日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

舌を噛むには原因があった!?その原因と出血した時の対処法

      2016/03/12

舌を噛むには原因があった!?その原因と出血した時の対処法

食事中などに舌を噛んで出血したことがある人はたくさんいる事でしょう。中には無意識に噛んでいる人もいるのではないでしょうか。実は舌を噛むという事には原因があったのです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

スポンサーリンク

●舌を噛むという事は?

どうして舌を噛むのか

舌を噛むと痛いですよね・・・。出血はするし痛いし、暫く治らないし・・・。患部がしみて満足に食事も楽しめません。ですが舌を噛む時を思い返して欲しいのですが以下のような状態に身に覚えはないでしょうか?

体調不良

舌を噛むのは体調不良によって口の動きがうまく制御できなくなると誤って噛んでしまうことがあるそうです。

ストレス

またストレスにより無意識に舌を噛むこともあるのだとか。

胃腸の不調

胃腸が悪く消化器系に異常があると口の中を噛みやすくなるそうです。

ビタミンの不足

ビタミンb12が不足することにより、口の筋肉がうまく動かなくなり噛んでしまうことがあるそうです。

肥満

肥満気味になり顔に肉がつくと口の中を噛みやすくなってしまうそうです。

引用元-口内炎の治し方

●噛みやすいのは病気が原因?

病気によって舌をかみ易くなる事もあります。
その代表的な症状が「唾石症」です。
唾石症は尿路結石や胆石と同じように、唾液腺に結石が詰まる事で、唾液が出難い状態となります。
唾液線が詰まり唾液が出なくなってしまう事で、舌が常に乾燥した状態となり、動きが鈍くなります。
それによって普段は無意識の内に出来ていた動きが出来ず、舌を噛んでしまうという訳です。
そのほか、舌の動きや脳神経に何らかの異常がある場合や、ストレスによっても変わるとされている為、何度も舌を噛んでしまい、明らかにおかしいという場合には早急に総合病院を受診するようにしましょう。

引用元-舌を噛む原因 対策 病気

●舌を噛んで出血が止まらないときは

1.噛んだ部分を口の中で押し当てる

どんな傷でも止血をするためには、どの部分を圧迫して血液が出るのを抑える必要があります。そのため、舌であれば口の中でその部分を押さえ付けるようにして圧迫しましょう。口の中の上の部分や歯茎の裏に噛んだところを押しあてれば圧迫できるはずです。舌の当て方などをうまく調整してみて、噛んだところをしっかり圧迫できるようにしてください。舌は柔らかいのでとても傷つきやすいですが、口の中は唾液があるだけ傷の治りが早いです。そのため、普通に舌を切ってしまった出血であれば、しばらくすれば数十分ほどで止まるはずです。

2.清潔なガーゼ等で圧迫する

もし、出血がかなりひどいとか、舌を押し当てて圧迫できない箇所であれば、直接手で圧迫止血をすることがおすすめです。その場合には、清潔なガーゼなどを使うようにしましょう。不衛生なものであると、最近が傷口から侵入して感染症や化膿を引き起こしてしまうので注意してください。また、ティッシュな-どのちぎれやすいものは使用するべきではありません。傷口に入ってしまったり飲み込んでしまう危険性があります。清潔なガーゼで対処をしましょう。

3.ひどい場合には病院で診てもらう

傷口が明らかにひどいという場合には病院で診てもらうようにしてください。ぱっくり割れている、転倒して思いっきり舌を噛んだ場合には、傷口はかなり重症となりますいくら経っても血が止まらないので、病院で縫合手術を受ける必要があります。応急処置としてガーゼで圧迫止血をしながら病院へ行きましょう。口から溢れるほどに血が出るという場合や、しゃべるのもできないなんて場合には救急車を呼ぶのもありです。本当にひどい場合には一刻も早い対処が必要なので、その時の状況に応じて判断しましょう。

引用元-ART√

●舌を噛んで出血した人の話

私は昔から食事をしている時に舌を噛んでしまうことが時々ありました。

その日の夕食は肉じゃが。
食事をしているといつもよりも強めに舌を噛んでしまいました。
鏡で確認したところ、下図の×印部分から血が流れていましたが、毎度のことだから、どうせ血は止まるだろうと痛みに耐えながらご飯を食べきりました。

しかし食後30分しても血が止まる気配はありません。
血が止まらないという病的な意味で恐怖を感じ、更にこのまま出血多量で…とか、よからぬ想像ばかりしてしまい震えてきたので近所の総合病院に電話をしてみました。

医師か看護師さんかは憶えていませんが、タオルで止血して10分止まらなかったら来てください。
ということで早速タオルを噛んでみましたが、タオルが血に染まるだけだったので結局病院に向かいました。

到着するなり看護師さんに「本当に自分で噛んだんですか?」と聞かれたのは、暴力沙汰だと警察に言わないといけないからでしょうか?
それはさておき、大変ありがたいことに外科医がいらっしゃり、すぐに診察室のベッドで縫うことになりました。
舌に麻酔の注射を刺すと間もなく感覚がなくなり、縫合がはじまりました。
「痛かったら言って下さい」ということで身構えていると、途中で麻酔の効果が切れたのかちょっとだけ痛くなったので、もう一度麻酔の注射を打ってもらいました。
10分もしない内に治療は終わり、薬等をもらうこともなく帰宅しました。

糸が気になるものの食事するのに障害はなく生活する上で困ることはありませんでした。

随分前の話なのでハッキリ日数は憶えていないのですが、数日後に抜糸してもらい、それでこの一件は解決しました。

ですが、年月が経った今でも噛んだ部分は他の場所と比べてやや凹んだままです。
かといって味覚障害になったり喋りにくくなったりはありません。

引用元-ぼくの病歴・怪我歴

●よく舌を噛む人は注意!

口内炎の原因!がんや病気の危険もあるので、子供でも注意!
皆さんは、「なぜ自分が口内炎になるのだろうか?」と、口内炎の原因を考えたことがあるでしょうか?私は口内炎に悩まされている一人なので、よくその原因を考えています。
口内炎最強治療法!あらゆる治し方を駆使し、早く治す方法!!でも書きましたが、自分なりの口内炎の原因がわかっていると、口内炎を治すときに役立つことがあります。

しかし、残念なことに、口内炎の原因は、専門家の方でも、はっきりとわかっていません。ただし、その原因が全くわかっていないという訳でもなく、今のところ口内炎の原因は大きく分けると2つの説が有力となっています。

1つ目は、自分の歯で頬や舌を噛んでしまったり、食べ物や歯の摩擦で、口の粘膜に傷をつくったりする外からの刺激による原因です。

2つ目は、睡眠不足やストレスなどの体調不良により体力が低下したときや体質やウイルス感染など、体の中から口の中に自然と傷を発生させてしまう内からによる原因です。

口の中に傷ができると、口を動かすなどの皮膚粘膜の動きによって、その傷がだんだん広がって大きくなり、やがて小さな傷も穴が開いたような大きな傷口になります。

この傷口に、細菌が繁殖することで、炎症を起こします。この炎症が、あのいやーな痛みの原因となります。これが口内炎(アフタ性口内炎)のできるしくみです。

このように、口内炎ができる原因は、口の中に、なんらかの原因で傷ができ、その傷に細菌が繁殖することによってできます。

引用元-口内炎の治し方や、原因を知り、早く治す方法

●舌を噛むことが癖になっている人は

◎舌を噛む癖は治せるか

舌は物を食べる時や話をする場合に複雑な動きをしています。
その時に他の事に集中していたり、おしゃべりに夢中なっているなど、物を噛む事以外に集中してしまっている場合に無意識ですが舌を噛みやすくなります。

良くある事に一度舌を噛んでしまうと、食事の際、変に意識し過ぎてしまい、食べ方がぎこちなくなって再度同じ箇所を噛んでしまったりするという事です。

もう一つ考えられるのが、体調の変化(ストレス)などによって舌の状態も変化して、つい舌を噛んでしまう現象があります。

この場合癖にならないように治す方法としては、物を食べる時には落着いてゆっくりと、その事に集中するようにして下さい。
また体が疲れている時は、十分休養を取るようにしストレス等を溜めないように生活習慣に気を配ることが肝心です。

その他の方法として、自身で癖にならないようにチェックする方法を以下に挙げてみましたので参考にして下さい。

<歯と舌を常に接触させないようにする>

無意識の内に自分が噛み続ける癖を持っているかいないかをチェックする

舌に歯形がついているか。
頬の内側に白い線がついているか。
※ 上記2点は歯と舌がいつも接触していると起きる条件です。

噛み続ける癖の改善 習癖逆転法(しゅうへきぎゃくてんほう)

メモ用紙に「歯をはなす」という言葉を書いて、よく目にする場所に貼っておきます。
メモを見たら「ハーッ」と息を吐きます。
治したい癖と両立しない新たな癖を付けます。
貼り紙を見た瞬間だけ息を吐き力を抜くことがポイントです。
噛む事とは両立しない、息を吐く癖を新たに付けることで噛む癖を治します。
噛み続ける癖は、息を吐くことで改善されます。

引用元-健やか報知

まとめ
舌を噛むことに原因があったとは驚きました。舌を噛むことは体調不良の合図でもあるわけですね。よく舌を噛むという人は病院を受診してみるのもいいかもしれません。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ