日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

髪を脱色して明るくしたい!自然のものでする方法

      2016/05/12

髪を脱色して明るくしたい!自然のものでする方法

髪を染めたり明るく脱色したりすることはおしゃれをする上で重要ですね。しかしあまり染めたり、脱色をを繰り返すと髪は非常に傷んできます。今回は自然のものでダメージを少なく髪を明るくする方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

お手軽に!髪を脱色する方法

①シャンプー順方法

お風呂に入るときに、簡単にできるものです。順番をきちんと守ってください。
1、かわいた髪にリンスをする
2、きれいに流す
3、シャンプーをする→塩を少し混ぜるといいです。
4、流す
5、普段通り、リンスをする
以上です。

②ヘアアイロン脱色法

これは、濡れた髪にアイロンをかけるだけです。でも、かなり痛みます。そのぶん色はぬけますけどね。もう一度言いますけどかなり痛みます。以下は、購入が必要となるでしょう。

③オキシドール脱色法

オキシドールとは、消毒液です。これも、アイロン同様かなり痛みます。でも、かなり色は変わります。オキシドールだと多分学生のかたは学校に注意されると思います。そのぐらい色はぬけます。そして、消毒液なのでにおいの方も2日ぐらい消えません。ちなみに、オキシドールは薬局などで200円前後で買えると思います。

④ブリーチ ミスト脱色法

これは、薬局に500円ぐらいで売ってます。髪の脱色専用のものです。なので、髪染めのコーナーにあると思います。元の髪色によりますが、3、4回ぐらいやると自然な茶色になります。やりすぎると、金髪になってしまうので気をつけてください。

⑤クイスクイス カラートリートメント

(クイスクイス デビルズトリック)これは、髪染めに近いと思います。でも、髪は痛まないしトリートメントするだけで色がはいるのでおすすめです。でも、染めるのと同じだと思います。カラーはさまざまなので好きな色を選べます。薬局に売ってますが住んでる県によっては、売ってないお店も多いと思います。1色300円ぐらいで買えると思います。

⑥カラースプレー

これは、1日だけ染めたいというかたにおすすめです。シャンプーをすれば色はおちるので休日などにやればいいと思います。

引用元-v★devil

注意!脱色を繰り返すと白髪になりやすい?

美容院で髪をブルーや赤などに染める場合、髪にあるもともとの色があるときれいにブルーや赤がでないので、まず本来の色を脱色して新たに色を髪に入れるというプロセスをとります。

この脱色の際にかなり髪が痛みます。それなら髪を痛めないで脱色する方法はないのでしょうか?自然のもので脱色する方法なら髪を痛めずにすみます。ヨーロッパではレモンとカモミールが代表的な自然による脱色方法です。レモンまたはカモミールを水で少し薄めそれを髪全体に流布します。

そして太陽に当てながらもしくはドライヤーで暖めながらじっくりじっくり乾かしていきます。約1時間程度。これを週に1度やりながら2ヶ月程度すると本来の髪のトーンが薄くなります。週に1度は目安ですので、毎日行っても良いです。濃いめのブロンドの人がもっと明るいブロンドにしたい時によく使われるのがカモミールシャンプーです。どうしても薬剤を使っての脱色はとても髪が痛むのでリスクがあります。

またその後のお手入れがとても大変です。お手入れを怠るとパサパサ、ボロボロになりかねません。日本では以外とお酢による脱色の効果もあると言われています。お酢の効果で髪がツルツルにもなるとか、、、。特に注意していただきたいのは化学脱色剤により地肌にある毛の毛根までも痛んでしまうことです。毛根が痛むと毛母細胞も痛み、色素を作る細胞が痛んでしまいます。つまり毛に色素を送り込むことができない状態です。

毛根まで痛めてしまうような脱色をした場合には、その後、白髪に悩まされるようになる可能性もあります。やはり強い化学薬剤での脱色は、白髪を引き起こす可能性がありますので、できれば時間と手間はかかりますが、少しずつ自然のもので脱色する方法が良いでしょう。

引用元-白髪の原因と予防方法

髪に優しく自然に染める方法

ヘナ

植物由来の成分で優しく髪を染めると言ったらヘナですよね?ヘナは髪を染めるだけでは無く、髪にツヤやハリまで与えるトリートメント剤としての効果も出来るので正に万能染毛料。 

ヘナは通常、髪が赤茶けてしまう傾向があるのですが、最近のヘナには藍染やジーンズを染める時に使うインディゴ染料を含んだ物もあり、落ち着いたダークブラウン及びブルー・ブラック等の色へのヘアカラーにも使われる事が多くなっています。 

但し、きちんと成分表示や認定を受けていないヘナ製品も多く、中には通常の染毛剤同様あるいはそれ以上に強い化学品が使用され、カブレや肌荒れなどの苦情が増えているのも確かなので、きちんと認定を受けているヘナ製品の使用をおススメします。

引用元-女性の美学

自然の力で徐々に染める方法

カラーリングシャンプーは、使うたびに少しずつ髪に色を入れていくものが多く、ヘアカラーのような即効性は期待できません。その分、徐々にカラーリングできるので、自然に染めることが可能です。商品によって成分や効果が異なるので、自分の髪質に合ったものを選ぶことをおすすめします。

例えば、ヘアマニキュアなどと同じ「半永久染毛料」に該当するカラーリングシャンプーがあります。こちらは、すでにヘアカラーしている髪や白髪への染色や、色持ちを良くする効果があり、髪質にもよりますが2~4週間ほどキープすることができます。ただし、ヘアカラーをしていない髪に使用しても、ニュアンス程度にしか色はつきません。

天然色素のヘナ葉エキスを配合したカラーリングシャンプーもあります。ヘナ葉の持つトリートメント効果でツヤとハリを与え、色素の働きで髪の表面にカラーを少しずつ定着させていきます。個人差はありますが、白髪染めなら2週間くらいで色が入り、徐々に白髪が目立たなくなるそうです。ジアミン(酸化染料)などを使わず、自然の力で染めていくので、髪や頭皮への負担が少ないものが多いようです。

引用元-Beauty MAGAZINE

身近な物で染めたり脱色したりできる!

いつも飲んでるコーヒーで

*レシピ*
大さじ1杯のコーヒー:1カップのお湯の割合でコーヒーを作り、冷まします。(ちょっと濃い目のブラックコーヒーを作る分量)

冷ましたコーヒーに大さじ2杯のオリーブオイル、もしくはココナッツオイルを足し、混ぜあわせます。

髪の毛にコーヒーをなじませ、サランラップやヘアーキャップで覆い、最低30分待ちます。

その後、水でよく洗い流し、必要であればコンディショナーで整えます。

レモン汁で髪色を明るく!

*レシピ*
レモン汁ヘアカラーは、一般的に使われるブリーチやヘアカラーに含まれているような毒性の過酸化水素を必要とせずに、あなたの髪を自然に明るくする為の”目からウロコ”な方法なのです。

カモミールティー(冷ましたもの)1カップに新鮮なレモン汁1カップを混ぜます。
朝、上記のレシピで作成したカモミールレモンティで髪をすすぎ、日中は普段の生活通りに過ごします。(日に当たることがポイント)
週に1度このカモミールレモンティリンスを行う事で、1か月後のあなたの髪の色は自然と明るくなっている事でしょう。

根菜の力で白髪もカバー

実は、私たちが普段スーパーで目にしている様々な根菜や茶葉を沸かしてヘアカラーとして使用できるのです。

以下にご紹介するどのレシピも、まずは沸かした後冷ましてください。そして洗髪後のきれいな髪にリンスとして使用します。週に1度、この根菜リンスを行う事で劇的な変化に気づくでしょう。根菜リンスは髪のキューティクルを着色し、状態を整え、乾燥や日焼けなどの日々のダメージから髪を保護します。

*白髪染めの為のDIYレシピ*
”レシピその1” ジャガイモ(皮ごと)煮出した後の水
”レシピその2” セージとローズマリーを煮出した水
”レシピその3” ラズベリーの葉、パセリ(またはキャットニップ)を煮出した水
”レシピその4” お茶、クルミとコーヒーを煮出した水
”レシピその5” リンゴ酢、ローズマリー、コーヒーを煮出した水

この5つ、それぞれのレシピは基本”濃い目に煮出した物を冷ました状態”と思ってください。またこれらのレシピは”洗い流さないトリートメント”として使用してください。数回繰り返し使用することで白髪が段々と目立たなくなっていきます。

引用元-by.S

まとめ
いかがでしたか?身近なもので染めたり脱色したりできるなんて驚きですね!一度試してみてはいかがでしょうか。

twitterの反応

 - ファッション

ページ
上部へ