日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

双子を妊娠した!仕事はどうする?

      2016/03/27

双子を妊娠した!仕事はどうする?

もしも双子を妊娠したら、仕事はどうすればいいのでしょうか。妊娠してもギリギリまで働いている女性も見かけますが、双子の場合は気を付けないといけないことが多いようです。今回は双子を妊娠した時に仕事はどうすればいいのか調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

AMラジオが入らない!うまく聞く方法

AMラジオが入らないという事はよくありますね。最近はパソコン...

どこで受ける?浪人生のセンター試験の会場について

大学入試を受ける人は、センター試験対策を早いうちからしている...

事故にあったら!必ず病院で診断書を書いてもらおう

もしも自分が事故にあってしまったら、どうすればいいか知ってい...

ベタの飼育方法、初心者向け

ベタという魚は、鮮やかな色と大きなヒレが特徴ですがお店で見か...

LEDをテープで!車に取り付けてドレスアップ

LEDなどでドレスアップした車を見かけることがありますね。最...

気になる!27歳男性の年収は?

27歳の男性というと就職して数年たち、仕事をバリバリしている...

書類作成時の数字、半角と全角正しいのはどっち?

仕事上で資料などの文書を作る時、数字は半角にしていますか?全...

生理痛で仕事を休む女性のお悩み解決

生理痛は本当にキツイですよね…特に生理が重い人は日常生活にも...

春休みは旅行に行こう!子供連れで海外旅行のススメ

春休みは期間は短いですが、子供達は宿題もなく、のんびり過ごせ...

期間の計算~法律における期間の計算方法

契約書などで目にする「○日を起算日とし」「○ヶ月経過した日か...

夫婦2人、子供は作らないという選択

俺たち子供は作らないから、と宣言する夫婦が、今増えています。...

自由研究で雲の種類や天気について調べてみよう!

夏休みや冬休み、自由研究何にしよう?と子供も親も悩みますよね...

大学・専門学校の学費について

進学を考えている皆さんやその親御さんは、大学・専門学校の学費...

幼稚園の願書、「子供の教育方針」なんて書く?

わが子も来春から幼稚園…子供の成長は早いものですね。でも幼稚...

ガスvs電気vs灯油、暖房費がお得なのは!?

北国では当然ですが、それ以外の地域でも真冬ともなれば暖房が必...

自己紹介を英語でした時、最後はなんて言えばいい?

日本語での自己紹介なら、最後は「よろしくお願いします」で締め...

夜間学部のある大学…愛知県の場合

年々減りつつある大学の夜間学部ですが、愛知県は特にひどい、と...

内定をくれた、面接をした会社から連絡が来ない時の対処法

就活、あるいは転職活動をしている方で、応募先の会社からの返事...

子供が生まれて旦那は変わった?変わらなかった?

育メン、という言葉が聞かれるようになって久しいですが、皆さん...

仕事のやる気が出ない、帰りたい…原因と対処法

朝起きたらもう仕事に行きたくない、やる気が出ない、すでに帰り...

スポンサーリンク

双子を妊娠する事とは

多胎児妊娠はどういうもの?

多胎児妊娠は、大きく「一卵性」と「他排卵性」とに分けられます。また、稀ではありますが、一卵性多胎児が誕生する場合もあります。
一卵性の多くは一卵性双子で、1つの受精卵が2つに分離してできるもので、性別は同じものになります。一方、他排卵性では、別々の精子と卵子が受精してできた受精卵が、同じ子宮内で誕生したものです。この場合、異性の場合もあります。

妊娠8週目頃には、多胎児妊娠の診断ができます。近年では、排卵誘発剤の使用や生殖補助技術の利用の増加などにより、多胎児妊娠をする割合も随分増えています。

日本での多胎児の割合は?

日本での双児の出産割合は、母親1000対6回(一卵性:1000対4回、二卵性1000対2回)程度になっています。近年では、不妊治療の影響を受け、異性双子の数が20年で4倍近くに増加してはいるものの、まだまだ日本は国際的に見ても、多胎児の出産の割合は決して多い方ではありません。

引用元-COCOMAGA

双子を妊娠したら気を付けよう

双子の妊娠初期に気をつけたこと!

妊娠初期はまだ母体にあまり変化を感じられないため無理をしてしまいがちですが、双子の妊娠は通常の妊娠に比べると抱えるトラブルも大きいです。
単胎児と比べると流産率も少し高いと言われてますし、他にも切迫早産、妊娠高血圧症候群、貧血などのリスクもあります。とはいえ、ママの体の体質や赤ちゃんの状態によっても状況は変わってきます。
赤ちゃんの状態に関してはママにはどうすることもできないので赤ちゃんを信じるしかありませんが、ママのトラブルに関しては気を付けることでリスクを最小限にすることは可能です。
まずは無理をせず安静にすることは基本中の基本!その他にも食事に気を配るようにしましょう!

双子のママにありがちなのが、二人分の栄養を取ろうとして沢山食べ過ぎてしまうこと。

しかし、食べ過ぎは妊娠高血圧症候群を招くことにつながるので、大切なのは量より質です!
バランスよく栄養を取ることと塩分控えめの食事を心がけましょう。
バランスの良い食事は妊娠高血圧症候群の予防だけでなく、貧血の予防にもなります!

引用元-ブログデラックス

双子を妊娠したら仕事はどうする?

やっぱり大切なのは安静にすること

双子の妊娠中のママの中には、まだ仕事をしているママもいることでしょう。
産休を取るにも、次の人に仕事の引き継ぎをしないとスッキリとしない気持ちもわかります。
ただ、双子の妊娠の場合、過労や仕事のしすぎで子宮が収縮してしまい、切迫早産になりやすいので注意が必要です。

名古屋にある、まのレディースクリニックさんのホームページにも載ってるんですが、やっぱり仕事を続けることで母体に影響が出るようです。
でも、こればっかりは正直難しいんですよね。
ウチのママも定期健診で「あまり仕事頑張り過ぎないように」って言われてから「自宅で安静にしましょう」って言われるまで、“お腹の張り”を感じなかったみたいです。
お腹の張りって、人それぞれ感じ方が違うみたいで、しかも初産だと『どれがお腹の張りなのかわからない』人も多いみたいです。
だから知らず知らずのうちに無理しちゃう。
そして、急にお医者さんに言われる訳です。
『うん、子宮口が開いてきてるね。今日から入院ね。』って。
そうなると、もうバタバタです!
もう、言われたその日に入院するってことは、家のことはもちろん、仕事も途中で投げ出さないといけない訳です。

引き継ぎが出来ていればいいですが、出来てなかったら大変ですよね。
家のことはパパに任せることになります。
もし、それまで家事をしてこなかったパパだと大変かもしれません^^;
食事はもちろん、洗濯やゴミ出しなど、今までママがやってたことを全部いきなりパパがすることになります。
入院中のママの着替えの準備をしたり洗濯もしなくちゃいけません。
でも、それでママの有難味がわかるかもしれないですね^^;
パパが積極的に家事をやることはいいことです!
と言うか、双子の場合、パパが積極的に育児に絡んでいかないと回りません!!
だから、嫌でも家事をするようになると思いますが、まだ家事に積極的じゃないなら早めに慣れておくこと、そうじゃないと双子の家庭はシッチャカメッチャカになってしまいますよ^^;

引用元-I Love Twins!

いつまで仕事はできる?

「双子妊婦、いつまで仕事をつづけられる?」
っていう質問を見たことがあるのですが、やっぱり仕事の状況(立ち仕事or座り仕事)とか妊婦さんの体調によると思います。
私も特にトラブルない健康妊婦で且つ、座り仕事だったからここまで仕事をつづけられたかなぁって思います。
ほかの方のブログとか見ていると、多胎妊婦の方でも、9カ月もしくは臨月まで仕事をつづけた方もいらっしゃるみたいで、本当にすごい!って思います。
環境や体調がよかったのかなぁって(*’ω’*)

それにしても、単体妊婦の方でも多胎妊婦の方でも、立ち仕事の人はすごい!!!
本当に尊敬します。
ずっと座っているのもつらくない?座り仕事もすごいよ。
って立ち仕事の妊婦友達は言ってくれましたが、いやいや、辛さが違う気がします!

引用元-twinsと色々

職場と話し合って無理なく仕事をしよう

妊娠中も仕事を続けることは可能ですが、妊娠の経過や体調には個人差があり、妊娠前と変わらず仕事に取り組める人もいれば、それが難しい人もいます。同じ人でも、つわりがひどい時期は、普段のように仕事をこなせないなど、体調の変化や波があるというのが、二度の妊娠を経験した私の率直な感想です。

自分とお腹の赤ちゃん達のためだけでなく、職場のためにも、上司や同僚と相談し、無理をせず仕事が続けられるように工夫してください。男女雇用機会均等法で定められ、妊娠中の女性は、負担の大きい作業の制限、勤務時間の短縮、時差通勤、休憩時間の延長などを申し出ることができます。主治医に「母性健康管理指導事項連絡カード」(規定書式あり)に必要な措置を記載してもらうと、職場との相談もスムーズに行くのではないでしょうか。

引用元-CHILD RESEARCH NET

双子を妊娠したら産休の長さが違う

双子を出産するときの産休って1人のときと違うの?

妊婦さんに法律で認められているお休みが産休です。
産休は出産予定日を中心として、産前と産後それぞれのお休みのことを指します。
この産休ですが、妊娠や出産というイベントそのものが母体に大きな負担がかかるために定められているものです。

ここで問題なのが「双子の場合はどうなのか?」ということです。
当然1人を妊娠出産するよりも、2人や3人を同時に妊娠出産することのほうがよりトラブルが起こりやすく、母体に負担がかかるのです。

そのため、2人や3人などの多胎妊娠の場合は、
産前は予定日から14週間(1人の場合は6週間)
産後は分娩の翌日から8週間(こちらは1人の場合と同様)
の休業期間を定めています。

多胎妊娠の場合、妊娠後期になると管理入院になることも多くありますから、単胎の場合よりも長い休業が認められています。
ちなみに産前休暇は会社に請求することで必ず与えられるものです。

一方、産後休暇は請求の必要はなく、また本人の意思とは関係なく、少なくとも産後6週までは絶対に休暇をとらなければいけません。

産休中の給料は?

育児休業の場合、給料の何%かが支給されることもありますが、産休の場合はこれと言った取り決めがありません。
会社によってこの部分のルールは違ってきますが、多くの会社では産休中の給料は支払われないケースが多いようです。

無休分を補う出産手当金

産休中に給料が出ない分を補えるのが出産手当金です。
健康保険組合や共済組合などから支給されるお金で、産休の期間中、「1日あたり標準報酬日額の2/3に相当する額」が支給されます。
要するに産休中は、毎月のお給料の2/3程度がもらえるということです。

あなたのケースをよく確認して

上記の出産手当金は国民健康保険では支給されません。
さらに、例えば会社が産休中の給料を出してくれている場合、それが給料の2/3に届いていない場合は差額分だけ、2/3を超過している場合は手当金は支給されません。
いずれにせよ会社の総務などで、事前にしっかりと確認して納得した金額を受け取ってください。

引用元-カラダノート

まとめ
双子を妊娠した場合は体調の管理が重要ですね。仕事は無理しないようにしましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ