日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

デジカメの画像をスマホへ送る方法

      2016/05/04

デジカメの画像をスマホへ送る方法

デジカメを使って撮影した場合、その写真をスマホに送ってみたいと思ったこともあると思います。しかし、やり方がわからない場合が多いのではないでしょうか。そこで、今回はデジカメからスマホへ画像を送る方法について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

床のフローリングの種類は?シートタイプのメリット・デメリット

フローリングの床の種類にいくつかあります。最近よく使われてい...

小6女子の平均身長は?成長期はいつまで?

身長はいつまで伸びるのでしょうか?女子は大体小6頃に成長のピ...

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

スポンサーリンク

デジカメで撮った写真をスマホへ移す方法

Wi-Fi機能搭載のデジタルカメラには注意が必要!?

最初の選択肢はWi-Fiに対応したデジタルカメラを購入することでしょう。

2012年6月現在、Wi-Fiに対応しているデジタルカメラはキヤノンからIXY 1、IXY 420F。ソニーからDSC-HX30V、DSC-TX300V。パナソニックからDMC-FX90。この5機種がWi-Fi対応機種として挙げられます。

また、デジタル一眼レフではD3200がWi-Fiアダプタ「WU-1a」に対応することでスマートフォンに接続できるようになっています。おそらく、以降のニコン製デジタル一眼レフではこのWi-Fiアダプタが利用できるようになるでしょう。

ただし、気をつけてほしいことがあります。iPhone/iPadといったiOSを搭載したスマートフォン/タブレットと、XPERIAなどのAndroidを搭載したスマートフォン/タブレットでは対応が異なっていることがあるのです。

たとえばIXY 1/IXY 420Fは発売当初の2月からiPhone/iPadには対応していますが、Androidには対応していませんでした。6月18日にAndroid対応のアプリが発表されています。逆にD3200に対応している「WU-1a」はAndroidには対応していますが、iPhone/iPadには対応していません(今秋対応予定)。

さらに一口に「スマートフォンへの画像転送に対応」といっても、Wi-Fiのインフラストラクチャモード(自宅等の無線LANアクセスポイントの介在が必要)にしか対応していないものが存在します。このモードにしか対応していない場合、外出先での接続はできないというわけです。

たとえばIXY 1/IXY 420FはAndroidへの対応していますが、スマートフォンとデジタルカメラを直接接続するアドホックモードには対応していません(iPhone/iPadなどとは直接接続可能)。DMC-FX90も同様にアドホックモードには対応していません。

逆にWU-1aはアドホックモードにだけ対応しており、インフラストラクチャモードには対応していません。

引用元-デジカメの画像をその場でスマホに送る6つの方法 [デジタルカメラ] All About

デジカメとスマホをBluetoothで接続する

ワイヤレスでスマートフォンに接続する方法としてBluetoothが挙げられます。現在、Bluetoothに対応しているデジカメはごく少数ですが存在します。リコーのG700SEがそれです。ただ、G700SEは工事現場向けの防水防塵耐薬品という特殊なデジタルカメラであって、一般ユーザーにはやや縁遠いものといわざるをえません。

もうひとつ、Bluetoothに対応した製品としてオリンパスの「Penpal PP-1」というアダプタが挙げられます。これは同社のマイクロフォーサーズに搭載されているアクセサリーポート2に対応したBluetoothアダプタで、Android搭載機と接続することができます(iPhone/iPadには非対応)。

BluetoothはWi-Fiに比べると通信速度が遅いので、最大で1920×1440ピクセルまでの画像転送しかできません(それ以上の大きさとなる画像は転送時に自動的に縮小されます)が、Android機であればほぼすべての機種に転送が可能なのが利点。1枚ごとの転送しかできませんが、たとえばブログやTwitterなどに投稿する場合、充分な性能となるはずです。

ただし、機種によってBluetoothでのファイル転送時に対応の違いがあります。
SC-02Cなどではスリープ時にも有無をいわさずに転送が可能。特に複数枚の転送をする場合、これは非常に便利です。

初代XPERIAのSO-01Bなどでは「転送を許可しますか?」という問いにYES/NOをタップして応えなければなりません。やや不便ですが我慢できる範囲でしょう。
IS05ではなんと転送の都度に「設定」→「無線とネットワーク」→「Bluetooth設定」に入り、さらに「Bluetoothデータ受信」をタップしなければなりません。

と、このように機種によって転送方法が異なるのでおすすめ度はなんとも言えないのですが、筆者はPP-1+E-PL2+パンケーキレンズを日常でも持ち歩いていて、TwitterやFacebookでかなり高画質なつぶやきができています。

デジカメ内蔵のWi-FiやBluetoothに頼らず、SDカードやカードリーダーをワイヤレスで接続するという方法もあります。

引用元-デジカメの画像をその場でスマホに送る6つの方法 [デジタルカメラ] All About

パソコン不要のデジカメからスマホへ画像を転送方法

デジカメやスマートフォンで写真を楽しむための、ちょっとしたお役立ち情報をお届けしている連載「DUALフォトTIPS」。第9回は、デジカメで撮った写真を直接スマホやタブレット端末に送れる便利なメモリーカードを紹介します。

 デジカメで撮った写真をいちいちパソコンに保存するのが面倒だけど、撮った写真はなるべくすぐに友達に送ったり、SNSにアップしたい……。そんなときは、無線機能が搭載されているメモリーカードが便利です。

 カメラのSDカードを入れた状態から、無線で直接スマホやタブレット端末、無線機能搭載のパソコンにデータを送れます。

 無線で通信するのにWi-Fiルーターなどの通信機器は不要です。最近は無線機能を搭載したカメラも数多く発売されていますが、手持ちのカメラを買い替えることなく、安価なメモリーカードだけで無線搭載のカメラが手に入るのです。

 今回は、東芝から発売されているSDメモリーカード「FlashAir」を使ってみました。

 ちなみに、ほかにも無線搭載のSDカードとしてはアイファイジャパンの「Eye-Fi」が有名です。ただし、こちらはプロ向けの上位製品でないと画像を選択して送信できません。基本的には、撮った写真をすべてスマホやパソコンなどに転送する使い方に向いています。

 今回は撮った写真のなかでもお気に入りの数枚だけを簡単に送りたいので、FlashAirを使います。使ったのは、最新機種のSD-WEシリーズで、容量は8GBです(SD-WE008G)。実売価格は3800円前後(税込)(2015年7月時点)。

引用元-パソコン不要!デジカメからスマホへ写真を転送 | DUALフォトTips~知って得する?!デジカメと写真撮影の基礎知識 | 日経DUAL

デジタル一眼レフとコンパクトデジカメとスマホの違い

デジタル一眼レフとコンパクトデジカメの違い

デジタルカメラに興味を持ち始めると、デジタル一眼レフとコンパクトデジカメの違いってなんだろう?って考えることもあると思います。

うちのサイトでは、その違いを関係する項目ごとにちょくちょくと書いてたのですが、さすがに、分散していてわかりにくい部分があったと感じたので一つにまとめた物を作りました。

また、ミラーレスについては、画質面や被写界深度面で影響の大きいセンサーサイズやAF方式にも差があり、あまりにも各社で特徴がバラバラで一つにまとめきれなかったため、こちらに、ミラーレス一眼の各社特徴をまとめ直しました。
また、別のページになってしまいましたが、一眼レフとミラーレスの構造上の違いから来る違いについてまとめました。
一眼レフとミラーレスではどこが違うの?と言う場合はこちらのページも参考にしてみてください。

AF速度の違い

    デジタル一眼レフ コンパクトデジカメ スマートフォン
AF速度    速い       遅い       遅い

デジタル一眼レフは、専用のAFセンサーを積んでいて、このセンサーは、ピントが手前に、または奥に、どのくらいずれているのかがわかるため、非常に素早くピントを合わせることが可能。

また、ずれてる距離まで認識できるため、撮ってる被写体がどちらの方向に、どの程度の速度で動いてるのかも認識できるため、あらかじめ動きを予測してピントを合わせる、動体予測AFが可能なのも特徴。

それに対して、コンパクトデジカメとスマホは、専用のセンサーをのせてない機種が主流で、専用センサーがないと高速なAFは難しくなります。

相手が動いてる場合も、速度や方向をすぐに認識はできないため、動体「追尾」AF となります。

引用元-デジタル一眼レフとコンパクトデジカメとスマホの違い(まとめ)

デジカメで撮影した画像をパソコンからスマホに送るときのサイズ

各社、現在主流の4インチ画面スマートフォンは、800×480のワイドVGAサイズが一つの基準です。(アイフォン4は3.5インチ960×640ですが、他社が、この解像度に追随する様子は、今のところありません。)

スマートフォンを写真ビュアーとして使用するのならば640×480のVGAサイズ、または、ハイビジョン800×480のワイドVGAサイズがデータ量が少ない割に高画質となります。デジカメの最大サイズよりもデータ量が少ないため、スライド表示など、画面切り替えなども軽やかで滑らかに動きます。

なお、スマートフォンは高性能ですから、デジカメの最大サイズで写真データを送っても構いません。最大サイズのまま写真データを送付しても、スマートフォンの画面解像度に縮小されて表示されます。ただ、VGAサイズよりもデータ量が多いため画面切り替えなどに、若干、鈍さ(重さ)を感じる動作になります。

引用元-スマートフォンでの最適画像サイズ – iPhone 解決済 | 教えて!goo

まとめ
デジカメでいい写真を撮り、スマホなどで共有したいですね。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ