日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

大学生が車を中古で買う時の注意点まとめ

      2016/04/16

大学生が車を中古で買う時の注意点まとめ

社会人になると、稼いだお金の使い道を考えれば、中古でも新車でも車を買う事はさほど難しくはありません。しかし、大学生となれば話は違います。アルバイトで貯めた大事なお金を使うのですから、色々考えるべき事は多いです。注意点をまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

スポンサーリンク

中古の車は本当に安い?

 中古車は大学生の味方です。なんといっても初期費用が安いからです。 新車で買えば200~300万円するような車でも、中古車なら100万円を切ります。 カローラアクシオも若者に人気の車ですが、中古車なら70~80万円が相場のようです。

 軽自動車なら30~50万円程度で買え、新車の3分の1ほどの価格になります。 もしも車を買うなら、中古車で十分よいでしょう。 ただし走行距離には注意してください。中古車選びは年式ではなく、走行距離です。

 初期費用(イニシャルコスト)は安くとも、果たして長期的に見て中古車を買うのは安いのでしょうか。 たとえばスズキのワゴンRの場合、任意保険が5万円、重量税が3800円、自賠責保険が9490円(年割)、軽自動車税が10800円です。 これらを足せば7万4090円です。ここに駐車場代を仮に月1万円としても12万円。地方都市だと15000円として18万円、都心部2万円として24万円がかかるわけです。 車検代は1回5万円ほどかかります。さらにここにガソリン代が乗っかってくるわけですね。

引用元-最大限大学生活を楽しもう!

大学生が車を持つメリット

ステイタスになる!

 周りの友人がレンタカーや親の借り物の車を乗り回している中で、自分の車を持っている数少ない大学生はやはり一目置かれる存在。
 社会に出れば車の有無より「どんな車を持っているか」を見られますから、「車を持っている」だけで優越感を持てるのは学生時代だけです。
 ただし、免許を取るのと同時に車を買うのが当たり前な地域(交通の便が悪い地方)ではそれほど自慢にはなりませんので、都市部の大学生限定の特権と言えるかもしれません。

天候や時刻表を気にせず自分のペースで動ける!

 車を持っていない大学生の主な移動手段はだいたい電車やバス。ですから、何か予定を入れる前にはまず終電の時間をチェックし、そこから逆算して行くのは当たり前の習慣になっているでしょう。でもこれだとせっかく一人暮らしを始めたのに門限で縛られている気分です。
 それに天候の影響を受けやすい電車の場合だと、予定自体あきめらざるを得ないといけない場合もありますよね。車を持っていればもう時刻表や天気を気にすることなく自分のペースで予定を立て、それを消化していくことができます。

人、物の移動が楽々できる!

 大学生になればサークル仲間と海に出かけたりイベントに出かける機会も増えてきますね。特にバーベキューやお花見では、人だけでなく荷物の移動もありますからいちいち電車やバスを使っていては大変です。
 そんな時にも車は威力を発揮しますし、もちろん普段の買い出しや荷物の運搬にも便利です。

行動範囲が広がる!

 今までは電車とバスを乗り継いで行っていた場所へも、車があればストレートにたどり着くことができます。また、世の中には徒歩や公共交通機関では行くことができない場所(ホテルや飲食店)も結構あるんです。車があればそんな隠れスポットにも行けるようになりますから、友達や彼女との思い出作りにも一役かってくれそうですね。

引用元-学生生活応援サイト

いざ!中古車を買う時はココに注意!

●表示価格に注意!

表示価格にはお店によって大きく分けて2種類あります。

1.車両本体価格表示……これは車両本体のみの価格です。車を運転するために必要な「車検整備費用」「諸費用」「手数料」等は含まれていません。車だけの値段です

2.支払総額表示……車両を購入して実際に乗るまでに必要な費用の総額です。「車検整備費用」「諸費用」「手数料」等を含みます

最近では、お客さまのことを考えて支払総額表示のお店が少しずつですが増えてきています。
しっかり確認しないと、「安い!」と思って契約したら車検や諸費用は別で、結局相場よりも高くなってしまったというトラブルがよくあるので注意してください。

●安すぎる車に注意!

前述と同じようで少し違います。中古車市場には、平均的な価格である「相場価格」というものがあります。これは「流通量」「市場人気」「新型車の登場」など、さまざまな要素により毎日変化します。また、この相場価格を基に販売価格が決まるので、極端な販売価格にならないようになっています。

困ったことに、他社より安く見せるために、事故車ギリギリの車を仕入れたり、車本体を安くして諸経費等を必要以上に上乗せする会社がまだあるようです。
中古車市場の相場価格がある限り、仕入れ価格の違いはそんなには出ません。
ですので、極端に安い車があったときは、なぜこんなに安いのか? その理由をしっかり説明できるお店でないと安心はできませんよね。安いものには理由があるので注意してください。

●購入後のアフターサービスに注意!

購入後の不具合にすぐ対応できる販売店かどうかは重要なポイントです。購入時だけでなく、アフターサービスにも安心できるかチェックしましょう

ネットショップやオークションだけでなく販売店でも、セールスマンだけで整備士が常駐してないというお店があります。

購入後の保証が付いているのに修理工場は何十キロも先の県外だったり、故障しているのに引き取りに来てくれなかったり、そもそも修理をする気のないお店だったり、なんてことがあると困りますよね。後で泣き寝入りしなくて済むように注意してください。

引用元-livedoorNEWS

大学生にとって高い買物の為慎重に!

●こだわり過ぎに注意!

新車と違い、中古車は1台ずつ「色・値段・走行距離」など全て状態が違い、全く同じものは存在しません。なので、自分の理想の中古車の条件を完全に満たすのはかなり難しいことです。

絶対譲れないもの、購入後に変更が不可能なもの以外は、なるべく決めずに手広く探す方がたくさんの中古車に出会えます。

例えば、色は好きな色を決めるのではなく、嫌いな色を決めて「それ以外を探す」というふうにすれば選択肢が広がって良いでしょう。

・購入後に変更が不可能・変更しにくいもの
⇒車種、型式、グレード、年式、走行距離、価格、色

・購入後でも変更が可能なもの
⇒ナビ・オーディオ関連、照明電装関係、タイヤ

●口コミだけに頼るのは注意!

友達・家族・ネットなどでの評判も大事ですが、全ての人が納得するような車はありません。育ってきた環境も違うのですから、好みは人それぞれです。自分の目で確かめるためにも販売店を訪問し、必ず試乗させてもらいましょう。

・エンジンの音は?
・車内の臭いは?
・座席やハンドルなど運転しやすさは?

詳しく分からなくても、感覚だけでもいいのです、実際の車の雰囲気を体験しましょう。乗って、見て、触って実車確認です。売り物だからと遠慮する必要はありません、断るお店はまずありませんので積極的に試乗しましょう。

どこから販売店を選んでいいか分からないときは、『日本中古自動車販売協会連合会』の「JUショップ加盟店」、または大手有名販売店で、販売のプロフェッショナルとして教育・認定を経た「中古自動車販売士」と自動車整備のプロである「整備士」がいる販売店から探すと、まず安心といえるでしょう

引用元-livedoorNEWS

中古自動車販売士がいるお店だと安心

「中古自動車販売士制度」とは?

簡単に言えば、「中古車を安心してお客様に買って頂く」ための制度です。厳密に言えば、「社団法人 日本中古自動車販売協会連合会」、略して「中販連」における、「中古自動車販売士研修試験」と「コンプライアンス講習」を受け、試験に合格した者が「中古自動車販売士」となります。

もともと中販連に加盟しているお店は、お客様の「安心・満足」に繋がるような取り組みをしています。そのお店にこの「中古自動車販売士」の資格を持ったスタッフがいるかどうかでも、だいぶお店の「感じ」が違うと思いますし、お客様も「安心して購入する」という気持ちになってくれると思います。そのお店に「中古自動車販売士」が常駐しているなら、もっと安心ですね。

「中販連」に加盟しているお店は、黄色いクマさんが目印です。

引用元-Car States R4

中古で車を購入した大学生の話♪

23万で走行距離4万の車との運命的出会い

ネットで見つけた格安の中古車を扱っているお店に初めて行きました。
事前に中古車を買うコツみたいなのを調べていきましたが、素人なのでよくわからず、あんま走ってなければとりあえずいいやろって知識くらいしか持たずに行きました。

その時は6台くらい中古車が展示してありました。
その日はただ見るだけで、その後ゆっくり検討して、購入かなーと思っていましたが、実際にお店に行くと、入荷してもしてもすぐに売れるって話を聞きましたよ。
そして、走行4万キロで23万の車が目の前に!!

30万を切る車なんて基本的に走行距離は10万キロとか、よくても7万キロくらいのものが多いなかで、4万キロってすんごい少ないです。
ほっておいたら、その日のうちにもきっと売れてしまうでしょう。
気がつけば契約してました(笑)

ホンダライフH14年式、4万キロの軽自動車購入

約10年前に発売された車のようです。
でもライフってあんまり壊れないよって言ってたので、(言われるがままでした)まあいっかって思って購入しました。実際に購入して2年間なにも問題は起きていないので、いい買い物をしたと今でも思ってます。

23万以外のお金は?

普通は23万が本体価格って言って、登録費や車検の費用とかは別途請求して極端にいうとトータル50万ですとか言われそうです。でも、なんかそのお店、全部コミコミで23万でした。
冗談です。とか言わないですよ。本当に23万だけでした。うん。本当に安くていい買い物だったよ。

引用元-Reanoise

こんな経験豊富な方も

安い中古車をヤフオクで購入したときの話です。

1.冬に買ったらエアコン不調に気づかなかった(5万円のシビックシャトルプロ(ライトバン))。

2.ヤフオクで見もせずにマイナー車種を買ったら、シートが体に合わずに5分で腰痛になるほどだった、ついでに荷室の床は水漏れで腐りかけていた。(10万円のホンダオルティア)

逆に1万円で買ったファミリアセダンが無故障で3年以上走れたり、30万で買った初代プリウスが3年のって15万で下取り(メーカーによる固定価格での特別引き取り)されたなど成功例もありますし、失敗しても未練の残らない価格なので、トータルでいえばヤフオクでの車購入は魅力的でした。

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

まとめ
若者の車離れが指摘されていますが、車が必須の地域もありますし、好きな人は好きなのです。安くない買物なので、失敗はしないようにしたいですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ