日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

郵便局の保険を解約する時に知っておきたいこと

      2016/04/22

郵便局の保険を解約する時に知っておきたいこと

今、郵便局の保険を解約しようかなと考えているあなた。◆知り合いに他の保険を勧められたから◆保険にかけるお金がもったいないと思ったからetc、なんとなくで解約しようとしていませんか?知らずに解約してしまうと、反対に損してしまう可能性もありますよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

スポンサーリンク

郵便局で扱っている保険

郵便局により異なりますが、保険窓口の営業時間は基本的に平日の9:00~16:00または9:00~18:00で、土曜日、日曜日、休日の営業は行っていません。

営業時間だけでなく、取り扱っている保険の種類も郵便局により異なります。

例えば東京中央郵便局の場合は、生命保険、バイク自賠責保険、自動車保険、がん保険は取り扱っていますが、引受条件緩和型医療保険と変額年金保険は取り扱っていません。

引用元-通販と宅配便の情報サイトとりせどどっとこむ

解約前にメリットとデメリットを確認

メリットですが安心身近で加入審査が簡単というところがあげられます。最初にあげた安心身近という点ではかんぽ生命は郵便局の方が代理店として募集をしているので他の生命保険の営業と違い離職率も少なく担当の方が転勤をしてもいつも通っている郵便局なので顔を知っている人がたくさんいることも大きな利点です。

 保険は何十年も付き合っていくものなので安さよりも身近で信頼できるというのが実は大事な要素なのです。そして全国どこにでも郵便局はあるので地方の方などにはメリットがあります。この点においてかんぽ生命は他の会社にはないメリットであると考えます。

 また加入審査が簡単な告知だけというのも見逃せない点です。面倒な医師の審査がなく自分からの告知だけで加入ができるのも簡易保険のなごりでメリットの1つです。またどの職業でも同じ保険料なので他社で生命保険を職業で断られた人もかんぽ生命なら1000万円までなら加入できるのでそこも大きなメリットです。

 逆にデメリットのほうですがこれは他社よりも値段が少し高めというところです。おそらくですがメリットにあげた職業を選ばないというところが影響しているのだとは思います。つまり格闘家、競馬の騎手など怪我などしやすい人も加入できるわけですからそこらへんが原因なのかなとは思います。

 ただし高いといっても他社の5~10%くらいで保険金の支払いも他社と比較してもがん保険がない以外はほぼ変わりはない保障が受けられますので身近で安心さを重視するのであればそれを理由に加入を見送るほどではないと考えます。あとは他社とは違い郵便局で保険請求の手続きをしないといけないのも面倒くさいと言ったら面倒くさいです。ただし家まで来てくれる制度もあるらしいので加入をする際に尋ねてみましょう。

引用元-ZUU online

本当に解約しても大丈夫?

(1)保障の空白期間に注意

現在の保険を解約して新しい保険に加入する場合、新しい保険の保障が始まる前に現在の保険を解約してはいけません。
それは、現在の生命保険を解約した次の日に病気になったり、亡くなってしまうことがないとは言えないからです。
新しい保険に加入する際に、健康状態の問題などで加入ができない可能性もあります。
それにより、結果的に現在の保険よりも高い保険に加入することになる可能性もあります。

新しい生命保険を契約する場合には、新しい保険契約が成立してから、それまで入っていた生命保険を解約するようにしましょう。

(2)現在の年齢と健康状態で保険料や加入の可否が変わる

新しい保険に加入する場合、現在の年齢で保険料が計算されます。
また、現在の健康状態をもとに契約の引き受け可否が審査されます。
年齢や健康状態によっては現在の保険よりも保険料が高くなったり、そもそも加入できない可能性もありますので、その場合は現在の契約を継続することも検討しましょう。

(3)現在の保険を活かす方法もある

保険を解約する理由として保険料の支払いが厳しくなったからという人は多いです。
しかし、解約以外の方法で保険料の支払い負担を軽減する方法がありますので解約の前に考えてみましょう。

・減額
減額とは一部解約とも言われ、所定の範囲内で保険金等を減額することにより、そのぶん保険料を少なくすることができます。
保険料の払い込み負担を小さくしながら、保障を継続することができます。

・特約の解約
保険の特約部分のみを解約することで、特約部分の保険料が不要になり、保険料負担を抑える方法です。

・払い済み
払い済みとは、以後の保険料の払込を中止して、変更時の解約返戻金をもとに、保険金額を新たに定めた生命保険に変更することをいいます。
 保険期間はそのままで、保障金額が小さくなります
 付加していた特約は消滅します

保障は小さくなってしまいますが、保険料の払い込みをすることなく、保障を継続することができます。

・契約者貸付
一時的に支払いが難しい場合は、契約者貸付により、保険を継続することができます。
契約者貸付とは、貯蓄性のある保険に加入している場合、その時点の解約返戻金の一定割合まで、所定の利率で借りられる仕組みです。

引用元-保険相談サロン+F.L.P.

生命保険解約時の解約返戻金とは?

保険の解約にあたって避けて通れないのが「解約返戻金」という言葉です。解約返戻金とは、保険の解約の際に保険会社から払い戻されるお金のことです。これは「保険加入者が解約をした場合」、「保険会社の都合で契約を解除された場合」のどちらでも支払われます。

返還率は通常、年数が経過すればするほど、その返戻率が上昇して、保険商品によってはそれまでに支払った保険料の累計を上回る場合もありますが、途中解約をした場合などは、払い込んだ保険料のすべてが返ってくるケースは稀です。

解約返戻金がある保険は主に2種類

前項で「解約返戻金」という言葉をご説明しましたが、保険商品の中には解約返戻金があるタイプとそうでないタイプがあります。ここでは解約返戻金があるタイプの保険商品にはどのようなものがあるのかをご説明します。

■積み立て型の保険商品

積み立て型の保険はほとんどの商品に、解約返戻金の制度があります。解約返戻金の払い戻し率には保険会社、保険商品ごとに違いがあり、払戻率の違いによって「従来型」と「低解約返戻金型」の2種類に分けられます。この2種類の形については後ほどご説明します。

■掛け捨て型でない保険商品

掛け捨て型の保険商品は、保険料を安く抑えるためにほとんどの商品が解約返戻金を設定していません。そのため掛け捨て型でない保険は、解約返戻金がある保険が多いと言えます。

上記の2種類に含まれない保険商品は、ほとんどが解約返戻金がない保険と考えて差し支えないでしょう。保障が受けられる期間が決まっている「定期保険」などは解約返戻金が支払われない典型的なタイプの保険です。

生命保険の解約返戻金3つの形

解約返戻金には払戻率によって3つの種類があります。本項ではその種類について解説していきます。

1.従来型

解約返戻金が支払われるタイプの保険商品です。この項目には、積み立て型の保険商品や、終身保険や養老保険、学資保険などの多くが当てはまります。

2.低解約返戻金型(解約返戻金抑制型と呼ぶ場合も)

保険払込期間中の解約返戻金を抑えることによって保険料を安く抑える保険商品です。この保険商品の場合、保険料の払い込み期間中に解約してしまうと損をしてしまうことが多いため、契約の際には注意して加入しましょう。

3.無解約返戻金型

いわゆる「掛け捨て」と呼ばれるタイプの保険商品で、解約の際に解約返戻金が支払われないタイプの保険商品です。
解約返戻金をあえて無くしているため、保険料は上記の2種類に比べて安く抑えられています。

保険商品に加入する場合、契約する保険はこの3種類のうちどれなのか?また払戻率はどれぐらいなのかをしっかりとチェックしましょう。「保険料が安いから」「保障が良いから」という理由で契約を結んでしまうと、保険の見直しの際に後悔することになってしまうかもしれません。

引用元-保険コネクト

郵便局で保険の解約はスムーズにできる?

先日、私も簡易保険の中途解約をしました。
私の場合、事前に「解約金はいくらくらい?」「手続きに必要なものは?」の質問をしに、郵便局へ行った上での解約でした。

手続きには、証書と、身分証明書と、印鑑が必要でした。(私は契約者本人です。)
私が行った郵便局は、田舎ののんびりした局で、待ち時間ゼロでしたが、
だいたい15分くらいで手続き終わりました。

ただ、最初に解約するを伝えた時に、なんとか繋ぎとめようと、他の保険に入ったらどうか?とか説得されるんじゃないでしょうか?
私の場合は、他に保険入ってるし、仕事辞めて収入ないから無理!とキッパリ断ったら、しつこくない局員さんでしたので、時間はかかりませんでした。

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

保険解約に必要なもの<かんぽ生命>

お手続きのために下記の書類をご準備ください。

・保険証券(保険証書)
・印章
・保険契約者ご本人さまであることが確認できる書類(運転免許証、健康保険証など)
・当社所定の通知書
 ※郵便局でご用意しております。

保険契約者の方が未成年者である場合は下記の書類が必要になります。
お手続きに際して、その未成年者の親権者(法定代理人)さまの同意が必要となるほか、未成年者さまと親権者さまとの続柄を確認できる書類(続柄の記載されている住民票、健康保険証など)が必要となります。

引用元-かんぽ生命

まとめ
郵便局は各地域に必ずあるので、相談しやすい身近な存在ですよね。保険はさまざまな種類があり、どの保険が最適かは人により異なります。保険に入らずに他の手段の方が合っている人もいます。加入・解約ともに慎重に考えましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ