日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

生後8ヶ月の赤ちゃんにはピッタリのサイズの服が良い?

      2016/05/05

生後8ヶ月の赤ちゃんにはピッタリのサイズの服が良い?

初めての赤ちゃんはどんな服をどのくらい用意して良いのか迷います。ねんねの時期は大きめの服でも良いのです。ハイハイなど始める8か月の頃は、赤ちゃんが動きやすいピッタリのサイズの服が良いですね。赤ちゃんはとても暑がりなので、気温にあった服を選んでください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

地震と火山の噴火は関係ある?地震と噴火の予知について

今現在地震は正確な予知ができないといわれていますが、火山の噴...

肩が重いのは霊のせい!?原因と対策

日常生活で肩が凝ったり重いなと感じることは多いですね。いつま...

アマゾンのギフトのカードをコンビニで購入して便利に決済

ネットで買い物は時間の短縮、商品量が多い、配達してくれるなど...

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。19...

スポンサーリンク

生後8か月の赤ちゃんのサイズにあった服装は?

生後8ヶ月の赤ちゃんの服装

生後8ヶ月の赤ちゃんはハイハイをしはじめる赤ちゃんが多く、洋服がはだけやすくなるので、サイズ選びが重要になってきます。一般的にはサイズ70cmが活躍する時期ですが、赤ちゃんの体型やメーカーによっても異なるので、注意しましょう。また、赤ちゃんが動きやすいように柔らかな素材ものを選ぶようにしましょう。

この頃の赤ちゃんの大きさ、重さ

服や帽子、靴のサイズ表記はメーカーによって異なりますので、目安として参考にしてください。また、赤ちゃんの体格や体型によっても適正サイズは異なりますので、実際にサイズを測って購入することをおすすめします。

おおよその身長   男の子 66.2cm~75.5cm
          女の子 65.2cm~73.5cm
おおよその体重   男の子 7.15kg~10.49kg
          女の子 6.62kg~9.78kg
洋服のサイズの目安 70
頭囲平均サイズ   男の子 45.2cm
          女の子 43.9cm
帽子のサイズの目安 46cm
靴下のサイズの目安 9-12cmなど

引用元-赤ちゃんの肌着と洋服の着せ方

8か月の赤ちゃんはハイハイを始めるので動きやすいサイズを選びましょう

70cmベビー服の特徴

8ヶ月赤ちゃん70cmもベビー服は、以外にも長期間着ることになる赤ちゃんが多いので、枚数が必要になります。

60cm同様に手足の動きが活発で、月齢が進むとハイハイやずりばいも始まります。足がもたつかないように、ジャストサイズを選んでください。

足のつま先まですっぽり入るベビー服もあります。防寒に適していて、見た目も赤ちゃんらしくて可愛いのですが、ハイハイやずりばいをする時は、裸足で支えたり勢いをつけています。だから、つま先まですっぽりかぶっていると滑ってしまい動きにくそうです。

また、この頃から首すわりも完全になり、上からかぶって着るタイプも選べるようになります。女の子らしさや、男の子らしいファッションを楽しみましょう。

80cmベビー服の特徴

1歳赤ちゃん80cmのベビー服を着る頃は、つかまり立ちや、よちよち歩きに挑戦する頃です。

ハイハイもスピードアップするので、オムツ交換中も寝返りしようと体をひねったり、つかまり立ちに夢中でたったまま交換してしまう赤ちゃんもいます。そのため、トップスとボトムスなど上下別になったベビー服が便利です。

でも、着替えも素早くしないと動きはじめることがあるので、活発な赤ちゃんはスナップボタンが使いやすいデザインなど、手際良く着ることのできるベビー服を好みます。

離乳食はつかみ食べをしたり、自分で食べようとする自主性がでてきます。そのぶん、首まわりや袖口はソースや食べこぼしで汚れます。80cmベビー服を買う時は、家庭で洗濯・乾燥しやすい生地を選びましょう。

引用元-eいくじ

生後8ヶ月の赤ちゃんにお勧め春の肌着

生後8ヶ月の赤ちゃんの春の服装は、ボディ肌着+ロンパースor上下が分かれた洋服がおすすめです。ずりばい~ハイハイを始める赤ちゃんが多い時期なので、洋服がはだけてお腹が出てしまわないように服装には十分に注意が必要です。ここでは、生後8ヶ月の赤ちゃんの春服と肌着の着せ方を紹介します☆

生後8ヶ月赤ちゃんの春の肌着の着せ方

生後8ヶ月を過ぎると、ハイハイを始める赤ちゃんが増えてきます。はいはいを始めると、上下が分かれた服を着ているときはズボンと上着がずれてお腹が出やすくなってしまいます。春だから多少お腹が出ても大丈夫かな、と思っているとお腹が冷えて大変なことになってしまうこともあります。赤ちゃんに上下が分かれた服装をさせるときは、春物のボディスーツを着せてあげるとお腹が出ても安心です☆

引用元-出産準備品.com

赤ちゃんが8か月のころはピッタリのサイズが動きやすくて良い

80の頃はジャストサイズを

はいはいが始まって、行動範囲が増えた頃、ちょっと大き目の服を着せると、動いて服が捻じれたりしました。娘が6ヶ月の頃で、夏だったので半袖だったのですが、長袖なら、おもちゃなどが引っかかって、思わぬ事故に繋がるかもしれません。ねんねの時期までは、ちょっと位大きくてもいいかもしれませんが、動き出したらジャストサイズの服を選らばないと危険ですね。上下分かれた服を着せたい気持ちもあったのですが、お出かけ用に1着あっただけで、家ではほぼカバーオールでした。

80の被るタイプはお座りができてから

お座りができるようになって、ようやく被るタイプの服が着せられるようになりました。それまでは、かぶる服を買ったものの、一度着せてぴったりだと喜んだのですが、お座りできないと着せにくいし、脱がせにくく避けていました。洗濯物が長雨で乾かず、着せるものが無くなったので、仕方なく着せようとした時に、お座りができるようになっていたので、着せ易くなっていました。そこからは、一気に被るタイプの服を選べるという選択肢が増え、服選びも楽しくなりました。

引用元-ちびっこの成長を楽しもう♪

8か月の赤ちゃんの活発な動きに注意しましょう

動きが活発になるため、注意しなくてはいけないことも増えてきます。

・小さなものを手の届く範囲に置かない。
リモコンをいじっていると思ったら、いつの間にかフタが開いていて、電池を飲み込んでしまった・・・という事故もあります。誤飲は大変な事故につながりますので、注意してください。

・キッチンには入れないようにゲートをつける
特に調理中は油ハネや調理器具の落下など、危険がたくさんあります。

・熱いものを手の届くところには絶対に置かない
まだ、「熱い」ということがわかりません。ストーブやカセットコンロなど、要注意です。また、赤ちゃんを膝にのせているときや、イスに座らせているときにママが熱い飲み物を飲んでいたりすると、ママの予想を超える動きでコップに手を伸ばしてしまうこともあります。万が一、熱いものを触ってしまったとき、皮膚の表面が赤くなった程度なら冷たい流水でしっかり冷やしてあげてください。

・よく耳を気にして触るときは耳鼻科へ
風邪気味のときや発熱したとき、耳を気にするようなら、中耳炎の疑いがあります。赤ちゃんによくみられる感染症ですので、早めに受診しましょう。

・ママのストレス発散方法を見つけておくこと
動きまわる分、常に赤ちゃんの手元や周囲を気にかけていなくてはいけません。それだけでも神経を使います。

引用元-ココロとカラダの教科書 | welq [ウェルク]

まとめ
生後8か月の赤ちゃんは個人差はありますが、動きが活発になってきます。動きやすい服装を選んであげましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ