まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

高校の学科選び~普通科ってなに!?~

      2016/04/13

 - 社会・政治・経済

たいていの高校にある普通科。そもそも、普通科とはどのようなところなのでしょうか?他の学科との違いは何なのでしょうか。高校の名前だけで決めるとキケンかもしれませんよ。

スポンサーリンク

  関連記事

ホテルの部屋掃除のバイトをしたい!掃除のコツとは

ホテルの部屋の掃除のバイトやパートの求人はよく見かけますね。ホテルの掃除のバイトはどのような仕事なのでしょうか?今回はホテルの部屋の掃除について調べましたので紹介します。

東大の女子の就活は楽なのですか?

東大男子は子どものころから東大に入るためのレールを歩んできているらしい。女子は、親が東大入学に必死ではないので、自分の意志で入学しています。そんなエリートの東大の女子の就活はどんなでしょうか?意外と厳しいようです。

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一希望の企業じゃない…なんてこともあったりしませんか?内定はキープしておきたいけど、返事って待ってもらえないの?複数社から内定もらっちゃった…断る時はどうしたらいいの?そんな内定への返事の仕方について調べました。

生理痛で仕事を休む女性のお悩み解決!

生理痛は本当にキツイですよね…特に生理が重い人は日常生活にも多大な支障が出ます。当然仕事にも支障が出るのでお休みします…となりますが、皆さんの職場では「生理痛での欠勤」に理解がありますか?男性には分かってもらえないのはまだ分かりますが、中には女性でも「生理痛で休みって…」と言う人もいます。そんな時どうしたらいいのか、調べてみました。

ADHDの人への仕事の教え方のポイントとは

ADHDという言葉を知っていますか?不注意、多動性、衝動性という3つの要素がある障害のことを言います。大人になると多動性は軽減されるようです。ADHDの人へ仕事を教える場合は正しい教え方をしないといけません。今回はADHDの人へ仕事を教えるポイントを調べました。

公務員に採用!提出書類は何を出す?

公務員というと採用されるのが厳しいイメージですね。一口に公務員といっても色々な職種があり、民間企業から公務員に転職する人も多いようです。今回は公務員採用試験や採用後の提出書類などについて調べました。

就活の履歴書はどれがいい?用紙の選び方

就活に必要のものといえば履歴書ですね。履歴書といっても、サイズや記入内容が様々あります。就活にベストな履歴書はどれなのでしょうか。今回は履歴書用紙について調べたので紹介します。

交通事故で警察から呼び出しがあった

交通事故は加害者になっても被害者になっても嫌なものです。てっきり物損事故だと思っていたのに突然警察から呼び出しなんて事もあります。このような場合のケースは、何があったのでしょうか?

日本に大統領はなぜいない?日本の政治について

日本には大統領は存在しません。その代わり首相が国の代表として政治を行っていますね。日本にはなぜ大統領がいないのでしょうか。今回は大統領と首相の違いについて調べました。

面接で緊張するあがり症のほぐし方

何かを決める大事な瞬間って、滅茶苦茶緊張しますよねぇ。私なんかあがり症で頭は真っ白、足はガクガクは毎度の事です。自分なりに幾度も面接の練習を繰り返しますが、イザ本番でチョットでもミスるともうダメです。効果的なほぐし方って無いのでしょうか。

公務員になりたいが大学の成績は影響する

公務員になりたい理由には、色々な理由があるかと思います。幾ら志が高くても大学の成績があまり良くないと志望すら諦めてしまっていませんか。どうも成績はあまり重要視されていないようなんです。

理系大学の研究室はどんなところなのか

大学で勉強を頑張っている方も多いと思います。それぞれの大学で、いろいろな分野を学んでいることだと思います。理系大学には研究室といったものがありますが、研究室とはどのようなもので、どのような研究を行っているのでしょうか。詳しく調べてみました。

障害者の作業所とは?その仕事内容

障害者の人が働く作業所はどのようなところか知っていますか?今は就労継続支援A型事業所と就労継続支援B型事業所と呼ばれるそうです。その作業所での仕事内容はどのようなものなのでしょうか。今回は障害者の作業所について調べました。

地方公務員の年収と平均年齢は?

公務員と言えば、安定した職業といったイメージですが、地方公務員はどうでしょうか。地方公務員といっても色々な仕事があります。今回は地方公務員の気になる平均年収と平均年齢について調べてみました。

司法書士補助者の権限と仕事内容

色々と難しいところでお世話になる司法書士の先生。そしてあまり聞きなれないですが司法書士の補助者というお仕事もあります。でも司法書士の補助者の仕事って何をするんでしょうか?司法書士と同じように権限はあるのでしょうか?今回は司法書士の補助者について調べてみます。

飲食店のバイトがしたい!向いてないのはどんな人?

仕事には誰にでも向き不向きがありますね。特に飲食店での接客のバイトはやりたい人ととやりたくない人ははっきり分かれるのではないでしょうか。今回は飲食店でのバイトに向いている人、向いてない人を調べました。

会社の登記簿の閲覧はできる?閲覧のメリットとは?

会社を立ち上げる場合は登記をする必要があります。そしてその登記の内容は手続きをすれば閲覧することが可能です。会社の登記簿を閲覧することにはどんなメリットがあるのでしょうか?また閲覧する方法も調べましたので紹介します。

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生でも、アルバイトでたくさん稼いでいる人は税金を払わないといけない場合があります。今回は社会人と学生の税金の違いについて調べました。

介護の現場から利用者家族への手紙

介護施設などの現場で働いていると、利用者のご家族に手紙を書く機会があると思います。でも、このメールやSNSの世の中で、手紙なんてなかなか自分では書きませんよね?書き出しは? 内容で注意するところは? など、ポイントとなるところを調べてみました。

子ども現代における心の問題について

子ども達も心の問題を抱えていることが多くあります。最近では震災などで、心に傷をおった子ども達も多いと思います。その心の問題とは具体的にどのようなことなのでしょうか。調べてみました。

代表的な高校の学科〝普通科”とは?

これはご存知のとおりですね。どんな進路にも対応できるような、幅広い教育を目的とする・・・はずですが、実態は大学入試に特化した科となっています。

(そう考えると、これもまた一種の専門学科ですね)

普通科から就職する生徒もいますが、これは最も損なルートです。特に「受験もしないのに、詰め込みの受験勉強をさせられる」ことは、目的も無いのに苦役をさせられること似ていますから、脳の成長にとっても、情緒育成にとっても、メリットは少ないと言えます。高校卒業後にすぐ就職するつもりなら、職業学科などを検討したほうが有益でしょう。

なお、普通科にはいわゆる一般的な高校のイメージどおりの「学年制」と、学年の枠にとらわれない「単位制」とがあります。

学年制が各学年で学ぶべき授業数や内容や進度等が細かく決められているのに対し、単位制は生徒が自分で学習計画を立てて、自分の興味のある科目を選択することができます。また、学年の区分も無いため、例えば1、2年目で単位を片付け、3年目はじっくり受験対策・・・といったことも可能です。

そのため、自分を甘やかす生徒だといくらでも楽なほうに流れますが、うまく使えば受験にも有利となります。

引用元-中学生の勉強法と親の心得 ~塾長直伝! 高校受験対策と反抗期の対応法~

スポンサーリンク

  人気記事

普通科でも異なる制度を取り入れる高校も

普通科総合選択制

新しい普通科のあり方の1つ。基礎学力を重視しながら、生徒の興味関心や進路に応じて、幾つか設定されたエリアから1つを選んで学習する。生徒は各エリアごとに指定されたエリア指定科目を履修する。エリア指定科目と必履修科目を除く科目は自由選択科目と呼ばれ、生徒が自由に選択して履修できる。総合学科の系列と異なり、エリアは1つを選択して履修しなければならない。選択科目の割合は、従来の普通科より多く、普通科単位制より少ない。また、系列とは異なり、エリアは専門性を深めていくものではなく、生徒の興味関心を引き出すために設置されている。どのエリアを選択しても、進学・就職両方に対応している。概ねエリア選択科目は4科目8 – 12単位程度である。 普通科総合選択制またはこれに類する新しい普通科は、北海道・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県(エリア選択制)などに設置されている。 複数の専門学科が設置されている高等学校で採用されている総合選択制とは異なる。 しかし、専門的な学習を深めるには不向きなシステムのため、大阪府などの一部の高校では普通科専門コースへの改編が進んでいる。

普通科単位制

必修科目以外は、全て選択科目となっている。授業はほとんどがクラス単位ではなく、選択した科目ごとに生徒が教室を移動して授業を受ける。学年の概念がなく、ときには2年生と3年生が同じ教室で授業を受けることがある。しかしクラス単位の活動は、ホームルームや行事、必履修科目の授業などで行われる。生徒の興味・関心・進路希望にきめ細かく対応できる。進学校で様々な受験科目に対応するために採用される進学型単位制普通科。そして、生徒が原級留置(留年)することを防ぐため、卒業までに74単位を取得できれば卒業できるように採用している高校がある。多様な選択科目を実現するために、教員の加配が行われる。

引用元-ウィキペディア フリー百科事典

普通科総合選択制高校について

普通科総合選択制高校とは、大阪府公立高校に新たに設置されたもので、基礎学力を重視しながらエリアと自由選択科目の選択による興味・関心や進路希望に応じた学習を通して進路実現の力をはぐくむ高校です。

 普通科総合選択制では、1年生で共通履修科目を 中心に基礎的基本的な学習を行い、2年生からは、 進路希望に応じた「エリア」を選択し、エリア指定科目 の学習を通じて、進路意識を向上していきます。 多くの自由選択科目の中から、自分の進路希望を実現するための時間割 をつくれるのも大きな特徴です。

◆よくある相談内容◆

Q:普通科総合選択制高校とはどのような高校ですか?
A:普通科でありながら、生徒の興味・関心や進路希望を実現するために、選択科目が多く開講されている高校のことを普通科総合選択制高校といいます。基礎学力をしっかりと身につけ、生徒の進路希望や興味・関心にあった選択科目の学習を通じて、進路希望実現に向けての学力を育成していきます。

Q:普通科との違いは?
A:総合選択制も普通科ですが、他の普通科と異なるのは、2年・3年の時間割の中で科目を選択できる時間枠が多い点です。

Q:総合学科との違いは?
A:総合学科では普通科目以外に、専門性を深めていく科目を設けていますが、総合選択制では普通科目以外に、動機付けや専門性へのきっかけとなる入門的な科目を設置しています。

Q:エリアとは何?
A:エリアは、専門学科とは異なり、特定分野の内容を深く学習していくものではなく、進路のための動機づけといった内容のものです。各エリア指定科目の学習を通じて、進路意識を向上させていきます。

Q:エリアをどのように選択するのですか?
A:基本的には進路を意識してエリアを選択します。高校により、エリアの状況はことなります。生徒は自分の進路希望や興味・関心を担任と相談しながら、エリアを決めていきます。

Q:メリットは何?
A:自分の興味・関心や進路希望を実現するために、エリアを選択しますので、各自の進路意識を向上させ、進路実現に必要な自由選択科目を学習し、そして学力をつけていくこうとができます。つまり、各自の進路を実現するために、自分で自分にあったカリキュラム作成ができます。

Q:大学受験への対応は?
A:1年生では、全員共通の科目(英数国中心)を学習し、基礎学力をしっかりと身につけることができます。そして、2年生からは自由選択科目で大学受験に必要な科目を重点的に選ぶことができますので、目的をしっかり持って、エリア選択を行っていけば、大丈夫と思われます。

引用元-高校受験TOWN

普通科単位制高校について

Q 単位制高校はこれまでの学校に比べて何が違うのですか?
A これまでの普通科の高校では「学年制」といって、それぞれの学年で学ばなければならない科目が決まっていました。最近では選択できる科目も増えましたが、選べる科目には限りがあります。単位制高校では、選択できる科目が非常に多く用意されています。そしてそれらの科目を学年を越えて学ぶこともできます。自分にあった科目を自由に選択し、自分だけの時間割を作ることができる点が他の高校に比べて大きく違うところです。

Q 単位制の単位って何ですか?
A 1週間に1時間の授業を1年間受けると1単位になります。1単位とは、週1時間(50分)の授業を年間35週学習するという意味です。例えば週30時間の時間割で1年間授業を受けたとすると、30単位学習したことになります。そうして、決められた日数(時間数)以上の出席をして、内容を身につけたと認められたら「1単位を取った」と言います。

Q 単位制になると大学受験で普通の高校に比べて、どんなことがよくなるのですか?
A 一人ひとりが、自分の興味や関心、あるいは将来の夢を見つめ、自分の進路にもっとも適した時間割を組み立てて学習していくのですから、進路実現には大変大きなメリットがあります。近年、国公立大学の入試は科目数が増え、内容も多様化しています。単位制はそれにきめ細かく対応できる利点があります。さらに3教科中心の私立大学入試にも、それらの科目を重点的に学べる長所があります。

Q 単位制高校を選ぶ基準を教えてください。
A 単位制高校は、多様な選択科目が設けられ、少人数授業がたくさんあるのが特徴であり、生徒一人一人の個性を伸ばしやすい学校です。自分の在り方、生き方を真剣に考え、将来の進路をしっかりと見つめて、自分にあった時間割を自分で組み立てて学ぶのが基本です。従って、はっきりとした目標や夢を持ち、それを実現させるため、積極的に挑戦するという姿勢が求められます。以上のようなことから、主体的に学び、主体的に生きていこうとする人に入学してほしいと思っています。

Q どんな授業を受けることができるのですか。今までの授業とどう違うのですか?
A 少人数で学習できるようたくさんの授業を用意します。そうしてきめ細かく、しかも質の高い授業を展開していきます。また、情報設備を駆使して、表現を重視した科目やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を伸ばすための授業を、さらには大学の授業も受けられるようにします。

Q 普通科単位制と総合学科の違いは何ですか?
A 普通科単位制では、主として英数国などの普通科目が開講され、生徒一人ひとりが自分にあった科目を選択して、人間性と教養を高めるとともに、大学などの高等教育機関へ進むために必要な学力を磨きます。総合学科では、将来の職業生活の基礎となる知識や技術などを学ぶことも大切にしますので、普通科目だけでなく、専門科目(工業系、商業系などの科目)も開講されます。

引用元-単位制ここが知りたいQ&A

志望校・学科で悩むあなたへ

質問者:(男性・受験生・神奈川県)
志望校を選べと周りの人が言うのですが、自分には行きたい高校というのがありません。
どうしたら、見つかるのでしょうか?
宜しくお願いします。

回答者:進学研究会スタッフ
まず大切なのは、自分が高校生になって何をしたいか、ということです。高校は中学校とは違い、自分が学びたいと思ったことを専門的に学習したり、時間を活用してさまざまなことに挑戦することが可能になります。部活に力を入れて大会を目指すのか、勉強を頑張って大学進学を目指すのか、時間を有効活用して趣味を広げていくのか。せっかく高校3年間もあるのです。充実した高校生活を送るためにも、自分がやりたいことは何かを考え、実現できる学校を探してみましょう。

まだやりたいことが漠然としていて、何がしたいかわからない、という場合にはどんな学校だったら通ってみたいかを考えてみましょう。家から近い、行事がさかん、先輩後輩の仲が良い、制服がおしゃれ、校舎がきれい、などどんな理由でもかまいません。まずは興味を持っていろいろな高校を見てみましょう。今はほとんどの学校でHPを持っているので、インターネットができる環境にあれば、まずはHPを見てみると良いでしょう。まだ志望校を1校に絞る必要はありません。行きたい学校を聞かれて、いくつか名前を出せるようにしておきましょう。

また、今の時期は文化祭や秋の説明会も実施されています。少しでも興味を持った学校には足を運んで実際に学校のようすを見てみましょう。高校は学校によってさまざまな特徴があり、雰囲気も違います。入学後の自分をイメージしながら、自分に合った学校かどうかを見るようにしましょう。

引用元-進学研究会 高校受験生のための高校情報ステーション

まとめ
特に専門的に学びたい事が今ないから、幅広く学ぶ為に普通科を選ぶ学生さんもいると思います。高校の3年間はあっという間に過ぎます。間違っても「友達が一緒の高校にしよう」と言ったから、という理由だけでは選ばないでくださいね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済