まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

MRIとCTの料金などの違いは?

      2016/04/03

 - 美容・健康

病院で検査をするときにMRIやCTで撮影することがあります。ところでMRIとCTの違いは何なのでしょうか。診断する場所や料金などで違うようです。今回はMRIとCTの違いについて調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

ダウン症は胎児の時にわかる?成長とともにみられる特徴とは

妊娠中の胎児のエコーなどからダウン症かどうかは判断できるのでしょうか?胎児の成長とともにダウン症である場合はその特徴がはっきり見られるようになるのでしょうか?また、発育過程は?今回はダウン症について調べました。

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

タバコを止めたいあなたへ~タール&ニコチンの害~

この記事を開いたあなたはタバコを止めたいと思っているのですよね?「わかってはいるけど、止められない…」と悩んではいませんか?悩んでいると、余計タバコに依存してしまうかもしれません。ではどうすればいいのでしょうか?答えは案外シンプルだったりするのです。

サロンで使っているシャンプーはアミノ酸系が多い

シャンプーは近くのドラッグストアで特売品を買っていましたが、どうも髪がゴワゴワするし、フケも多くなってきました。肌に優しいと言われる、アミノ酸系シャンプーに代えようかなと思っています。

血圧を測るとき右手と左手どっちで測る?

血圧は血圧測定器があれば自宅でも測ることができますが、右手と左手ではどちらで測るのがいいのでしょうか?また右と左で、血圧の数値に違いがある場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は血圧の測り方について調べました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

子宮の後屈にはかえる体操が効果的

子宮の後屈が原因で不妊に悩んでいる人は10人に1人と言われています。そこで改善の方法として挙げられるのがかえる体操です。体のゆがみを治すと共に、筋力や手足の神経も整えます。両手両足を合わせることの意義を探りましょう。不妊だけでなく、健康そのものを取り戻しましょう。

肝臓の数値って何?どうしたら下げることができる?

肝臓は自覚症状がなく病気が進行する場合があるので、定期的な検査が大事です。肝臓の状態は血液検査などの数値で知ることができます。肝臓に関わる検査の数値が高い場合は日常生活で下げる努力をする必要があります。今回は肝臓の数値の下げ方を調べました。

うつ病の症状を訴える30代が増えてきた

働き盛りの30代は、責任感の強さから様々なストレスに悩まされます。自分だけは大丈夫と思っていても、知らない内にうつ病の症状を発症しているかも知れません。うつ病は誰にでも起こり得る病気です。うつ病に付いて調べました。

扁桃炎の手術で入院!医療保険は適応される?

扁桃炎になると手術をしないといけない場合があります。手術後はしばらく入院が必要なので、医療保険に加入していないと痛い出費となってしまいます。しかし扁桃炎の場合は手術には保険が適応されない場合があるようなので気を付けましょう。

夢でトイレに行きたくなったら!?おねしょをしてしまった場合

夢でトイレに行ってそのままおねしょをしてしまった経験はありませんか?子供のころは比較的経験のある人は多いかもしれませんが、今は大人でもおねしょをしてしまう人が増えているようです。その原因と対策を調べました。

過労とストレスが病気を引き起こす

現代社会は過労とストレスの連続です。何でもまじめに取り組む完璧主義だと、やり過ぎによる過労とストレスで体調もおかしくなってきます。過労やストレスが原因で引き起こされる病気を調べました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

30分のウォーキングはダイエットにいい?どんな効果があるの?

ウォーキングは運動が苦手な人にもおすすめのダイエット方法ですね。ウォーキングで効果を期待するならば30分以上歩くといいと言われていますが実際はどうなのでしょうか?今回はウォーキングの効果について調べました。

一重と二重の片方だけは気になる

片方だけが一重だったり、二重だったりすると気になりますよね。出来れば左右揃えたいのが人情と言うもの。二重にする方法や二重から一重に出来るの?と言った疑問。また、変える必要性などを集めてみました。

半月板損傷の手術と麻酔について

主にスポーツをしている時になりやすいとされる、半月板の損傷。プロの野球選手やサッカー選手でも、よく聞く病名ですね。もちろん一般の方でも、部活やサークル活動などでスポーツを楽しむ方がなる可能性はあります。半月板損傷ってよく聞くけど、一体どういう症状が出るのでしょうか。手術をするにしても、全身麻酔? それとも部分麻酔?入院期間や費用は? 日常生活に復帰できるまでどのくらいかかる?ということで、調べてみました。

前歯の虫歯を治療する際の麻酔について

虫歯を治療する際、欠かせないのが麻酔です。前歯を治療する際はどのような麻酔をかけるのでしょうか。そこで今回は、前歯の虫歯治療時の麻酔はどのようなものかについて調べてみました。

毎日ランニングを30分続けて健康な体を作る

ジョギングを毎日続けることは難しいし、しかも30分となるとなおさらです。三日坊主の私にはハードルの高い問題ですので、楽しく続づける方法と効果を理解すれば、三日坊主にならないかもと思い調べました。

手の神経麻痺と原因

様々な疾患が存在します。軽い症状のものから、重たい症状があります。その中でも、手の神経の麻痺に悩まされている方もいることでしょう。原因や症状などはどのようなものなのでしょうか。調べてみました。

赤ちゃんの頭が大きい?考えられる病気とは?

赤ちゃんの頭は遺伝で大きい場合もあります。しかし不自然に大きな場合は病気である可能性があります。赤ちゃんの頭が大きい場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?

CTとMRIの違いは?

CT検査とは

CT検査とは、人体に対して無数の方向からX線を当てて、コンピュータ処理で体の内部を断層的に撮影します。
画像診断の中でも代表的なものであり、脳腫瘍や脳出血などの病気を簡単に区別することが出来るほか、骨や筋肉の病気などもわかります。
最近は検査の台を動かしながら複数の検出器を使うMDCTという装置が一般的になり、検査にかかる時間が大幅に短縮されるようになりました。
検査時間は体全体を検査する場合でも30秒と短いので、体全体を検査する際によく使われます。

MRIとは

MRIとは、体内にある無数の水素原子核に時期の共鳴現象を起こさせて、この時放出される電波を検出する方法です。
骨の部位に関係なく断層図が取れるため、がんの診断、脊髄や脳などの診断が簡単にできます。

引用元-家庭の医学チェック方法や症状別

スポンサーリンク

  人気記事

CTとMRIの画像の違い

CTとMRIの違いは画家さんの数です。

どういうことか説明しましょう。

例えるなら、CTは一人の画家さんが「絵」を描いている装置だとすれば、MRIは複数の画家さんが「絵」を描いている装置なのです。

一般的に「絵」とは、人が描くものです。複数の人が一斉に同じものを描くことになってもそれぞれ違う「絵」が描きあがります。モノの捉え方は人それぞれなので、当然と言えば当然です。同じ人物を描くにしても、目や鼻、唇など描く人の個性によって、強調されるパーツが変わることもあれば色使いも変化するでしょう。多彩な色を使って描けば、描かれているモノのことよりわかりやすくなります。また、カラー写真と白黒写真で比べてみても、白黒写真では、実際には違う色の服を着ていても、色の濃さが同じであれば、同じように黒く写ってしまい、後で見ても違う色の服を着ていたのかわかりません。一方、カラー写真であれば、色の違いを一目見てわかります。

実はMRI検査も同様のことが言えるのです。

MRI検査で得られる画像には、水を強調したものや血管を強調したものなど画像の種類ごとに特徴を持って表現できます。また、カラー写真のように色の違いを見分けやすいのです。この二つの特性を活かして数種類の画像を総合的に判断して、病気の質を判断することができるのです。ただ、色の区別をしやすい反面、下書きをしないで色を塗った絵のように輪郭がはっきりとしないという欠点もあります。

一方で、CTは一種類の画像しか得られません。その画像も白黒写真のように色を区別しにくいものです。
そのため、同じような色の濃さのものが二つ存在していても、気づけない可能性があります。ただ、モノの輪郭がはっきりと表現されているので、骨折線など微妙な変化にも気づくことができる利点があります。

引用元-ギモンらど!!

CTとMRIのメリットとデメリット

CTは検査時間が短いことが大きなメリットと言えるでしょう。
内臓系の診断をすると分かっていれば時間を大幅に短縮出来ます。

デメリットは、放射線を浴びていること。
微弱ではありますが原発事故によって多くの人は放射線に対しての意識が変わりましたので、抵抗のあるかたも多くなってきたかもしれません。

MRIは骨の影響を受けることなく部位の解析が出来る事がメリット。
CT検査とは違い、放射線の影響もないので不安になる方も少ないと言えます。

デメリットはCT検査と比べて検査時間が長くなってしまうことですね。
また電磁波を使う検査の為、ペースメーカーを体の内部に入れている方は、MRIを使った検査が出来ません。

引用元-なまけものの独り言

CT検査にかかる料金

CT検査料(コンピューター断層撮影)

これは、検査自体にかかる料金で、保険点数はCT装置によって異なります。

・64列以上のマルチスライス型の機器ならば、1000点、つまり10,000円。
・16列以上64列未満のマルチスライス型の機器ならば、900点、つまり9,000円
・4列以上16列未満のマルチスライス型の機器ならば、770点、つまり7,700円
・それ以外のものならば、580点、つまり5,800円

かかるということです。
料金が高い64列以上のものが最も良く見える(空間分解能が高い)分、料金が高くなります。

コンピューター断層診断料

月に1回、月の初回のCT又はMRIを実施する日にかかる料金で、これが450点、つまり4,500円かかります。
月に1回だけですので、同じ月に2回撮影した場合はこの料金はかかりませんが、月をまたいで2回撮影した場合はこの料金が2回かかることになります。

画像診断管理加算料

これは放射線科の常勤医がいて、一定の基準を満たしている施設である場合にかかる加算料です。少なくとも常勤医の放射線科医がいないと取れないので、放射線科の常勤医がいない病院ではかかりません。
これも月に1回かかるもので、

・画像診断管理加算1の施設の場合は、70点、つまり700円。
・画像診断管理加算2の施設の場合は、180点、つまり1,800円。

かかることになります。当然、加算2の施設の方がより厳しい条件をクリアしているということになります。

造影剤を使用した場合にかかる料金

CT検査で、静脈から造影剤を注射して撮影した場合、使用することに対して、500点、つまり5,000円がかかります。
さらに、使用した造影剤の薬の代金もかかりますが、これは、使用する造影剤の種類や量によって異なります。ですので、一概には言えませんが、数千円〜1万円弱の料金がかかります。

初診料

もしあなたがCTを撮影した病院を初めて受診するのであれば初診料が282点つまり、2,820円かかります。
2回目以降であっても、再診料72点(あるいは73点)、つまり720円(あるいは730円)がかかります。

情報診療提供

もしあなたが、CT装置を持たない診療所から、CT装置を持つ病院へ紹介されて、CT検査を受けに来た場合、その結果をCT装置を持つ病院が返事をしなければなりません。これを情報診療提供といい、これに250点、つまり2,500円がかかります。

電子処理加算料

以前はフィルムに焼いていましたが、最近はDVDに焼くことが多く、フィルムレスになっています。フィルムレスの場合は、電子処理加算料が120点つまり、1200円かかります。
フィルムの場合は、撮影した部位だけかかります。

引用元-CT検査の費用は実際いくらかかる?撮影料以外にもかかるの? | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

Case1、初めて行く診療所で頭部CTを撮影した場合

診療所ですので、常勤の放射線科はいない。
造影剤は使用しない。
紹介状はない。
というケースでみると、64列以上のCT装置であったとして、
10000円+4500円+2820円+1200円=18520円 この3割負担ですので、5,556円の料金がかかるということです。

Case2、診療所からの紹介で、初めて行く放射線科の常勤がいる総合病院で腹部造影CTを撮影した場合

管理加算2の取れる総合病院
造影剤を使用
紹介なので返事が必要
というケースとしましょう。64列以上のCT装置であったとして、
10000円+4500円+5000円+数千円〜10000円+2820円+2500円+1200円≒3万円前後。
この3割負担ですので、1万円前後の料金がかかるということです。

引用元-CT検査の費用は実際いくらかかる?撮影料以外にもかかるの? | 医師が教える人間ドックの評判とホントのところ

MRIにかかる料金

検査時間

単純MRI検査・・・検査(約20分)+準備など(約10分)=約30分
造影MRI検査・・・検査(約30分)+準備など(約10分)=約40分
※検査部位・撮影範囲により、検査時間が延びる場合があります。

費用の目安(3割負担の場合、診察料含む)

MRI検査・・・約7,000円
造影MRI検査・・・約12,000円
※費用は、保険や諸条件により変動します。詳しくはお問い合わせください。
※この費用は、当院で検査を受けられた場合の金額です。国が定める診療報酬制度により、病院によって費用が異なりますのでご注意ください。

引用元-洛和会ヘルスケアシステム

まとめ
MRIとCTのどちらにもメリット・デメリットがあり、病気によって使い分けられているのですね。

twitterの反応

 - 美容・健康