まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

歯痛に効くのは?カロナールとロキソニンどっち?

      2016/03/13

 - 美容・健康

急に歯痛が!そんな時は痛み止めを飲みますね。痛み止めといえばカロナールとロキソニンが代表的ですが、この2つの薬の違いは何でしょう。今回は歯痛の原因とその対処法について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

ダイエットに大切な食事のバランス

食欲との戦いのダイエットは昔の話。極端な食事制限は体調のバランスを崩すばかりか、ストレスやリバウンドの原因になると聞きました。最近、気になりだしたお腹周りを学生時代に戻したいなぁ。

扁桃腺が腫れて片方だけ痛い

風邪を引くと扁桃腺が腫れることは良くあります。酷くなると唾を飲み込むことさえ容易ではありません。たまに、片方だけ腫れることがあります。何が原因なのか調べることにしました。

頭皮が凝ると肩も凝る?効果的なマッサージとは

肩が凝ることはよくありますが、頭皮も凝るって知ってましたか?頭皮が凝ると肩の凝りだけでなく頭痛がしたりといろいろ影響が出るようです。今回はそんな頭皮の凝りに効くマッサージを紹介します。

子宮頸がんの検査は痛いのか

子宮頸がんの検査をひかえている方もいるでしょう。初めての方は子宮頸がんの検査がどんなものか不安だと思います。実際、出血を伴ったり、痛いものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

虫歯の治療とその料金

多くの人が虫歯で悩まされていると感じます。虫歯の治療のために歯科に行かれると思いますが、虫歯治療の料金とはいったいどのくらいなのでしょうか。今回は、虫歯治療の料金について調べてみました。

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

奥歯の根元が虫歯に?治療はどうする?

奥歯は虫歯になりやすい歯です。歯の根元も気を付けないと段差ができたり虫歯になりやすくなります。歯の根元が虫歯になったときは早めに治療に行く必要があります。今回は虫歯になりやすい歯の症状について調べました。

足にできるタコとウオノメの違いとは?その取り方と予防法

サイズの合わない靴などを履いていると足にタコや、ウオノメができやすいようです。タコとウオノメはでき方は似ていますが、対処法は異なります。今回はタコとウオノメの取り方について調べました。

胃腸風邪の薬は市販薬でいい?病院で処方してもらうべき?

風邪をひくと吐き気や下痢の症状を伴うことがあります。それは胃腸風邪と言われ脱水などに気を付けないといけません。胃腸風邪の場合は市販の薬と病院で処方してもらうのとどちらがいいのでしょうか。

過労とストレスが病気を引き起こす

現代社会は過労とストレスの連続です。何でもまじめに取り組む完璧主義だと、やり過ぎによる過労とストレスで体調もおかしくなってきます。過労やストレスが原因で引き起こされる病気を調べました。

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

体脂肪率を10%減らす為の食事

最近気になりだしたお腹を何とかしたいと思うと、体脂肪率はとても気になるもの。せめて、10%減らすことが出来たら…。かといって、食事を急激に減らしたダイエットは、辛い上にリバウンドが怖い。日頃の食事を続けながら、無理なく減らす方法は無い物か調べてみました。

一重と二重の片方だけは気になる

片方だけが一重だったり、二重だったりすると気になりますよね。出来れば左右揃えたいのが人情と言うもの。二重にする方法や二重から一重に出来るの?と言った疑問。また、変える必要性などを集めてみました。

夢でトイレに行きたくなったら!?おねしょをしてしまった場合

夢でトイレに行ってそのままおねしょをしてしまった経験はありませんか?子供のころは比較的経験のある人は多いかもしれませんが、今は大人でもおねしょをしてしまう人が増えているようです。その原因と対策を調べました。

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

歯の詰め物が取れたらどうしたらいい?正しい応急処置とは?

虫歯になると歯に詰め物をすることが一般的ですが、もしその詰め物が取れた場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は歯の詰め物が取れた場合の、正しい応急処置の方法を調べました。

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

癌の宣告を受けることは大変ショックなことです。苦しい治療や手術をしても再発の可能性がある恐ろしい病気です。もしも癌になった場合に余命宣告を受けたら、どう解釈すればいいのでしょうか。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

歯痛の原因は

歯痛の原因は色々ですが、代表的なものに、虫歯や歯周病などがあります。
それ以外の歯痛の原因としては、親知らず、三叉神経痛、上顎がん、ストレスなどがあります。
そして、蓄膿症による虫歯が原因で歯痛が起こるケースもあり、その原因は、種々多様となっています。
意外な歯痛の原因として、狭心症でなることもあり、頭痛や肩こり、疲れなどと同時に起こることもよくあります。
つまり、歯痛の陰には、重い病気が潜んでいる場合もあるので、歯の治療が終わった後、その症状が引き続きある場合は、専門医に相談する必要があります。
急な歯痛の場合の改善には、応急処置としてバファリンなどの市販薬、もしくは、ツボ押しなどが効果的です。
腫れた患部を冷やしたり、ツボ押しは歯痛に効果があり、病院ではその改善として、ロキソニンなどが処方されることもあります。
歯痛改善の応急処置を知っていれば、歯科医院がもし休みの時でも、とても助かるでしょう。

歯痛というのは、老若男女を問わず、我慢できない痛みの代表的なものなので、少しでも改善する知識を身に付けておくことはとても大事です。
虫歯での歯痛の場合で、冷たいものや熱いものが沁みる時は、改善策として、歯の穴に固く丸めた綿をつめてやると効果があります。
つまり、直接刺激が伝わらないようにすることで、歯痛を軽減できるのです。
また、頭痛薬などの鎮痛剤を用いれば、歯痛を多少抑えることができるので、改善策として有効です。

引用元-歯痛の事を徹底調査!辛い歯痛はどうして起こる!?

スポンサーリンク

  人気記事

歯痛の時は、ロキソニン

ロキソニンは歯医者でもらう痛み止め

ロキソニンとは歯医者で歯が痛い時や歯の治療後痛みが出そうな時にもらう痛み止めの一種です。特に歯の神経治療の後や、親知らずの抜歯後に多く出されます。ロキソニンには痛みを止めるだけではなく、腫れを引かせたりや熱を下げたりする作用もあります。また、歯痛の時だけでなく頭痛や生理痛にも効果的な痛み止めです。

ロキソニンSは市販で買う痛み止め

ロキソニンSは薬剤師のいる薬局で買えるロキソニンとほぼ同じ成分の痛み止めです。歯医者でもらったロキソニンが足りなくなったり、歯痛で我慢できない時などに薬局で買うことができます。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

子どもにはロキソニンではなくカロナールを

まるで万能薬のようなロキソニンですが、実は子供には使うことができません。服用することによる安全性が確立していないという理由から、原則15歳以上でないと服用することができないのです。でも歯痛は大人に限った症状ではなく、もちろん15歳以下の子供にも起こりえます。

風邪のときに小児科で解熱剤として『カロナール』や『ブルフェン』を処方されたことはありませんか?それらもロキソニンと同じように解熱剤でもあり、歯痛にも効く鎮痛剤でもあります。指示されている1回分の量を服用し様子をみてください。

または市販薬であれば『小児用バファリン』であれば3歳から、『新セデス』であれば7歳から痛み止めとして服用することができます。

引用元-どくらぼ

カロナール、ロキソニンを服用する時の注意

空腹時での服用を避け、食後に服用しましょう

・1度服用したら、最低でも4時間以上あけるようにしましょう。

・医師の指示どおりの量を守りましょう。効かないからといって、薬の飲み過ぎは厳禁です。ご自分の判断で量を増やしたり、頻繁に飲まないようにしましょう

・一つの解熱鎮痛作用のあるお薬を服用している場合は、他の解熱鎮痛薬を服用しないようにしましょう。作用が強くなり、副作用のリスクが高まります。

・稀に、今まで副作用がなくても、体調などの変化によって突如お薬に対するアレルギー症状(湿疹、アナフィラキシー、ショック症状など)が起こる可能性があります。いつもと違う、少しおかしいと思うような症状が出た場合は、副作用の可能性がありますので、すぐに医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

引用元-EPARK

痛み止めが効かない歯痛

虫歯の痛み止め薬が効かない4つのケース

特に次のようなケースの場合、慌てて痛み止めを服用しても、残念ながら効果は望めません。

■ 骨の内部に膿が溜まっている場合

過去に歯の神経を取ってできた空洞部分に細菌が繁殖し、歯根の先の骨の部分に膿(うみ)などが急に溜まったことが考えられます。固い骨で囲まれた場所で、急激に大量の膿が生産されるような急性の炎症が起こった場合には、膿の圧力が骨の中で高まり痛みが起きます。

最初に大切なのは、膿の圧力を下げること。いくら痛み止めの薬を飲んでも、膿の圧力を下げることはできません。薬を使わなくても、被せものを外して歯の根に細い穴を開け、根の先端部分の膿の部分まで穴が通じれば、穴から膿が出て圧力が下がるため、痛みが和らぎます。「歯を削ったと思ったら、大量の膿が出て瞬時に痛みが引いた」というケースです。

■ 歯ぐきに膿が溜まっている場合

虫歯を放置したり、歯周病や親知らずの炎症が起きたりした場合、歯ぐきに膿が溜まることがあります。軽い腫れ程度から、ウズラの卵の大きさやそれ以上の膿が溜まることもあります。

この場合は薬も必要ですが、痛み止めだけではやはり十分な効果は期待できません。歯ぐきの一部を数cm切開し、溜まった膿を外に出すことが大切。この場合も膿が出た後は症状がかなり改善します。

■ 噛み合わせが強くぶつかっている場合

虫歯、歯周病、根の病気などで歯が痛い時、自覚はなくても歯が浮いた状態になります。そのため痛い歯に限って噛み合わせが強くぶつかり、押し込まれたり揺らされたりします。そのため噛むと余計に痛みが増します。

薬では短期間で歯が浮いた状態を薬で元の状態に戻すことは出来ません。浮き上がっている状態に合わせて歯を削り、噛み合わせを調整すれば、噛むときの痛みが軽減します。

■ 虫歯が急に痛みだした場合

しみたり、ときどき痛んだりを繰り返した虫歯は、ある日突然急に痛くなることがあります。歯の内部には神経があるため、神経を直接刺激されたような痛みになることがあります。ある程度痛みが強くなると、薬で痛みを抑えようとしても痛み止めが効く時間は短いことが多く、うまくいきません。

自分でどうにかしようとするより歯に麻酔をして、歯の神経を直接取り除くほうが、痛み止めでごまかすよりも確実で短期間で落ち着くようにできます。

引用元-AllAbout健康・医療

歯痛の時はしてはいけないこと

歯を触る

まずは痛む歯をついつい指や舌で触ってしまう事です。
これはほとんど無意識のうちに触ってしまっている事が多いですが、痛む歯を触ってしまうとばい菌が入ってしまったり、余計に症状を酷くしてしまうので絶対に触らないようにしてください。

お風呂に入る

次にお風呂に入る事なのですがこれは熱いお風呂に長時間入らないって事です。
お風呂に長時間入ってしまうと汗を大量にかいて気持ちいいですが、それは血圧が上がっているからで
血圧が上がっているってことは、それだけ血の周りが早くなっていて痛みが酷くなってしまいます。
なので歯が痛い時は軽くシャワーなどで汗を洗い流すようにしてください。

アルコールを飲む

次は、アルコールを飲んでしまう事ですが一日の仕事の後などは、頑張った自分にお疲れ様って一杯飲みたくなりますが、歯が痛い時にアルコールを飲んでしまうと血液の流れが早くなってしまって炎症が酷くなってしまい痛みが増してしまいます。
よくアルコールを飲むと痛みが一瞬無くなるといいますが、それはほんの一瞬だけでその後痛みは酷くなってしまうのです。

喫煙

次は、たばこを吸ってしまう事ですが、これもよくありません。
僕も経験あるのですが、たばこを吸って気分転換をしようと思ってしまいます。
特に歯が痛い時などは何も手につかないのでついついたばこを吸ってしまう事が多いですが、たばこの刺激で痛みが酷くなってしまったり歯周病が酷くなってしまったり、何より治るのが遅くなってしまうので、いきなり禁煙をする事は難しいですが、歯が痛い時だけはたばこを吸わないように心がけてみてください。

炭酸飲料を飲む

最後は炭酸飲料などを飲んでしまう事です。
炭酸飲料などは刺激が強いので美味しく感じてしまいますが、その刺激が歯の痛みを悪化させてしまいます。
飲み物では炭酸飲料の他にも熱い飲み物は、炎症して痛みが出ている場合にはその炎症を悪化させてしまうので熱い飲み物も注意してください。

引用元-季節カフェ

歯痛はひどくなる前に治療!

膿を出すために歯に穴をあける。浮いた歯の噛み合わせに合わせて歯を削る。歯ぐきを切開して膿を出す。麻酔をして歯の神経を取る。歯の痛みの治療は、どれも自分ではできないものばかりです。
病院でも、痛みが出るほど進行した症状に対しては、被せものや土台を外したり、根の先にまで穴と開けたりと、応急的な対応では完了しない時間をかけた治療を必要となってきます。
痛みが強くなってから慌てて歯科に連絡をしても、予約が取れなかったり、待たされてしまったり、運よく応急処置をしてもらったのに痛みが完全には引かなかった、というケースは少なくありません。
歯の痛みは、いくら突然といっても交通事故のように突発的に起きるものではありません。薬が効かないほどの歯の痛みが出る場合は、その前に必ず違和感や痛みを繰り返していることがほとんど。そのサインを見過ごさずに早い段階で対応することがとても大切なのです。

引用元-AllAbout健康・医療

まとめ
歯痛がひどくなる前にまず定期的に歯科医院で予防をするのが大事ですね。

twitterの反応

 - 美容・健康