日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

仕事でミスをしてしまった!続く時はどうしたらいい?

      2016/03/27

仕事でミスをしてしまった!続く時はどうしたらいい?

仕事をしていてるとどうしてもミスをしてしまうことがあります。人は誰しもミスをしてしまうものですが、それが続くようだと精神的にどんどん落ち込んでしまいますね。今回はミスをした時の対策について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

仕事でミスが続く人の傾向

それで仕事で失敗しない方法の前に
まず、仕事で失敗する人の傾向を診て見ましょう。
気持ちが先行して自爆する人の傾向
たとえば、

・マイナス思考にとらわれる人
・メモをしないし人
・メモしても見ない人
・何かと忘れがちな人
・コミュニケーションが苦手な人

すこし、心に刺さってしまうかもしれません。
私の場合もそうでした。

引用元-猫の手も借りたい

仕事のミスが続くと人間関係にも影響が

会社で働き始めますと、仕事中にミスをすることも出てきます。

年間で200日以上、時間にして年間2000時間前後、仕事をするわけですので、どんなに天才な完璧主義の人でも、仕事上のミスをしてしまうこともあるでしょう。さらに、数十年間と働くのですから、どこかで、大きなミスもすることもあるでしょう。どんなに気をつけていてもです。
会社員として仕事でミスをすれば、上司に怒られます。また、ミスが重なると、上司や職場の同僚からの信頼も落ちてしまいます。
自分の犯した仕事上のミスは、上司にも責任がいきますので、上司から嫌われはじめることもあるかもしれません。また、自分が仕事上のミスをすると、なんだかんだで、同僚にも迷惑がかかりますから、同僚からも嫌われ始めることもありそうです。
「あいつに仕事を頼んでも、またミスするかもしれない・・。」「あいつのする仕事は、信用できないから、もう1度、こちらでチェックしておこう。」「あいつのミスのせいで、今日する仕事が増えた。今日は残業したくなかったのになぁ。・・ッチ。」などとなる場合もありますよね。

どんな人でも、仕事上のミスはするのに、仕事上のミスが続くと、上司や同僚からの信頼が下がっていき、嫌われ始める場合もあるようです。
そして、上司や同僚からの信頼が低くなり、嫌われはじめると、普通はその職場で仕事をしていくのが憂鬱になるでしょう。
途中で退職することになる人の理由の1つは、「就活・転職のコツにて、もっと良いところへ転職したい。」「他にやりたいことを見つけた。」などもありますが、職場の人間関係が原因で、仕事を辞めていく人も多いですよね。
そして、職場の人間関係が悪化していくことになった、最初のキッカケは、以外と、仕事上のミスが重なって、信用が下がり、嫌われはじめたことにあったりもするようです。

引用元-名無き仙人の綴る物語

ミスをしても気持ちを切り替えて

ミスは必ず起きることを意識する


ミスをすることで、仕事に対してのモチベーションが下がってしまうことに繋がってしまうことがあります。しかし、ミスは必ず起きてしまうものです。ミスからどう立ち直るのか、どう活かすのかがむしろ重要になります。ミス自体でくよくよ悩むのではなく、ミスをしたからこそ前向きに仕事に取り組みましょう。

ミスの規模を考えてみる

 ミスをしてしまったときこそ、かなり大きなミスと思うかもしれませんが、自分の人生や、ビジネスマンとしてのキャリアの中でそのミスを考えてみるとどうでしょうか。多分それほど大きなミスではないと思います。人生を左右するほど大きなミスをすることは稀です。ミスをしても、小さなことだと思えるような意識を持つといいでしょう。

 ここでは。仕事でミスが続くときの気持ちの切り替え方を紹介しました。ミス自体でくよくよ悩むというよりは、ミスの後の行動が重要になるということを意識することで、ミスの連鎖を防ぐことができるでしょう。

引用元-U-NOTE

これでミスが続くのを防ごう!

1.繰り返す失敗のリスト化-傾向をつかむ-

そのためにはまず、一つ一つの失敗をリスト化します。
例えば、上司への連絡をしていなかった、関係者への確認をしていなかった、2つ以上の問題が同時に発生していた、など、これはフリーハンドでノートや失敗したコピー用紙の裏紙でもなんでもOK。
ボールペンでも鉛筆でもPCでもまずは、アウトプット。
落書きで大丈夫です。

この時、出てきた失敗は可能な限り細分化するのがポイント。
例えば。

「スケジュールに遅れる」ってことが失敗の一つとしてあったら
→ XXXの知識がなかったので、確認に時間がかかった
→ 提出が遅れたのはNNの確認をAAさんと話していなかった
→ スケジュールが遅れそうであることを、上長に話していなかった
→ お客さんに相談していなかった
→ KKさんが忙しそうで聞くことができなかった
→ KKさんにメールしたけど、回答が来てないことを催促しなかった
などなど。

失敗までの行動や考えを吐きだす感じでOUTPUT(アウトプット)です。
これは、一つの失敗について最低3つ以上みつけてましょう。
これをやるだけでも、だいぶ改善が図れます。
続いて、

2.繰り返す失敗のリスト化-見える化-

リスト化したら自分以外の人にチェックしてもいましょう。
これは、同僚や上長、後輩でもいいです。
自分自身の問題として、内容をリスト化(見える化)してみた。
って言えば、たいてい見てくれます。
そして、過不足、アドバイスをもらう。
この時、あんまり多くの人に聞くと混乱を招く可能性もあるので気をつけませう。
これは、仕事をの流れをつかむうえでもとても効果があります。
自分では問題なくできていると思っていたことでも他の人からみると、全然足りていなかったなんてこともわかってきます。

チェックしてもらっていると若干、涙目になる瞬間も出てくるかもしれませんがここは、できる男になるファーストステップだと考え冷静に。

3.日々のチェック-少しでも改善できていれば○を付ける-

日々リストの項目に注意し仕事を進めましょう。
で、ちょっとでもできたら「できた!」って喜びましょう。
別の失敗がおきたら、書きたしていきます。
で、改善です。

この積み上げが、誇りを取り戻してくれます。
ズタボロの自尊心を修復し元気にしてくれます。

経験上、いろんな後輩や他社の新人にこのやり方を教えたら、勘のいいやつでしたら直ぐに成果が見えてきます。
つまずきがちな子でも2週間くらいで見違える仕事っプリになりました。
お勧めです。

引用元-猫の手も借りたい

ミスをしないために

スランプ脱出のためのメンタルコントロール法とは?

継続は力なり!という言葉がありますが、まさにその通りで、いい時も悪い時もひたすら続けてこそ、結果がついてくるものです。 スランプに陥ってうまくいかない時は、とにかくマイペースを貫き淡々とこなすことも大事ではないでしょうか?
あまり深く考えても始まりません。 自分が今できることを考えて、それを続けていくという気持ちが大事です。 大リーガーのイチローは、好調な時不調な時、関係なしにどんな時でも1日数十分の素振りをかかさなかったようです。 毎日少しずつの積み重ねが、知らない間にスランプを超えるだけの力を身につけさせるのです。

どうしてもダメな時は休む!チャンスを待って行動を起こすメリハリが大事!

物事には、何をやってもダメな時が必ずあります。 そのような時は、いさぎよく休んで英気を養うのも一つの方法かもしれません。 スランプに陥ると多くの人は、悩んで考えて、あがくだけあがいて疲弊してしまいます。 そして、折角飛躍のチャンスがきたのに、疲れきっているために、それに気が付かないで見逃してしまうケースも多いのです。 スランプ抜けしやすい時期というのは必ずやってきます。 好調・不調は上下の波のように、交代で訪れてくるものです。 どうしようもない時は休んで気分転換をおこない、視野を広めることから始めるようにしましょう。

引用元-よろず

考え方を柔軟に

考えを「分散」するということ

失敗が失敗を呼ぶ、不調が不調を呼ぶ時というのは、これまで述べた通り一つの物事、一つの理由に強くこだわってしまうからです。

逆に言えば、一つの理由にこだわらなくなれば、凝り固まった思考は簡単に何とかすることが出来ます。

そのために必要なのが、「分散」の考え方です。分散するというのは、調子が悪い時、失敗が続く時はたった一つだけのものの見方をしない、ということです。

仕事で失敗をしたのなら、その原因が一つということは絶対にありません。自分の能力が足りないのではなく、やり方が悪いだけではないか、何か変化があったからではないか、他の仕事もあったからでは、と色々な理由を考えてみるのです。

失敗の理由、不調の理由を全て自分が背負う必要はないのです。思い悩んで鬱っぽくなってしまうよりは、自分以外のところにも理由を分散して考えてみた方が建設的です。

堅牢な石造りに見える高い壁も、回りこんでみたらハリボテだったりするように、自分の思考を分散することが大事なのです。

引用元-MEN-ZINE

まとめ
いかがでしたか?仕事でミスをしたら気持ちを切り替えることが大事ですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ