日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

病院に入院!医師やスタッフへのお礼はどうする?

      2016/04/04

病院に入院!医師やスタッフへのお礼はどうする?

ケガや病気などで病院に入院すると、医師やスタッフなどいろんな人のお世話になりますね。その際のお礼はどうしたらいいのでしょうか。今回は入院時の病院へのお礼は必要なのかどうか調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

無線LANと有線LANはどっちがいい?その速度の違い

インターネットをするときに無線と有線はどちらがいいのでしょう...

お香典の金額の相場は?友人の親が亡くなられた場合

大人になると葬儀や通夜に参列することが増えていくでしょう。も...

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近...

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現...

幼稚園の説明会へ!ベストな服装は?

子供が大きくなってくると幼稚園選びをしないといけませんね。幼...

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

新幹線をキャンセル!乗車券の払い戻し

新幹線を予約していて、急に乗ることができなくなることあります...

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよ...

スポンサーリンク

手術のための入院のお礼は必要なのか

手術を受ける為に入院する場合、誰もが迷うのが担当医師に対する心付けや謝礼のことです。心付けとは「よろしくお願いします」という意味で手術などを受ける前に渡すお金のことで、謝礼は実際に手術などが終わった後に「ありがとうございました」という意味で渡す礼金のことです。テレビドラマなどでは、手術を受ける患者の家族が執刀医に対して、心付けとして札束の入った封筒を渡すシーンがよく見られますね。

多くの病院では、医者が患者やその家族から治療費以外のお金を貰うことは原則的に断るスタンスなはずです。特に国公立の大学病院では、医師の身分は公務員なので、本業以外で金銭を受け取ることは法律違反に当たりますから、医師側にも厳格に禁止通達しているはずです。私立病院でも、名目としては謝礼は受け取らないと言うはずですが、医師によってはその限りでは無いのも現実です。

具体的には、盲腸だとか白内障だとか、比較的簡単な手術の場合では心付けは不要ですし、医者の側もそれを期待したりはしないと言います。しかしガンだとか心臓など大がかりな手術の場合で、どうしても信頼できる名医の先生に執刀して貰いたいような時には、手術前の心付け次第で希望が叶うという話もあるようです。

つまり、一般的で命に関わるような大手術でない場合は、術前に渡す心付けは特に必要なく、手術が無事成功して退院する際に感謝の気持ちがあれば、謝礼を渡せばよいでしょう。お金を渡すのがいやらしいのでは?と心配するなら、ちょっと豪華な菓子折でも十分です。謝礼は頑なに断る先生も多いですが「皆さんで食べて下さい」と菓子折を差し出せば、断る先生もまずいませんし、お互い変な気を使うこともないので良いと思います。

引用元-マネーガイドJP~保険・年金・医療費

病院へのお礼は必要ないという考えも

退院時のお礼はどうしたらいいのか?
というのは、わりによく聞く、入院がらみの悩みだ。
私はこれは必要なしと考える方だ。

だいたい入院でお世話になるのは一番が看護師さんだろうけど、それ以外にも、もちろん執刀医や麻酔科医、看護助手や薬剤師、事務員さん、栄養士等々。
実際には顔を合わせる機会は少なくとも、たくさんの病院関係者に世話をかけているはず。
そのみんなに配って回るわけにもいかないでしょう。

「その種の類は一切受け取りません」、と決めている病院も多いし、そういう場合は無理して渡しても、逆に困らせてしまうかもしれない。

ただ、土地柄や個人病院なら、渡されたら受け取るパターンもあるのかもしれないなあ。

こればっかりは自分で決めることだし、気持ちの問題なので、それで気が済むのなら菓子折なんかをナースステーションに持参すればいいけど、それよりも日ごろ気持ちよく挨拶したり、感謝の言葉を言ったり、自分勝手なわがままを言わない患者になったり…。
そんなことの方が大事だと思う。

引用元-入院と医療保険について主婦が考えてみた

お礼が禁止の病院もある

礼金については、公立病院と私立病院ではまるで違う。公立病院の医師は公務員なので、当然、受け取ってはいけないし、それを禁止する法律もある。私立も一応、禁止が建て前になっている病院が多いが、いまだにその慣習が生きている。

「こちらから要求することはありませんが、患者さんがくれると言うなら黙ってもらいます。相場は決まっていません。普通は5万~10万円です。ただ、患者さんによっては50万円ということも少なくない。受け取るのは自分が一人でいるときです。間違っても研修医や看護師など他者がいる際にはもらわない」(千葉県内の私立病院外科医)

 20年ほど前に比べて、礼金を渡す患者も、その金額も減ってきているというが、表に出ずとも、その文化はいまだに残っている。一般的な礼金は、3万~10万円。手術前にそっと渡す人もいれば、手術後にお礼として渡す人もおり、手渡すタイミングはさまざまだ。

引用元-現代ビジネス

なぜ入院のお礼が発生するのか

 「謝礼」と言うと聞こえはいいが、医者への謝礼は一般的な意味での「感謝のしるし」としての贈り物ではない。そのほとんどが現金であるから、これはむしろ「付け届け」であり、ある意味では「賄賂」と言っても過言ではない。

 では、なぜ患者は医者に「謝礼」を渡すのだろうか? それは、やはり根底に「信用できない」という心理があるからだろう。医者への不信が行き着くところ、それが「謝礼」だと、私は思っている。

 もし、保険治療だけで十分に信頼がおける治療が行われるなら、誰も謝礼など払わないはずだ。手術前に、他人の目を盗んで、医者にそっと現金入りの封筒を渡し、「よろしくお願いします」なんて言わないだろう。
 保険治療費だけでは、医者はちゃんと診てはくれないと考えているから、患者は謝礼を渡すのだ。つまり、「医者不信」である。

 しかし、「謝礼を渡そうが渡すまいが、医療行為は変わらない」 というのが、本当のところである。  

 私は、医者への「現金謝礼」の根底には、患者側の医者への抜きがたい不信感があると思っている。「そんな必要はない」と言っても、「それは建て前でしょう」と言う患者ほど、この不信感は根強い。それで、なぜそう考えるのかと聞いてみると、返ってくる答えは、たいてい同じだ。

「先生、そうは言っても、ちゃんと『謝礼』をしておかないとどうされるかわからないではないですか。ものには、筋というものがあるでしょう。筋を通しておかないと困るんです。それがわかるお医者さんなら、ちゃんと便宜をはかってくれるはずですから」

 とくに生命にかかわることとなると、この気持ちは強くなる。つまり、「多少のルール違反を犯してもほかの人より早く診察してもらい、より速やかに治してもらいたい。健康はないよりも代え難い。そのためには『謝礼』が有効ならば無理もする」となるのだ。

 私は、患者側のこうした気持ちを否定できない。それが、人情というものだろう。こうして、謝礼はどんどんエスカレートし、もしも入院や手術が必要となれば、主治医だけでなく、執刀医や麻酔科の医師、看護婦や医事課の人にも、なんらかの謝礼が支払われることになる。

 では、医者側はこうした患者の気持ちをわかっているかと言えば、もちろん、イエスだ。さらに、では、医者はこうした謝礼を受け取るかと言えば、ほぼイエスだ。

 私の知る限り、差し出された謝礼を受け取らない医者はほぼいない。

引用元-富家孝(ふけたかし)公式サイト

お礼を渡すならどのタイミング?

一般的には、
・麻酔医・・・・・・手術前日のリスク説明の時
・執刀医と助手・・・手術前日の術式説明の時
に渡します。

もし、手術前に受け取って貰えなかった場合、どうしても「気持ち」を渡したいというのであれば、退院時に、3~5万円程度お渡しすると良いでしょう。
もちろん、普通に渡したのでは、受け取って貰えないので、「研究の為に、専門書などを買う足しにして下さい」と言って渡すとスムーズに受け取って貰えるでしょう。
医者は、この言葉に弱いようです。
また、お礼を兼ねてナースステーションに菓子折りなどを持参するのであれば、退院する日に渡すのがベターです。

引用元-なるほどサイト

まとめ
お礼をしてもしなくても医療行為の質は変わりません。お礼は気持ちなので感謝の言葉で十分だと思います。

twitterの反応


https://twitter.com/hayato3108/status/611843711593398272

 - 美容・健康

ページ
上部へ