日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

エクセルのマクロの削除は難しいの?

      2016/05/08

エクセルのマクロの削除は難しいの?

パソコンのエクセルを自由に操れますか?エクセルのマクロを駆使できるとても作業がはかどり便利です。しかし、必要がなくなったときに削除をする方法がわからないことがよくあります。いくつかの方法を連記してみました。活用してしてみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

エクセルのマクロを削除する方法

1.次のいずれかを実行します。
・削除するマクロが含まれるブックを開きます。
・削除するマクロが個人用マクロ ブック (Personal.xlsb) に保存されており、このブックが非表示の場合は、次の操作を行ってブックを再表示します。

ⅰ.[表示] タブの [ウィンドウ] で、[再表示] をクリックします。
ⅱ.[表示するブック] で “PERSONAL” をクリックし、[OK] をクリックします。

2.[開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。
a.Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。
b.[基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

3.[開発] タブの [コード] で、[マクロ] をクリックします。
4.[マクロの保存先] ボックスの一覧で、削除するマクロを含むブックをクリックします。たとえば、[作業中のブック] をクリックします。
5.[マクロ名] ボックスで、削除するマクロの名前をクリックします。
6.[削除] をクリックします。

引用元-Microsoft

エクセルのマクロ・3種類の削除の仕方

[標準モジュール] マクロ a の削除

・標準モジュールのマクロは左側のプロジェクトエクスプローラのところで、 Module1を選択してから
・マウスの[右ボタン]で[Module1の開放(R)]を選択し
・[エクスポートしますか]の問いに[いいえ]で答えれば削除可能です
・もしModule1以外にModule2等があれば、それも同様に削除します

各[Sheet] マクロ b の削除

・各Sheetのマクロは左側のプロジェクトエクスプローラのところで 各Sheetのアイコンをダブルクリックして、もし
  Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
  End Sub
・などのコードが残っていたらこのコードを選択して、[Delete]キーを押します
・右側のページが白紙になれば削除されたことになります

[ThisWorkbook] マクロの c 削除

・ThisWorkbookのマクロは左側のプロジェクトエクスプローラのところで、 ThisWorkbookのアイコンをダブルクリックして、もし
  Private Sub Workbook_SheetChange(ByVal Sh As Object, ByVal Target As Range)
   End Sub
・などのコードが残っていたらこのコードを選択して、[Delete]キーを押します
・右側のページが白紙になれば削除されたことになります

引用元-エクセルの学校

マクロを削除したのにダイアログが出る場合はどうするの?

マクロがないのに開くときにダイアログが

対象:Excel
マクロをすべて削除したはずのExcelファイルを開くときに、マクロを含んでいるという主旨のダイアログが表示されることがあります。これはマクロの削除だけを行い、モジュールの解放(完全な削除)を行っていないときに起きます。以下の手順で、該当するファイルからモジュールの解放を行ってください。

▼操作手順 :モジュールの解放
メニュー[ツール]−[マクロ]−[Visual Basic Editor]をクリック
 ↓
Visual Basic Editorのプロジェクトエクスプローラで[標準モジュール]フォルダを開く
 ↓
「ModuleX」というような名称のモジュールがあれば右クリック−[ModuleXの解放]をクリック
 (Excel 97の場合は[ModuleXの削除]と表示されます)
 ↓
モジュールをエクスポートするかという確認ダイアログが表示されるので「いいえ」をクリック
 ↓
プロジェクトエクスプローラに標準モジュールがなくなったことを確認
  ↓
Visual Basic Editorを終了し、Excelを上書き保存

引用元-マクロがないのに開くときにダイアログが:エクセルマクロ・Excel VBAの使い方

エクセルのマクロで図形を削除する方法

図形を一括削除するExcelマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013
「excel vba 図形を一度に消すには?」という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。図形を一気に削除するExcelマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。選択したセル範囲に含まれる図形を削除するExcelマクロを既にご紹介していますが、全図形を一気に削除するマクロをご紹介します。

アクティブシート上の図形を一括削除するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブなシート上の図形を一気に削除することができます。
Sub アクティブシート上の図形を一括削除する()
 Dim shp As Shape

 For Each shp In ActiveSheet.Shapes
  shp.Delete
 Next shp

End Sub
アクティブなシート上の全図形にループを回して、
 For Each shp In ActiveSheet.Shapes

1つずつ順番に削除しています。
 shp.Delete

引用元-インストラクターのネタ帳

エクセルのシートを削除する方法

シートの削除はDeleteメソッド

シートを削除するにはWorksheetオブジェクトのDeleteメソッドを使います。次のコードはアクティブシートを削除します。

Sub Sample04()
Activesheet.Delete
End Sub

実に簡単です。ところが厄介なことに、データを入力したシートを削除しようとすると「本当に削除してもいいの?戻せないよ?いいの?」と念を押されます。手作業でしたら[削除]ボタンをクリックすればいいのですが、マクロで一連の処理を行うとき、いちいちこのメッセージで止まっては困ります。このメッセージを出さないで削除する方法はないのでしょうか。

もちろんあります。Excelでは多くの確認メッセージが表示されます。この確認メッセージを全て出さなくするには、ApplicationオブジェクトのDisplayAlertsプロパティにFalseを設定します。次のコードは確認メッセージを出さないでアクティブシートを削除します。

Sub Sample04_2()
Application.DisplayAlerts = False
ActiveSheet.Delete
Application.DisplayAlerts = True
End Sub

引用元-Office TANAKA – Excel VBA講座:シートの操作[シートを削除する]

まとめ
エクセルのマクロは重宝しますが、削除が結構面倒なようです。試してみてください

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ