まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

病院に入院!医師やスタッフへのお礼はどうする?

      2016/04/04

 - 美容・健康

ケガや病気などで病院に入院すると、医師やスタッフなどいろんな人のお世話になりますね。その際のお礼はどうしたらいいのでしょうか。今回は入院時の病院へのお礼は必要なのかどうか調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

血圧を測るとき右手と左手どっちで測る?

血圧は血圧測定器があれば自宅でも測ることができますが、右手と左手ではどちらで測るのがいいのでしょうか?また右と左で、血圧の数値に違いがある場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は血圧の測り方について調べました。

歯痛に効くのは?カロナールとロキソニンどっち?

急に歯痛が!そんな時は痛み止めを飲みますね。痛み止めといえばカロナールとロキソニンが代表的ですが、この2つの薬の違いは何でしょう。今回は歯痛の原因とその対処法について調べました。

手の神経麻痺と原因

様々な疾患が存在します。軽い症状のものから、重たい症状があります。その中でも、手の神経の麻痺に悩まされている方もいることでしょう。原因や症状などはどのようなものなのでしょうか。調べてみました。

奥歯の根元が虫歯に?治療はどうする?

奥歯は虫歯になりやすい歯です。歯の根元も気を付けないと段差ができたり虫歯になりやすくなります。歯の根元が虫歯になったときは早めに治療に行く必要があります。今回は虫歯になりやすい歯の症状について調べました。

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

寝起きに心臓がドキドキ(動悸)することって良くありますよね。そんな時は、少なからず大丈夫かなぁと自分の心臓に問いかけるように心配になるものです。何か心当たりでもある場合は別ですが、何も無い場合はなおさら。ドキドキ(動悸)の原因を探るべく調べました。

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

鼻水が透明なときとネバネバのときの違いは?

鼻水って、透明でサラサラしたものが出るときと、ネバネバしたものが出るときありませんか?とくに子供とかよく風邪なんか引いて鼻水しょっちゅうたらしてますが、鼻水が透明なときと、ネバネバしているとき、どう違うんでしょうか?詳しく、調べてみました!

タバコを禁煙することになったきっかけ

多くの方がタバコを吸っているかと思います。しかし、禁煙したいという方も多いのではないでしょうか。禁煙したひとはそのきっかけとは何だったのでしょうか。今回はタバコの禁煙のきっかけについて調べてみました。

タバコを止めたいあなたへ~タール&ニコチンの害~

この記事を開いたあなたはタバコを止めたいと思っているのですよね?「わかってはいるけど、止められない…」と悩んではいませんか?悩んでいると、余計タバコに依存してしまうかもしれません。ではどうすればいいのでしょうか?答えは案外シンプルだったりするのです。

蕁麻疹の原因は肝臓から?

蕁麻疹に悩まされてはいないでしょうか。痒くて夜もまともに寝られないということがあると思います。蕁麻疹の原因は何なのでしょうか。また、肝臓が関係しているのでしょうか。調べてみました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

夜ごはんが遅いとどんな影響がある?

みなさんは、夜ごはんは何時に食べていますか?子育てをしているお母さんなどは、子供と一緒に食べられれば規則正しくご飯が食べれるかもしれません。しかし、夜遅くまで働くまだ独身の方や、残業の多い仕事をしているお父さんなど、夜ごはんの時間が遅い方もたくさんいるのではないでしょうか?そこで、夜ごはんが遅いとどういう影響があるのか、調べてみました。

歯の詰め物が取れたらどうしたらいい?正しい応急処置とは?

虫歯になると歯に詰め物をすることが一般的ですが、もしその詰め物が取れた場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は歯の詰め物が取れた場合の、正しい応急処置の方法を調べました。

親知らずの虫歯治療はどのように麻酔をかける

虫歯を治療する際は、麻酔をかけると思います。親知らずが虫歯になって治療する際は、どのように麻酔をし、治療を行っていくのでしょうか。そこで今回は、親知らずの虫歯の治療と麻酔について調べてみました。

赤ちゃんの頭が大きい?考えられる病気とは?

赤ちゃんの頭は遺伝で大きい場合もあります。しかし不自然に大きな場合は病気である可能性があります。赤ちゃんの頭が大きい場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?

大人になってから突然出てくる鼻血は病気?

子どもの頃は良く出していた鼻血。大人になって久しく忘れていたのに、突然出てくると「えっ!何かした?」なんてビックリします。大人になってからの突然出てくる鼻血は病気とは関係無いのでしょうか。

妊娠初期はつわりが大変!仕事のやる気が出ない時はどうする?

妊娠初期はつわりなどの症状があり、精神的にも不安定になりやすい時期です。仕事をしている人はやる気が出なかったり、大変なことも多いでしょう。今回は妊娠初期の仕事について調べました。

自転車や徒でのダイエットとカロリーの比較

通勤の時などにダイエットを心がけて頑張っている方も多いと思います。自転車や徒歩など様々な手段が考えられますが、その場合のダイエット方法と実際のところのカロリー消費はどのようなものなのでしょうか。それぞれを比較してみました。

子供の頭痛はこんな病気から

子供が頭痛を訴えて苦しんでいたら、見ているだけでも辛いですよね。重い病気じゃないか、と心配になる保護者の方も多いでしょう。子供の頭痛には、どんな原因があるのでしょうか。調べてみました。

手術のための入院のお礼は必要なのか

手術を受ける為に入院する場合、誰もが迷うのが担当医師に対する心付けや謝礼のことです。心付けとは「よろしくお願いします」という意味で手術などを受ける前に渡すお金のことで、謝礼は実際に手術などが終わった後に「ありがとうございました」という意味で渡す礼金のことです。テレビドラマなどでは、手術を受ける患者の家族が執刀医に対して、心付けとして札束の入った封筒を渡すシーンがよく見られますね。

多くの病院では、医者が患者やその家族から治療費以外のお金を貰うことは原則的に断るスタンスなはずです。特に国公立の大学病院では、医師の身分は公務員なので、本業以外で金銭を受け取ることは法律違反に当たりますから、医師側にも厳格に禁止通達しているはずです。私立病院でも、名目としては謝礼は受け取らないと言うはずですが、医師によってはその限りでは無いのも現実です。

具体的には、盲腸だとか白内障だとか、比較的簡単な手術の場合では心付けは不要ですし、医者の側もそれを期待したりはしないと言います。しかしガンだとか心臓など大がかりな手術の場合で、どうしても信頼できる名医の先生に執刀して貰いたいような時には、手術前の心付け次第で希望が叶うという話もあるようです。

つまり、一般的で命に関わるような大手術でない場合は、術前に渡す心付けは特に必要なく、手術が無事成功して退院する際に感謝の気持ちがあれば、謝礼を渡せばよいでしょう。お金を渡すのがいやらしいのでは?と心配するなら、ちょっと豪華な菓子折でも十分です。謝礼は頑なに断る先生も多いですが「皆さんで食べて下さい」と菓子折を差し出せば、断る先生もまずいませんし、お互い変な気を使うこともないので良いと思います。

引用元-マネーガイドJP~保険・年金・医療費

スポンサーリンク

  人気記事

病院へのお礼は必要ないという考えも

退院時のお礼はどうしたらいいのか?
というのは、わりによく聞く、入院がらみの悩みだ。
私はこれは必要なしと考える方だ。

だいたい入院でお世話になるのは一番が看護師さんだろうけど、それ以外にも、もちろん執刀医や麻酔科医、看護助手や薬剤師、事務員さん、栄養士等々。
実際には顔を合わせる機会は少なくとも、たくさんの病院関係者に世話をかけているはず。
そのみんなに配って回るわけにもいかないでしょう。

「その種の類は一切受け取りません」、と決めている病院も多いし、そういう場合は無理して渡しても、逆に困らせてしまうかもしれない。

ただ、土地柄や個人病院なら、渡されたら受け取るパターンもあるのかもしれないなあ。

こればっかりは自分で決めることだし、気持ちの問題なので、それで気が済むのなら菓子折なんかをナースステーションに持参すればいいけど、それよりも日ごろ気持ちよく挨拶したり、感謝の言葉を言ったり、自分勝手なわがままを言わない患者になったり…。
そんなことの方が大事だと思う。

引用元-入院と医療保険について主婦が考えてみた

お礼が禁止の病院もある

礼金については、公立病院と私立病院ではまるで違う。公立病院の医師は公務員なので、当然、受け取ってはいけないし、それを禁止する法律もある。私立も一応、禁止が建て前になっている病院が多いが、いまだにその慣習が生きている。

「こちらから要求することはありませんが、患者さんがくれると言うなら黙ってもらいます。相場は決まっていません。普通は5万~10万円です。ただ、患者さんによっては50万円ということも少なくない。受け取るのは自分が一人でいるときです。間違っても研修医や看護師など他者がいる際にはもらわない」(千葉県内の私立病院外科医)

 20年ほど前に比べて、礼金を渡す患者も、その金額も減ってきているというが、表に出ずとも、その文化はいまだに残っている。一般的な礼金は、3万~10万円。手術前にそっと渡す人もいれば、手術後にお礼として渡す人もおり、手渡すタイミングはさまざまだ。

引用元-現代ビジネス

なぜ入院のお礼が発生するのか

 「謝礼」と言うと聞こえはいいが、医者への謝礼は一般的な意味での「感謝のしるし」としての贈り物ではない。そのほとんどが現金であるから、これはむしろ「付け届け」であり、ある意味では「賄賂」と言っても過言ではない。

 では、なぜ患者は医者に「謝礼」を渡すのだろうか? それは、やはり根底に「信用できない」という心理があるからだろう。医者への不信が行き着くところ、それが「謝礼」だと、私は思っている。

 もし、保険治療だけで十分に信頼がおける治療が行われるなら、誰も謝礼など払わないはずだ。手術前に、他人の目を盗んで、医者にそっと現金入りの封筒を渡し、「よろしくお願いします」なんて言わないだろう。
 保険治療費だけでは、医者はちゃんと診てはくれないと考えているから、患者は謝礼を渡すのだ。つまり、「医者不信」である。

 しかし、「謝礼を渡そうが渡すまいが、医療行為は変わらない」 というのが、本当のところである。  

 私は、医者への「現金謝礼」の根底には、患者側の医者への抜きがたい不信感があると思っている。「そんな必要はない」と言っても、「それは建て前でしょう」と言う患者ほど、この不信感は根強い。それで、なぜそう考えるのかと聞いてみると、返ってくる答えは、たいてい同じだ。

「先生、そうは言っても、ちゃんと『謝礼』をしておかないとどうされるかわからないではないですか。ものには、筋というものがあるでしょう。筋を通しておかないと困るんです。それがわかるお医者さんなら、ちゃんと便宜をはかってくれるはずですから」

 とくに生命にかかわることとなると、この気持ちは強くなる。つまり、「多少のルール違反を犯してもほかの人より早く診察してもらい、より速やかに治してもらいたい。健康はないよりも代え難い。そのためには『謝礼』が有効ならば無理もする」となるのだ。

 私は、患者側のこうした気持ちを否定できない。それが、人情というものだろう。こうして、謝礼はどんどんエスカレートし、もしも入院や手術が必要となれば、主治医だけでなく、執刀医や麻酔科の医師、看護婦や医事課の人にも、なんらかの謝礼が支払われることになる。

 では、医者側はこうした患者の気持ちをわかっているかと言えば、もちろん、イエスだ。さらに、では、医者はこうした謝礼を受け取るかと言えば、ほぼイエスだ。

 私の知る限り、差し出された謝礼を受け取らない医者はほぼいない。

引用元-富家孝(ふけたかし)公式サイト

お礼を渡すならどのタイミング?

一般的には、
・麻酔医・・・・・・手術前日のリスク説明の時
・執刀医と助手・・・手術前日の術式説明の時
に渡します。

もし、手術前に受け取って貰えなかった場合、どうしても「気持ち」を渡したいというのであれば、退院時に、3~5万円程度お渡しすると良いでしょう。
もちろん、普通に渡したのでは、受け取って貰えないので、「研究の為に、専門書などを買う足しにして下さい」と言って渡すとスムーズに受け取って貰えるでしょう。
医者は、この言葉に弱いようです。
また、お礼を兼ねてナースステーションに菓子折りなどを持参するのであれば、退院する日に渡すのがベターです。

引用元-なるほどサイト

まとめ
お礼をしてもしなくても医療行為の質は変わりません。お礼は気持ちなので感謝の言葉で十分だと思います。

twitterの反応


https://twitter.com/hayato3108/status/611843711593398272

 - 美容・健康