まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

病院に入院!医師やスタッフへのお礼はどうする?

      2016/04/04

 - 美容・健康

ケガや病気などで病院に入院すると、医師やスタッフなどいろんな人のお世話になりますね。その際のお礼はどうしたらいいのでしょうか。今回は入院時の病院へのお礼は必要なのかどうか調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

サロンで使っているシャンプーはアミノ酸系が多い

シャンプーは近くのドラッグストアで特売品を買っていましたが、どうも髪がゴワゴワするし、フケも多くなってきました。肌に優しいと言われる、アミノ酸系シャンプーに代えようかなと思っています。

30分のウォーキングはダイエットにいい?どんな効果があるの?

ウォーキングは運動が苦手な人にもおすすめのダイエット方法ですね。ウォーキングで効果を期待するならば30分以上歩くといいと言われていますが実際はどうなのでしょうか?今回はウォーキングの効果について調べました。

ダイエットに大切な食事のバランス

食欲との戦いのダイエットは昔の話。極端な食事制限は体調のバランスを崩すばかりか、ストレスやリバウンドの原因になると聞きました。最近、気になりだしたお腹周りを学生時代に戻したいなぁ。

眼鏡の度数はどのくらい?度数がきついといけない理由

目が悪くなると眼鏡やコンタクトを眼科などで作らないといけませんが、その眼鏡の度数はどのくらいになっていますか?度数がきついと目にもよくないようです。今回は眼鏡の度数について調べました。

夢でトイレに行きたくなったら!?おねしょをしてしまった場合

夢でトイレに行ってそのままおねしょをしてしまった経験はありませんか?子供のころは比較的経験のある人は多いかもしれませんが、今は大人でもおねしょをしてしまう人が増えているようです。その原因と対策を調べました。

腹痛に下痢!微熱まであるのはどんな病気?

腹痛から下痢になるととてもつらいですね。そのうえ微熱まで出てしまった場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。今回は腹痛、下痢、微熱を伴う症状の病気について調べました。

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

臍ヘルニアの手術とは?費用はどのくらい?入院はするの?

臍ヘルニアと聞くとなんだか重大な病気のように聞こえますが、つまりは出べそのこと。臍ヘルニアは自然に治る場合もありますが、手術となる場合もあります。手術することになった場合、入院期間や費用はどうなるのでしょうか?

扁桃炎の手術で入院!医療保険は適応される?

扁桃炎になると手術をしないといけない場合があります。手術後はしばらく入院が必要なので、医療保険に加入していないと痛い出費となってしまいます。しかし扁桃炎の場合は手術には保険が適応されない場合があるようなので気を付けましょう。

足の爪をおしゃれに!自分でもできるジェルネイル

サンダルをはく季節になると足元が気になりますよね。足の爪にネイルをしていると見た目も気分も華やかになります。そこで今のネイルの主流であるジェルネイルについて調べてみました。

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

ヨーグルトは効果あり?アレルギーに効くヨーグルトとは

現在は3人に1人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。花粉症やアトピー…つらいですね。そんなアレルギーにヨーグルトが効果があるという話があります。どのようなヨーグルトを摂取すれば効果があるのでしょうか。

胃腸風邪の薬は市販薬でいい?病院で処方してもらうべき?

風邪をひくと吐き気や下痢の症状を伴うことがあります。それは胃腸風邪と言われ脱水などに気を付けないといけません。胃腸風邪の場合は市販の薬と病院で処方してもらうのとどちらがいいのでしょうか。

病院の選び方と診察の受け方

数多くの病院があり、それぞれの診療科が存在します。風邪や病気になったときには病院に行かれることがあるでしょう。正しい病院の選び方と診察の受け方はどのようなものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

体脂肪率を10%減らす為の食事

最近気になりだしたお腹を何とかしたいと思うと、体脂肪率はとても気になるもの。せめて、10%減らすことが出来たら…。かといって、食事を急激に減らしたダイエットは、辛い上にリバウンドが怖い。日頃の食事を続けながら、無理なく減らす方法は無い物か調べてみました。

女性と男性の年齢の見分け方

買い物に出かけた時など、初めて見る人に会います。様々な人がいる中で、年齢も様々ですが、何歳か全く見当がつかないこともありますよね。年齢を見分けるとき、どのようなところを意識すればよいのでしょうか。詳しく調べてみました。

樽美酒研二とは?~人物から愛用化粧道具まで~

ゴールデンボンバーの白塗りメイクの人と言えば、樽美酒研二さんですね。一度見たら脳裏に焼き付き、忘れることのできない程のインパクトがある人です。その樽美酒研二さんの、簡単な人物像、面白エピソード、愛用化粧道具、調べてみました。

夜ごはんが遅いとどんな影響がある?

みなさんは、夜ごはんは何時に食べていますか?子育てをしているお母さんなどは、子供と一緒に食べられれば規則正しくご飯が食べれるかもしれません。しかし、夜遅くまで働くまだ独身の方や、残業の多い仕事をしているお父さんなど、夜ごはんの時間が遅い方もたくさんいるのではないでしょうか?そこで、夜ごはんが遅いとどういう影響があるのか、調べてみました。

貧血の症状と病院での処方

貧血でお悩みの方も多いことでしょう。貧血にも多くの種類がありますが、症状の重さは様々です。普段の生活に支障をきたす場合もあります。貧血の症状はどういったものなのでしょうか。その場合の病院での処方について調べてみました。

歯痛に効くのは?カロナールとロキソニンどっち?

急に歯痛が!そんな時は痛み止めを飲みますね。痛み止めといえばカロナールとロキソニンが代表的ですが、この2つの薬の違いは何でしょう。今回は歯痛の原因とその対処法について調べました。

手術のための入院のお礼は必要なのか

手術を受ける為に入院する場合、誰もが迷うのが担当医師に対する心付けや謝礼のことです。心付けとは「よろしくお願いします」という意味で手術などを受ける前に渡すお金のことで、謝礼は実際に手術などが終わった後に「ありがとうございました」という意味で渡す礼金のことです。テレビドラマなどでは、手術を受ける患者の家族が執刀医に対して、心付けとして札束の入った封筒を渡すシーンがよく見られますね。

多くの病院では、医者が患者やその家族から治療費以外のお金を貰うことは原則的に断るスタンスなはずです。特に国公立の大学病院では、医師の身分は公務員なので、本業以外で金銭を受け取ることは法律違反に当たりますから、医師側にも厳格に禁止通達しているはずです。私立病院でも、名目としては謝礼は受け取らないと言うはずですが、医師によってはその限りでは無いのも現実です。

具体的には、盲腸だとか白内障だとか、比較的簡単な手術の場合では心付けは不要ですし、医者の側もそれを期待したりはしないと言います。しかしガンだとか心臓など大がかりな手術の場合で、どうしても信頼できる名医の先生に執刀して貰いたいような時には、手術前の心付け次第で希望が叶うという話もあるようです。

つまり、一般的で命に関わるような大手術でない場合は、術前に渡す心付けは特に必要なく、手術が無事成功して退院する際に感謝の気持ちがあれば、謝礼を渡せばよいでしょう。お金を渡すのがいやらしいのでは?と心配するなら、ちょっと豪華な菓子折でも十分です。謝礼は頑なに断る先生も多いですが「皆さんで食べて下さい」と菓子折を差し出せば、断る先生もまずいませんし、お互い変な気を使うこともないので良いと思います。

引用元-マネーガイドJP~保険・年金・医療費

スポンサーリンク

  人気記事

病院へのお礼は必要ないという考えも

退院時のお礼はどうしたらいいのか?
というのは、わりによく聞く、入院がらみの悩みだ。
私はこれは必要なしと考える方だ。

だいたい入院でお世話になるのは一番が看護師さんだろうけど、それ以外にも、もちろん執刀医や麻酔科医、看護助手や薬剤師、事務員さん、栄養士等々。
実際には顔を合わせる機会は少なくとも、たくさんの病院関係者に世話をかけているはず。
そのみんなに配って回るわけにもいかないでしょう。

「その種の類は一切受け取りません」、と決めている病院も多いし、そういう場合は無理して渡しても、逆に困らせてしまうかもしれない。

ただ、土地柄や個人病院なら、渡されたら受け取るパターンもあるのかもしれないなあ。

こればっかりは自分で決めることだし、気持ちの問題なので、それで気が済むのなら菓子折なんかをナースステーションに持参すればいいけど、それよりも日ごろ気持ちよく挨拶したり、感謝の言葉を言ったり、自分勝手なわがままを言わない患者になったり…。
そんなことの方が大事だと思う。

引用元-入院と医療保険について主婦が考えてみた

お礼が禁止の病院もある

礼金については、公立病院と私立病院ではまるで違う。公立病院の医師は公務員なので、当然、受け取ってはいけないし、それを禁止する法律もある。私立も一応、禁止が建て前になっている病院が多いが、いまだにその慣習が生きている。

「こちらから要求することはありませんが、患者さんがくれると言うなら黙ってもらいます。相場は決まっていません。普通は5万~10万円です。ただ、患者さんによっては50万円ということも少なくない。受け取るのは自分が一人でいるときです。間違っても研修医や看護師など他者がいる際にはもらわない」(千葉県内の私立病院外科医)

 20年ほど前に比べて、礼金を渡す患者も、その金額も減ってきているというが、表に出ずとも、その文化はいまだに残っている。一般的な礼金は、3万~10万円。手術前にそっと渡す人もいれば、手術後にお礼として渡す人もおり、手渡すタイミングはさまざまだ。

引用元-現代ビジネス

なぜ入院のお礼が発生するのか

 「謝礼」と言うと聞こえはいいが、医者への謝礼は一般的な意味での「感謝のしるし」としての贈り物ではない。そのほとんどが現金であるから、これはむしろ「付け届け」であり、ある意味では「賄賂」と言っても過言ではない。

 では、なぜ患者は医者に「謝礼」を渡すのだろうか? それは、やはり根底に「信用できない」という心理があるからだろう。医者への不信が行き着くところ、それが「謝礼」だと、私は思っている。

 もし、保険治療だけで十分に信頼がおける治療が行われるなら、誰も謝礼など払わないはずだ。手術前に、他人の目を盗んで、医者にそっと現金入りの封筒を渡し、「よろしくお願いします」なんて言わないだろう。
 保険治療費だけでは、医者はちゃんと診てはくれないと考えているから、患者は謝礼を渡すのだ。つまり、「医者不信」である。

 しかし、「謝礼を渡そうが渡すまいが、医療行為は変わらない」 というのが、本当のところである。  

 私は、医者への「現金謝礼」の根底には、患者側の医者への抜きがたい不信感があると思っている。「そんな必要はない」と言っても、「それは建て前でしょう」と言う患者ほど、この不信感は根強い。それで、なぜそう考えるのかと聞いてみると、返ってくる答えは、たいてい同じだ。

「先生、そうは言っても、ちゃんと『謝礼』をしておかないとどうされるかわからないではないですか。ものには、筋というものがあるでしょう。筋を通しておかないと困るんです。それがわかるお医者さんなら、ちゃんと便宜をはかってくれるはずですから」

 とくに生命にかかわることとなると、この気持ちは強くなる。つまり、「多少のルール違反を犯してもほかの人より早く診察してもらい、より速やかに治してもらいたい。健康はないよりも代え難い。そのためには『謝礼』が有効ならば無理もする」となるのだ。

 私は、患者側のこうした気持ちを否定できない。それが、人情というものだろう。こうして、謝礼はどんどんエスカレートし、もしも入院や手術が必要となれば、主治医だけでなく、執刀医や麻酔科の医師、看護婦や医事課の人にも、なんらかの謝礼が支払われることになる。

 では、医者側はこうした患者の気持ちをわかっているかと言えば、もちろん、イエスだ。さらに、では、医者はこうした謝礼を受け取るかと言えば、ほぼイエスだ。

 私の知る限り、差し出された謝礼を受け取らない医者はほぼいない。

引用元-富家孝(ふけたかし)公式サイト

お礼を渡すならどのタイミング?

一般的には、
・麻酔医・・・・・・手術前日のリスク説明の時
・執刀医と助手・・・手術前日の術式説明の時
に渡します。

もし、手術前に受け取って貰えなかった場合、どうしても「気持ち」を渡したいというのであれば、退院時に、3~5万円程度お渡しすると良いでしょう。
もちろん、普通に渡したのでは、受け取って貰えないので、「研究の為に、専門書などを買う足しにして下さい」と言って渡すとスムーズに受け取って貰えるでしょう。
医者は、この言葉に弱いようです。
また、お礼を兼ねてナースステーションに菓子折りなどを持参するのであれば、退院する日に渡すのがベターです。

引用元-なるほどサイト

まとめ
お礼をしてもしなくても医療行為の質は変わりません。お礼は気持ちなので感謝の言葉で十分だと思います。

twitterの反応


https://twitter.com/hayato3108/status/611843711593398272

 - 美容・健康