日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ワクワクヒヤヒヤの探偵の映画は洋画に多いですね

      2016/04/20

ワクワクヒヤヒヤの探偵の映画は洋画に多いですね

洋画はスケールが大きいですね。探偵の映画は見ていて、自分が探偵になったような気分になります。主人公と一緒に謎解きをしてしまいます。犯人を見破った時の爽快さは格別です。探偵映画の世界で人気の高いものはどの映画でしょうか?まだご覧になっていないものがあるでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

洋画の探偵の映画「ゴーン・ベイビー・ゴーン」は社会派ミステリー

「ミスティック・リバー」の原作者としても知られるデニス・レヘインの傑作ハードボイルド『愛しき者はすべて去りゆく』を、これが監督デビューとなるベン・アフレックが映画化した社会派ミステリー・サスペンス。ボストンを舞台に、少女誘拐事件の捜査を手伝うハメになった幼なじみの私立探偵コンビ、パトリックとアンジーが、事件の背後に広がる現代アメリカ社会の深い闇に直面して葛藤と苦悩を抱え込んでいくさまを痛切に描き出す。主演は、監督の弟でもある「ジェシー・ジェームズの暗殺」のケイシー・アフレックと「M:i:III」のミシェル・モナハン。共演にモーガン・フリーマン、エド・ハリス。また、誘拐された少女の母親ヘリーンを演じたエイミー・ライアンがアカデミー助演女優賞ノミネートをはじめ多くの賞を受賞するなど高い評価を受けた。

 パトリック・ケンジーとアンジー・ジェナーロは、ボストンで私立探偵として働く幼なじみのカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生、テレビでも大きく取り上げられ、ボストンの街は騒然となる。そして、事件発生から3日目、警察の捜査に進展が見られない中、アマンダの叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。人捜しと言っても単なる失踪ではなく、警察が捜査中の誘拐事件であり、自分たちの出る幕ではないと、あまり乗り気でないパトリックとアンジー。

引用元-allcinema

洋画の探偵の映画「シャーロック・ホームズ」は観察力の鋭さが売りもの

シャーロック・ホームズはよくアブダクションを使う。徹底した現場観察によって得た手掛かりを、過去の犯罪事例に関する膨大な知識、物的証拠に関する化学的知見、犯罪界の事情通から得た情報などと照らし合わせて分析し、事件現場で何が起きたかを推測する。しばしば消去法を用い、「不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる」(When you have eliminated the impossible, whatever remains, however improbable, must be the truth.)と述べている(「ブルースパーティントン設計図」)。彼の観察力の鋭さは「白銀号事件」で犬が吠えなかったことを指摘したように、現場で起きた出来事だけでなく、現場で発生すべきなのに起きなかった出来事にも注目した点に表される。この事例は、ミステリ小説界に留まらず広く学問の世界においても、注意力と観察力は如何にあるべきかを示す事例として頻繁に引用される。エジプトの警察は過去、研修にシャーロック・ホームズを教科書として採用していた。

彼は音楽とタバコと有毒植物と過去の犯罪に特に詳しく、前例とタバコで解決した例も少なくない。タバコの灰の見分け方に関しては論文も書いている。

引用元-ウィキペディア

世界でも大人気の探偵の映画

世界でも「探偵」モノの映画は大人気!ここでは探偵モノの洋画を探して見ました。

マルタの鷹(1941年・アメリカ)

マルタの鷹ダシール・ハメットの探偵小説を映画化した作品。この小説は3度映画化されたが、1941年の「ハンフリー・ボガード」主演作が最も有名。家出人探しから端を発し、高価な鷹の像(マルタの鷹)をめぐり殺人事件まで発生する古典的なハードボイルド作品となっている。

探偵スルース(1972年・アメリカ・イギリス)

探偵スルースミステリー作家で大富豪のワイク(ローレンス・オリヴィエ)は、妻の不倫相手であるティンドル(マイケル・ケイン)に「奥さんと離婚してほしい」と頼まれる。そこでワイクは、妻を渡す代わりに「この家に強盗として入りネックレス盗み出して欲しい」と提案する。マギーをめぐって男同士が一対一の心理戦を繰り広げる推理サスペンス。日本では劇団四季がミュージカル化している。

オリエント急行殺人事件(1974年・イギリス)

オリエント急行殺人事件アガサ・クリスティの同名小説が原作。イスタンブールからパリへと向かう途中、大雪で立ち往生する高級寝台列車「オリエント急行」。その閉ざされた空間の中で凄惨な殺人事件が起きた。そこに偶然乗り合わせた私立探偵・エルキュール・ポアロ(アルバート・フィニー)が事件の謎に挑む。豪華なスターが総出演し、現在も多くのファンを持つ大ヒットとなった。

引用元-探偵cafePROGRESS

洋画の探偵のハリウッド映画「探偵物語(1951)」

作品解説

『ローマの休日』の名匠ウィリアム・ワイラーが監督した人間ドラマの秀作。ニューヨークの分署に詰める刑事たちの長い1日を描く。
『ローマの休日』『ベン・ハー』など数々の名作を生み出したウィリアム・ワイラー監督が、ヒット舞台劇を映画化した人間ドラマの秀作。容疑者や現行犯、新聞記者が次々と出入りするニューヨークの分署を舞台に、様々な人間模様が繰り広げられる。ほぼ室内に限定された会話劇を巧みにサスペンス要素あふれる映画に仕上げている。カーク・ダグラスが任務に厳格過ぎるため、悲劇を招く刑事役を熱演している。

ストーリー

ニューヨークの21分署。署内は相も変わらず、万引犯や強盗犯など、刑事に世話を焼かせる人間たちで混み合っていた。そんな中、鬼刑事ジムは、違法な堕胎を行う医師シュナイダーの摘発に向かう。しかし、捜査は確実な証拠が掴めずに難航。やがて、シュナイダーがひとりの男の名を挙げる。そして、その男の供述から、ジムの妻メアリーが一件に関わっていることが判明する…。

★カンヌ国際映画祭最優秀女優賞(リー・グラント)受賞。

引用元-STAR

謎解きが好きな人に見てもらいたい映画は「エンゼル・ハート」

いま30代後半から上の映画好きさんで、『エンゼル・ハート』が好きだとおっしゃる方は意外に多いことに驚かされることがあります。その理由として共通しているのは、〈ミッキー・ロークが好きだったから〉、〈雰囲気が好きだから〉という2点。反対に〈意味が分からなかった〉という人もネットで見かけたりします。

「エンゼル・ハート」ポスター
メチャかっこいい
ドイツ版「エンゼル・ハート」のポスター

『エンゼル・ハート』という作品は、悪魔崇拝系の知識がちょびっとあれば、最初にロバート・デニーロ演じるルイス・サイファー(Louis Cyphre)が登場するシーンで、ストーリーの落としどころが〈だいたい〉分かってしまいます。起点と結点はすごく近い距離にあり、その2点をむすぶ曲線がいかに膨らんでいき、結点に辿り着くかを楽しむ作品といえます。
例えれば、護衛2名を従えて旅をする〈越後のちりめん問屋〉なる老人が出てくれば、あとは葵の御紋が出てくるまでの展開を楽しむ「水戸黄門」のような感じです(言い過ぎか)
悪魔とか堕天使など知らなくても、ジョニーという男の消息を追っていくうちに分かってくる表の顔と怪しい交友関係、次々殺害される関係者など、ハードボイルドな雰囲気を上質な映像で堪能できるはず。そして結末が予想できたとしても、何度目かの鑑賞であっても、結末には虚しさが沸き上がってきます。

引用元-脳に焼きつく映画

まとめ
探偵映画はワクワクの連続です。まるで自分が探偵になって謎解きをしているかのように、映画の世界に入り込んでしまいますね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ