日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

子供の写真が大量に!簡単整理術

      2016/03/11

子供の写真が大量に!簡単整理術

子供の写真は気が付くと大量にたまっていることがありますね。めんどくさいと後回しにせずに、重い腰をあげて整理してみてはいかがでしょうか。今回は簡単にできる写真の整理の仕方について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

子供の写真の整理の仕方

まずは、写真の分別をしましょう!

妊娠・出産&口コミ情報サイト『コンビタウン』が行ったアンケートによると、写真整理に悩むママのうち30%の方々が、「写真を撮る枚数が増えたので収集がつかない」と答えました。このことから写真整理の第一歩は、

・保存するべきか、消去してしまうべきか分ける
・写真をテーマごとに分ける

といった視点から、写真を分別することだと言えるでしょう。

よく動く子どもの写真を撮るママは、デジカメの連写機能を活用するケースも多いかと思います。その中のベストショットだけを保存すればいいのに、結局すべてのデータをまとめて保存していませんか? まずは、いらない写真を消去しましょう。

そのあとで、遠足・運動会・旅行など、写真をテーマごとに分けてください。これといったイベントがない日常の写真であれば、春・夏・秋・冬のシーズンごとに分別するといいでしょう。

また、収納アドバイザーとして活躍されるEmiさんは、一年間の写真を“ざっくりアルバム”と“とっておきアルバム”の2冊に分けることで、よりきれいに・楽しく写真の整理を行っています。参考にしてみるといいかもしれませんね。

引用元-パピマミ

年に2冊!写真の整理術とは

うちのアルバムは、1年に2冊です!
1)厳選セレクト!「とっておきアルバム」
2)迷ったらここへ!「ざっくりアルバム」
では順を追ってご紹介していきますね!

1)厳選セレクト!「とっておきアルバム」

◆家族で1年に1冊!
◆1ヶ月に11枚の、とっておきの写真を印刷する。
◆左上に、育児日記カードをいれる。

2)迷ったらここへ!「ざっくりアルバム」

◆L判に印刷するほどでもないけれど印刷したい写真をとにかく選ぶ。
◆1年に1冊、年末にお店にデータを郵送し、時系列で印刷してもらう。
◆表紙は、その年の年賀状を拡大印刷してリング製本してもらう。

引用元-OURHOME Blog

子供の写真整理のルール

早速作った“とっておきアルバム”

“とっておきアルバム”のシンプルなルールは三つ。

・1年に1冊
・1か月1見開き
・育児日記カードを差し込む

以上です!アレンジは自由だけど、このルールがあるだけでただ写真を差し込むアルバムとは全然違ってきます。
作るのも簡単・見る人も楽しいアルバムになります。

子どもの成長が丸わかり!

時系列に続いていくアルバムなので、めくっていくと子どもがどんどん成長していきます。
見開きの最初の育児日記カードに、この時の子どもの年齢月齢を書くと見る人も楽しい♪

厳選写真だけを入れる

撮った写真・プリントした写真をすべて収めるわけではありません。
その月の写真を11枚だけ!選んで収めます。(←見開き12枚だけどその内一枚分は育児カードを差し込んでいるので)
写真ってよく見ると、似た写真とかぱっとしない写真って多いです。
似たアングルで誰かが違う表情をしているだけだったりとか、良い表情ではないけどなんとなく撮った写真だとか。
そうゆう写真がたくさん並んでると、見てる方もなんだかまんねりしてくると思うのです。
だからその月の“とっておきの写真”を11枚だけ選んで、選んだ写真だけ差し込んでいきます。
プリントした写真をすべてアルバムに収納するのが当たり前だと思っていた私にとっては、斬新なアイディアでした。

育児日記がアルバムに入ってるって想像以上にいいー!

長女が1歳の頃はどうだったとか、長男が生まれた時はどうだったとか、写真だけでは語れない思い出ってあります。
育児日記は母子手帳やスケジュール帳に。写真はアルバムに。と、バラバラに情報があっても照合することってないですよね?
でもその月の子どもの写真と一緒に、その月の育児日記が読めれば楽しさ倍増です(^^)

引用元-お掃除は嫌いだけどキレイ好きな主婦ログ♪

プリントしてある写真は

既に写真をプリントしているけれど、整理できずに溜めている場合について紹介しますね♪
この場合は1ヶ月見開きに入りきらない写真が出てきますよね。
お友達にもらった写真もあったり!
そんな時はアルバムを2つに分けてみましょう。
なんでも貼っちゃう「なんでもアルバム」と厳選した写真だけを貼る「厳選アルバム」です。
厳選アルバムに貼り切れなかった写真はなんでもアルバムにドンドン貼ります。
1冊にダラダラと貼るよりも2冊に分けることで、見やすいアルバムになりますよ♪
もらったり写真プリント済みの写真を処分する必要もなくて良いですよね。

引用元-HAPILE 幸せは笑顔から!

フォトブックで簡単整理

自分でレイアウトするのは苦手な人へ
自分でちょこちょこ写真を貼っていく作業は苦手。
という人もいますよね。
そんな方には、フォトブックがおすすめ。
自分で選んだ写真をお店で1冊のアルバム(フォトブック)にしてくれるというもの。
こちらもネットで注文できます。
どんな風に仕上がるのかレイアウトなども紹介されているものを参考に選び、レイアウトしたい写真を選んで申し込むだけです。
フォトブックなんて割高なんでは?
私もそう思っていたんですが、調べてみたら、そうでもありませんでした。
実際にアルバムに整理する場合でもアルバム代、プリント代がかかります。
それとフォトブック代を比べてみたら、そう大差ないんです。

引用元-HAPILE 幸せは笑顔から!

ネットで現像も注文できる!

写真現像はネット注文がおすすめです。
ママは何かと忙しいので現像を出しに行って、取りに行く、そのアクションが大変です。
ネット注文は家にいながら、しかも24時間いつでもできます。
しかも安い!
私はいつもフジカラープリントサービスを利用しています。
現像代は1枚あたり9円!
子どもの写真は何かと大量になりがちなので安いところがありがたいですよね。
ただ、あまり安すぎるところは現像する紙が安くて持ちがよくなさそう(個人的な意見ですが)純正プリント用紙を使っているところが安心です。
スマホから注文できるアプリもありますよ。

引用元-D’COLLE

ためないようにこまめに整理していこう

アルバム整理を先延ばしにしているパパ・ママは、少なくないはずです。時間がないから整理ができない、その結果写真がたまる。そして、たまった写真を整理する時間がない……。そんな負のスパイラルを防ぐためにも、アルバム整理の最も大きなポイントは“こまめに整理しておく”ことなのではないでしょうか。

・イベントごとが終わったら、早めに写真の整理をしておく
・季節の変わり目に、撮りためた写真を分別する

忙しくてそれも難しいのであれば、少なくとも年に1度は写真整理の時間を作ってみてください。

引用元-パピマミ

まとめ
いかがでしたか?ぜひ写真の整理整頓に役立ててください!

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ