日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

5歳の虫歯治療の麻酔は

      2015/11/10

5歳の虫歯治療の麻酔は

虫歯で悩まれている方も多いと思います。しかし、5歳の子供たちの虫歯治療となると大変です。その場合、治療の麻酔や注意事項はどうなのでしょうか。今回は、5歳の虫歯治療の麻酔について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続き...

動物と人間のコミュニケーションの類似点・相違点

人間と人間。人間と動物。動物と動物。コミュニケーションの取り...

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます...

付き合う時に親への挨拶で心得ておくこと

付き合う2人が親へ挨拶へ行のはどのくらい経ってからが良いの?...

東京~福岡を高速夜行バスで帰りたい時にみるまとめ

東京から福岡、福岡から東京。この長距離を移動する際、あなたは...

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らし...

スマホの画面にウイルス警告が!その対処法は?

スマホを使っていると急にウィルスの警告が出ることがあります。...

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージは...

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。その...

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多い...

副業中をしたい人は必見!確定申告ってしないといけない?

企業に勤めている人にとって、〝確定申告”という言葉は知っては...

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものす...

YouTubeで英語のリスニング力をアップ!お勧めのチャンネルは?

YouTubeは世界中で利用されている動画投稿サイトのことで...

家族の一員として犬の散歩のマナーが変化しています

犬は愛情を注げばそれに応えてくれます。今や犬は番犬ではなく、...

市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区...

顎のニキビがしこりに!その治し方は?

顎にできたニキビがしこりのようになってしまったことはありませ...

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。そ...

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難...

DVDを再生したら画質が悪い!良くする方法

地上デジタル化で高画質の映像を自宅で見ることが可能になりまし...

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思...

スポンサーリンク

●虫歯の治療について

歯は、虫歯菌が口の中に感染している人がなる病気で、感染症です。しかし、虫歯菌がいることだけでは虫歯になりません。食生活や歯の質、つば(唾液)の質などいろいろな要因が関与してなる病気です。
虫歯をとることも必要ですが、今後虫歯にならないためにいろいろ対策をとることが一番大切だと言えます。
さて、「虫歯をとること」とはどういうことでしょうか?それは、虫歯に感染した歯を削って除去すること。そう、虫歯を治すには、歯を削らないといけません。当たり前のことなのですが、今一度よく考えていただきたいのです。
削った歯はもとに戻りません。そして、虫歯を治したとしても、完全に治ったわけではなく、修理しただけなのです。虫歯をとって、欠けた歯を修理して元の歯の形に戻して使えるようにしているだけなので、虫歯になったことのない歯と比べてとても脆くなります。
脆い歯というのは、
また虫歯になりやすいということ
歯が薄いので歯が割れるリスクがあること
という歯のことを指します。
ですから、虫歯をとること以上に、今後虫歯にならないようにする対策をしっかりととることが一番大切なのです。

引用元-医療法人つゆくさ歯科医院

●虫歯治療の麻酔について(Q&A)

軽度の虫歯で麻酔はしません。
麻酔にはリスクがつきまといますから、良識のある歯医者なら「取り敢えず麻酔」なんてことはしないはずです。ましてや先だって麻酔で死人が出ていますからね。ちょっとぴりぴりしています。

質問者さまの場合、痛くて我慢できないというほどの虫歯でしか通院されたことがないのでしょう。痛いと感じるくらい虫歯の進行が進んでいれば治療もかなりの痛みを伴うので歯科医が麻酔をすすめるのも当然かと思います。
おそらくご友人の方は定期検診などでしっかり歯の管理をなさっているのではないでしょうか?軽度の虫歯を素人が見つけて通院するケースはあまりないかと思うのですが…(歯科医ではないのではっきりとは申し上げられませんが)。ちょっとした虫歯でしたらささっと削って詰め物して終了、で済む場合が殆どです。

色々な歯医者にかかっているということは定期検診なんて行ってませんよね…。虫歯は体質によるものが大きいので(この虫歯のできやすさについては、歯科医に頼めば検査してもらえます。簡単ですし、それほど費用もかからないはずです)、できやすい体質のようですからかかりつけの歯医者を決めて、定期検診をなさるのをおすすめします。

引用元-教えて!goo

●子どもの虫歯治療の麻酔について

【局所麻酔法】

部分的に作用させる麻酔のことで、薬剤の浸透によって痛みを抑えます。主に次の方法が用いられます。

浸潤麻酔法

歯茎や粘膜、骨膜などに局所麻酔薬を注射し、その周囲に浸潤させて痛みを麻痺させます。歯科治療中の痛みの軽減に、最も用いられる方法です。

表面麻酔法

薬液や軟膏、ゼリーなどの麻酔薬を歯茎や粘膜に塗って、その表層部分の痛みを緩和します。注射の針が刺さるときや、膿を切って出すとき、根のほとんどが吸収された乳歯を抜くときなどに用いられます。
※局所麻酔を受けた後の注意点…術後1~2時間は局所麻酔の効果が続きます。しびれた感覚が気持ち悪かったり、痛みを感じなかったりすることで、唇や頬の内側を噛む、または爪で傷つけるお子様もおられます。傷ついた部分が腫れたり、化膿したりすることもありますので、させないように注意しましょう。また、誤って噛むことを防ぐために、麻酔がさめるまで食事は控えましょう。

【精神鎮静法】

治療に対する緊張や不安、恐怖感が強い場合、治療中に手足のしびれ・動悸・めまい・呼吸困難、ひどい場合には意識障害などが起こることもあります。精神鎮静法は、局所麻酔だけでは対応できない場合に用いられ、心身をリラックスさせて、痛みも感じにくくなることが期待できます。しかし、精神鎮静法だけでは治療中の痛みは軽減できないので、併せて局所麻酔法を受けることが必要です。主に次の方法が用いられます。

笑気吸入鎮静法

鼻に吸入器を装着して、身体につけたセンサーで全身状態をみながら、笑気ガスを吸入させる方法です。笑気ガスは、吸入を停止すれば速やかに鎮静状態から回復するため、小児歯科で用いられることの多い方法です。

静脈内鎮静法

点滴をして、身体につけたセンサーで全身状態をみながら、薬剤を投与する方法です。
※静脈内鎮静を受けた後の注意点…ふらつきが半日程度残ることもあるため、自転車の運転やローラースケートなどはさせないように注意しましょう。

引用元-歯医者さんネット

●5歳子供、麻酔をすれば削っても痛くないでしょうか?(Q&A)

6歳の息子がいます。
この春から夏にかけて虫歯を根こそぎ治療しました。
以前他の医院で治療した所が酷くなっていたりと、小児専門の歯科医院で見てもらった方が良いと私は感じました。

さて、本題ですが、治療中は痛くないようです。
治療後・・この違和感はなんだろう??と言わんばかりに唇を噛みます!
うちは注意され、タオルを噛ましていたにも係らず、下唇が腫れ、噛んだ為にできた口内炎が痛そうでした。
上の歯を治療した時は噛むのが難しいようで大丈夫でした。
下の歯を治療される場合は気をつけてあげて下さい。
もし、治療後に痛みを感じるようであればとん服薬を出してくれる所もあるので相談してみてはどうでしょう。

麻酔の針を刺す時に痛みはあるかもしれませんが、うちの子は「トムとジェリー」を見入ってました。
過剰歯の前歯を抜く時の麻酔の針はさすがに痛かったようです。

歯科医には永久歯に虫歯を作らないこと!だそうです。
乳歯なので今は気を楽に、永久歯が生えたら気をつけてあげて下さいといわれました。

引用元-OKWave

●5歳の子供の虫歯治療で、麻酔を大量に打っても大丈夫なのでしょうか?(Q&A)

お子さんにはつらい時期になっているようですね。
急性に進行している虫歯は確かに麻酔が効きにくくなっている場合があります。
そうなると麻酔をやや多めにしなくてはならなくなるのですが、体の大きさ(体重)によってどのくらいまでが限度かが決まります。
麻酔のアンプルには一般的には1.0mlのものと1.8mlのものがあり、どちらを使っているかにもよりますが、お話のなかでは2本との事でどちらでももう少し追加しても大丈夫であると思います。
加えてお子さんが暴れていたり、周囲の歯肉が腫れていて注射した麻酔薬が歯の周囲から漏れていたりするので、実際に体内に入っている量はもっともっと少ないと思われます。そして急性症状のある症例では、はじめの1本目が効きにくかった場合は次からは閾値があがってしまい、2本目からはさらに量を増やしていかないとどんどん効きにくくなってしまうという特徴があります。
故にいまの歯医者さんでもまだ麻酔は使うのでしょうし、かかりつけの医院でもやはりお話の内容で判断するとすれば麻酔は必須でしょう。
ただこの場合に転院した時に少し症状が収まっている時期になっていればすぐに麻酔が好奏するかも知れませんので、次にかかった先生が上手で前の先生はヤブだったという判断にはなりませんのでご注意を。
むしろ痛いなら痛いで、どうしてそんなに痛いのかやどのくらい続きそうなのか等よく説明していただける先生だと、少しは安心できるのですがね。
顔面の腫れは虫歯によるものかも知れませんし、麻酔して歯肉が炎症しており腫れているのかも知れません。
これはちょっとこの場では判断しかねます。

引用元-歯チャンネル88

まとめ
子どもの虫歯治療は大変になることでしょう。麻酔の適切な量などについて詳しく相談するのもいいですね。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ