日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

浪人決定!予備校(個別/集団)に行くメリットと選び方◎

      2016/03/30

浪人決定!予備校(個別/集団)に行くメリットと選び方◎

浪人生活を送る上で、予備校選びはとても大切です。個別?集団?そもそも予備校に行くべきか?『こうなるはずではなかった…』とならない為に、皆さんの「?」を解決します!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

浪人したら予備校に行った方がよいのか?

浪人する事を決めた場合には、予備校に通おうか宅浪にしようかどうか迷う事もあるかと思いますが、どちらにするか決定する前に、今まで高校側に管理してもらっていた勉強時間の管理を誰に任すか?という事を考える必要があります。
予備校に通うならば、今まで勉強に充てていた時間の管理が高校から予備校に変わるだけなので、『自分の勉強時間の管理』という面では物凄く楽です。
ですが、もし宅浪にするとしたならば、自分でその時間を管理しなくてはなりません。
宅浪の場合には、『受験勉強の努力』と、今まではなかった『自分管理』という新たな難しい問題が出てくるのです。

引用元-「思いを実現する」ために実践的な勉強のやり方とコツを知る。

自宅浪人(宅浪)はもったいない!?

授業を受ける前にどのように準備し、授業後にはどう定着を図るかといった、「予習・復習」のしかたを理解し、実践した上で授業に臨まないと、「わかったつもり」になっただけで、実際に問題を解けるようにはならないのです。
とくに、学校では効率的な知識の定着のさせ方などを、教えてくれませんので、一人で机に向かうときには、どのようなことをすればよいのか、効果的な勉強法自体も習得する必要があるのです。
科学的な学習法を研究している予備校・塾では、辞書の引き方、ノートのとり方、効率的な暗記法に至るまで、さまざまな勉強法を指導してくれます。現在、社会では技術がどんどん進歩し、それに伴って新しい法や制度が次々にできています。そうした変化に対応するには、学習ノウハウ、勉強ノウハウ自体を身につけておく必要があります。それゆえ、一生ものの「頭の使い方」を指導してくれる予備校・塾は、明るい未来のためにも、強い味方になります。

引用元-大学受験ネット

あなたに合った予備校を選ぼう!

規模、教育システム、カリキュラムなど様々です。特に大規模の予備校では生徒のニーズに合わせ、志望校や志望学部ごとのコースも用意されています。予備校ごとに強みがあり、その教え方や授業の進め方、使用しているテキスト、講師の質なども異なってきます。そういった点を考えると、有名だからとか、評判が良いからとかいった理由で予備校を絞るべきではないことがわかります。イチバン良いのは候補となる予備校をいくつかに絞り、実際にその予備校が行っている授業を体験しに行くことです。 最近では無料体験授業を実施している予備校も多く、このサービスを活用すれば、授業の進め方、教室の雰囲気、学力レベルなどを事前にチェックできるでしょう。そうすれば自分の学力アップに貢献してくれる予備校かどうかも判断しやすくなります。

引用元-予備校比較ガイド

個別指導と集団指導の各メリット

より内容の濃い学習に臨みたいと考えるのであれば、個別指導がおすすめと言えます。自身に対し、一人の講師が集中して教えてくれるので、分からない部分がリアルタイムに聞けたり、生徒それぞれに合った学習法を提案してもらえたりするので、より学力の向上に期待が持てることでしょう。
また、尊敬すべき存在である講師が自分だけに対し力を注いでくれるので、意欲を高める面でも適しています。
次に集団指導の場合ですが、こちらでは同じ空間に複数の生徒が集まって授業を受ける形となります。講師の集中は分散するため、ある意味個別指導よりも注力は薄まるかもしれません。しかし一方で、ライバルが同じ空間にいることによる、競争心の向上に期待が持てます。不安な点を相談できたり、進路の話し合いといったコミュニケーションが取れたりすると言う特徴もあるので、ストレスを溜めにくいことも利点です。

おすすめは、予備校内で両方針を混在させている場所で、両方共を組み合わせて利用する形です。あるときはストイックに勉強へと向き合い、そしてあるときは競争心を持ち、また仲間と会話をしてストレスを和らげると言った、バランスの良い活用法が理想的です。

引用元-大学受験予備校選びナビ

衛星という選択も◎メリットとデメリット

大手の予備校などでは積極的に衛星授業を取り入れている場合があります。
この衛星授業では、講座数の多さや、質の高さ、そして時間帯の選びやすさなど、そのメリットは数多くあります。
また、予備校などでも話題の教え方の上手な講師の方の授業を録画して、それをコピーする事によって、色々な種類の授業を揃える事もできますし、好きな時間に授業を視聴することができます。
これは、個人の視聴ブースを利用して、個人の都合に合わせ、授業を受ける事ができるシステムとなっています。

しかしながら、映像授業の場合、画面をみているだけでは、緊張感が持続しないというものもあるかもしれません。
また、先生も生徒の顔を見ながら授業をするわけではありませんので、そこに無駄が生じてしまう場合があるでしょう。
しかし、生の授業の場合、生徒が分からなそうな事があれば、講師の方はその場で詳しく説明してくれるでしょうから、自分はどちらのタイプが適しているのか考えてみましょう。

引用元-浪人生のための大学受験予備校 比較

<大事>個別or集団を決めたらまずは体験!

体験授業ってなに?という人のために説明をすると、実際に一日限定で予備校に通い、授業を受けられるサービスのことです。
名称は「体験授業」や「体験入塾」「一日入塾」などさまざまですが、大手・個人に関わらずたいていの予備校で行われているサービスです。
皆さんが気になる予備校を見つけたときには、電話や窓口で尋ねてみましょう。

これから通うつもりの予備校がどういった授業を行っているかを知ることは非常に重要です。
こればかりは、パンフレットやホームページの情報だけではどうしても分からないことですからね。

体験授業を受けた段階で、予備校の雰囲気や講師の教え方、授業の速度などが自分にはどうしても合っていないと思うなら、もう一度違うクラスの授業を体験授業で受けてみたいと頼んでみるか、思い切って違う予備校を探すというのもありだと思います。

いくら有名な大手予備校だったとしても、その予備校があなたに合っていなければ、受験という枠内においては意味がありません。

受験生の皆さんが入塾前にできる予備校の下調べとしては、もっとも効果があるのがこの体験授業の受講だと思われます。
あなたに合った予備校を探すためにも、
ぜひ一度体験授業を受けてみることをお勧めします。

引用元-大学合格できる予備校の選び方【by元河合塾スタッフ】

まとめ
全国には、さまざまな特徴を持った予備校が存在します。合格者数が多い・有名な先生がいる・家から近い・寮があるetc。志望大学に合格するまでの大切なパートナーは、慎重に選びましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ