日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

旦那の飲み会の頻度はどれくらい?

      2016/04/24

旦那の飲み会の頻度はどれくらい?

サラリーマンの旦那の場合は、出世を考えると仕事が終わった後の飲み会も大切だと思う妻は多いです。それならば、妻の家計のやりくりや子育ての大変さを知るために、もっと旦那は家事参加をしたらよいと思います。お互いに大変さを分かり合えば、飲み会の頻度が変わってくることでしょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

スポンサーリンク

旦那の飲み会の頻度を減らす方法は子育てを任せること

方法その1:土日に家事や子育てを任せる

平日は思う存分飲み会に参加しても良いから、土日は家事と子育てをやてもらうという方法です。これなら、旦那さんの仕事のない日を狙えますし、協力的になってもらえやすいです。

ポイントとしては、一番最初に多くの要求をすることです。
「3食を作ってもらう」
「洗濯をしてもらう」
「子供をお風呂に入れてもらう」



思いつくままに、すべての要求を伝えるのです。

もちろん、すべてを実現してもらうことはできませんが、心理学にはアンカリングという考え方があって、最初に提示した数値が基準になりやすいことが証明されています。つまり、最初に100個の要求をすれば、最終的には50個くらい受け入れてもらえる可能性があります。相手からすれば、「50個に減った」と感じるわけです。一方、最初に10個の要求しかしないと、最終的には5個くらいの要求しか受け入れてもらえないでしょう。一番最初にどれだけの要求をしたかが、その後の基準になります。

方法その2:旦那の生活水準を落とす

毎日のご飯が急に質素になったり、洗濯物の出来ばえが悪くなったり、旦那さんに関わる生活水準を落とすのです。こうすれば旦那さんも状況を理解するでしょうし、子育てに協力的になってもらえやすいです。

引用元-ぬいぐるみ心理学

旦那の飲み会の頻度を考えさせる一言とは・・・

【1】「そろそろ待っとくのやめようかな」と、待つ身の寂しさを訴える
「『こっちは侘しいひとりメシでーす』と、質素な夕食を写メで送り付けた」(20代女性)というように、フラフラと飲み歩く夫には、家で待っている妻の存在を思い出させるとよさそうです。うまく罪悪感を刺激したら、あまりしつこく責め立てず、「週末はフレンチが食べたいな」などと穴埋めを約束させてしまいましょう。

【2】「あなたが家計簿つけてみる?」と、「わが家の財布」への影響を考えさせる
「『お給料日まで、食費を4000円でやりくりしなきゃ赤字になっちゃうよー!』とウソ泣き…」(20代女性)というように、外食が生活に影響を与えていることを、はっきり認識させる方法です。「昨夜の飲み代5000円で、うちの食費5日分だよ」と具体的な数字を挙げると説得力も増すでしょう。

【3】「私も毎晩飲み歩く身分になりたいわ」と、外食の贅沢に文句を言う
「『毎晩毎晩会食って…。政治家とか財界人でもあるまいし!』とチクリ」(20代女性)というように、セレブ気取りをたしなめる手もあります。「付き合いもあるのはわかるんだけど…」と、下手に出つつ、「回数は減らせるんじゃない?」と打診するのもよさそうです。

【4】「付き合いなら、会社にお金出してもらったら?」と、正論を述べる
「『接待ならもちろん会社負担だよね?』と強い口調で迫りました」(20代女性)

引用元-Peachy

旦那の飲み会の頻度を減らすために1月の使える金額を決める

お昼代を含めて、月に4万なり5万なり、上限を設定します。そのお金に含まれるものを決めます。当然、飲み会などはそこに含みます。散髪代はどうするかとか、タバコはどうするかとか、同僚の結婚式のお祝いは含むかどうかとか、とにかく考えられるだけきっちり決めます。あとは、お金が何日でなくなろうが、知らぬ、存ぜぬ、です。つぎのおこづかいの日(月初でも給料日でもいいからそれもちゃんと決める)までは、絶対にお金を渡さない。そこで追加のお金を渡してしまうから、いつまでたっても本気でお金のやりくりを覚えないのです。

新年会だから、忘年会だから、送別会だから。そういう言い訳を聞き出すときりがなくなりますから、例外は認めない。もし、お金がなくなってから、大切な上司の送別会だから行かないわけにはいかない、という話があれば、翌月のおこづかいから「前借り」を、1度だけ許すが、当然、翌月にはその分きっちりと差し引く。2ヶ月連続の前借りは許可しない。

そういう感じで、ちゃんと取り決めをし、あとは心を鬼にして実行する。そして、その範囲内で行く飲み会には、思いっきり気持ち良く送り出して、帰ってきたときも満面の笑みで迎えてあげて下さい。これは、お金のやりくりを自分でできている限りは、回数に関わらず、ちゃんと本当に気持ち良く行かせてあげる。そう、飴とムチです。

引用元-OKWAVE

旦那の飲み会の回数を減らしたいのは家計の圧迫が問題

■女性は家計の圧迫が最大の問題だった

一方、女性はパートナーの飲み会に関しては比較的心が広かったです。けれども、家計が圧迫されることを問題視していました。そこで、対策として次のような意見が。

「飲み会より自分との約束を優先してもらうようにお願いする」
「減らしてもらうには自分も一緒に行って倍の金額を払い、お金がないことにする」
「敢えて起きて待っていたり、ご飯を作って待っていたりして、罪悪感を持ってもらう」
「子供に“早く帰ってきてね”と言ってもらう」
「自分と一緒にご飯を食べる方が、楽しいと感じさせる」

どうでしょう、女性の方が健気ですよね!

こうして見てみると、女性は経済面、相手の健康面を考えているんですね。男性の方が、「自分はいいけれどパートナーの飲み会は快く思わない」という身勝手な人が多いようです。週1回以上の飲み会が続いたからと言って、パートナーからブツブツ文句言われたら、女性もやっぱり頭にきますよね。話し合いで解決しようとしても、これは難しいと思います。

引用元-Suzie

旦那の飲み会の頻度よりも本質を見つめなおそう

今後20年間で、テクノロジーの急速な発展に伴い、今ある職業の半分は消えていくともいわれています、ここまで社会変革が目の前に迫っているのに、じゃぁ、週何回までなら、旦那が飲み会に参加して、帰宅時間が遅くなってもいいかななんて、のんきな話をしている場合ではないのでは?

飲み会に参加出来ないなんて、男のプライドが許さない、と考える人には、では、そのプライドを保つために必要だった、職場自体が、なくなる可能性を秘めた時代がやってきているのですが、どうしますか?と、一度、本質を見つめなおすことが必要だという事実にも、気づいていくことが、大切ではないかと考えられますが、こればかりは、人生は一人ひとり&各家族のものですから、どうするかは、本人たちの内側にしか答えがありません。

あなたはどうしますか?これまでと同じ社会構造が続くなんて保証はもう、ない、そんな可能性もある時代です、もっと大きな視点からも、社会の流れをみていきつつ、大事な家族と、どう生きていくか?本質を見つめなおす時代になったことにも、気づくことが大事ではないでしょうか?

共働きだけでもハードルが高いのに、子供が生まれた!なのに旦那は飲み会にしょっちゅう参加して、帰宅時間も遅い、いい加減にして欲しい・・・ならば、どう生きましょうか?

引用元-働く女性の味方

まとめ
妻は仕事と家事と育児と負担が大きいです。どれだけ大変なのか、実際に体験するように仕向けて行くと良いですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ