日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

目の錯覚の自由研究は話題性があって楽しい

      2016/05/13

目の錯覚の自由研究は話題性があって楽しい

目の錯覚は不思議です。縞の服が何色に見えるかという実験が話題になりました。何人かが同じものを同時に見ているのに違う色を答えるのです。複雑な幾何学模様や、1本の矢印さえ長さが違って見えるのです。視覚と脳の不思議について興味津々です。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

スポンサーリンク

夏休みの自由研究は目の錯覚が話題性があって楽しい

1、錯覚って何?:錯覚とは感覚器に異常がないのにもかかわらず、実際とは違う知覚を得てしまう現象のこと。対象物に対して違う認識を得るのが錯覚であり、幻覚とは違う。

2、錯覚の種類:不注意性錯覚⇒見間違い、人違い、聞き違いなど、私(僕)達が日常経験する多くの間違いを含んでいる。
感動錯覚⇒ 暗くて怖い場所を歩いていると、物の影が人影に見えたり、何でもない物音を人の気配に感じることがある。

パレイドリア効果⇒ 雲の形が顔に見えたり、しみの形が動物や虫に見えたりと、不定形の対象物が違ったものに見える現象に代表される。

生理的錯覚⇒ 対象がある一定の配置や状態にあると起こる錯覚。誰にでもほぼ等しく起こる錯覚です。

3、錯覚はなぜ起こる?:錯覚には脳の作用と、心理的なものが作用しています。人間の目は、見たものに何らかの意味を持たせて理解するようになってます。実は人以外の動物も錯覚が起こる事があります。

4、まとめ、感想:私(僕)はこのノートにまとめる前から「錯覚」という魅力にはまり、この機会に錯覚を調べることにしました。すると、調べていくうちにどんどん興味が湧いてきました。錯覚に種類があることも調べて初めて分かりました。私(僕)達の日々にも錯覚は気付かないうちに起きていることがわかりました。今回「錯覚」について調べるのをすごく楽しめながら学べました。)

引用元-キッズ@nifty

目の錯覚の自由研究はオオウチ錯覚が作りやすい

オオウチ錯視を実験化するのであれば、以下の例を調べるといいと思います。

[準備]
正方形を用意し、横長の市松模様メッシュを描いておきます。同じものを用意し、円形に切り取って、先程のものの上にピンで固定して図形を作ります。円形のほうのメッシュは回転したり取り換えられるようにします。パソコンで作って厚紙に印刷するときれいに色が塗れますが、絵具でも構いません。

[測定法]
どれくらい震えて見えるか、その強さを評価しましょう。このたぐいの錯視の場合、止めていても震えて見える>試験紙を振ると震えて見える>全く震えて見えないという強さ関係があるので、はい・いいえ式の2択で、止めても見えるか、振ると見えるか、見えないかの3条件で強さを評価する方法もあります。また、10人くらいに見せて、条件ごとに震えて見えた割合を測定するといいでしょう。

[条件]
オオウチ錯視の「ツボ」は市松模様メッシュが、外側で横長、内側で縦長であることです。これをどこまで崩せるかを調べてみましょう。

・メッシュの角度差を変える
この錯視では典型的には外側は水平なメッシュ、内側は垂直な(90度回転した)メッシュですが、内側の円形メッシュを回転できるようにして、角度差が0、15、30、45、60、75、90度の条件で錯視の強さがどの程度違うかを測定します。角度差と錯視の強さを軸にして折れ線グラフにまとめましょう。

引用元-教えて!goo

目の錯覚を研究した美術館があった

神田淡路町にある、明治大学が開設している錯覚美術館に行きました。目の錯覚を利用した立体やエッシャーのだまし絵を自分で作成するコーナーなどがあります。美術館というより、明治大学の公開研究室といった感じです。場所は広くないですが、中身は凝縮されています。ここの最大の特徴は、2次元(絵)などでは良く見るありえない立体が、実際にある角度から見るとそのとおりに見える実際の立体が再現されている点です。大人は、その謎解きを楽しめますし、子供はその立体の型紙を無料でもらえるので、家で実際に自分で作ることもできます。またその立体にも触ってみることもできます。エッシャーの有名な騙し絵で、魚からいつの間にか鳥になる絵がありますが、ここでは自分で2つのものを書くと、コンピュータが勝手にエッシャーの絵のようにしてくれ、無料でプリントアウトもしてくれます。我が家も小学生、高校生、大人が気に入ってしまい、1時間もいろいろ実験などで楽しみました。小学校の子供は、早速もらった立体を家でつくり、夏休みの自由研究にしました。ちなみに毎週土曜日午前10時から午後5時まで開館なので注意してください。なんと入場無料です。

引用元-トリップアドバイザー

目の錯覚・自由研究は

目の錯覚!? ビー玉が上下して見える「ビー玉コロネ」

男の子の自由研究には作って楽しく、できあがれば遊べる手作りおもちゃの工作がおすすめ! そこで、低学年の男の子向けの作品を手作りおもちゃの先生でおもちゃコンサルタントの磯崎雪江さんに教えてもらいました。

ご紹介いただくのは、東京おもちゃ美術館の手作り工房で指導されていた「ビー玉コロネ」。吊るして回転させると、真ん中に固定されているはずのビー玉が上がったり下がったりして見える不思議なおもちゃです。

【材料】
■材料
針金50cm位、ビー玉(大)、ビーズ、ひも、透明プレート
※透明プレートは挟める下敷き(A4カードケース)を活用しました
※針金は手で曲げられる程度の太さのもの

■道具
ラジオペンチ、太・中書きのサインペン(マッキー)、油性ペン(ポスカ)、パンチ

引用元-自由研究に! 低学年の男の子向け工作 [子供用品] All About

目の錯覚は錯視とも呼ばれます

ミュラー・リヤー錯視

ミューラー・リヤー錯視(Müller-Lyer illusion)はミューラー・リヤーが1889年に発表した錯視。線分の両端に内向きの矢羽を付けたもの(上段)と外向きの矢羽を付けたもの(中段)の線分は、上段が短く、中段は長く感じるが、実際は同じ長さである。この錯覚が発生する説明は様々な側面から行われているが、有名な説明として、グリゴリーが1963年に発表した線遠近法が挙げられる。また、この錯覚を応用したものとして、ジャッドの図形が挙げられる。 ジャッドの図形は、線分の中央に中点を打ち、両端に異なる向きの矢羽を付けると、外向きの矢羽が付けられた側に中点がずれて見えるという錯覚が用いられた図形である。 このような錯視を「大きさの錯視」という。

ツェルナー錯視

非常に有名な錯視の一つ。図にある4本の線分は全て平行である。羽の角度が鈍角であるほど、錯視は顕著になる。このような錯視を「方位の錯視」という。

ヘリング錯視

上の2本の平行線は、斜線の影響を受けてゆがんで見える。このような錯視を「湾曲の錯視」ともいう。湾曲の錯視では他にオービソン錯視、ヴント錯視などが該当する。

引用元-ウィキペディア

まとめ
幾何学や色など目のの錯覚は不思議です。楽しくてどこまでも追求し続けたくなります。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ