日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

中学3年生の皆さん、社会のテスト勉強は得意ですか?

      2016/04/01

中学3年生の皆さん、社会のテスト勉強は得意ですか?

社会のテスト勉強。1年生の時は余裕があったはずなのに、3年生になって気づけば内容は難しいし、覚える範囲もぐーんと増え、テスト前はあたふた。「あ、それ私(僕)だ」と思ったあなた。これを読んで、今から対策を立てましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

3年の社会のテストで苦戦する学生多数

公立の中学の場合、中学3年生の中間・期末テストは、事実上の実力テストのような感じで、高校受験に向けて中学校の全範囲がテスト範囲となっている場合が多いと思います。そのため、中学1・2年の地理や歴史の学習を、3年生になる前に一定の水準に達するまで覚えておき、復習のための学習の負担を軽くしておくことが大切になります。中学3年の定期テストでは、中学3年生で新たに学習する公民の勉強を進めながら中学1・2年の学習の復習を同時に行うということが必要になりますが、「覚え残し」が多すぎると、これらの学習を十分に進めることが困難になり、中学3年生になった後の定期テストで急激な成績低下に陥る可能性もあります。

引用元-中学生の社会(地理・歴史・公民)の中間テスト・期末テスト・高校受験の勉強法

高校入試に向けて内申点も意識する3年生

この前1学期の中間テストが終わったかと思ったら、既に1学期の中間テストが迫っています。
学校によっては中間テストが終わってから体育祭や学園祭、修学旅行がある学校もあるので休む暇もなくテストがやってきます。
しかしこの1学期の期末テストは進路に非常に大きな意味を持ちます。

高校入試の内申点は中学3年生の1学期の成績が適用されます。
つまり1学期の中間テストと期末テストでその子の進路が決まるのです。

それくらい重要な意味合いをもつ1学期の期末テストが迫っております。
もちろん生徒たちはテスト勉強に励みます。
しかしやみくもに勉強してはいけません。
3年生は時間がない上、テスト前は全ての科目を勉強しなければならないのでさらに時間がありません。
いかに効率よく勉強できるかが重要になります。

引用元-現役家庭教師による教育ブログ – 子どものやる気を引き出す

社会はテストの点数がすぐに上がりやすい!

■「社会」は、一番すぐに上がる科目!

断言してしまいますが、5教科の中で、最も上げやすいのが「社会」です。
短期間でも、目に見えて上がります。
以下の方法を使えば、お子さんは次の定期テストで、 かなり上昇するでしょう。
よく読んで、マスターしてくださいね!

「社会」は、“暗記”の要素が 非常に強いです。
歴史上の人物、地理の国名、 公民(政治経済)の語句など…
大半が「暗記」ですね。

つまり、「一種のクイズ」なので、 ある事柄について、“知っているか、知らないか”を尋ねているだけです。
(知っていれば ⇒ 得点
 知らなければ ⇒ 書けない…
 仕組みは、ほぼこれだけ。)

ということは――
ズバッと行きますよ!
“考えて答える”問題ではないので、思考力は、ほぼ要らないのです。
「才能」や「知能指数」は関係ない、と言っていいでしょう。

「考える力」ではなく、むしろ
・試験前に、どう過ごしていたか
・どのように暗記の「工夫」をしたか
こうした “姿勢” が採点されていると考えましょう。

すると、得点アップの方法が見えます。
日常学習、あるいは試験前に、何をすれば効率よく暗記できるか?
この1点のみが、ポイントです!

■“暗記”は効率よく! ⇒ 「問題集」はこう使おう

「定期テスト」は、学校配布の問題集(学校ワーク)から ほぼそのまま出ます。
これを知っているだけでも有利ですが、★“記憶に残り、得点が伸びる使い方” があります。
これを知ることで 得点アップできるのです。

実は、「伸びない原因」のひとつは、やり方が「真面目すぎる」ことです。
真面目な性格は悪くないのですが、“賢い使い方”は、また別。

たとえば、△ひとつひとつの問題に、自力で答える△教科書や資料集を、時間をかけて調べる そんな中学生は多いですが、時間のかかる方法は、テストに間に合わない…。
(このパターンで低迷中の中学生、かなり多いと思います。)

また、資料集をたくさん調べ、答えを見つけても、答えを見つけることと、「暗記」は違います。
(たくさん“調べた”のに、いざテストになったら忘れていた…そんな経験はありませんか?)

ですから、×「真面目に、すべて自力で解く」のは賢くありません。
代わりに、こうすべきなのです。
最初から答えの冊子を横に置き、答えを見ながら解きましょう!

大事なことなので強調しますが、社会は、問題を「解く」ことで力がつくのではないんです。
どんなに努力して見つけた答えも、テストの時に忘れていれば、点数にはなりません。
しかし、逆に言えば、楽して見つけた答えでも、記憶に残れば「得点」に!

要は――
問題集を解いた“あと”が大切で、「暗記のトレーニング」を別にやるべきだ、ということなのです。

引用元-オール5中学生の勉強法

暗記は自分にあった方法でやりましょう!

実は、人それぞれ暗記するのに得意な方法が違います。
目で見て覚えるのが得意な人、聞いて覚えるのが得意な人、体を使って覚えるのが得意な人。
すべて合わせるとより覚えやすいのですが、その中でも何がメインなのか人によって異なっています。
私の場合、完全に目から覚えたことが、一番記憶に残りやすかったです。テスト中に、その分野を習ったとき黒板に書いてあったことを思い出すことがよくありましたが、先生の声が頭に思い浮かぶことはほとんどありませんでした。たくさん紙に書いて覚えもしましたが、その時に自分が書いた文字もよく覚えていました。
家庭教師を始めたばかりのころは自分が覚えやすかった書いて覚える方法を教えていたのですが、それでは覚えにくくかえって耳で聞いたり、音読した方(口=体を動かし、自分の声を耳で聞く)が覚えやすい生徒もいて、人によってこんなに違うのかと驚いた経験があります。
目からの情報が得意な人は、暗記シートで隠したものを黙読したり、音読したり、紙に書く、など。
耳からの情報が得意な人は、音読したり、書くときも声に出しながら書く。英語はCDを聞きながら一緒に読む、など。
体からの情報が得意な人は、音読する、紙に書く、手振り身振りの体を動かしながら暗記学習をする、など。
それぞれ、自分にはどんな方法が合うのか試してみてください。

引用元-カテキョが伝える中学生勉強法の種

基本は暗記の社会 地理・歴史・公民の違いも頭にいれておこう

地理の受験勉強のコツ

地理はとにかくグラフ問題を中心に勉強しましょう。
降水量や気温、工業地帯ごとの得意な産業など、グラフを使った問題がたくさん出題されます。
グラフ問題はただ覚えるだけでは解けません。
きちんと読み取り方を理解しておくことが大事になります。
よくわからなければ、社会の先生や友人に教えてもらいましょう。

歴史の受験勉強のコツ

歴史はとにかく年代です。
定期テストでは年代よりも単語の方が聞かれるのですが、高校入試では年代の方が大事です。
なぜ年代が大事なのかと言うと、問題に年代を入れていくことで応用力が必要になるのでレベルを上げやすいからです。
「○○という出来事と、○○という出来事はどちらが先か」こういった問題にスムーズに答えられるように、ゴロなどを使ってを年代を覚えていきましょう。

公民の受験勉強のコツ

公民は時事ネタとの関連問題が出題されます。
ここ5年以内に起きたニュースを中心に、しっかりと答えられるようにしておきましょう!
日本で起きた大きな地震や政治の話はもちろん、世界で起きた問題(大統領選挙の話、オリンピックの問題など)は高確率で出題されると思いますので、日々新聞などから情報を仕入れておきましょう!

引用元-中学生の勉強方法<<塾無しでも7日間で成績が上がる?>>

きちんと睡眠をとるのも忘れずに!

試験が近づいてくると記憶したいものを頭に詰め込んで徹夜をして勉強する人がいます。しかし実際に効率が良い方法なのでしょうか。
最近の研究では、睡眠が記憶の整理と固定に大きな役割を果たしていることがわかっています。
睡眠は、当然体を休める目的もありますが、脳にとっては1日の情報を整理して、その日に覚えたことを脳に深く刻む時でもあります。
ですので、記憶したいものがあっても睡眠をとらなければ脳に記憶として定着さえることができなくなってしまうとのことです。
試験の前に遅くまで勉強したり、徹夜をしてしまうとせっかく覚えても睡眠による記憶の定着ができないですね。したがって、たちどころに忘れてしまうのだそうです。
具体的に何時間寝ると定着されるかというと、世界的な脳科学者たちのデータでは1日6時間から7時間程度となっています。
大切なことは、この6時間から7時間の睡眠時間が連続した時間ということで、2時間起きて3時間寝るというような分断した睡眠では脳に定着するのは難しくなります。
逆に言うと、記憶したいものがある時は寝る直前に勉強し、翌朝もう1度復習するという方法が、最も効果があると言われています。
寝ながら勉強することができるというのは夢のような話ですが、実際には睡眠時に脳は休むのではなく深く刻み込む重要な作業をしているようですね。
眠いのに我慢して夜遅く勉強したり、一夜漬けで暗記する方法は大変効率が悪いですね。したがって、早寝早起きを心がけることで脳に十分な作業時間を持たせてあげましょう。

引用元-記憶する方法~暗記の効果を高める

まとめ
『覚えよう!』とやみくもに暗記しようとせず、あなたに合った効率のよい方法を分かっておく事が大切のようですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ