日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

インフルエンザの薬と子供

      2016/03/22

インフルエンザの薬と子供

風邪をひくことはよくありますが、インフルエンザにはかかりたくありません。高熱といった症状に悩まされることもあります。最近では様々なインフルエンザに効く薬がありますが、子供が服用する場合はどうなのでしょうか。インフルエンザの薬と子供について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続き...

動物と人間のコミュニケーションの類似点・相違点

人間と人間。人間と動物。動物と動物。コミュニケーションの取り...

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます...

付き合う時に親への挨拶で心得ておくこと

付き合う2人が親へ挨拶へ行のはどのくらい経ってからが良いの?...

東京~福岡を高速夜行バスで帰りたい時にみるまとめ

東京から福岡、福岡から東京。この長距離を移動する際、あなたは...

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らし...

スマホの画面にウイルス警告が!その対処法は?

スマホを使っていると急にウィルスの警告が出ることがあります。...

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージは...

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。その...

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多い...

副業中をしたい人は必見!確定申告ってしないといけない?

企業に勤めている人にとって、〝確定申告”という言葉は知っては...

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものす...

YouTubeで英語のリスニング力をアップ!お勧めのチャンネルは?

YouTubeは世界中で利用されている動画投稿サイトのことで...

家族の一員として犬の散歩のマナーが変化しています

犬は愛情を注げばそれに応えてくれます。今や犬は番犬ではなく、...

市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区...

顎のニキビがしこりに!その治し方は?

顎にできたニキビがしこりのようになってしまったことはありませ...

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。そ...

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難...

DVDを再生したら画質が悪い!良くする方法

地上デジタル化で高画質の映像を自宅で見ることが可能になりまし...

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思...

スポンサーリンク

子供とインフルエンザ

子供は一般的に、大人より体力も少なく、抵抗力も弱いので、 インフルエンザをこじらせてしまうことがあります。 高熱が続いて、水分が飲めないと脱水を起こします。 また、手や足に激痛を訴えたり、いきなり歩けなくなったときは、 インフルエンザの筋肉炎を併発している可能性があります。 そういう場合は、点滴治療や、すぐに血液検査を受けて、 入院の必要がないかどうか、確認してもらってください。 また、ひきつけを起こした場合は、すぐにかかりつけの小児科か、 夜中でも救急ででも医療機関を受診してください。 現時点ではまだ、原因が不明なのですが、日本人の小児は、 インフルエンザで脳炎を起こす例が、世界でも類を見ないぐらい 多いのです。ひきつけ=脳炎ではありませんが、脳炎の発症の 最初の症状が、ひきつけのことが多いのです。その場合、早期の 治療により、後遺症や死亡例を防げることもあります。 特に年末・お正月、そして、土曜・日曜は注意して、普段から、 時間外で診てくれる小児医療機関を、調べておきましょう。 特に、里帰りや旅行などをされる場合は、現地についたら必ず 確認しておいてください。

引用元-子供とインフルエンザ

インフルエンザと解熱剤

インフルエンザは、ある種の解熱剤と相性が悪く、熱を下げようと 思って使ったのに、使ってしまったことによって、逆に脳炎を誘発して しまうことがあります。 一般的には、アセトアミノフェンが、安全性が高いといわれています。 坐薬では、アンヒバ、アルピニー。飲み薬では、カロナールなどと 呼ばれていますが、その他にもありますので、疑問に思ったら、 医師や薬剤師にご相談ください。その他、イブプロフェンも、 安全性が高いと言われています。 逆に危険なのは、アスピリンで、病院や診療所でもらうか、処方してもらう 小児用バファリンに含まれています。 また、ボルタレンやポンタールも、危険があるのではないかと 言われています。ボルタレンは、小児では銀色の紙に包まれた坐薬で、 ポンタールは白くて濁ったシロップのことが多いです。 もし、解熱剤を渡されて、薬の内容に疑問があれば、よく確認してください。 また、解熱剤では、インフルエンザを治す効果はありませんので、 使いすぎに注意してください。39-40度の熱で、脳がやられて しまうことはありませんので、解熱剤を強く、小児に使いすぎないで ください。

引用元-子供とインフルエンザ

インフルエンザ治療薬の種類と特徴

■タミフルの特徴

タミフルは、最も一般的なインフルエンザ治療薬です。
1日2回、5日間薬を飲みます。
タミフルの副作用と思われる異常行動で中学生が死亡したという報道もありましたが、実は、インフルエンザによる脳炎や脳症によっても幻覚や異常行動も出るため、どこまでがタミフルの副作用で、どこまでがインフルエンザによるものか判別することは非常に難しいのです。
ただ、タミフルによる異常行動は10代に多いことを受け、10代の子供には、タミフル以外のインフルエンザ治療薬を処方することが多いです。

■リレンザの特徴

リレンザは、専用の器具を使って薬剤を吸入する吸入薬です。
1日2回の吸入を、5日間行います。
吸入薬の経験がないと、うまく吸えるか不安に思うかもしれませんが、薬の入ったカプセルをセットし、器具で穴を開け、吸入口から息を吸うだけととても簡単です。
ただし、就学前の小さいお子さんには少し難しいかもしれませんね。
我が家の娘も、5歳くらいの頃にリレンザを吸ったのですが、うまく吸えているのかどうか、微妙なところがありました。
統計でも、4歳以下の幼児への処方はタミフルが圧倒的に多く、リレンザはごくわずかです。
ただし、リレンザの効用としては、インフルエンザの治療の他に、”予防”もあります。
大人では通常1回につき2カプセル吸入するのですが、子供は1カプセルで、余った分を家族の予防用に回すこともできるという利点があります。
ところで、吸入薬は薬としてはあまりなじみがありませんが、インフルエンザウイルスは気道などの粘膜で増殖しますが、吸入薬ならば粘膜に直接薬剤を届けることができ、
効果と即効性が期待でき、しかも薬が体に与える影響も最小限に抑えることができるというメリットがあります。

■ラピアクタの特徴

ラピアクタは投与は1回で済みますが、点滴薬のため、15分以上の点滴が必要となります。
そのため、込み合った医院では使用しにくいかもしれません。
ただし、確実に薬が体内に入ったことを医師が確認できるため、特に重症の患者に対しては有効と考えられます。

■イナビルの特徴

イナビルも投与は1回で済みます。
リレンザ同様吸入薬ですが、器具はリレンザとは異なりますが、吸入器はリレンザよりもシンプルなので、問題はないでしょう。
1回の服用ですむことから、2011年の使用量はリレンザを超えています。

引用元-インフルエンザ治療薬の種類と特徴・注意点

子供の場合、どのような治療が行われるか

抗インフルエンザ薬や対症療法の薬が処方されます

日本ではインフルエンザに感染すると抗インフルエンザ薬(商品名でいうと「タミフル」や「リレンザ」など)を使われることが多いと思います。しかし、日本以外の多くの国では、季節性・新型ともに抗インフルエンザ薬は使わずに治っている場合がほとんどです。
抗インフルエンザ薬を発病の早期に使うと、症状を軽減できる、重症化を防止する可能性がある、とされています。症状は劇的になくなるわけではなく、発熱期間が1日ぐらい短くなる程度です。重症化が心配されるようなハイリスクのかた(5才未満の乳幼児や65才以上の高齢者、呼吸器系の持病がある、妊婦(妊娠後期)、免疫抑制状態である場合など)には抗インフルエンザ薬をすぐに使うほうがよいと思います。健康なふつうの人すべてにどうしても必要かの判断はむずかしいところです。ハイリスクのかたも含め、抗インフルエンザ薬を使うかどうかは医師の判断を聞きましょう。
「日本で新型インフルエンザの重症化率が低いのは、抗インフルエンザ薬がよく使われているからではないか」という意見もありますが、これについては、現在のところはっきりと検証はされていません。
なお、タミフルの適用は1才以上とされていますが、1才未満の場合でも主治医の判断によって使われることもあります。対症療法として、熱や鼻水、せきなどの症状がひどいときには、少しでもラクに過ごせるよう、そうした症状を軽減する薬が処方されるでしょう。

引用元-新型インフルエンザ、乳幼児の場合は?【治療・経過】 – gooベビー

インフルエンザと薬について

新型インフルエンザが身近なものになってきましたね。うちの双子が通う小学校でも、学級閉鎖が相次いでいます。
そんな中、双子の所属する1年生3クラスは、どこも学級閉鎖にならず、元気でなんとか毎日学校に通っています。(ポツポツと新型で休む子はいますけどね。)
さて、子供とインフルエンザと薬について、いい記事を見つけたので、引用させていただきますね。(以下)
「今年はどうする?インフルエンザ~疑問だらけの予防接種と特効薬」という本を知っていますか!?
疑問だらけの予防接種と特効薬 監修 母里啓子先生で小児科の先生、お医者さんも参加しています。帯には、このようなことが書かれていました。

・家族を守るのはあなたです
・打つなワクチン!
・飲むなタミフル・解熱剤
・病気よりクスリが怖い

インフルエンザは、「流行性感冒」と言って風邪の一種で寝ていれば治るものであること、栄養状態や衛生状態が昔と違うのでそんなに心配しなくってもいいと書かれています。カナダの感染症のパンフレットでも、「インフルエンザは自然に治る病気です」と書かれているそうです。
ワクチンで流行を当てるのは難しく、どんどんウィルスは変異していってしまうからだそうです。
むしろ、副作用が怖いそうです。家の妻なんかインフルエンザワクチンを打つとインフルエンザになるというぐあいです。
群馬県の前橋市はインフルエンザワクチンを打たないことを決めた最初の市ですが、他の市と比べても変わらなかった、つまりワクチンは、効いていないと判断したようです。以後インフルエンザワクチンは、任意接種になったそうです。
それでもなくならないのは、ワクチンを打つと3000~6000円かかり、原価が700円位だから2000円のもうけになる。つまり2000万本かける2000円だから400億円のもうけになるそうです。
解熱剤を使うと、熱をあげてウィルスと闘っているのに無理矢理下げられるので、身体が楽になったとしても、治りがおそくなり内在させてしまうかもしれません。それだけでなく、みんなが一番心配するインフルエンザ脳症や突然死になりやすくしているそうです。
タミフルは、あくまでもウィルスの増殖を防ぐだけでインフルエンザを治しているのではないことが書かれていました。
逆に、ベランダから飛び降りたり、道路に飛び出したりして危険なようです。僕の友達も、タミフルを飲んでから、蕁麻疹が全身に出て、のどが乾いて、息が苦しくなって、飛び出す気持ちがわかったといっていました。その後救急車で病院に担ぎ込まれて大変でした。国は、この件に関しては、無料で治療費を出してくれたそうですが、命があって本当に良かったです。命の責任は誰もとってくれないでしょう。自分の身は自分で守らないとね。
わたしの患者さんには、早く寝て、陶器の湯たんぽ等を使って足を温めることによって身体の芯から温かくなっていただくようオススメしています。そうすると速く頭の熱が下がり身体が楽になります。
そして、塩水を使った鼻うがい&口うがいをして飲み込んでもらっています。薬を使わないで楽に早くよくなる方法です。結局、自然治癒力を高めるのが一番の方法ですからね。

引用元-子供のインフルエンザと薬について~ワクチン・タミフル・解熱剤

まとめ
熱が出てしまってからでは大変です。異変を感じたらすぐ病院へ行きましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ