日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

5歳の虫歯治療の麻酔は

      2015/11/10

5歳の虫歯治療の麻酔は

虫歯で悩まれている方も多いと思います。しかし、5歳の子供たちの虫歯治療となると大変です。その場合、治療の麻酔や注意事項はどうなのでしょうか。今回は、5歳の虫歯治療の麻酔について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

●虫歯の治療について

歯は、虫歯菌が口の中に感染している人がなる病気で、感染症です。しかし、虫歯菌がいることだけでは虫歯になりません。食生活や歯の質、つば(唾液)の質などいろいろな要因が関与してなる病気です。
虫歯をとることも必要ですが、今後虫歯にならないためにいろいろ対策をとることが一番大切だと言えます。
さて、「虫歯をとること」とはどういうことでしょうか?それは、虫歯に感染した歯を削って除去すること。そう、虫歯を治すには、歯を削らないといけません。当たり前のことなのですが、今一度よく考えていただきたいのです。
削った歯はもとに戻りません。そして、虫歯を治したとしても、完全に治ったわけではなく、修理しただけなのです。虫歯をとって、欠けた歯を修理して元の歯の形に戻して使えるようにしているだけなので、虫歯になったことのない歯と比べてとても脆くなります。
脆い歯というのは、
また虫歯になりやすいということ
歯が薄いので歯が割れるリスクがあること
という歯のことを指します。
ですから、虫歯をとること以上に、今後虫歯にならないようにする対策をしっかりととることが一番大切なのです。

引用元-医療法人つゆくさ歯科医院

●虫歯治療の麻酔について(Q&A)

軽度の虫歯で麻酔はしません。
麻酔にはリスクがつきまといますから、良識のある歯医者なら「取り敢えず麻酔」なんてことはしないはずです。ましてや先だって麻酔で死人が出ていますからね。ちょっとぴりぴりしています。

質問者さまの場合、痛くて我慢できないというほどの虫歯でしか通院されたことがないのでしょう。痛いと感じるくらい虫歯の進行が進んでいれば治療もかなりの痛みを伴うので歯科医が麻酔をすすめるのも当然かと思います。
おそらくご友人の方は定期検診などでしっかり歯の管理をなさっているのではないでしょうか?軽度の虫歯を素人が見つけて通院するケースはあまりないかと思うのですが…(歯科医ではないのではっきりとは申し上げられませんが)。ちょっとした虫歯でしたらささっと削って詰め物して終了、で済む場合が殆どです。

色々な歯医者にかかっているということは定期検診なんて行ってませんよね…。虫歯は体質によるものが大きいので(この虫歯のできやすさについては、歯科医に頼めば検査してもらえます。簡単ですし、それほど費用もかからないはずです)、できやすい体質のようですからかかりつけの歯医者を決めて、定期検診をなさるのをおすすめします。

引用元-教えて!goo

●子どもの虫歯治療の麻酔について

【局所麻酔法】

部分的に作用させる麻酔のことで、薬剤の浸透によって痛みを抑えます。主に次の方法が用いられます。

浸潤麻酔法

歯茎や粘膜、骨膜などに局所麻酔薬を注射し、その周囲に浸潤させて痛みを麻痺させます。歯科治療中の痛みの軽減に、最も用いられる方法です。

表面麻酔法

薬液や軟膏、ゼリーなどの麻酔薬を歯茎や粘膜に塗って、その表層部分の痛みを緩和します。注射の針が刺さるときや、膿を切って出すとき、根のほとんどが吸収された乳歯を抜くときなどに用いられます。
※局所麻酔を受けた後の注意点…術後1~2時間は局所麻酔の効果が続きます。しびれた感覚が気持ち悪かったり、痛みを感じなかったりすることで、唇や頬の内側を噛む、または爪で傷つけるお子様もおられます。傷ついた部分が腫れたり、化膿したりすることもありますので、させないように注意しましょう。また、誤って噛むことを防ぐために、麻酔がさめるまで食事は控えましょう。

【精神鎮静法】

治療に対する緊張や不安、恐怖感が強い場合、治療中に手足のしびれ・動悸・めまい・呼吸困難、ひどい場合には意識障害などが起こることもあります。精神鎮静法は、局所麻酔だけでは対応できない場合に用いられ、心身をリラックスさせて、痛みも感じにくくなることが期待できます。しかし、精神鎮静法だけでは治療中の痛みは軽減できないので、併せて局所麻酔法を受けることが必要です。主に次の方法が用いられます。

笑気吸入鎮静法

鼻に吸入器を装着して、身体につけたセンサーで全身状態をみながら、笑気ガスを吸入させる方法です。笑気ガスは、吸入を停止すれば速やかに鎮静状態から回復するため、小児歯科で用いられることの多い方法です。

静脈内鎮静法

点滴をして、身体につけたセンサーで全身状態をみながら、薬剤を投与する方法です。
※静脈内鎮静を受けた後の注意点…ふらつきが半日程度残ることもあるため、自転車の運転やローラースケートなどはさせないように注意しましょう。

引用元-歯医者さんネット

●5歳子供、麻酔をすれば削っても痛くないでしょうか?(Q&A)

6歳の息子がいます。
この春から夏にかけて虫歯を根こそぎ治療しました。
以前他の医院で治療した所が酷くなっていたりと、小児専門の歯科医院で見てもらった方が良いと私は感じました。

さて、本題ですが、治療中は痛くないようです。
治療後・・この違和感はなんだろう??と言わんばかりに唇を噛みます!
うちは注意され、タオルを噛ましていたにも係らず、下唇が腫れ、噛んだ為にできた口内炎が痛そうでした。
上の歯を治療した時は噛むのが難しいようで大丈夫でした。
下の歯を治療される場合は気をつけてあげて下さい。
もし、治療後に痛みを感じるようであればとん服薬を出してくれる所もあるので相談してみてはどうでしょう。

麻酔の針を刺す時に痛みはあるかもしれませんが、うちの子は「トムとジェリー」を見入ってました。
過剰歯の前歯を抜く時の麻酔の針はさすがに痛かったようです。

歯科医には永久歯に虫歯を作らないこと!だそうです。
乳歯なので今は気を楽に、永久歯が生えたら気をつけてあげて下さいといわれました。

引用元-OKWave

●5歳の子供の虫歯治療で、麻酔を大量に打っても大丈夫なのでしょうか?(Q&A)

お子さんにはつらい時期になっているようですね。
急性に進行している虫歯は確かに麻酔が効きにくくなっている場合があります。
そうなると麻酔をやや多めにしなくてはならなくなるのですが、体の大きさ(体重)によってどのくらいまでが限度かが決まります。
麻酔のアンプルには一般的には1.0mlのものと1.8mlのものがあり、どちらを使っているかにもよりますが、お話のなかでは2本との事でどちらでももう少し追加しても大丈夫であると思います。
加えてお子さんが暴れていたり、周囲の歯肉が腫れていて注射した麻酔薬が歯の周囲から漏れていたりするので、実際に体内に入っている量はもっともっと少ないと思われます。そして急性症状のある症例では、はじめの1本目が効きにくかった場合は次からは閾値があがってしまい、2本目からはさらに量を増やしていかないとどんどん効きにくくなってしまうという特徴があります。
故にいまの歯医者さんでもまだ麻酔は使うのでしょうし、かかりつけの医院でもやはりお話の内容で判断するとすれば麻酔は必須でしょう。
ただこの場合に転院した時に少し症状が収まっている時期になっていればすぐに麻酔が好奏するかも知れませんので、次にかかった先生が上手で前の先生はヤブだったという判断にはなりませんのでご注意を。
むしろ痛いなら痛いで、どうしてそんなに痛いのかやどのくらい続きそうなのか等よく説明していただける先生だと、少しは安心できるのですがね。
顔面の腫れは虫歯によるものかも知れませんし、麻酔して歯肉が炎症しており腫れているのかも知れません。
これはちょっとこの場では判断しかねます。

引用元-歯チャンネル88

まとめ
子どもの虫歯治療は大変になることでしょう。麻酔の適切な量などについて詳しく相談するのもいいですね。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ