日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ビデオカメラのデータの管理はどうする?データの保存方法

      2016/04/17

ビデオカメラのデータの管理はどうする?データの保存方法

ビデオカメラで撮ったデータの管理はどうしていますか?最近はスマホの画質もいいのでスマホで撮影している人もいるのではないでしょうか。今回はビデオカメラやスマホで撮影したビデオの保存の仕方について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

地震と火山の噴火は関係ある?地震と噴火の予知について

今現在地震は正確な予知ができないといわれていますが、火山の噴...

肩が重いのは霊のせい!?原因と対策

日常生活で肩が凝ったり重いなと感じることは多いですね。いつま...

アマゾンのギフトのカードをコンビニで購入して便利に決済

ネットで買い物は時間の短縮、商品量が多い、配達してくれるなど...

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。19...

スポンサーリンク

ビデオカメラのデータはどうする?

最近販売されている民生用のビデオカメラのはAVCHD対応機がほとんどです。
AVCHDという規格がよいかどうかは別にして、少なくとも今までのコンピュータでは扱いにくいフォーマットであることは確かです。

フルHDで容量が大きく、再生するのにもCPUパワーを必要とすると問題だらけですが、最近のそこそこなPC(デュアルコアで2GHz、そこそこよいGPU)ならとりあえず再生することは出来ます。

問題は編集や保存で、編集がさくさく出来るようになるにはまだ数年かかりそうですし、保存も、年間数百GB分の動画を撮影するとかなら現実的な保存手段はHDDしかありません。

SDHCなどのメディアで撮影し、16GBや32GBなどのカードをそのまま保存するというのも考え方としてありますが、カード1枚あたり1,000円くらいならあるかもしれませんが、2009年夏時点でこの数倍の価格なのでまだ現実的ではないでしょう。

Blu-rayにするというのも、編集などの手間を考えると難しいところです。
また、ビデオカメラが10万円くらいなのに、Blu-rayへ焼くためにさらに10万円などの出費が必要、さらにBlu-rayメディアはそこそこ高く、親戚などに配るにもBlu-rayプレーヤーが無い場合もあるなどいろいろな問題があります。

DVDにするのが一番手っ取り早いかもしれませんが、これではせっかくのフルHDが無駄になりますし、Blu-rayと同じように編集などの手間がかかります。

現時点で一番手っ取り早いのは、AVCHDのフォルダ構造のままHDDにそのまま保存してしまうという方法です。
Windows 7では、何のプラグインやソフトも必要とせず、AVCHDで録画した.MTSファイルをそのまま再生できます。
Macの場合は、そのまま再生するにはVLCなどのソフトが必要ですが、付属のiMovieで取り込み編集が可能です。

ここで注意が必要なのは、デジカメのJPGのように、*.MTSファイルだけ保存すると後で編集ソフトを使う際に不都合が生じる可能性があるという点です。
AVCHDフォーマットは*.MTSファイル以外に別フォルダに管理ファイルなどを作成するので、そのファイルやフォルダ構造が重要になります。

メモリカードなどに入っているデータを、丸ごと別のHDDにコピーしましょう。
これでとりあえずは、オリジナルデータを保存したことになり、再生などもコンピューター上で出来ます。
編集はコンピューターをAVCHDに見合う性能の物にしてからでかまいませんし、とりあえずDVD画質で編集しておくというのもありでしょう。

引用元-わかるナビ

データの管理に何を選ぶか

やはり、パソコンに映像を取り込んで、HDDやその他の記録メディアに保存するというのが一般的でしょう。そこで問題となるのが、パソコンに取り込んだハイビジョン映像を、どのように保存するかということなのです。

利用するビデオカメラの機種によっても異なるのですが、たとえば、AVCHD対応の1920×1080という、今人気のフルハイビジョン規格で記録できるビデオカメラを利用して、最高画質で約1分の映像を撮ると、ファイルサイズは約124MBになる場合があります。約10分も撮れば、それで1GBを越えてしまうのです。

パソコンのHDDの容量が大きくなったからといっても、やはり限りがあります。ビデオカメラのHDDの容量が60GBや120GBなら、それらがいっぱいになったのでパソコンにコピーすれば、やはり60GBや120GBは消費されてしまうのです。それも1回でです。となると、パソコンのHDDへの保存も一時的な者として考えた方が良さそうです。

引用元-AllAbout

ビデオカメラのデータはブルーレイで

ビデオカメラとブルーレイレコーダーだけ!パソコンなしで映像が保存できる

最近はHDDビデオカメラが主流です。内蔵のHDD、8GB~32GBなどの容量のハードディスクがビデオカメラに内蔵されています。その容量が多いほど長い時間ビデオ撮影ができます。
ご主人がパソコン操作に強く、ビデオ編集などの経験があるのであれば、パソコンで編集してディスクに残すやり方もあるとは思うのですが・・
しかし、パソコンにうとい男性もいらっしゃるかと思います。あと、ビデオ編集は時間がとてもかかるんですね。
私はビデオ映像はHDD内蔵のブルーレイレコーダーに取り込んで、そのままブルーレイディスクに焼いて保存するのをおすすめします。
できれば、ブルーレイレコーダーとビデオカメラのメーカーはそろえて買った方が簡単にビデオ保存ができます。パナソニックとか、SONYとか。
相性が良いので画面に出てきたとおりに操作すれば簡単にダビングできます。
編集なんてしなくて良いので、大事なお子さんの映像をきちんと残してあげましょう。

ビデオカメラのデーターをブルーレイレコーダーのHDDに保存しよう

我が家はテレビ、ブルーレイレコーダー、HDDビデオカメラはパナソニックに統一しました。私の簡単な映像のダビングのやり方を紹介します。
まず、テレビの電源を入れ、撮影したビデオカメラとブルーレイレコーダーをUSBケーブルでつなぎます。

このとき、ビデオカメラは再生モードです。液晶画面にはパソコンとレコーダーという文字がでるので、レコーダーを選びます。

次に内蔵ビデオ、SDカードとでるので、内蔵ビデオを選びます。ここで、ビデオカメラの操作は終了です。

するとテレビ画面に写真、撮影ビデオと映ります。ここからはブルーレイレコーダーのリモコンの出番です。今回は撮影ビデオを選んで決定を押します。

次に「HDDへ取込」「BD/DVDへ取込」「キャンセル」の3択になりますが、今回はHDDへ取り込みを選びましょう。失敗が少なく、後から確認もできます。

リモコンで決定を押すと、ビデオ映像のHDD取り込みが始まります。意外と早いんで驚きですよ。

ビデオカメラの映像をHDDからブルーレイディスクに焼いて残そう

ビデオの取り込みが終了したら、ブルーレイディスクを用意しましょう。
ブルーレイディスクのリモコンから「録画一覧」のボタンを押します。これが先ほど取り込んだ5分くらいの映像データです。

この辺はよくテレビ番組をHDDに録画している方でしたらよくわかるかと思います。ここでダビングに入りますので、リモコンの赤のボタンを押します。
画面の「かんたんダビングへ」を選んで、リモコンの決定ボタンを押します。

ディスクを入れるように促されますので、ブルーレイディスクを入れます。

ダビングを開始しても良いかと聞かれますので、リモコン決定ボタンを押せば、ブルーレイディスクにダビングが始まります。

できあがりましたら、もう一度、ブルーレイディスクをレコーダーに入れて、映像が映っているか確認しましょう。
間違いなければ、HDDレコーダーのほうのデータは消しておきましょう。ビデオカメラの内蔵データも消すことができます。
このように、ビデオの液晶画面やテレビ画面の通りにすすめば、大事な映像が簡単にダビングできます。

引用元-ぽちさんのひとりごと

パソコンがない場合のデータ管理

■SDカード

ビデオカメラの内蔵メモリは32GB。
最高画質の24Mbpsモードだと2時間55分の録画時間だ。
この録画したデータは同じ容量の32GBのカードにビデオカメラ単体でコピーすることが出来る。
コピーしたSDカードは書き込み禁止にしてそれを最終保存先として利用する。
この場合パソコンは必要ない。
カード1枚は2500円弱で買うことが出来る。
テープ1本500円に比べれば高いけど24Mbpsの超高画質で撮影残せるならそれもありかと。
お年寄りでデジカメを使ってる人はカードを最終保存先として使う人が多いようで、PCレスでも出来るのがいいようだ。

■おもいでばこ

バッファローの製品だけど、コンセプトはSDカードに保存してあるデータを一括して保存してテレビなどで見られるようにというもの。
当然SDカードからこっちにコピーすることでバックアップになる。
ただデジカメがメイン用途でビデオカメラは一応対応してるようだが、サポート外っぽいのが気になるところ。
24MbpsのAVCHDは一応再生できるようだ。
ここに保存しておけばいつでも映像データを呼び出せる。
もちろんパソコンがなくても可能だ。
むしろパソコンがない人向けの製品っぽい感じだ。

引用元-ビデオカメラとデータ管理 | 今日もまたブログ

スマホで撮ったビデオの管理はどうする?

みなさんは、子どもの写真をどのくらいの枚数撮りためているだろうか。
スマートフォンのカメラ機能の進化に伴い、ついiPhoneでパシャっとすることが多い私の、子どもの写真専用アルバムの保存枚数を見たら5,000に近い数字が示されており、単純に子どもの年齢で割って年間1,700枚。ざっくり計算して、ひと月に140枚は写真を撮っていることになる。

動きの緩やかな新生児のうちはスマホでパチリ、成長し機敏に動くわが子をだんだんスマホのCMOS(シーモス)センサーが追いきれなくなって、デジタル一眼レフに手を出し、それすら振り切ってターッとかけていく3歳児を日々動画で残す。普段使いは手軽さと本体の軽量さから、結局スマホに戻ってきている我が家である。

そして動画というのは、静止画(写真)に比べてとかく空きデータの容量を食う。
先日、保育園の運動会で動画を撮ろうとしたら、肝心なところでiPhoneが容量オーバーになる事態があり、それ以降、スマホの中のデータはすぐPCにつなぎ、さらにはPCの中身を外付けHDD(ハードディスク)でバックアップを取るという厳重体制にした。正直面倒な作業ではあるが、失うものの大きさを考えると仕方ない。

しかし、IT職が長い私はHDDが消耗品であることを知っている。
5年使うとだいたいどこかが傷んできて、ある日突然うんともすんとも言わなくなるのだ。

引用元-MAMApicks

クラウドサービスで管理する方法

(1)使用する道具の環境が変わっても一貫性を持って記録し続けることができること

子どもの成長記録は、長期間継続することが期待される行為です。1,2年単位ではなく、5年10年、さらには20年単位で続けたいです。

10年単位で継続するとなると、その間、何度もパソコンを買い換え、何度もスマートフォンを機種変更し、何度もデジカメやデジタルビデオカメラを買い換えるはずです。しかし、パソコンやスマートフォン、デジカメが変わるたびに、データの形式が変わったり、管理アプリケーションが変わったり、データ保存場所が変わっていては、不便ですし、リスクもあります。また、パソコンを買い換えるたびに、記録のデータを移行するのも大変です。

これに対して、信頼できるクラウドサービスなら、10年単位のスパンでも、サービスを継続するのではないかと思います。サービスが継続される限り、パソコンが変わろうが、スマートフォンが変わろうが、デジカメが変わろうが、一貫性を持って記録し続けることができます。同じアプリケーション、同じデータ形式、同じルールで記録を続けることができます。

(2)データのバックアップに気を遣う必要がないこと

子どもの成長記録は、大切なデータです。絶対に失いたくないものです。

パソコンのハードディスクに保存しているだけでは、パソコンのハードディスクが故障するなどによって、データが失われてしまうことがあります。そのため、外付けハードディスクに保存したり、CDやDVDに焼くなど、バックアップをとる必要があります。

ところが、子どもの成長記録は毎日更新されるものなので、確実にバックアップしようとすれば、毎日バックアップ作業を行う必要があります。しかし、バックアップはわりと面倒なので、毎日はやっていられません。

これに対して、クラウドサービスにアップロードしてしまえば、バックアップはクラウドでやってくれますので、データが失われる心配は、ほとんどありません。また、クラウドサービスにアップロードする前のデータがローカルに残りますので、ローカルのデータがバックアップとして機能します。これに加えて、数ヶ月に1回程度の頻度で手動のバックアップをとれば、たいした手間をかけることなく、データが失われるリスクを、ほぼゼロにすることができます。

(3)後から見直すことが簡単であること

子どもの歩みの記録は、記録することだけに意味があるわけではありません。記録をするのは、あとから見直して楽しんだり、場合によっては過去の何かを今後の参考にしたりするためです。したがって、記録のしやすさだけでなく、後から見直すことの簡単さと、後から見直すときの楽しさを重視する必要があります。

信頼できる優れたクラウドサービスなら、後からデータを見直すのは簡単です。検索機能やラベル機能が備えられているので、目的のデータを発見するのが簡単だからです。また、端末を選ばずにデータを見ることができるため、過去の記録を見たいと感じたときに、そのチャンスを逃さずに過去の記録にアクセスできるからです。

(4)実家の両親とデータを共有することが簡単なこと

子どもの歩みの記録をよろこぶのは、親である私だけではありません。私たち夫婦夫々の実家の両親は、私たち以上に、子どもの歩みの記録をよろこびます。その理由は、私たち親は毎日実物の子どもと接しているのに対して、実家の両親は毎日子どもと一緒に過ごしているわけではないからです。

そのため、子どもの歩みを記録に残したら、その記録を、実家の両親からも見える状態にしたいと思います

クラウドサービスを利用すれば、実家の両親とデータを共有するのは簡単です。最初に仕組みさえ作ってしまえば、クラウドサービスに保存するだけで、自動的に、実家の両親に子どもの歩みの記録を届けることができます。

引用元-単純作業に心を込めて

まとめ
ビデオのデータは失わないように繰り返しのバックアップが必要なようですね。

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ