日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

小学校の先生はいつ休む?先生の休みについて

      2016/03/21

小学校の先生はいつ休む?先生の休みについて

小学校の先生はとても忙しいイメージですが、先生の休みはどうなっているのでしょうか。夏休みは生徒と一緒で休みなのでしょうか?今回は忙しい先生の休みについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

小学校の先生の一日は?

教師の1日は、どんな感じなのでしょうか。ある小学校に勤務し、4年生を受け持つA先生の1日を見ていくことにします。

A先生の起床は、午前6時。そうです。教師の朝は早いのです。身だしなみを整えて、食事をして、7時すぎには自宅を出て、自動車で学校へ向かいます。

学校に着くのは午前7時40分頃。もう職員室には数人の先生が来ています。一番早いのは教頭先生で、毎朝7時に来ているそうです。8時前には、ほとんどの先生が顔を揃え、授業の準備などをしています。

8時15分からは職員室での朝の打ち合わせ(朝礼)があり、校長先生や教頭(副校長)先生からの連絡などがあります。その後、子どもたちの待つ教室へと移動します。

先生が「ガラリ」と戸を開けると、騒がしかった子どもたちが一斉に席に付きます(こうなったら、大したものです)。時刻は8時30分。日直の号令とともに、教室での1日が始まります。

最初は朝の会。出欠を取りながら、子どもたちの健康状態を把握します。最近は10分ほど「朝の読書」をする学校も多いようです。

1時間目の授業は8時40分~9時25分。小学校は45分授業、10分の休み時間があって、9時35分から10時20分までが2時間目の授業です。A先生は、休み時間もなるべく子どもたちと過ごすようにしています。

小学校の場合、2時間目と3時間目の間の休み時間は通常よりも長く、20分ほどあります。(地域によって「中休み」「大休み」「業間休み」などさまざまな言い方があります。)職員室に戻る先生も多いですが、A先生は教室や運動場で、子どもたちと一緒に過ごします。

その後、3時間目、4時間目と授業が続きます。空き時間はなく、4時間連続の授業なので、大変です。4時間になると、子どもたちの集中力も切れてくるので、気合を入れ直します。

午前の授業が終わるのは12時20分。ようやく、うれしい給食の時間です。給食係が配膳を済ますと、日直の号令で「いただきます」。もちろん、先生も教室で、子どもたちと一緒に食べます。A先生は班の中に入り、子どもたちの様子をよく観察しながら、クラスの人間関係や一人ひとりの健康状態を把握するそうです。

給食の後は、お昼休み。ここでもA先生は子どもたちと一緒に過ごします。休み時間中にけがをしたり、トラブルを起こす子どもも多いので、その対応に追われることもあります。続いて掃除の時間があり、教室や廊下などで、子どもたちの様子を見守ります。

午後の授業は13時40分から始まり、最終の6時間目が終わるのは15時20分。「帰りの会」で初連絡を行い、子どもたちを帰らせた後、ようやく一息つくのは、だいたい16時前くらいです。

これで1日のお仕事終了!…と言いたいところですが、そうは問屋が卸しません。放課後も、教材のプリントを作ったり、学級通信を作ったり、校務をこなしたりと仕事はたくさんあります。

職員会議や研修会が行われる日もあれば、A先生が所属する教務部の会議が行われる日もあります。一応の退勤時間は16時30分ですが、その時間に帰れることは、まずありません。

夜7時過ぎにようやく学校を後にしたA先生は、8時少し前に帰宅。遅めの夕食をとった後、少しだけテレビを見るなどして過ごした後、10時すぎから書斎へ。1時間ほど子どもの提出物の確認、テストの丸付けなどをします。こうした「持ち帰り仕事」をする先生は少なくありません。

風呂に入って、ようやく布団に入れるのは、深夜0時ごろ。いつもクタクタで、布団に入ると5分もたたないうちに、深い眠りに落ちます。これがA先生の1日です。

引用元-教採合格ネット

小学校の先生の休みはどうなっている?

小学校の先生って土日が休みで、それプラス夏休み、冬休み、春休みがあって楽そうだと思う人がもしかしたらいるかもしれません。

しかしこれは大きな間違いで長すぎる勤務時間と取れない休みに苦しんでいる先生もいるようです。

具体的に言うと、まず月曜日~金曜日まで必ず授業があります。
自治体によっては土曜日も授業を行うところもあるようです。
これは脱ゆとり教育ということで、土曜日も授業をしていいよということに現在はなっています。

ですから日曜だけが休みだという先生もいるでしょう。
土曜日は隔週で授業があるというケースが多い。

また土日にはクラブ活動を行う部活もあります。
小学校校の先生が学校の野球部やサッカー部の担当をしているケースがあります。

おそらく経験者が自動的に学校内で選ばれるのでしょう。
こうなると普段の休日は無くなると言って良いと思います。
また長期休暇でも練習が多いということになります。

体育会系の先生ですとそれ自体が生きがいになったりもするそうですが、若い先生ならちょっとは休日に遊びに行きたいなとか思うでしょう。
バランス感としてはプライベートな部分が少ないかなといったところです。

また夏休み・冬休み・春休みなどは丸々先生は休みではないですので休みなのは子供たちだけ。
先生方は学校に出勤して事務仕事や雑用を行い、また研修会などに多く参加しないといけないようです。

子供たちが休んでいる間は先生自身が学ぶ期間にもなるようです。

引用元-小学校教員になるには@大学、資格、仕事

先生の夏休みはどのくらい?

次に先生の夏休みはどれくらいの期間なのか紹介します。
一般的に社会人の夏休みは「お盆休み」になって8月の13日から16日の4日間になります。
しかし、公務員はお盆の時期にもたくさんの仕事があって「お盆休み」はなく「夏季休暇」という夏休みになって時期をずらして交代で休んでいきます。
先生というのも公務員ですが、お盆の時期にやらないといけない仕事はないため交代で休む必要がありません。
そのため、ほとんどの先生がお盆の時期に「夏季休暇」として5日間の夏休みを取ります。
また、普段先生は生徒に勉強を教えないといけないため、自分の都合で有給休暇を取ることができません。
なので、この夏休みを利用して有給休暇も同時に使って長いお休みを取る先生もいます。
私の時の修学旅行や林間学校が休みの日にあった場合に次の月曜日は振替休日で休みなのに、先生は出勤しているということがよくありました。
実はその時のお休み分も夏休み中に振替休日として先生は休むことができます。

引用元-ワンダートレンド

夏休みに何をしているのか

夏休みにやること

夏休みの教師の仕事ですが、何をしなければならないとは特に決まっていません。それぞれが必要なことをやります。授業の準備をする方もいれば、家庭訪問に出かける人もいます。夏休み中に2〜3回ほど会議があり、その時と児童の登校日だけは職員全員そろいます。
このような勤務体系なので、会議以外は、何の仕事をしようと比較的自由です。
ですので、特にする仕事がない時は、思い切って、普段使っていない有給休暇を数日間取得する方も多くいます。また、お盆休みというのは特にありませんので、出勤している方もいます。

夏休みの自己研鑽

それから、せっかく自由に仕事ができる夏休みですから、パソコンや工作、絵画などの研修会に積極的に参加する方もいますね。研修会等に参加すれば、自分の知らない技術などを教えてもらえますので、とても勉強になります。これらの研修会は全国各地で開催されていますので、泊まりで出かける方もいます。
以上のように、夏休みは小学校教師が自分で考えて仕事をできる時期です。いろいろな体験や経験をした分だけ知識となり、児童にも還元していくこともできます。

引用元-キャリガーデン

小学校の先生は大変!

1、「100人入れば、その中の数人はもう本当に手がかかる」について。

①親になりきれていいないような、適切な躾を家庭で行えない保護者が増えつつあるため、子どもが頻繁にトラブルを起こすケースがある。

②子どもがゲームなどを通して長時間を一人で過ごすケースが増えている事で社会性が十分に身についていないため、友達と上手く関わる事ができない子どもが増えている。

③母子家庭や両親共働きで、家にいる時間が本当に限られていると言う家庭が増えてきているため、子どもが十分に自分を受け止めてもらえる機会が減ってしまう事で、子どもの精神が不安定になるケースが増えている。

④厳しすぎる指導を行うとすぐに体罰と言われるように言われるなど、学校が取れる裁量が減っているため、抜本的な手が打てない。

2、「保護者のプレッシャーが大変」について。

①学校現場では、学校の意向よりも保護者の意向が優先される環境になっている。学校よりも保護者の方が立ち位置が上。

②日本全体が他者に厳しい風潮になっているのもあり、トラブルに寛容的でない保護者が増えている。

③社会全体で他者との関わりが希薄になっているためか、保護者の中には他の保護者と上手くつながることができない人が増えてきており、学校がストレスのはけ口になってしまうケースが増えている。

引用元-きづきくみたて日記

まとめ
多忙な先生はほとんど休みがなくて大変ですね!体調を崩さないように頑張ってほしいですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ