日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

生後8ヶ月の赤ちゃんにはピッタリのサイズの服が良い?

      2016/05/05

生後8ヶ月の赤ちゃんにはピッタリのサイズの服が良い?

初めての赤ちゃんはどんな服をどのくらい用意して良いのか迷います。ねんねの時期は大きめの服でも良いのです。ハイハイなど始める8か月の頃は、赤ちゃんが動きやすいピッタリのサイズの服が良いですね。赤ちゃんはとても暑がりなので、気温にあった服を選んでください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

スポンサーリンク

生後8か月の赤ちゃんのサイズにあった服装は?

生後8ヶ月の赤ちゃんの服装

生後8ヶ月の赤ちゃんはハイハイをしはじめる赤ちゃんが多く、洋服がはだけやすくなるので、サイズ選びが重要になってきます。一般的にはサイズ70cmが活躍する時期ですが、赤ちゃんの体型やメーカーによっても異なるので、注意しましょう。また、赤ちゃんが動きやすいように柔らかな素材ものを選ぶようにしましょう。

この頃の赤ちゃんの大きさ、重さ

服や帽子、靴のサイズ表記はメーカーによって異なりますので、目安として参考にしてください。また、赤ちゃんの体格や体型によっても適正サイズは異なりますので、実際にサイズを測って購入することをおすすめします。

おおよその身長   男の子 66.2cm~75.5cm
          女の子 65.2cm~73.5cm
おおよその体重   男の子 7.15kg~10.49kg
          女の子 6.62kg~9.78kg
洋服のサイズの目安 70
頭囲平均サイズ   男の子 45.2cm
          女の子 43.9cm
帽子のサイズの目安 46cm
靴下のサイズの目安 9-12cmなど

引用元-赤ちゃんの肌着と洋服の着せ方

8か月の赤ちゃんはハイハイを始めるので動きやすいサイズを選びましょう

70cmベビー服の特徴

8ヶ月赤ちゃん70cmもベビー服は、以外にも長期間着ることになる赤ちゃんが多いので、枚数が必要になります。

60cm同様に手足の動きが活発で、月齢が進むとハイハイやずりばいも始まります。足がもたつかないように、ジャストサイズを選んでください。

足のつま先まですっぽり入るベビー服もあります。防寒に適していて、見た目も赤ちゃんらしくて可愛いのですが、ハイハイやずりばいをする時は、裸足で支えたり勢いをつけています。だから、つま先まですっぽりかぶっていると滑ってしまい動きにくそうです。

また、この頃から首すわりも完全になり、上からかぶって着るタイプも選べるようになります。女の子らしさや、男の子らしいファッションを楽しみましょう。

80cmベビー服の特徴

1歳赤ちゃん80cmのベビー服を着る頃は、つかまり立ちや、よちよち歩きに挑戦する頃です。

ハイハイもスピードアップするので、オムツ交換中も寝返りしようと体をひねったり、つかまり立ちに夢中でたったまま交換してしまう赤ちゃんもいます。そのため、トップスとボトムスなど上下別になったベビー服が便利です。

でも、着替えも素早くしないと動きはじめることがあるので、活発な赤ちゃんはスナップボタンが使いやすいデザインなど、手際良く着ることのできるベビー服を好みます。

離乳食はつかみ食べをしたり、自分で食べようとする自主性がでてきます。そのぶん、首まわりや袖口はソースや食べこぼしで汚れます。80cmベビー服を買う時は、家庭で洗濯・乾燥しやすい生地を選びましょう。

引用元-eいくじ

生後8ヶ月の赤ちゃんにお勧め春の肌着

生後8ヶ月の赤ちゃんの春の服装は、ボディ肌着+ロンパースor上下が分かれた洋服がおすすめです。ずりばい~ハイハイを始める赤ちゃんが多い時期なので、洋服がはだけてお腹が出てしまわないように服装には十分に注意が必要です。ここでは、生後8ヶ月の赤ちゃんの春服と肌着の着せ方を紹介します☆

生後8ヶ月赤ちゃんの春の肌着の着せ方

生後8ヶ月を過ぎると、ハイハイを始める赤ちゃんが増えてきます。はいはいを始めると、上下が分かれた服を着ているときはズボンと上着がずれてお腹が出やすくなってしまいます。春だから多少お腹が出ても大丈夫かな、と思っているとお腹が冷えて大変なことになってしまうこともあります。赤ちゃんに上下が分かれた服装をさせるときは、春物のボディスーツを着せてあげるとお腹が出ても安心です☆

引用元-出産準備品.com

赤ちゃんが8か月のころはピッタリのサイズが動きやすくて良い

80の頃はジャストサイズを

はいはいが始まって、行動範囲が増えた頃、ちょっと大き目の服を着せると、動いて服が捻じれたりしました。娘が6ヶ月の頃で、夏だったので半袖だったのですが、長袖なら、おもちゃなどが引っかかって、思わぬ事故に繋がるかもしれません。ねんねの時期までは、ちょっと位大きくてもいいかもしれませんが、動き出したらジャストサイズの服を選らばないと危険ですね。上下分かれた服を着せたい気持ちもあったのですが、お出かけ用に1着あっただけで、家ではほぼカバーオールでした。

80の被るタイプはお座りができてから

お座りができるようになって、ようやく被るタイプの服が着せられるようになりました。それまでは、かぶる服を買ったものの、一度着せてぴったりだと喜んだのですが、お座りできないと着せにくいし、脱がせにくく避けていました。洗濯物が長雨で乾かず、着せるものが無くなったので、仕方なく着せようとした時に、お座りができるようになっていたので、着せ易くなっていました。そこからは、一気に被るタイプの服を選べるという選択肢が増え、服選びも楽しくなりました。

引用元-ちびっこの成長を楽しもう♪

8か月の赤ちゃんの活発な動きに注意しましょう

動きが活発になるため、注意しなくてはいけないことも増えてきます。

・小さなものを手の届く範囲に置かない。
リモコンをいじっていると思ったら、いつの間にかフタが開いていて、電池を飲み込んでしまった・・・という事故もあります。誤飲は大変な事故につながりますので、注意してください。

・キッチンには入れないようにゲートをつける
特に調理中は油ハネや調理器具の落下など、危険がたくさんあります。

・熱いものを手の届くところには絶対に置かない
まだ、「熱い」ということがわかりません。ストーブやカセットコンロなど、要注意です。また、赤ちゃんを膝にのせているときや、イスに座らせているときにママが熱い飲み物を飲んでいたりすると、ママの予想を超える動きでコップに手を伸ばしてしまうこともあります。万が一、熱いものを触ってしまったとき、皮膚の表面が赤くなった程度なら冷たい流水でしっかり冷やしてあげてください。

・よく耳を気にして触るときは耳鼻科へ
風邪気味のときや発熱したとき、耳を気にするようなら、中耳炎の疑いがあります。赤ちゃんによくみられる感染症ですので、早めに受診しましょう。

・ママのストレス発散方法を見つけておくこと
動きまわる分、常に赤ちゃんの手元や周囲を気にかけていなくてはいけません。それだけでも神経を使います。

引用元-ココロとカラダの教科書 | welq [ウェルク]

まとめ
生後8か月の赤ちゃんは個人差はありますが、動きが活発になってきます。動きやすい服装を選んであげましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ