日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

地方公務員の年収と平均年齢は?

      2016/03/07

地方公務員の年収と平均年齢は?

公務員と言えば、安定した職業といったイメージですが、地方公務員はどうでしょうか。地方公務員といっても色々な仕事があります。今回は地方公務員の気になる平均年収と平均年齢について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

スポンサーリンク

●地方公務員とは

地方公務員は治安・教育・交通など地域の生活にかかわる様々な仕事をしています。
役所勤務だけでなく、学校や病院・図書館などの仕事をしている人も地方公務員です。
地方公務員は国家公務員と比べると、地域住民との距離がとても近くなります。
その分自分が行った仕事の手ごたえも実感しやすく、やりがいを感じ取りやすいというメリットがあります。
採用された自治体でまちづくりや教育・福祉・産業についていろいろな分野の仕事に携わることができるからです。住民の声に耳を澄ませて、今何が求められているのかを汲み取る力が必要になってきます。
些細な意見でも聞く耳を持ち、良いと思ったことをすぐに行動に移す行動力で、自分の担当する地域をより住みやすいところにすべく日々を過ごしています。
もちろん苦情が持ち込まれることもありますが、実際の意見こそ一番耳を貸さなければいけないところでもあります。
地域活性化にも力を入れているところが多く、着眼点や発想力もますます求められる傾向にあります。真面目で人の立場に立って物事を考えられる人に向いている職業です。
地方公務員は一般職と特別職にわかれており、知事や副知事が特別職、それ以外を一般職と呼びます。
地方公務員は、一般企業に比べると残業が少ないと思われがちですが、部署によって様々ですので一概には言えません。
ただほとんどの自治体が週休2日制をとっており、やはり恵まれた環境といえるでしょう。不況の今でもとても人気が高いです。
地方公務員は3年から5年おきに異動がありますので、色々な職務を経験できるというメリットがあります。
Ⅰ類、Ⅱ類、Ⅲ類に分かれて試験があり、毎年かなりの倍率です。また警察官・消防官・看護師・薬剤師・保健師などの専門職は、試験を個別で行っています。
国家公務員が国から給与を受けているのに対して、地方公務員は地方公共団体から給与を受けているという違いがあります。
警察官以外の地方公務員は国家公務員と同じく人員の削減が求められています。

引用元-公務員の種類・職種一覧! 仕事内容ガイド

●地方公務員試験をを受ける人の学歴

地方公務員の学歴はどんなもんなのでしょうか。

●地方上級試験について
私は、地方の県庁に平成11年に入庁しました。
その頃は、就職難の真っただ中で、どの自治体も軒並み高倍率でした。
同期入庁者の中心となる層は、地元の国立大ですが、旧帝大クラスもぞろぞろいますし、東大卒もいました。 地元の中堅私立大出身も、4、5名いました。

参考・同期入庁者
東大・京大クラス 2名
旧帝大・早慶クラス 10名
地元の国立大・難関私立大クラス20名
中堅私立大クラス 5名

最近(H18年度以降)は、団塊世代の大量退職による採用増、民間企業の採用増などにより、倍率は一昔前ほど高くありません。
どの自治体でも、地方上級試験の合格者の中心層は、地元の国立大学出身者でしょうが、競争率が10倍程度であれば、中堅私大出身者にも、十分なチャンスがあります(採用に当たり、出身大学が合否の基準になることはありませんので念のため申し添えます。)。
よく聞かれるのが、「学閥はありますか」という質問です。
出身大学によって、業務上の派閥がわかれたりすることは、私の知る限りでは全くなかったですね。
余談ですが、某市役所において、市が合併して新市に移行し、合併前の市の単位で派閥があって面倒くさい、という話は聞いたことがあります。
学歴によって、採用のときの面接の点数や、入庁後の異動先に影響を与えることは、若干あると思います。これは私の私見ですが、次のような影響はあると思っています。
・ 難関大学の出身者は、入学時にそれなりの努力をしているので、努力する才能がある可能性が高い。
・ 難関大学の出身者は、地頭が良い可能性が高い(あなたも、入るのが難しい大学の出身者と話しをしていて、頭の良さを感じることが多々あると思います。)
・ したがって、採用面接や、採用後の異動先の決定に当たり、そのような印象をもって行う。
ま、学歴を使って仕事することはありません。入庁し、実際のあなたの勤務評価が確立するまでの参考情報という程度です。

○地方中級・初級試験について
中級試験は、私の入庁した時はかなり高倍率で(40~50倍)で、上級合格者と学歴的にはそう変わりはありませんでした。
初級試験は、短大卒・高卒者ですが、入庁したあとに、夜間の大学に通ったりする人もいます。また、上級職への受替の制度もあります。
初級職であっても、その人の能力と努力次第で、上級職と同様のキャリアを形成することは可能です。初級職だからといって、配属先が限定される、ということは、基本的にはないです。

引用元-地方公務員になる前に絶対知っておくべき事

●地方公務員と国家公務員の年収の差は?

国家公務員、地方公務員の給料差ですが、これに関してはどの点を見るかによって大変大きな違いが生まれてきます。
たとえば、地方公務員における最高の年収と、国家公務員のそれとを比較した場合、国家公務員は総理大臣も含むわけですから、圧倒的に格差が生まれてきます。
しかし、高官ではない公務員同士を比較してみると、それほどまで年収に開きがないことがわかります。
それこそ、数十万ほど国家公務員の年収平均が多いほどで、地方公務員と給料面で大差はありません。
ただ、国家公務員も地方公務員と同じく、着任した自治体によって給料が変わるため注意が必要です。

引用元-平均年収.jp

●地方公務員の月額給与と平均年齢

地方公務員のお給料は地方公務員法で定められています。全職種(平均年齢42.5歳)の平均給与月額は337,404円。職種別にみると、一般行政職(平均年齢42.8歳)は328,842円、税務職(平均年齢40.2歳)は306,402円です。地域のために働く仕事はそのほかにもたくさんあります。例えば消防職(平均年齢39.3歳)の平均給与月額は306,314円、警察職(平均年齢39.0歳)は320,810円です。学校の先生のなかでも、公立学校の先生は地方公務員にあたり、高等(特別支援・各種)学校教育職(平均年齢44.8歳)の平均給与月額は383,266円、小・中学校(幼稚園)教育職(平均年齢43.6歳)は367,031円です。

引用元-@niftyわたしのマネー術

●自治体によっても年収はかなり違う

平成26年 総務省発表の地方公務員の年収データより、市町村別の平均年収ランキングを掲載しています。
1位は杉並区(東京都)、最下位は野田村(岩手県)という結果になりました。
都市部が上位を、過疎化が進むような典型的な地方都市が下位を独占するという、いつもながらの傾向になっています。上位の多くを東京を中心とする関東圏で占められています。

公務員の収入は社会情勢を加味して決定がなされるため、民間給与が減少していた近年は公務員の給与も減少傾向になっています。
それでも上位の数値は700万円を超えており、3000社以上ある上場企業ランキングと比較してみると上位の20%に入るくらいの高給です。
また、平均でも581万1850円とこちらも相当に高く、恵まれた待遇が表われたデータとなりました。

引用元-年収ガイド

●厳しい現実!?地方公務員の年収

「就職できれば一生安泰」──そんな風にいわれた公務員だが、今や昔のことのようだ。地方公務員の給与が、ここ10年ほどの間で激減しているのだ。
2013年(平成25年)の地方公務員給与実態調査によると、一般行政職の平均年収は633万8000円(勤続22.1年)で、5年前と比べて47万2000円も減っている。さらに10年前と比べると78万5000円も減っているのだ。
警察職では、平均年収732万1000円(勤続20.1年)で、5年前の81万8000円減、10年前の148万7000円減。さらに教育職(小中学校)では平均年収679万5000円(勤続22.5年)で、5年前の92万4000円減、10年前の103万6000減と、特に下落ぶりが目立っている。

引用元-Daily News Online

●年齢制限はある?公務員試験

何歳まで?公務員試験の最高年齢は59歳または60歳

公務員試験を何歳までうけることが出来るのか。公務員試験の受ける年齢での最高年齢は59歳または60歳です。何歳まで公務員試験を受けられるかは自治体や経験値、学歴などによっても異なり、最高年齢はここまでの幅があります。

自治体により、公務員試験の年齢制限が何歳までと規定がないところもあるようです。特に、地方公務員は先ほど触れたように、年齢上限が高い傾向にあります。地方公務員にしても国家公務員にしても、最高年齢は世間のイメージよりも高いようですね。

経験が求められるために最高年齢が高くなっている

例えば、体力がいる警察官や消防士などは公務員試験を受けれるのが何歳までかというのは明確に示していますが、同じ公務員試験でも事務方の仕事をする場合何歳という制限はあまり必要がありません。

しかし、そこには今までの社会人経験の規定があるため、一般の人から受験したいと考える場合は受験規格を満たすことができないでしょう。

「何歳まで公務員試験を受験できるか」は自治体・職歴により異なるので入念に確認を!

公務員試験を受けられるのは何歳までかは、自治体、学歴職歴、その仕事内容によっても幅があるという事がわかりました。自身が受ける公務員試験が実際どのような職種か、それが該当するかよく自治体に確認したうえで公務員試験に臨みましょう。年齢上限が高い地方公務員試験もありますから、事前に確認する事をおすすめします。

引用元-キャリアパーク!

まとめ
自治体によっても地方公務員の年収はかなりちがいますね。地方公務員を目指す人はそれぞれの自治体の待遇をよく調べてみる必要がありまね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ