まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

後頭部が腫れて痛い!腫れの原因は?

      2016/04/29

 - 美容・健康

後頭部が腫れていたりしこりになっていたりしていませんか?痛みがない場合は問題がないことが多いようですが、痛みを伴う場合は注意しましょう。今回は後頭部の腫れについて調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

卵巣の検査が必要?生理後のおなかの痛みの原因とは

生理中に下腹部の痛みがある人は多いですね。しかし生理後にも下腹部が痛むという方は子宮や卵巣に関する病気の可能性もあるので検査をした方がいいかもしれません。特に卵巣は自覚症状がなく病気が進むので痛みが出た場合は注意が必要です。

樽美酒研二とは?~人物から愛用化粧道具まで~

ゴールデンボンバーの白塗りメイクの人と言えば、樽美酒研二さんですね。一度見たら脳裏に焼き付き、忘れることのできない程のインパクトがある人です。その樽美酒研二さんの、簡単な人物像、面白エピソード、愛用化粧道具、調べてみました。

臍ヘルニアの手術とは?費用はどのくらい?入院はするの?

臍ヘルニアと聞くとなんだか重大な病気のように聞こえますが、つまりは出べそのこと。臍ヘルニアは自然に治る場合もありますが、手術となる場合もあります。手術することになった場合、入院期間や費用はどうなるのでしょうか?

奥歯の根元が虫歯に?治療はどうする?

奥歯は虫歯になりやすい歯です。歯の根元も気を付けないと段差ができたり虫歯になりやすくなります。歯の根元が虫歯になったときは早めに治療に行く必要があります。今回は虫歯になりやすい歯の症状について調べました。

一重と二重の片方だけは気になる

片方だけが一重だったり、二重だったりすると気になりますよね。出来れば左右揃えたいのが人情と言うもの。二重にする方法や二重から一重に出来るの?と言った疑問。また、変える必要性などを集めてみました。

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

血圧を測るとき右手と左手どっちで測る?

血圧は血圧測定器があれば自宅でも測ることができますが、右手と左手ではどちらで測るのがいいのでしょうか?また右と左で、血圧の数値に違いがある場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は血圧の測り方について調べました。

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

虫歯治療の麻酔使用直後に食事

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。麻酔は治療が終わった後も効果が続いています。そのようなときに食事はいつからとっていいのでしょうか。そこで今回は、虫歯治療の麻酔使用後の食事について調べてみました。

サロンで使っているシャンプーはアミノ酸系が多い

シャンプーは近くのドラッグストアで特売品を買っていましたが、どうも髪がゴワゴワするし、フケも多くなってきました。肌に優しいと言われる、アミノ酸系シャンプーに代えようかなと思っています。

ダイエットに大切な食事のバランス

食欲との戦いのダイエットは昔の話。極端な食事制限は体調のバランスを崩すばかりか、ストレスやリバウンドの原因になると聞きました。最近、気になりだしたお腹周りを学生時代に戻したいなぁ。

歯の詰め物が取れたらどうしたらいい?正しい応急処置とは?

虫歯になると歯に詰め物をすることが一般的ですが、もしその詰め物が取れた場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は歯の詰め物が取れた場合の、正しい応急処置の方法を調べました。

親知らず抜歯後の穴に白いものが…

歯医者はハッキリ言って嫌いですが、とうとう親知らずを抜歯する事になりました。痛い思いをして抜いた跡をおそるおそるのぞいてみると、白いものが見えます。えっ!骨?いや、チョット違う。

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

半月板損傷の手術と麻酔について

主にスポーツをしている時になりやすいとされる、半月板の損傷。プロの野球選手やサッカー選手でも、よく聞く病名ですね。もちろん一般の方でも、部活やサークル活動などでスポーツを楽しむ方がなる可能性はあります。半月板損傷ってよく聞くけど、一体どういう症状が出るのでしょうか。手術をするにしても、全身麻酔? それとも部分麻酔?入院期間や費用は? 日常生活に復帰できるまでどのくらいかかる?ということで、調べてみました。

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

寝起きに心臓がドキドキ(動悸)することって良くありますよね。そんな時は、少なからず大丈夫かなぁと自分の心臓に問いかけるように心配になるものです。何か心当たりでもある場合は別ですが、何も無い場合はなおさら。ドキドキ(動悸)の原因を探るべく調べました。

血糖値は正常なの?血糖の推移

健康診断の結果で血糖値が高めと出たら以上に気になります。人によれば、正常の範囲内だと言いますが、はたして本当何でしょうか。日頃の血糖値の推移が大事だと言う人もいます。

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

糖尿病治療は炭水化物を減らして糖質制限

糖尿病治療には必ず食事療法が施されます。辛い食事制限は続ける事が難しいと思いますが、今はそんなに辛い思いをする事無く炭水化物の摂取量を減らす、糖質制限食が有ると聞きました。

後頭部に腫れがある場合

後頭部のしこり(こぶ)が出来、固い・痛い・熱を持っている状態である場合、大抵はすぐに治ります。数日は腫れが酷くて、幹部を枕につけては寝られないくらい程の状態であっても、1週間後にはほとんど治まり元通りに戻ります。

固いこぶの場合、後頭部が長時間緊張していたことが原因です。姿勢が悪かったり、細かな作業を長時間行い体を緊張させて首が凝ると、この部分に血液が鬱血するようで、筋肉の先端が硬直してこぶのようになります。

中指、人差し指で患部をゆっくり指圧すると、肩こりや頭痛も治まります。しかし、痛みがひどい場合や熱を持っている場合は指圧を行なってはいけません。

痛みや熱を持っている場合、緊張が原因ではなく、リンパの腫れが原因の場合もあります。特に小さなお子様の場合や、耳の後ろの腫れの場合はこれが原因です。この場合は耳鼻科や整形外科へ、前述の緊張が原因の場合は脳神経外科で受診しましょう。保険適応で、2~3千円位の診察料になることが多いようです。

引用元-ナチュラルフレンズ

スポンサーリンク

  人気記事

後頭部の腫れが治ったら

普段から気をつけるべきこと

現在、体をこわばらせることを長く続けていらっしゃるなら、それを止めないと、今のコブは治っても、また同じ症状が出てしまいます。同じ病気にならないために、まずすべきことは、体を長時間緊張させることを止めることにつきます。僕の場合は、丸椅子の使用が原因だったので、直ちに前の椅子を修理して、背もたれのある状態に戻しました。同じように、早急な対処ができる方はそうすべきですし、仕事の関係などで、すぐには止められない方も、「どうすれば体の負担を軽くできるか」を、一度真剣に考えてみてください。姿勢をよくすることかもしれませんし、何かやり方を変えてみることもできるかもしれません。

引用元-総合レビューサイト

後頭部の腫れが痛い場合

まずは、ぶつけたことがないか、記憶をたどってみましょう。
「こぶができるほどぶつけたんだったら覚えてるよ!」という声が聞こえてきそうですが、別のことに集中していたり、酔っぱらっていたりすると、その時は痛かったとしても覚えていないということが案外あります。その場合、ぶつけたことを忘れるくらいですから、基本的にはなんの問題もありません。

普通の打撲なので、数日経てば自然と治ります。しかし、吐き気や頭痛、歩行障害などの症状が現れた場合は注意が必要です。なぜなら、頭部を打撲してから1~3ヶ月かけて、徐々に頭の中で出血していることがあるからです。そうなると、慢性硬膜下血腫となり、命が危険にさらされます。

引用元-Hospital Land

後頭部の腫れの種類

<1.脂肪腫>

皮膚の内側にできる脂肪組織からなる良性の腫瘍です。40代から50代の女性に多くみられる症状で、こぶの主な原因はこれです。

脂肪腫は薄い膜におおわれていて、こぶは皮下脂肪と同じような黄色い色をしています。背中や肩などの皮下組織や大腿部などの筋肉の中によく発生しますが、後頭部にできることもあります。

脂肪腫ができる原因として、染色体に異常がみられますが、詳しい原因はわかっていません。通常は痛みもなく、大きさもさほど変化はみられませんが、徐々に大きくなっていくこともあります。

脂肪腫はレントゲンを撮るとこぶのある場所が薄く透けて写ります。CTやMRIなど詳しい検査では、皮下の脂肪組織と同じ組織の腫瘍がみられます。腫瘍が小さく、痛みなどがなければ、経過観察となり特に治療はしません。もし、腫瘍が大きかったり、目立つ場所にある場合は手術で取り除きます。

<2.脂肪肉腫>

こぶが大きなものや、急激に大きくなったものは、『脂肪肉腫』という悪性腫瘍である可能性があり、良性の脂肪腫との区別が重要です。5㎝を超えるこぶの場合、悪性である可能性が高くなります。CTやMRIなどの画像診断で、良性か悪性の区別はある程度つきますが、組織を採取する手術を行い、原因を特定することもあります。

<3.頭頸部腫瘍>

こぶ自体が悪性腫瘍ではないですが、他のがんの症状として、頭にこぶのようなしこりができることがあります。頭頸部腫瘍の原因となるのは、舌がん・咽頭がん・耳下腺がん・甲状腺がんなど、さまざまな種類があります。

ほかにもいろいろな症状が出るため、頭のこぶだけで判断することはかなり難しいでしょう。他の症状と合わせて、心配なようなら早めに病院へ行きましょう。

<4.粉瘤>

皮膚にできた袋のような良性の腫瘍で、中には体外に排出されるべき老廃物などがたまっています。自然に消えることはないので、痛みがあったり化膿する場合は除去手術を行います。

<5.石灰化上皮腫>

皮膚の一部が石灰のように硬くなる良性腫瘍です。ほとんどの場合無症状ですが、押すと痛みがあったり、かゆみを感じることがあります。

粉瘤やガングリオンなど他の腫瘍と見分けが付きづらく、レントゲン検査で石灰化を確認できますが、進行具合によっては映らないこともあります。

こちらも自然に治ることはなく、手術で取り除きます。腫瘍の場合は、まずは形成外科や皮膚科を受診し、判断を仰ぎましょう。

引用元-Hospital Land

後頭部と痛い時とは

「後頭神経痛」
後頭神経痛は、「 後頭部の神経が刺激されることで痛みが生じる頭痛 」。

後頭部には、後頭神経という後頭部の真ん中付近から頭頂部にかけて左右1本ずつある神経があります。その神経の周囲の筋肉が「 ストレス 」などによって緊張し、後頭神経を刺激することが原因と言われています。

「筋緊張型頭痛」
筋緊張型頭痛は、「 肩や首の筋肉の緊張が原因で生じる頭痛 」。

肩や首の筋肉が緊張すると、血流が悪くなり、老廃物などの疲労物質が蓄積されます。
疲労物質が溜まることで血管にストレスがかかり、拡張することで周囲にある神経を刺激して痛みを生じさせるのです。

「くも膜下出血」
くも膜下出血は、「 脳内の血管の一部が破れることで出血がおこる病気 」のことで、発症時に激しい頭痛を伴うことがあるようです。

くも膜下出血が生じた場合には、後頭部や頭全体に突然ハンマーで叩かれた様な激しい痛みが生じます。ズキズキガンガンとした痛みが生じ、場合によっては命に関わるのです。まず救急車を呼び、できるだけ安静にして深呼吸をして待つようにしましょう。脳内に出血が起こっているため、動くこと。動かしてしまうことは危険。症状が軽い場合にも救急車を呼び、専門の医師の治療を受けましょう。

頭痛というだけでも、色々な症状があり、大変なことになりかねないのです。

後頭部にズキズキとした頭痛が生じる場合には、症状から原因を特定し、原因に合った対処方法を実践することが必要。可能な限り頭痛外来や脳神経外科にかかり、あなたの後頭部の頭痛を解消しましょう。

引用元-元気なカラダ

まとめ
腫れだけならば様子をみていても治る場合もあるようですが、痛みがある場合は病院へ行きましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康