日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

飲食店のバイトがしたい!向いてないのはどんな人?

      2016/04/20

飲食店のバイトがしたい!向いてないのはどんな人?

仕事には誰にでも向き不向きがありますね。特に飲食店での接客のバイトはやりたい人ととやりたくない人ははっきり分かれるのではないでしょうか。今回は飲食店でのバイトに向いている人、向いてない人を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

飲食店でのバイトとは

おおまかにわけると、ホールの仕事は下記のような流れで進んでいきます。
誘導⇒注文⇒運ぶ⇒片付け⇒精算⇒清掃 
詳しくみていきましょう。

誘導

お客さんが来店されたら、必ず「いらっしゃいませ」と挨拶しましょう。そして、人数と席の希望(例:禁煙か喫煙、テーブルかカウンター、店内かテラス)を聞いたら、空席に通すのですが、最初のうちは、「どこの席に通せばいいか」先輩や社員の指示をあおいだほうがいいでしょう。

ここで、あらかじめ覚えておかなければならないのが卓番です。卓番とは、各テーブルの番号のこと。卓番を把握していないと、ホールの仕事はできません。「お客さんを3番テーブルに通して」「この料理、5番テーブルにもっていって」「8番テーブル片付けて」などすべての仕事には卓番がつきものなので、まず卓番を覚えてしまいましょう。

注文

注文は「間違えないこと」が大事です。お客さんから注文を受けるたびに繰り返し、聞き取れなかったらすぐに聞き直しましょう。特にはじめのうちは、すべての注文を聞いたあと、ひと通り復唱したほうがいいかもしれません。また、最近はPOSと呼ぼれる小型の端末を使って注文を入力するお店が多いですが、最初からボタンの位置を把握するのは難しいです。最初のうちは、注文をすべてメモに取り、いったん下がってからPOSに入力したほうが確実です。ちなみに、研修中やバイト中は必ずメモを持ち歩くようにしましょう。

運ぶ

料理や飲物は、トレンチと呼ばれるお盆を使って運ぶことが多いですが、扱いが難しいので無理は禁物です。安定して運べる数以上のお皿やグラスはけっして運ばないようにしましょう。無理して運ぼうとすると、床に落としてダメにしてしまったり、最悪 お客さんにかけてしまう可能性もあります。また、料理や飲み物をテーブルに置くときは、丁寧すぎるくらいの心持ちで。ゆっくりでいいので、焦らず・確実におこないましょう。また、熱い料理だったら「熱いので、お気をつけくださいね」とひと声かける、空いているグラスやお皿があったら自分が下がるときに下げていく、などの気遣いも大事です。

片付け

お客さんが帰った後、テーブルを片付けます(お客さんが完全に退店してから片付けるのがマナーです)。残飯はひとつのお皿にまとめ、同じ種類のお皿はできるだけ重ねて運びます。ただ、ガチャガチャと音を立てるとうるさいので、できるだけ静かに。こちらも最初のうちは焦らず確実におこなうことが大事です。お皿を重ねすぎたせいで、落として割ってしまったりすると、手間が増えて大変ですからね。

精算

レジで精算します。預かった金額もお釣りの金額も、2回以上確認して間違いのないようにしましょう。また、会計が終了するまで、預かったお金をレジスターに収めてはいけません。クレジットカード払いや領収書など、自分で対応できないことがあったらすぐに先輩か社員を呼びましょう。そして、お客さんの帰り際には、「ありがとうございます。またのご来店をお待ちしております」と感謝の言葉を述べるのを忘れずに。ちなみに、精算の言い方は「お勘定」「おあいそ」「チェック」「会計」などお客さんによって違いますが、全て同じ意味です。なかには、言葉ではなく両手の人差し指でばってんを作ってアピールしてくるお客さんもいます。これも「精算をお願いします」という意味なので覚えておきましょう。

清掃

開店前や閉店後にお店の清掃をおこないます。内容は、掃除機、床掃き、モップがけ、机の水拭きなどいろいろです。もちろんトイレ掃除もあります(トイレ掃除は、お店が開いている間も何回かおこなう必要があります)。トイレ掃除に抵抗がある方もいるかもしれませんが、ホールスタッフにトイレ掃除はつきものです。避けて通ることはできません。また、皿洗いもホールが担当しなければならないことがあるので注意です。

引用元-ファイグー

飲食店でのバイトに向いている人

1.動作を丁寧に行うことが出来るか

飲食バイトは当然食べ物を扱う仕事ですので丁寧さが重要になります。注文を受けたメニューを丁寧に運ぶことができるか、食べ物にホコリや髪の毛が入らないように大きな動作を避けたり配慮することは出来るかなどがポイントになります。飲食バイトに向いている人は基本的に動作も丁寧で物を大切に扱うことが自然と出来る人が多いので向いていると言えます。逆にガサツな人は飲食バイトにはあまり向かない傾向にあります。

2.どんな時でも笑顔でいられるか

飲食店でバイトをする場合、ホールと厨房の2つに分かれると思いますが、最近は両方兼用しているバイトも多いです。ですのでホールでも接客も重要でこれが上手くこなせる人が飲食バイトに向いています。特に笑顔は接客をする上で重要でどんな時にでも笑顔でいることが必要になってきます。お客様から注文を受けたり声を掛けられた際、来店時やお会計時でも笑顔を絶やすことは基本的には出来ません。逆に笑顔を作ることが苦手という人はお客様からすると無愛想に感じてしまいますし最悪それがクレームになることも十分考えられます。ですので飲食バイトでは笑顔が自然と作れる人は向いていると言えるでしょう。

3.声の大きさ

飲食店ではお客様から注文を受けたものを厨房に伝えて作ってもらうのが基本的な仕事の流れになります。ただお昼時や晩飯時にはお客様で賑わいますし厨房も慌ただしくなるでしょう。そうなった場合に小さな声でボソボソとしゃべるようでは注文は厨房に届きませんし最悪作ってもらえてなかったという事態も発生しかねません。ですので飲食バイトでは大きな声でハキハキとしゃべることの出来る人が向いています。またお客様から注文を受けた際にそのメニューを繰り返して確認することもあるのでハキハキとしゃべることで注文の受ける際のミスも減らすことができます。飲食バイトでは大きな声で話すことの出来る人は有利と言えます。

4.清潔感があるかどうか

食べ物を扱う際には清潔感というのはとても重要になります。手の洗い方でもただ水でササッと洗うのではなく石鹸で爪の間や指と指の間もしっかり洗わなければいけません。ですので手洗いやうがいなどの習慣がない人は飲食バイトにはあまり向かないです。また手洗いだけではなく髪型などにも清潔感は重要です。綺麗に髪の毛をセットされていて髪の毛が耳や目にかかっていないか、フケなどが付いていないかなども重要です。一応お客様の前に出る機会もあるのでそういった不潔な見た目ではとても飲食バイトに向いているとは言えないでしょう。食べ物を扱う仕事だからこそ清潔感の有無はとても重要になるのです。

5.手早く綺麗に

飲食バイトではお皿に食材を盛り付けるという場面も出てくると思います。そこで求められるのは手早く丁寧に盛り付けが出来るかどうかです。この場合、普段から料理をしている人はこうした綺麗に盛り付けるという作業を得意とする人は多い傾向にあります。しかし反対に料理をあまりしない人は盛り付けに時間が掛かったり、あまり綺麗ではない出来になる人は少なくありません。ですのでこうした盛り付け作業には普段から料理をしている人は向いていると考えれらます。お客様に早くそして綺麗で美味しそうに感じることの出来る食事を提供する仕事だからこそこういったことも大切になるのです。

6.掃除や洗い物がきちんとできるか

飲食店では常に店内を綺麗に清潔にしておく必要があります。ちょっとしたゴミが落ちているだけでもクレームになることもある仕事ですので掃除などもきちんと行える人は向いていると言えるでしょう。また飲食店ですので当然食べ終わって汚れたお皿なども出てきます。そいしたお皿などを洗う仕事もすることになるので洗い残しが無いようにするのも大切です。掃除や洗い物が雑な人は飲食バイトはあまり向きませんし、場合によってはクビになる可能性も出てきます。お店のイメージをきちんと守ることの出来る人は飲食バイトは向いていますし飲食店を経営している人が欲しがる人材でもあります。

引用元-バイトス

飲食店のバイトは向いてないとストレスが溜まる!?

人間とマシンの境界線

接客要員とは何なのだろうか。この問の解として恐らく最もふさわしいのは「生身のマシン」だと思う。的確な仕事をこなし、愛想が良くて当たり前.どれか一つが欠けると、欠陥品の如く扱いを受けるわけで、確かに、それらの要素を満たしているからこそ仕事として成立してそれで給料をもらっているわけだけども、あくまで人間なんだよね。ましてや、アルバイトだし。と思うのは僕の甘えなのだろうか。

僕は経験から、接客をしてもらう時は必ず相手を人間として見るようにしているし、そのほうが良いサービスを受けれることも知っている。しかし大多数の利用者はそうじゃない。「お金を払っているのだから、最大限のサービスを享受できて当たり前」という考えが浸透しているように思う。一見正しいように見えるけど、その向こう側にはスタッフの努力がある。利用者にも当然仕事があって(だからお金があって)、自分たちも(おそらくは)仕事で何らかの努力を常日頃払っていると思うのだけれど。そこでマシンのような扱いを受ければ彼らはどのような状態に陥るだろうか。だから、接客業の人間には優しくなれないのかな。それは、やっちゃいけないことだと思うのだけれど。

結果、サービス業のスタッフは限りなく「生身のマシン」に近づいていくことになる。.そしてスタッフの精神や肉体は限りなくすり減っていくわけだが。

引用元-1歩進んで3歩戻る日記

飲食店のバイトに向いてない人

アルバイトさんの場合

アルバイトさんの場合は仕事上決まった時間、与えられた職務をこなせればいいのでそこまで向き不向きは大きくないのかなと考えています。ただそんな中でもこれだけはないと厳しいかなというのを挙げると…

・元気がない
・笑顔が作れない
・人が好きではない

そもそも論な感じもしますが、重要です。

「元気がない」「笑顔が作れない」は本当に重要です。本人に他意がなくてもボソボソと暗く、しかめっ面で接客をしているとそれだけでクレームになることもあります。ただこれに関しては訓練することで一定の水準まではどうにでもなるものなので、私は天性のものではないと考えています。練習した結果、とても素晴らしい接客をするようになり、お客様から褒めていただくようになった子も中にはいます。

「人が好きではない」についても、人と喋っていると寒気がするというような人でない限り大丈夫でしょう。「人が苦手だけど接客業が続いている人向けエピソード」にもまとめていますが、苦手だったり得意じゃなくても一流の仕事人になっていくということは事例として結構あるものです。

引用元-元飲食店店長この仕事からの卒業

今の仕事に向いてないと思ったら

この場合には、まずはなぜ自分はそのお店で働いているのかを考えてください。たとえば居酒屋で働いているアルバイトの方で、将来同じような形態で同じような場所にお店を持ちたいと思っているなら、多少の困難は我慢すべきです。今その人が直面している仕事の辛さや困難は、必ず将来的にも直面してしまいます。だとすれば、今それに立ち向かって克服したほうが将来のためです。また、色々なアルバイトを転々としてしまう甲斐性のない方なども、我慢することを覚えたほうがいいです。しかしそうではなく、単純に今の仕事が自分に合っていなかったり、向かなかった場合には、転職することをおススメします。

以前私がファミレスの店長をしていた時の実話ですが、笑顔が素敵で一生懸命働く20代のパートの女性がいました。そのお店はオフィス街にあり、ランチタイムはまさに戦場。とにかく「動ける」パートさんやアルバイトの方が重宝されました。それで彼女はと言えば、接客は丁寧で申し分ないのですが、忙しいとテンパってしまう癖があり、周りのスタッフの足を引っ張ってしまうこともありました。彼女は責任感や意識が高く、たびたび私に相談をしてきました。そのような意識の高さであればいずれ欠点は克服できますが、私は彼女のようなタイプはウチの店よりも、じっくりと丁寧な接客をする高級店のほうが合うと思いました。

そこでふたりでバイト雑誌で探して、とある高級レストランの求人を見つけました。そこは倍率は高そうでしたが、時給はウチよりもよく、何より彼女はそういうお店の接客のほうが向いてそうでした。面接時のテクニックなども授けてあげたお陰で、彼女は無事採用となりました。ウチのお店を辞めるのは残念でしたが、彼女のためにはもっともいい選択肢のようでした。その後、そのお店に行ったのですが、そこには自信満々で接客する姿の彼女がいました。

ある程度の開けた街ならば、飲食店は星の数ほどあります。パートやアルバイトなら、今の仕事の内容が自分に向いてないと思ったなら、悩むよりも他のお店に移るほうが効率的のように思います。

引用元-飲食店110番

まとめ
仕事には向き不向きがあるのでやってみて向いていないと思ったら早めに転職するのがいいのかもしれません。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ