まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

虫歯治療の麻酔使用直後に食事

      2015/11/06

 - 美容・健康

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。麻酔は治療が終わった後も効果が続いています。そのようなときに食事はいつからとっていいのでしょうか。そこで今回は、虫歯治療の麻酔使用後の食事について調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

5歳の虫歯治療の麻酔は

虫歯で悩まれている方も多いと思います。しかし、5歳の子供たちの虫歯治療となると大変です。その場合、治療の麻酔や注意事項はどうなのでしょうか。今回は、5歳の虫歯治療の麻酔について調べてみました。

タバコを禁煙することになったきっかけ

多くの方がタバコを吸っているかと思います。しかし、禁煙したいという方も多いのではないでしょうか。禁煙したひとはそのきっかけとは何だったのでしょうか。今回はタバコの禁煙のきっかけについて調べてみました。

卵巣の腫れが3センチと言われた…!卵巣腫瘍にご注意を

卵巣は通常ソラマメくらいの大きさですが、3センチくらいに腫れてしまうと要注意。それ、卵巣腫瘍の可能性があります。卵巣腫瘍とはなんなのでしょうか?そして、診断を受けたらどうなるのでしょうか?

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

子宮頸がんの検査は痛いのか

子宮頸がんの検査をひかえている方もいるでしょう。初めての方は子宮頸がんの検査がどんなものか不安だと思います。実際、出血を伴ったり、痛いものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

MRIとCTの料金などの違いは?

病院で検査をするときにMRIやCTで撮影することがあります。ところでMRIとCTの違いは何なのでしょうか。診断する場所や料金などで違うようです。今回はMRIとCTの違いについて調べましたので紹介します。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

後頭部が腫れて痛い!腫れの原因は?

後頭部が腫れていたりしこりになっていたりしていませんか?痛みがない場合は問題がないことが多いようですが、痛みを伴う場合は注意しましょう。今回は後頭部の腫れについて調べました。

ダウン症は胎児の時にわかる?成長とともにみられる特徴とは

妊娠中の胎児のエコーなどからダウン症かどうかは判断できるのでしょうか?胎児の成長とともにダウン症である場合はその特徴がはっきり見られるようになるのでしょうか?また、発育過程は?今回はダウン症について調べました。

水切りヨーグルトは低カロリー高たんぱく!ダイエットに打ってつけ!

近頃、ギリシャヨーグルトと呼ばれているものが市販されていますが、濃度は違うものの、水切りヨーグルトと同じものだって知ってました?水切りヨーグルトは、低カロリー、高たんぱく。ダイエットにもなるし、健康効果も。そんないいことづくめの水切りヨーグルト、調べてみました。

筋トレを毎日やるのと隔日やるのとでどっちが有効

筋トレをしていると、効果がありそうで毎日続けていますが、隔日の方が効果は高いんだよと聞きました。毎日続けた方が良いに決まっているじゃん。いまいち納得が行かないので調べました。

子宮の後屈にはかえる体操が効果的

子宮の後屈が原因で不妊に悩んでいる人は10人に1人と言われています。そこで改善の方法として挙げられるのがかえる体操です。体のゆがみを治すと共に、筋力や手足の神経も整えます。両手両足を合わせることの意義を探りましょう。不妊だけでなく、健康そのものを取り戻しましょう。

肝機能の数値が悪いのはストレスも原因になっています

肝臓は悪くなっても自覚症状が出ません。ですから、健康診断の肝機能の数値が健康維持の重要な役目を果たします。「アルコールは飲まないから大丈夫」と思っていませんか?肝機能は甘いものの食べ過ぎやストレスでも悪化します。いろいろチェックしてみましょう。

足の爪をおしゃれに!自分でもできるジェルネイル

サンダルをはく季節になると足元が気になりますよね。足の爪にネイルをしていると見た目も気分も華やかになります。そこで今のネイルの主流であるジェルネイルについて調べてみました。

女性と男性の年齢の見分け方

買い物に出かけた時など、初めて見る人に会います。様々な人がいる中で、年齢も様々ですが、何歳か全く見当がつかないこともありますよね。年齢を見分けるとき、どのようなところを意識すればよいのでしょうか。詳しく調べてみました。

虫歯治療後、麻酔が切れる時間や痛みについて

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。しかし、麻酔は時間が経てば切れてしまいますし、切れた後、痛かったりしますよね。そこで今回は、虫歯治療後麻酔が切れる時間などについて調べてみました。

筋肉量の平均以上を男なら目指そう

体脂肪率も気になりますが、男なら筋肉量も気になります。筋肉量の平均値はいくらか、筋肉量にこだわらなければならない理由。マッチョな体ではなくても良いが、せめて平均に近づけたい。

半月板損傷の手術と麻酔について

主にスポーツをしている時になりやすいとされる、半月板の損傷。プロの野球選手やサッカー選手でも、よく聞く病名ですね。もちろん一般の方でも、部活やサークル活動などでスポーツを楽しむ方がなる可能性はあります。半月板損傷ってよく聞くけど、一体どういう症状が出るのでしょうか。手術をするにしても、全身麻酔? それとも部分麻酔?入院期間や費用は? 日常生活に復帰できるまでどのくらいかかる?ということで、調べてみました。

身体測定前に実践☆身長を簡単に伸ばす方法まとめ

『あと1cmあれば170cmなのに…』身体測定を前に、あと少し身長を伸ばしたいあなたへ!簡単に身長を伸ばす方法があります!これを見てぜひ試してみてください♪少し気をつけるだけで結果が変わるので驚きですよ☆

親知らず抜歯後の穴に白いものが…

歯医者はハッキリ言って嫌いですが、とうとう親知らずを抜歯する事になりました。痛い思いをして抜いた跡をおそるおそるのぞいてみると、白いものが見えます。えっ!骨?いや、チョット違う。

虫歯治療で麻酔を掛けた後に食事をする?

私の経験では、麻酔でと言うことは無かったように思います。それよりも、麻酔をかけて行う治療の結果により「~は控えてください。」だったと記憶しています。(抜歯等であれば、運動やお風呂、傷口があるほうで食べ物を噛まない。など)
また、治療の結果でなんの制限が無くても、麻酔が効いていると口の感覚がないので、口に入れたものがだらだらと出てきてしまいますので、実際のところは無理じゃないでしょうか。
麻酔で唯一注意されたのは、麻酔が切れるまで車の運転は控えてというのと、電車を使う際にはホームの端に近寄らないようにと言うことですね。

引用元-歯医者の麻酔について教えて下さい – デンタルケア | 教えて!goo

スポンサーリンク

  人気記事

●虫歯治療の麻酔について(Q&A)

軽度の虫歯で麻酔はしません。
麻酔にはリスクがつきまといますから、良識のある歯医者なら「取り敢えず麻酔」なんてことはしないはずです。ましてや先だって麻酔で死人が出ていますからね。ちょっとぴりぴりしています。

質問者さまの場合、痛くて我慢できないというほどの虫歯でしか通院されたことがないのでしょう。痛いと感じるくらい虫歯の進行が進んでいれば治療もかなりの痛みを伴うので歯科医が麻酔をすすめるのも当然かと思います。
おそらくご友人の方は定期検診などでしっかり歯の管理をなさっているのではないでしょうか?軽度の虫歯を素人が見つけて通院するケースはあまりないかと思うのですが…(歯科医ではないのではっきりとは申し上げられませんが)。ちょっとした虫歯でしたらささっと削って詰め物して終了、で済む場合が殆どです。

色々な歯医者にかかっているということは定期検診なんて行ってませんよね…。虫歯は体質によるものが大きいので(この虫歯のできやすさについては、歯科医に頼めば検査してもらえます。簡単ですし、それほど費用もかからないはずです)、できやすい体質のようですからかかりつけの歯医者を決めて、定期検診をなさるのをおすすめします。

引用元-教えて!goo

●麻酔が効いているときの注意事項

2-1.食事は麻酔がきれてからする

麻酔が効いているときに食事をしてしまうと、誤って唇を噛んでしまったり、麻酔をした部分に傷が付いても気づかないことがあります。そのため食事は麻酔が切れてから行うようにしてください。どうしても食事をとる際は、麻酔をしていない反対側で軟らかいものを食べるようにしてください。

2-2.唇を噛んでしまうと大きく腫れる

麻酔が効いているときに、誤って唇をかんでしまうと大きく腫れてしまうことがあります。特にお子さんの場合、麻酔が効いていると唇を噛んでも痛くないため、何度も噛んでしまい、腫れてしまうことがあります。腫れてしまった場合は痛みがあれば痛みどめをのみ、唇が切れているようであればケナログ等の口内炎の薬を塗っておくと早く治ります。

2-3.やけどに注意する

麻酔が効いているときの水分は熱いものを避けるようにしてください。麻酔が効いていると熱さが分からずやけどをしてしまうことがあります。

2-4.麻酔をした部分を触らないようにする

麻酔のきれ初めにかゆい感じや違和感を感じることがあります。爪や指で引っかいたり触ったりしないようにしてください。感覚が無いので傷が大きくなってしまうことがあります。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

●麻酔が切れてから食事をしたら酷い痛み

虫歯治療後に激痛を感じる場合、歯を削った際に歯髄の一部が露出していることが疑われます。また、歯を削った範囲が歯髄に近接していて、咬み合せる圧力が刺激となって痛みを感じている場合もあります。咬み合せの高さを調節することは第一選択としては適切だと考えられますが、症状の改善が認められない場合には歯髄を除去する抜髄処置が必要となります。顎角部にまで炎症が波及しているようなので、抗生物質の投与を行った後に抜髄処置を行なうのが適切だと判断致します。

引用元-goodental.com

●麻酔をして2時間は食事をしてはいけない理由(Q&A)

食べていて、頬っぺた噛んじゃう時ってありますよね。
あれって、脳が痛いと感じる前に、もう反射で力抜いてるんです。
麻酔をすると反射が利かないので、力一杯噛んでしまい、イイ具合に腫れてしまいます。感覚が無ければ、余計噛みやすくもなりますし、熱い物などにも反応が鈍く、下手するとヤケドの原因になります。
気をつけて食べれば、食べれないことはないですが、歯医者が「気をつけて食べないと大変だよ」と言うと、「先生が食べていいって言うから食べたらこうなった!」とか言う人が出て来るので、「食べないで」と言うのです。

引用元-Yahoo知恵袋

まとめ
治療後も食事をしたくなると思います。しかし、しっかり麻酔が切れるまで待つことが大切かもしれませんね。

twitterの反応

 - 美容・健康