年収.jp

●地方公務員の月額給与と平均年齢

地方公務員のお給料は地方公務員法で定められています。全職種(平均年齢42.5歳)の平均給与月額は337,404円。職種別にみると、一般行政職(平均年齢42.8歳)は328,842円、税務職(平均年齢40.2歳)は306,402円です。地域のために働く仕事はそのほかにもたくさんあります。例えば消防職(平均年齢39.3歳)の平均給与月額は306,314円、警察職(平均年齢39.0歳)は320,810円です。学校の先生のなかでも、公立学校の先生は地方公務員にあたり、高等(特別支援・各種)学校教育職(平均年齢44.8歳)の平均給与月額は383,266円、小・中学校(幼稚園)教育職(平均年齢43.6歳)は367,031円です。

引用元-@niftyわたしのマネー術

●自治体によっても年収はかなり違う

平成26年 総務省発表の地方公務員の年収データより、市町村別の平均年収ランキングを掲載しています。
1位は杉並区(東京都)、最下位は野田村(岩手県)という結果になりました。
都市部が上位を、過疎化が進むような典型的な地方都市が下位を独占するという、いつもながらの傾向になっています。上位の多くを東京を中心とする関東圏で占められています。

公務員の収入は社会情勢を加味して決定がなされるため、民間給与が減少していた近年は公務員の給与も減少傾向になっています。
それでも上位の数値は700万円を超えており、3000社以上ある上場企業ランキングと比較してみると上位の20%に入るくらいの高給です。
また、平均でも581万1850円とこちらも相当に高く、恵まれた待遇が表われたデータとなりました。

引用元-年収ガイド

●厳しい現実!?地方公務員の年収

「就職できれば一生安泰」──そんな風にいわれた公務員だが、今や昔のことのようだ。地方公務員の給与が、ここ10年ほどの間で激減しているのだ。
2013年(平成25年)の地方公務員給与実態調査によると、一般行政職の平均年収は633万8000円(勤続22.1年)で、5年前と比べて47万2000円も減っている。さらに10年前と比べると78万5000円も減っているのだ。
警察職では、平均年収732万1000円(勤続20.1年)で、5年前の81万8000円減、10年前の148万7000円減。さらに教育職(小中学校)では平均年収679万5000円(勤続22.5年)で、5年前の92万4000円減、10年前の103万6000減と、特に下落ぶりが目立っている。

引用元-Daily News Online

●年齢制限はある?公務員試験

何歳まで?公務員試験の最高年齢は59歳または60歳

公務員試験を何歳までうけることが出来るのか。公務員試験の受ける年齢での最高年齢は59歳または60歳です。何歳まで公務員試験を受けられるかは自治体や経験値、学歴などによっても異なり、最高年齢はここまでの幅があります。

自治体により、公務員試験の年齢制限が何歳までと規定がないところもあるようです。特に、地方公務員は先ほど触れたように、年齢上限が高い傾向にあります。地方公務員にしても国家公務員にしても、最高年齢は世間のイメージよりも高いようですね。

経験が求められるために最高年齢が高くなっている

例えば、体力がいる警察官や消防士などは公務員試験を受けれるのが何歳までかというのは明確に示していますが、同じ公務員試験でも事務方の仕事をする場合何歳という制限はあまり必要がありません。

しかし、そこには今までの社会人経験の規定があるため、一般の人から受験したいと考える場合は受験規格を満たすことができないでしょう。

「何歳まで公務員試験を受験できるか」は自治体・職歴により異なるので入念に確認を!

公務員試験を受けられるのは何歳までかは、自治体、学歴職歴、その仕事内容によっても幅があるという事がわかりました。自身が受ける公務員試験が実際どのような職種か、それが該当するかよく自治体に確認したうえで公務員試験に臨みましょう。年齢上限が高い地方公務員試験もありますから、事前に確認する事をおすすめします。

引用元-キャリアパーク!

まとめ
自治体によっても地方公務員の年収はかなりちがいますね。地方公務員を目指す人はそれぞれの自治体の待遇をよく調べてみる必要がありまね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済