日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

就活の面接で会社にどう貢献できるか聞かれたら

      2016/03/14

就活の面接で会社にどう貢献できるか聞かれたら

就活の面接では色々なことを聞かれますが、その中でも会社にどのように貢献できますかと聞かれることは多いようです。今回は就活で役に立つかもしれない面接時の回答方法について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

スポンサーリンク

まずはエントリーシートで会社に貢献できるアピールを

エントリーシートで押さえておきたいポイントとしては、自分がいかに就職先となる企業へ貢献できるのかをアピールすることにあります。

ポテンシャル、将来性がある事を示す

大学生などの学生はアルバイト以外は仕事経験がないのが一般的なので、企業側はそこまでスキルの高い人材を期待していません。
むしろ将来性を期待できる人材が欲しいので、エントリーシートでも自分には将来性があることを示す内容を書くことが重要です。

例:目標達成の為に努力した事
効果的なポイントとしては、学生時代に目標達成のために努力した内容などは非常に好感触になります。
テストで高得点を取るために、どれだけ段取りよく勉強を計画して実行できたかなどは、就職してからのスケジュール管理にも応用ができるのでアピールしたいポイントです。

例:サークルでの実績
また一般的に使われることが多いですが、サークル活動での実績なども場合によっては印象が良くなります。
サークル活動を題材にする場合は、あくまでも自分だけをアピールするのではなく、仲間との協調性などについて触れると印象が良くなります。

それらがどれだけ企業に役立つか

そして当然のことながら、大学で学んだことが企業にどれだけ役立つかのアピールも必要です。全く関係のない職種でも、大学時代の勉学で使えることなどをアピールすることは将来性を期待させてくれます。
就職活動のエントリーシートは、どれだけ自分が企業の役に立つかのアピールの場となります。しっかりと対策をすることで、通過できる可能性が非常に高くなります。

引用元-就活SWOT

就活の面接時に聞かれること

面接のときには「自己紹介」や「志望理由」などに並んで「当社にどのような貢献ができますか」という質問がよくあります。この質問に「会社に貢献できるよう頑張ります」と答える就職希望者がよくいますが、それでは答えになっていません。

 また、実際に採用されて仕事をしてみないと、どんなことに貢献できるかわからないと思うかもしれません。しかし、企業側はこの質問を通して、自分の会社のことをどれだけ真剣に考えているかを知りたいのです。この質問は、いくつかのポイントを、流れをもって説明することで、しっかりとした受け答えができます。

引用元-U-NOTE

会社に貢献できることをどう伝えるか

会社に貢献できることの伝え方①これまでのスキルをどう活かせるか

自分の持っているスキルで、その会社でどのように貢献できるか、を考えて回答します。「今までの○○な経験で得たスキルを、御社の○○のような業務で貢献できると考えています。」 のような感じで大丈夫でしょう。

会社に貢献できることの伝え方②具体例を入れて意欲や願望で締める

1「貢献」を問われた場合には、「自己PR」や「セールスポイント」 「強み」を述べる。
2述べる際には、事例などの具体例を入れる。
3「自己PR」や「セールスポイント」を述べた後、結びに「○○で貢献したい」という自分の意欲や願望で締めるようにする。

引用元-キャリアパーク!

社会貢献より会社貢献が重要

社会貢献より「会社」貢献

 志望動機で「社会貢献」を挙げる学生はきわめてたくさんいます。しかし企業組織は社会貢献のために存在しているのでしょうか? 企業が存続発展した結果、納税や市場流通、雇用といった企業活動すべててが社会貢献であるのは当たり前です。逆に社会貢献していない企業など存在するでしょうか。本コラムが繰り返し批判してきた「正解志向」の典型的な例が志望動機に「社会貢献」を挙げる行為だと思います。社会貢献が悪いのでも、それを志向することが悪いのでもありません。「社会貢献と答えておけば正しいだろう」と、思考停止になることが最大の欠点なのです。面接・選考に「正解」などありません。
 組織が存続発展出来なければ、社会貢献など不可能です。仮に上場企業が存続発展をないがしろにしたら、株主から訴訟を起こされかねません。少なくとも新入社員として、組織に入っていく皆さんは、まず目の前の「会社」貢献を目指して下さい。それが新卒学生の皆さんに期待する企業の総意であり、組織の中で10年、20年とキャリアを積むことができれば、おそらくその過程でたくさんの社会貢献は果たせるはずです。

引用元-College Cafe by NIKKEI

就活の面接の回答はしっかり構成しよう

人を引きつけるには、「構成」が必要です。しっかりと構成されたメッセージでなければ、相手を説得することができません。
たとえば、あなたはこんな商品を信用できますか?「このダイエット飲料を飲めば、痩せる!とにかく痩せるんです!1ヶ月で5kg痩せるんです!」…おそらく詐欺としか思えないですよね。
なぜ、信じられないかというと、根拠がないからです。根拠がない話は信じられない。就活のメッセージでも、相手を信頼させるために、あなたの話は全てしっかりと構成されたものでなければなりません。
わかりやすい構成で話すには、PREPという方法が有効です。これは話を以下の順で話す構成法です。

Point…最初に結論を話す
Reason…次に、結論を支える根拠を語る
Example…根拠の詳しい説明を話す
Point…最後に要点をもう一度まとめる

驚くことに、このPREPを使えば、就活のほとんどの質問へ、論理的に回答することができます。

引用元-賢者の就活

会社が面接で見ていること

企業としては(誤解を恐れずにいえば)「有能」=「出身大学と受けさせたテスト」なわけ。だから、面接ではあえてそこをチェックするよりも、「これから教えることをどれだけ吸収できるか」を見てる。前述した、営業してました、編集やってました、イベサーリーダーやってました、とかどれもぶっちゃけどーーーでもいいわけ。はれるや自身も、学生の頃は社会人とかに「今何ができるか、やってきたか、よりも伸びしろを見られてると思う」と何度も言われたが、なんだか腑に落ちなかったわけ。え、なに、伸びしろって?みたいな。しかし今ならはっきりと分かる。つまりポテンシャルってことね。

学生諸君、君たちに「強み」なんてない

つまりね、学生が思う「今の自分の強み」なんてものは、毎日生きていくためのお金を得るために汗水たらしながら働いている社会人から見たら、鼻息で吹き飛ぶようなもんなんですよ。実際はれるやも入社して何度も泣いたよ。自分の強みなんて、あっけもなくへし折られるわけ。だけど最近の就活本とかは「自分をアピールしまくれ!」みたいに書いてあって、多分それは、何をやってももはや採用されないぐらい「本当に伸びしろのない学生」に向けて書かれてあると思ったほうがいい。

引用元-批評日記

会社が欲しい人材

 どうやってその資質を発見するかというと、それは比較的簡単です。その人の中に自分自身の「行動原則」があるかないか。そこを見るのです。行動原則のない人というのは、目の前に現れるさまざまなものに手を出す。そして仮に失敗しても、行動に原則がないから何を修正すべきなのかわからない。なので、同じ間違いをまた繰り返します。経験に学ぶことができないので成長しません。
それに対して行動原則のある人は、たとえ失敗しても、そのたびに経験に学んで原則を修正する。そのため行動原則がどんどん成功できるモデルに高まっていきます。こういう人は必ず成長する。別にその原則は間違っていても構わない。大事なのは自分の行動軸があるかどうか。それに基づいて行動している人ならば、間違いはとてもいい経験になるのです。学生の中にも表面だけみたら成功している人はたくさんいます。
 例えば体育会で何かの大会で優勝したとか、サークルでイベントを成功させたとか。それは話だけ聞くとすごいことのように見えますが、企業にとって大事なのは、その成功が企業の中で再現できるものであるかどうかです。
その判断のポイントはやはり行動原則の有無にあります。その人が自分の行動原則に沿って動いた結果、その成功がもたらされたのであれば、企業に入っても同じ成功が再現できる可能性は高いといえます。自分の中に成功を導く「黄金法則」のようなものを持っている人ですね。それに対して、成功はしていても、そこに何らかの行動原則が感じられない場合、その成功は偶然か、自分の実力以外の他の要素が原因になっているのではないかと考えるのが自然です。

 人事担当者としては偶然性を排除しないと、人を採用する際のリスクになります。その判断ポイントは「自分のルール」を持っているかどうか。「自分のルール」をしっかりと持っていれば、成功の再現性は高いと判断してほぼ間違いないのです。
「行動原則」、「黄金法律」、「自分のルール」、これこそが「自分でものを考えられる力」の意味であり、企業が求める「仕事人としての即戦力性」に他ならない。
試験を切り抜けるため、バイト先の売り上げを伸ばすために、どのような戦略で対応したのか。そしてそれらの結果はどうだったのか。自分のやり方は通用したのか。通用しなかったとしたら、その原因は何なのか。人事担当者はそういった点を面接で聞いていく。

引用元-Jobweb

まとめ
就活時の面接にはしっかりと準備をして臨みたいですね!

twitterの反応


https://twitter.com/beans_tai_fook/status/618256028128296960

 - 日常・生活

ページ
上部へ