日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ベース初心者におすすめな曲と練習法

      2016/05/04

ベース初心者におすすめな曲と練習法

新しくベースを初めて見た方、始めたい方がいるかと思います。しかし、初心者は何から手を付けたらいいのかわからなく悩んでいるのではないでしょうか。初心者におすすめの曲はあるのでしょうか。また、練習法はどういったものなのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

ベース初心者でも簡単に弾ける曲

その1:曇天/DOES

DOESの「曇天」です。「銀魂」というアニメのOPになったやつですね。
この曲に限らず、DOESの曲はほぼルート弾きなので、簡単に弾けます。ただ、テンポがやや速いので、リズムキープには注意しましょう。
・「ルート弾き」とは、1つの音を鳴らし続ける弾き方のことです。

その2:Green Day/American Idiot

Green Dayというアメリカのバンドの「American Idiot」という曲です。有名なのでどこかで聴いたことぐらいあるかもしれません。最初の「デデデデーデデ デーデデーデーデ♪」というフレーズが印象的ですね。
この曲はものすごく単純な構成になっており、一瞬で覚えることができます。加えてかなりノリノリなので、結構テンション上がります。

その3:SUM41/THE HELL SONG

また洋楽です。SUM41というバンドの「THE HELL SONG」です。アヴリルラヴィーンの元旦那さんがいます。
この曲も構成が単純なので覚えやすく、テンションが上がります。

その4:THE BLUE HEARTS/リンダリンダ

ブルーハーツです。ご存知の方も多いのではないでしょうか。かなりシンプルなので、非常に練習しやすいです。ベースに慣れるには最適な曲だと思います。
たまーに難しい部分がありますが、ちょっと頑張れば弾けます。ので、頑張りましょう。弾けたときはとても嬉しいものですよ。

その5:桜高軽音部/Don’t say lazy

人気アニメ「けいおん」のED曲ですね。
めちゃくちゃ簡単です。アニメ好きな方はまずこれから練習するといいんじゃないでしょうか。
間奏がやや難しいですが、ワンパターンなので覚えれば弾けます。

引用元-とりあえずなんか弾きたい!ベース初心者でも簡単に弾ける曲5選 | nanapi [ナナピ]

エレキベースで初心者でも簡単に弾ける曲

1.モンゴル800の小さな恋のうたを練習しましょう。
2.小さな恋のうたが弾けるようになったらFLOWのGO!!!という曲をやりましょう。
3.その次にモンゴル800のあなたにという曲をやりましょう。
最後にけいおんのgo go maniac という曲をやってください。
この順番でやると徐々に実力がついてきます。
僕も昨年の6月ごろまでは超初心者でした。。
ですけどこの順番で練習していって今ではある程度の曲は弾けるようになりました。

この順番で練習する意図としてはまず小さな恋のうたでルート弾きの
力をつける。そしてGOではちょっぴり難しいフレーズが入ります。
そしてあなたにでは弦飛びの練習そして最後のgogomaniacでは
これらのまとめのようなものです。

引用元-【500枚】エレキベースで初心者でも簡単に弾ける曲を教え… – Yahoo!知恵袋

ベース初心者の練習

ベースに限らず、楽器の初心者がやりやすいミスは、教則本を買ってきて、その通りに練習を進めようとすることです。

そういうやり方でうまくなるのはスクールとか講座とかに通っている場合くらいでしょう。独学でベースを始める場合は、そういう練習方法ではほぼすべての人が飽きてしまいます(ベースの達人になれる人もいるのかもしれませんが稀でしょう・・・)。

教則本は必要です。特に、初心者であれば、運指関係やチューニング関係は後々響いてくる部分ですから、教則本を参考に基本をキチンと身につける必要があります。

ただし、教則本ありきではだめです。あくまで、やりたい曲ありきで練習することが重要です。

感覚というのは恐ろしいもので、自分が好きな曲というのは、ただ単に覚えているというだけでなく、ノリや雰囲気など、音楽を演奏する上でとても大切なものをすでに感じ取っています。

これは、どんなに優れた教則本や先生であっても教えきれない部分でもあるわけです。

また、自分の好きな曲であれば、ちょっとフレーズが弾けただけでもかなりの感動があります。その感動がさらなる練習へと駆り立ててくれますので、比較的スムーズに上達していきます。

まずはあなたの好きな曲から練習を始めてください。

引用元-ベース初心者の心得

ベースをマスターする

まずは最低限必要な予備知識を持とう!

ベースをはじめると言っても、まず何を揃えたらいいのか、どう弾いたらいいのもかわかりませんよね?さらにチューニングの方法とか、弦を交換する方法とか、わからない事だらけです。このサイトではそんな初心者のために必要な項目を多数用意しています。まず、このサイトの「最低限必要な知識」にある予備知識を持つことが、ベースを知る第一歩です。

練習を楽しもう!

ベースをマスターするためには、やはり練習を続ける事が大事です。ベースは弦も太いし、練習が大変。でもちょっと慣れてくれば、色んな弾き方に挑戦したり、好きなバンドの曲を弾いたりと、楽しさはどんどん広がります。楽器は楽しいものです。練習=辛い、と思わずに、どんどん挑戦して楽しんでしまいましょう。

バンド、グループを作ろう

ベースをある程度弾けるようになったら、やはりバンドで演奏してみたいと思うもの。特にベースはバンド演奏こそが最大の上達法でもあります。仲間と一緒に演奏することで、お互いに刺激しあって一緒に上達することができ、演奏がうまくいった時の喜びは何にも勝るものがあります。周りにいる初心者の友達同士でバンドを組めればよいのですが、なかなかそう簡単にはいかないものです。しかしインターネットが普及した現在は、バンドのメンバーを探す便利なサイトがあり、やりたい音楽のジャンル、活動しやすい地域、バンドの方向性(初心者・アマ指向・プロ指向など)などを選択して、メンバー募集の記事を検索できます。逆に自分のプロフィールを載せて「バンド加入希望」を登録することもできます。

ライブやレコーディングをしてみよう

バンド演奏をしているだけでも十分楽しいですが、自分たちの演奏を発表したり録音する機会を設けると、練習にも身が入ります。聞いてくれた人の感想を聞いたり、録音した演奏を自分で聞いてみることで、さらなる上達に繋がります。「いきなりライブハウスでのライブはちょっと…」という場合は、広めの練習スタジオに友達を呼んで聞いてもらうのもいいでしょう。またいきなり大掛かりなレコーディンというわけにはいかないので、とりあえずMDやMP3などに録音してみましょう。

引用元-ベースをマスターするには|ベース初心者のためのベース練習法入門

作りたい・作るべき音を理解する

1.自分の理想とする音とは

言わずもがな自分が好きな音。またベース単体の音とします。これは本当好みと言え、ドンシャリなのかブリブリ系なのかなど、これもそのバンドのカラーになったりするので。理想の音に近づける方法は、自分の好きなベーシストの音を聞きながら、EQ(イコライザー)などのセッティングをイジってマネして作ってみるのが一番で、それしかないです。

2.バンドに必要な音とは

ベース単体でいいと思った音もバンドで聞くとイマイチということは少なくありません。そこで、さらにバンドに合わせてEQなどで調節する必要があります。バンドにはどういった音が必要なのか?それは周波数帯域とバランスで考えます。

人間の聞こえる周波数帯域を理解する

人間の耳には、だいたい20Hz~20KHzまでの可聴域と呼ばれる、音を聞いて感じる事のできる帯域があります。バンドはこの帯域をそれぞれの楽器で均等に鳴らすことが理想です。つまり、他の楽器の足りないところを補い、被っているところを削る。

実際にはここまでキレイに分かれることはなく、複雑で被るところは多くありますが、イメージはこんな感じ。横(周波数帯域)だけでなく縦(ボリューム)も揃っていることに注目して下さい。

それぞれの楽器の帯域がキレイに分かれていれば、クリーンに聞こえ、それぞれのフレーズも聞き取れるようになり、音圧もあげられます。だから、こういうのは意外とポップスよりもハードコア、メタルなどの人たちのほうがキッチリしていると感じます。また、このような作業はDTMでいうミックスにあたります。

引用元-ベースの音作りはこれで完璧!アンプで抜けの良い音を作るコツ

まとめ
つまづくことはあると思いますが、諦めず頑張ってみましょう。

twitterの反応

 - 観光・趣味

ページ
上部へ