日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

エクセルのマクロの削除は難しいの?

      2016/05/08

エクセルのマクロの削除は難しいの?

パソコンのエクセルを自由に操れますか?エクセルのマクロを駆使できるとても作業がはかどり便利です。しかし、必要がなくなったときに削除をする方法がわからないことがよくあります。いくつかの方法を連記してみました。活用してしてみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

スポンサーリンク

エクセルのマクロを削除する方法

1.次のいずれかを実行します。
・削除するマクロが含まれるブックを開きます。
・削除するマクロが個人用マクロ ブック (Personal.xlsb) に保存されており、このブックが非表示の場合は、次の操作を行ってブックを再表示します。

ⅰ.[表示] タブの [ウィンドウ] で、[再表示] をクリックします。
ⅱ.[表示するブック] で “PERSONAL” をクリックし、[OK] をクリックします。

2.[開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。
a.Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。
b.[基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

3.[開発] タブの [コード] で、[マクロ] をクリックします。
4.[マクロの保存先] ボックスの一覧で、削除するマクロを含むブックをクリックします。たとえば、[作業中のブック] をクリックします。
5.[マクロ名] ボックスで、削除するマクロの名前をクリックします。
6.[削除] をクリックします。

引用元-Microsoft

エクセルのマクロ・3種類の削除の仕方

[標準モジュール] マクロ a の削除

・標準モジュールのマクロは左側のプロジェクトエクスプローラのところで、 Module1を選択してから
・マウスの[右ボタン]で[Module1の開放(R)]を選択し
・[エクスポートしますか]の問いに[いいえ]で答えれば削除可能です
・もしModule1以外にModule2等があれば、それも同様に削除します

各[Sheet] マクロ b の削除

・各Sheetのマクロは左側のプロジェクトエクスプローラのところで 各Sheetのアイコンをダブルクリックして、もし
  Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
  End Sub
・などのコードが残っていたらこのコードを選択して、[Delete]キーを押します
・右側のページが白紙になれば削除されたことになります

[ThisWorkbook] マクロの c 削除

・ThisWorkbookのマクロは左側のプロジェクトエクスプローラのところで、 ThisWorkbookのアイコンをダブルクリックして、もし
  Private Sub Workbook_SheetChange(ByVal Sh As Object, ByVal Target As Range)
   End Sub
・などのコードが残っていたらこのコードを選択して、[Delete]キーを押します
・右側のページが白紙になれば削除されたことになります

引用元-エクセルの学校

マクロを削除したのにダイアログが出る場合はどうするの?

マクロがないのに開くときにダイアログが

対象:Excel
マクロをすべて削除したはずのExcelファイルを開くときに、マクロを含んでいるという主旨のダイアログが表示されることがあります。これはマクロの削除だけを行い、モジュールの解放(完全な削除)を行っていないときに起きます。以下の手順で、該当するファイルからモジュールの解放を行ってください。

▼操作手順 :モジュールの解放
メニュー[ツール]−[マクロ]−[Visual Basic Editor]をクリック
 ↓
Visual Basic Editorのプロジェクトエクスプローラで[標準モジュール]フォルダを開く
 ↓
「ModuleX」というような名称のモジュールがあれば右クリック−[ModuleXの解放]をクリック
 (Excel 97の場合は[ModuleXの削除]と表示されます)
 ↓
モジュールをエクスポートするかという確認ダイアログが表示されるので「いいえ」をクリック
 ↓
プロジェクトエクスプローラに標準モジュールがなくなったことを確認
  ↓
Visual Basic Editorを終了し、Excelを上書き保存

引用元-マクロがないのに開くときにダイアログが:エクセルマクロ・Excel VBAの使い方

エクセルのマクロで図形を削除する方法

図形を一括削除するExcelマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013
「excel vba 図形を一度に消すには?」という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。図形を一気に削除するExcelマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。選択したセル範囲に含まれる図形を削除するExcelマクロを既にご紹介していますが、全図形を一気に削除するマクロをご紹介します。

アクティブシート上の図形を一括削除するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブなシート上の図形を一気に削除することができます。
Sub アクティブシート上の図形を一括削除する()
 Dim shp As Shape

 For Each shp In ActiveSheet.Shapes
  shp.Delete
 Next shp

End Sub
アクティブなシート上の全図形にループを回して、
 For Each shp In ActiveSheet.Shapes

1つずつ順番に削除しています。
 shp.Delete

引用元-インストラクターのネタ帳

エクセルのシートを削除する方法

シートの削除はDeleteメソッド

シートを削除するにはWorksheetオブジェクトのDeleteメソッドを使います。次のコードはアクティブシートを削除します。

Sub Sample04()
Activesheet.Delete
End Sub

実に簡単です。ところが厄介なことに、データを入力したシートを削除しようとすると「本当に削除してもいいの?戻せないよ?いいの?」と念を押されます。手作業でしたら[削除]ボタンをクリックすればいいのですが、マクロで一連の処理を行うとき、いちいちこのメッセージで止まっては困ります。このメッセージを出さないで削除する方法はないのでしょうか。

もちろんあります。Excelでは多くの確認メッセージが表示されます。この確認メッセージを全て出さなくするには、ApplicationオブジェクトのDisplayAlertsプロパティにFalseを設定します。次のコードは確認メッセージを出さないでアクティブシートを削除します。

Sub Sample04_2()
Application.DisplayAlerts = False
ActiveSheet.Delete
Application.DisplayAlerts = True
End Sub

引用元-Office TANAKA – Excel VBA講座:シートの操作[シートを削除する]

まとめ
エクセルのマクロは重宝しますが、削除が結構面倒なようです。試してみてください

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ