日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

      2016/04/05

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

癌の宣告を受けることは大変ショックなことです。苦しい治療や手術をしても再発の可能性がある恐ろしい病気です。もしも癌になった場合に余命宣告を受けたら、どう解釈すればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ポケモンの キャラの年齢が気になります

幼児から小学生まで人気のポケモン。原作者によると年齢を設定し...

車のブレーキの踏み方は何が正しい?

車のアクセルとブレーキの踏み方はすべて統一ではないのです。両...

火の色は温度によってどう違う?

火の色は身の回りで利用しているものを見てもいろいろと違います...

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書な...

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの...

『長い。。』更新プログラムのインストールが終わらない!

『さて、大学の宿題でもしようかな』とPCを立ち上げると「更新...

デスクトップのアイコンの画像を変更する方法

デスクトップにはショートカットアイコンが並んでいますね。この...

車の故障!?ブレーキでハンドルがガクガクする原因は?

車に乗っていてブレーキをかけるとハンドルなどがガクガクと揺れ...

テレビが映らない!?新築一戸建てを購入した場合のアンテナ設置

新築の一戸建てを購入した場合はテレビはそのままでは見ることは...

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあ...

地球の内部は未知。中心には何があるのか

科学が進歩した今、様々な情報を知る事が出来ますが、実は地球の...

病院にお見舞いに行くマナーは?夜の場合

病院にお見舞いに行くときは病院で定められている面会時間内でい...

バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプ...

メガネとコンタクトはどっちが疲れにくい?

視力が下がるとメガネかコンタクトをする必要があります。メガネ...

生活保護の受給の金額の平均はいくらぐらい?

病気持ちや障害者、幼い子を抱えた母子など本当に働けない人は生...

水槽の水草は買って来てすぐに枯れる事が多い

水草の種は陸で育ち、日光にもよく当たっています。お店で売られ...

マンションでの猫の飼い方

猫を飼いたい・・・。でも、マンションだし・・・と思っているあ...

着床してからの妊娠超初期症状!お腹の張りってどんな感じ?

妊娠超初期症状でお腹の張りを感じる人がいます。お腹の張りとよ...

機内に持ち込み出来るバッグってどんなバッグ?

旅行や仕事で飛行機を利用する際、注意したいのが機内に持ち込む...

スマホがフリーズ!電池パックがないXperia等はどうしたらいい!?

スマホ本体が熱を持ってフリーズ!ゲームなどに熱中するあまり動...

スポンサーリンク

癌の転移と再発とは

 転移とは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って他の臓器に移動し、そこで成長したものをいいます。
がんを手術で全部切除できたように見えても、その時点ですでにがん細胞がほかの臓器に移動している可能性が
あり、手術した時点では見つけられなくても、歳月がたってから転移として見つかることがあります。
(日頃より、がん予防がいかに大切な事かを認識してください)

 再発とは、手術や治療の効果で、目に見える大きさのがんがなくなったあと、再びがんが出現することをいいます。
(現在の医療技術を持ってしても、初期の治療で完全に治す事は難しいのです)
再度手術できる場合はまれで、以前使用していない化学療法による治療が、化学療法で治癒可能ながんは
限られており、抗がん剤で完治する可能性のある疾患は、急性白血病、悪性リンパ腫、精巣(睾丸)腫瘍、
絨毛(じゅうもう)がん等です。

引用元-がんの転移 再発後の生存率

癌の再発と5年生存率

がんについて調べてみると、”5年生存率”という言葉がよく使われています。
5年生存率は意味を誤解されやすいのですが、正しくは「がんの治療開始から5年後生存している人の割合」のことをいいます。ただし、この中には再発せずに生存している人と、再発したものの生存している人が含まれています。
つまり5年生存率とは、「がんの治療開始から5年後に、再発していようがいまいが生存している人の割合」のことをいいます。
ですので5年生存率というのは、そのがんが完全に治る可能性とは限らないですし、5年後生存している割合のことをいいますので、必ずがんで死んでいるとも限らないのです。

なぜ5年なのか?
なぜ1年生存率や3年生存率ではなく、”5年”という期間が使われているのでしょうか?
多くのがんでは、治療によりがんが消失してから5年経過後までに「再発」がない場合を治癒とみなすとされています。
ここでいう「再発」とは、治療によりがんを取り除いた後の検査で、残ったがんが再びみつかる大きさになることをいいます。体内にがんがあっても小さすぎて見つからない、つまりがんが潜んでいる段階の場合は、再発とはいいません。
治療により取り除くことができず残ったがんは成長が早く、多くのがんでは、5年以内に検査で見つかる大きさになります。
ですので、治療によりがんを取り除いた後がんが残ってしまった場合は、ほぼ全て5年以内に発見され再発となり、それ以降は再発することはほとんどないため、5年生存率には5年という期間が使われているのです。
以上のようなことから、5年生存率=治療によりがんが治る割合と言い換えることもできます。ただし、再発していても治療から5年後生きている人も含まれますので、その点は覚えておいてくださいね(^^)

引用元-がんのきほん

肝臓癌は症状が出たら余命1か月

「肝臓がんの治療は、症状が出てからでは遅すぎる。症状が出たときには、余命1ヵ月というレベルです。だから自覚症状が出る前に腫瘍を見つけることが、治すための要件になる。腫瘍ができる場所は、肝臓の右上が最も多い」
 症状には、右上腹部の圧迫感、食欲不振、体重減少、倦怠感、疲れやすさ、微熱などがある。さらに進むと、腹水や黄疸も出てくる。
 俳優の緒形拳さん(享年71)は、’00年ぐらいから慢性肝炎を患っていたが、’03年ごろ肝臓がんに移行した。腹部の痛みを訴えて緊急入院したのが’08年10月。肝臓が破裂し、翌日息を引き取った。
 肝臓がんのステージは1~4で、ぎりぎり手術が可能なのは3期まで。肝臓ががんのために機能しなくなっている4期になると、手術は難しくなる。
「手術ができるのは、肝機能がいいことが条件になる。それなら5年生存率は50~70%。つまり、助かりやすい肝臓がんは、肝機能がいい状態の早期発見されたもの、ということです。
 ただ、肝臓がんで手強いのは、ウイルス性肝炎や肝硬変を合併しているケース。手術できないことが多いからです。実際、肝臓がんが見つかっても、手術が可能なのは3割ほどしかありません。また、肝機能が低下している場合、手術ができたとしても、5年以内に再発する可能性が80%もあるのです」

引用元-現代ビジネス

余命期間の意味とは

余命期間の意味

余命は、「残された命の期間」ではなく、「生存期間中央値」のことです。
その、生存期間中央値とは、同じ癌の同じ進行状態の集団において50%(半分)の患者さんが亡くなるまでの期間のことです。
例えば、「余命3年」であれば、100人が癌の治療を受けて、その3年後に生きている人は50人。
「余命1年」であれば、100人が癌の治療を受けて、その1年後に生きている人は50人。
しかし、1ヶ月で亡くなる人もいれば、10年も長生きする人もいる。
あくまでも、中央値であり、個人差により誤差がある。

余命期間が短い場合は誤差が少ない

余命は生存期間中央値を元に宣告されるため、余命期間には個人差により誤差があります。
しかし、この余命期間が短い場合には、誤差が小さくなりる統計がある。
余命1ヶ月や2ヶ月と言われた場合に、5年先、10年先を生きていることは少ない。
統計データでも、余命が3ヶ月以内の場合には、かなりの確率で3ヶ月以内、もしくはもっと短い期間で亡くなられることが多い。

引用元-メタボでフリーターおっさん。気になる情報を書く!

癌の症状と余命の判断

多くのガン患者が人生の終わりに近づくにつれてかならず悪化してゆく症状があります。
それは全身が痩せることと、頭の機能の低下という症状です。
体が痩せることは、いわゆる悪液質です。
悪液質の説明は終末期の症状で詳しくしてあります。
悪液質になると食事ができなくなります。
分りやすい余命判断としては食事が取れなくなったら、一ヶ月以内にお別れとなる可能性が高いです。
自分でトイレに行くことができなくなったら、数週間以内にお別れとなる可能性が高いでしょう。

頭の機能が落ちてゆくと意識レベルがゆっくり低下してゆきます。
頭の状態についての説明は終末期の症状で詳しくしてあります。
余命一ヶ月を過ぎると、ゆっくりと頭の機能が低下してゆくことを経験するでしょう。
この頭の機能の低下こそが余命を客観的に判断する指針となります。
急に頼りなくなったり新聞が読めなくなったら余命は3週間程度でしょう。

わけのわからない発言が多くなったら余命は2週間程度でしょう。
本来見えないものが見えるようになったら余命は1週間程度でしょう。
寝てばかりいるようになったり、声をかけないと目を開けなくなったら余命は数日でしょう。
他にも余命を判断する要素はいろいろありますが、意識の程度が一番分りやすいと思います。

引用元-ガンの死に方

癌は早期発見が大事

がんの治療において、「5年生存率100%」や「完治」を目指すためには、言い古された表現ですが、やはり、早期発見・早期治療が大切です。早期発見が大切な理由は、もちろん、がんが大きくならない前に見つけるということになるのですが、もう少し詳しく考えると、がんが血管やリンパ管が豊富な粘膜下層というレベルまで広がっていかないうちに発見し、適切な方法で切除するということになるわけです。

そして、このような早期の段階では、胃がんや大腸がん、子宮がんにしても、症状はほとんど見られません。そこで、定期的な健康診断を受け早期の段階で治療を行うということが、「完治」を目指す上では非常に重要だということになるのです。

引用元-AllAbout

まとめ
癌を完治させるにはとにかく早期発見が大事です。定期的な検診を受ける必要がありますね。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ