日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ハワイで日本の充電器は使える?ハワイと日本の電圧の違い

      2016/04/26

ハワイで日本の充電器は使える?ハワイと日本の電圧の違い

海外に旅行に行くときはスマホなどの充電器はそのままでは使えないことが多いです。日本と海外とでは電圧やコンセントの形が違うためなのですが、ハワイの場合はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

スポンサーリンク

ハワイと日本のコンセントの形の違いは?

ハワイは日本と同じAタイプ

ハワイのコンセントの形状は、Aタイプと呼ばれる日本と同じタイプなので、変換アダプタ(変換プラグ)は必要ありません。日本のように縦長の穴が2つに加えて、丸い穴が1つある2穴タイプです。丸い穴はアースプラグで、日本の電気製品にはありませんが、変換アダプタを使わなくても縦長の穴に2つ差し込んで使うことができます。

一部のコンセントは微妙に差込口の大きさが異なり、しっかりと固定できず、安定して給電・充電ができない場合もありますが、そのときは他のコンセントを使ってみましょう。

引用元-ハワイアンタウンズ

ハワイと日本の電圧の違いは?

 電圧は110~120V。不思議なことに実際110なのか120なのか良く分かりません。問題はこの電圧で日本の電気器具が使えるかどうかですが、当然ながらその電気器具によります。

 つまり日本の電圧は100Vなので、ハワイの方が1割か2割高くなっています。その結果、一般的に熱は多めに発生し、モーターは早く回転することになります。

 ところが最近の電気器具、特に携帯やデジカメ、パソコンの充電器は、入力側の電圧が多少高くても、出力側の充電のための電圧は一定になるように作られています。

 従って基本的には、電圧を変換するような器具は必要ないと言えます。ただし当然ながら、入力側の電圧は100Vと決まっている器具もあるはずですから、これらの器具を迂闊に使うと、大きな電流が流れ、器具そのものが破損したり、激しく発熱したりする可能性があります。

 そこで、それをどこで判断するかという話しになるわけですが、どんな電気器具にも、定格電圧というのが表示されていますので、これを判断の目安にします。

 例えば、今私の手元にある、パナソニックのデジカメの充電器には、定格入力100-240Vと書かれています。これはコンセント側の電圧が100から240Vの範囲なら問題なく使えるという表示です。

 また私が使用している、ヒタチのひげそりには、AC100-120Vという表示がありますので、これも問題なく使えます。

 というわけで、定格入力やAC100-○○○Vと表示があって、その○○○の数字の範囲が120V以上なら、ハワイでは問題なく使えます。

 ただし、最近のニュースでも話題になりましたが、、携帯電話等の薄型電池の中には、充電中かなり発熱するものもあります。

 従って、長時間の充電(差しっぱなしにして放置)は避けた方が無難だと思います。特に私は部屋を出るときは、デジカメ等の充電器の類は極力はずすようにしています。

引用元-ハワイの電圧について

日本の充電器が使えるかは電圧の表示をチェック

電源ACアダプター(充電器)がハワイで使えるかの確認

どこを見るかと言いますと、電源のアダプターの裏に「定格入力/INPUT」と書かれているところです。ここに 「AC 100V – 240V」と書かれていればユニバーサルタイプなので、ハワイでも使えます。

これは、管理人が持っているACアダプターの対応している電圧が書かれている所です。赤枠で囲まれたところに、INPUT 100V 240V 0.3A 50/60Hz と書かれています。この場合、100V ~ 240Vの電圧でも変圧器を使わないで利用できることになります。もし、100V しか対応していなければ変圧器を用意するか、旅行用の充電器を準備して持っていく必要があります。iPhoneやiPadなどのアダプターは、海外でも使えるタイプなので心配ありません。そのまま使えます。最近の機器はユニバーサルタイプのものが多いです。ただ問題ないか、一応持っていく機器はスマホ以外も確認してみた方がいいと思います。

引用元-アロハ ハワイ倶楽部

USB充電器は注意しよう

電子機器付属ではないUSB充電器には要注意!

以上を読んで、「ドライヤーは持ち込む気がないから、自分は変圧器は要らないな」と思った人は要注意です。と言うのも。スマホやデジカメの付属の充電器やアダプターはユニバーサル対応しているのですが、付属ではないUSB充電器の場合、「日本の電圧100vのみ対応」、と言うことがあり得るからです。

コンセントから複数のUSBポートに変換するタップに注意

たとえばですが、コンセントから複数のUSBポートに変換するタップ。これはコンセントの延長コードの先が複数のUSBポートになったもので、これがあると1つのコンセントから複数のUSBケーブルを差し込む口が作れて便利です。

ハワイ旅行に「デジカメだ、スマホだ、タブレットだ」と複数の機器を持ち込む場合、それぞれの付属の充電器やアダプタを持ち込むのは面倒に感じます。このような時、1つのコンセントで複数のUSBの口を作れる変換タップを持って行きたくなります。

そして持ち込んだ変換タップの電圧が100vだけに対応していた場合、いかにユニバーサル対応の機器を使っていても故障してしまう可能性があります。なぜなら変換タップ自体が、ハワイの110v/120vの電圧に対応していないからです。またこのような延長コードのような変換タップに限らず、コンセントに差し込んでUSBポートの口を作れるものなどでも、意外に100vしか対応していないことがあり得ます。

電圧のユニバーサル対応の確認が重要

そのため、電子機器の付属ではないUSBの充電機器を利用する場合、それが100v-240vのユニバーサル対応となっているかを確認することが重要となります。

引用元-はじめてのハワイ旅行

日本と海外両方で使える電気製品があると便利

海外仕様の製品が便利

 変圧器を購入する際の注意点ですが、海外で変圧器を使い使用しようと思っている電気製品のワット数に注意が必要です。格安の変圧器が販売されていますが、そういったものは使用できるワット数が少ないことが多いと思います。

 ドライヤーやヘアアイロンなどはワット数が1000ワットほどとなっていますので、そういったワット数の高い製品を使うための変圧器の購入でしたら、それなりのものが必要となります。最近では1,500ワットまで使える変圧器もドライヤー専用として販売されています。ただし価格は6,000円ほどからそれ以上の価格のものとなっています。そのため、変圧器を購入するより使用する予定がドライヤーとヘアアイロンでしたら100~240Vに対応の海外対応のドライヤーやヘアアイロンを購入した方がお得なのではないでしょうか。

 我が家は海外旅行の際にはワット数の高いヘアアイロンとドライヤーは国内と海外の両用ができる海外対応品を使っていますが、これがとても使いやすいので便利に使っています。ドライヤーにつきましては海外のホテルには髪の毛に良いイオンドライヤーが無いことから、海外対応のコンパクトで風量のある海外対応のイオンドライヤーがとても良いのです。 これらはハワイでの使用でも活躍してくれていて、安心して便利に使っています。

 ハワイのホテルにはバスルームにドライヤーがあるホテルがありますので、そういった場合は必要ないと思われるのではないでしょうか。じつはドライヤーはバスルームの洗面台に設置されていることが多いので、使用したい時に他の方がバスルームを利用していると使うことが出来ません。そのためバスルーム以外で使えるドライヤーを持っていますと、他の方の入浴に関係なくドライヤーが利用できるのです。入浴中の方はゆっくりお風呂に入っていることができますし、入浴が終わったものは部屋でゆっくり髪の毛を乾かすことができるのはとても便利なのです。

引用元-ハワイのコンセントと電圧 変圧器は必要かについて教えます

まとめ
携帯などの充電器はユニバーサルデザインのものが多いのでハワイでも問題なく使えそうですね。変圧器を買う前にどの電圧に対応しているか調べてみましょう。

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ