日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

1歳児の保育園での給食はどうなってるの?

      2016/04/29

1歳児の保育園での給食はどうなってるの?

1歳から保育園に入園する子は多いと思いますが、0~1歳で保育園に入る子は特に成長に個人差があり、その中でも離乳食の進み具合には大きな差がありますよね。少食な子から大食いの子、好き嫌いが多い子、まだ軟らかいものしか食べれない子など様々です。保育園の給食では、どのようにして個人差のある子に対応しているのでしょうか。保育園での考え方や工夫、母親の悩みや体験談を調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

1歳児の食事

離乳食完了期1歳〜1歳6ヶ月頃の赤ちゃんの様子は?

離乳食完了期1歳〜1歳6ヶ月頃の赤ちゃんの体は、手先が器用に動くようになり、一人歩きができるようになってきます。また個人差はありますが、「ワンワン」などの簡単な言葉を発することができる赤ちゃんもいます。
離乳食完了期1歳〜1歳6ヶ月頃の赤ちゃんの口の動きは、舌が自由に動くようになり、食べ物の固さや大きさを見ながら上手に食べられるようになります。また、大人と同じように朝・昼・夕の1日3回の食事に加えて、おやつを食べるという食事のリズムができてきます。食事をムラなく食べられるようになり、ほとんどの栄養を食事から摂れるようになると、徐々に母乳やミルクの量が減ってきます。
また離乳食完了期1歳〜1歳6ヶ月頃になると、スプーンやフォークを使って自分の口に運ぶことに興味が出たり、コップでも飲み物が少しずつ飲めるようになります。母乳やミルクを欲しがらない時は無理をせず、牛乳やフォローアップミルクを飲ませてあげましょう。母乳やミルク以外からの栄養が十分に摂れるようになると、そろそろ卒乳の時期になります。

離乳食の時間と回数は?

離乳食完了期1歳〜1歳6ヶ月頃になると、栄養のほとんどを食事から摂ることができるようになりますが、まだ赤ちゃんは一度にたくさんの離乳食を食べることができません。この時期からはおやつを取り入れることで、3回の食事では足りない栄養を補うことができます。おやつは「補食」と考えて、乳製品・果物・小さなおにぎりなどを取り入れてみましょう。必要以上におやつの時間にお菓子を与えすぎないよう、時間と量には十分注意が必要です。
離乳食を与える時間は、朝・昼・晩の3食は大人の食事の時間にあわせながら、午前と午後におやつをプラス。朝食や夕食の時間をうまく活用し、できるだけ家族みんなで楽しく食事ができる時間を作りましょう。ただし夕食はあまり遅い時間にならないよう、生活リズムを考えながら夕食の時間を設定していくことが大切です。3食しっかり食べながら、生活のリズムを作っていきましょう。

引用元-ダノンキッズシリーズ ベビーダノン

1歳児ママの体験談

やっとの思いで離乳食が完成した、1歳児の食事には、またまた悩みが出てくるものです。好き嫌いが出てきたり、食べている間に眠くなってしまったり、大泣きして食べてくれなかったり、なにかと問題が出てきます。うちの子は、上に書いたことが全て当てはまりました。気分によってその食材が嫌いになったり、好きになったり、飽きて食べなかったりしました。毎日、飽きさせないようレシピを考え、見た目や安全面も考えていたので、一苦労でしたね。当時は食材宅配サービスも使っていたので、だいぶ助かっていました。このサービスとルンバがあるだけで随分楽になりますよ。

食べさせる簡単な対処方法

食べている間に眠くなってしまったら、抱っこや散歩で起こすのは癖になると聞いたので、私は顔を洗ってあげていました。目がさえて、再び食事を再開です!食べている最中に大泣きし始めたときは、きっと大泣きの原因は好き嫌いだったり、ただ食べたくなかったり、眠かったり、いろいろな原因が含んでいると思いますが、泣いたからといって食べさせないと、これも癖になるようです。泣けば、食べなくて良いんだと、学習してしまうようです。一口でも無理やり食べさせ、食べたら褒める、これを繰り返しました。

引用元-めんどくさい1歳児の育児方法―現役ママが語ります

保育園の給食の方法

私が経験した保育園では、栄養士が作成した統一献立を実施しています。乳児は完全給食、幼児は主食を持参しています。添加物の多いものや、半調理食品は使わず、旬の野菜・果物・魚をとりいれた季節感のある献立で、食べ物の持ち味をいかしたうす味の、手作りの給食です。低年齢の子どもを預かる保育園として、より安全を考慮して、果物以外はすべて加熱し、生野菜のサラダは出していません。給食で使う食品は、毎朝、保育園近くの商店(肉は肉屋さん、魚は魚屋さん…)に届けていただいています。子ども達の食事時間に合わせて、栄養士、調理師、パートの3人で毎日の離乳食、給食をつくっていました。

引用元-保育園子ども給食室!

個人差のある1歳児の保育園の給食

 0~1歳にかけては、子どもの食生活にかなり大きな個人差があります。かなり早い時期から離乳食を与えているご家庭もあれば、1歳を過ぎても母乳を与えるケースもあります。保育園ではその子の成長に合わせて、個別に適切と思われる食事が提供されます。
母乳を与えることはできないので、保育園からは「断乳」を促されるケースが多いようです。できれば入園までにミルクでの授乳に切り替えてください。

 個人差はありますが、生後6ヶ月を過ぎたあたりから、ご家庭でも離乳食を与えるようにしてください。まずは少量から始めて、徐々に与える量を増やしていきます。 保育園では満1歳を迎える頃までに完全に離乳食に移行するケースが多いようです。 離乳の進捗状況については、保育士さんと情報を共有し、親御さんも協力して取り組むようにしましょう。また、習慣として身につけるために、朝食は欠かさず与えるようにします。基本的な食事のマナー、「食べ方」を覚える場としても保育園は有用です。なかなか離乳食を食べようとしないお子さんも、保育園に通うようになってみるみる食事の量が増えた、という話をよく耳にします。

 保育士さんは育児のプロ。安心して任せて問題ありません。

引用元-保育園-0~6歳児クラス別│遊びや成長・クラスの雰囲気

1歳児の保育園での給食の工夫

1歳児期の食事は、食べる事を自分の行為として獲得する為の練習期です。
歯もある程度生えてきて、大人とほぼ同じ材料、調味料で調理します。
自分で歩けるようになるようになり、椅子に座って食べるようになります。
食べ物を手で取って口に入れようとする(手づかみ食べ)から手つまみへと上達し、スプーンを持って食べるようになります。
大人はすくいにくい物を切り分けるなど、補助役割に徹するようになり、子どもが意欲を持って食べられるような適切な援助の方法や環境作りを心がけています。
楽しく食べられるのがいいですね。

引用元-なみずき保育園HP

1歳児の保育園の給食に関する母親の悩み

今まで全粥だったお子さんに、普通の固さのご飯やカレーやとんかつは、胃腸をいきなり刺激することになると思います。
急性腸炎って、詳しくは知らないのですが、暴飲暴食や風邪なども原因になるようです。
もし風邪だったら話は変わってきますが、熱もなかったようなので、やはりお子さんにとっては暴食だったんではないでしょうか。
実際、2日目の給食で何を食べたのか、全部聞いた方がいいと思います。
お子さんが食べたければ進んで食べるでしょうが、もし嫌がるのに無理やり食べさせたらかわいそうですよね。

言い方としては、『家で試しに幼児食を食べさせてみたが、まだ嫌がるんです』とか『お腹がゆるくなってしまう』とか言って、保育園のせいというより、家でも保育園でもまだ幼児食は難しいということを告げてみてはどうですか。

今回のことを責めるんではなくて、今後が心配なんですよね?
今後もいきなりではなくて、少しずつ進ませたいということをはっきりと言えばいいと思います。

カレーやとんかつはかなり油っぽいし、消化しにくいと思います。
もし給食で出ることがあったら、その前に家で試しに食べさせてからの方が無難です。

食は楽しいものだと感じさせてあげないと、後々大変です。

引用元-保育園での給食(1歳0ヶ月) – 育児 | 【OKWAVE】

保育園での給食に関する母親の体験談

我が娘は2月生まれで1歳2ヶ月の時に保育園に入園しました。完母でしたので、卒乳のタイミングが心配でしたが、1日我慢しただけで飲まなくなりました。もうすぐ3歳ですが、最近まで寝る前などには飲んでいたお友達もいましたよ。食事に関しても、ものすごく個人差がありますよね。

うちはおかゆを嫌がり柔らかめのご飯を最初からパクパク食べていました。極端に濃い味付けや固いもの以外は、そんなに気にせずに少しずつ試していました。それぞれ皆さんの考えや知識があると思いますので、正しい方法かはわかりませんが。1歳児でも大勢の食事は楽しかったようです。自宅では食べない物なのに勢いで?!真似をして?!ニコニコ食べたようです。

園でもいろんな工夫をしてくれました。献立も参考になります。きっとトピさんのお子さんのようなお友達はたくさんいると思いますし、様子をみながら進めてくれると思います。「お腹が空いたらおっぱいも飲むし食事も食べてくれます。食事に興味を持ち楽しく食べれるように個々のペースを尊重してあげたいです」と担任の先生に言われたのが印象に残っています。お子さんと一緒に頑張ってください☆

引用元-YOMIURI ONLINE

まとめ
保育園によって方法は異なるようですが、個人差の大きい1歳児を保育園に預けるときには、保育園との情報交換、連携が大切のようです。大切なわが子を預けるからには、不安や疑問、お願いは保育園にちゃんと伝えて改善、工夫してもらう必要がありそうですね。保育園での工夫をおうちで取り入れるのもいいかもしれませんね。そして、おうちでも子どもに食事を楽しんでもらうため、保育園での食事の様子を聞きつつ、子どもの発達過程に応じた食事に関する知識をもつことが必要だと思いました。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ