まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

      2016/05/16

 - 美容・健康

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

ダウン症は胎児の時にわかる?成長とともにみられる特徴とは

妊娠中の胎児のエコーなどからダウン症かどうかは判断できるのでしょうか?胎児の成長とともにダウン症である場合はその特徴がはっきり見られるようになるのでしょうか?また、発育過程は?今回はダウン症について調べました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

子供の頭痛はこんな病気から

子供が頭痛を訴えて苦しんでいたら、見ているだけでも辛いですよね。重い病気じゃないか、と心配になる保護者の方も多いでしょう。子供の頭痛には、どんな原因があるのでしょうか。調べてみました。

病院の選び方と診察の受け方

数多くの病院があり、それぞれの診療科が存在します。風邪や病気になったときには病院に行かれることがあるでしょう。正しい病院の選び方と診察の受け方はどのようなものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

血圧を測るとき右手と左手どっちで測る?

血圧は血圧測定器があれば自宅でも測ることができますが、右手と左手ではどちらで測るのがいいのでしょうか?また右と左で、血圧の数値に違いがある場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は血圧の測り方について調べました。

美容院でカットを失敗した!?そんな時はどうする?

せっかく美容院で髪をカットしてもらったのに、思い通りの髪型にならなかったらどうしますか?失敗した!とならないためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は美容院でカットを失敗した場合について調べました。

大人になってからADHDの診断を病院でうけること

ADHDは発達障害の事ですが、子どもの頃に問題視されないで大人になってしまう場合も多いようです。なんか人と違うかな?くらいの時に家族や周りがADHDを疑い、病院で適切な診断を受けられれば早くに対策が練られたでしょう。

虫歯治療の麻酔使用直後に食事

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。麻酔は治療が終わった後も効果が続いています。そのようなときに食事はいつからとっていいのでしょうか。そこで今回は、虫歯治療の麻酔使用後の食事について調べてみました。

ビオフェルミンの服用が効果あり?アトピーが改善?!

ビオフェルミンといえば有名な乳酸菌の整腸薬ですね。このビオフェルミンがアトピーの改善に効果があるという話があります。はたして実際の効果はどうなのでしょうか?今回はビオフェルミンとアトピーについて調べました。

卵巣の検査が必要?生理後のおなかの痛みの原因とは

生理中に下腹部の痛みがある人は多いですね。しかし生理後にも下腹部が痛むという方は子宮や卵巣に関する病気の可能性もあるので検査をした方がいいかもしれません。特に卵巣は自覚症状がなく病気が進むので痛みが出た場合は注意が必要です。

コレステロールを下げる効果がお茶にある

最近、コレステロールが気になり出した方は多いのではないでしょうか。コレステロールを下げるために手っ取り早く、直ぐ始められるのがお茶だと聞きました。お茶にはどの様な効果があるのでしょうか?

後頭部が腫れて痛い!腫れの原因は?

後頭部が腫れていたりしこりになっていたりしていませんか?痛みがない場合は問題がないことが多いようですが、痛みを伴う場合は注意しましょう。今回は後頭部の腫れについて調べました。

イソジンの消毒はとびひに効くってほんとう!?

とびひは子供がかかりやすい皮膚の疾患で、伝染するので注意が必要です。このとびひの治療に市販薬のイソジンでの消毒がいいと聞きますが実際はどうなのでしょうか?今回はとびひの治し方について調べました。

血糖値は正常なの?血糖の推移

健康診断の結果で血糖値が高めと出たら以上に気になります。人によれば、正常の範囲内だと言いますが、はたして本当何でしょうか。日頃の血糖値の推移が大事だと言う人もいます。

糖尿病治療は炭水化物を減らして糖質制限

糖尿病治療には必ず食事療法が施されます。辛い食事制限は続ける事が難しいと思いますが、今はそんなに辛い思いをする事無く炭水化物の摂取量を減らす、糖質制限食が有ると聞きました。

頭を強打した時は頭痛や様々な症状の変化を観察しましょう

頭を強打した場合、「たんこぶができれば大丈夫」とよく聞きませか?その言葉を鵜呑みにしてはいけません。今は医療の進歩によりきちんと検査ができます。症状をよく観察してください。頭痛やめまい、言語障害などの症状があったら、早めに受診しましょう。強打して意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

奥歯の根元が虫歯に?治療はどうする?

奥歯は虫歯になりやすい歯です。歯の根元も気を付けないと段差ができたり虫歯になりやすくなります。歯の根元が虫歯になったときは早めに治療に行く必要があります。今回は虫歯になりやすい歯の症状について調べました。

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

DHCのサプリメントはどう飲む?おすすめの組み合わせ

サプリメントを食事の栄養補給のサポートとして飲んでいる人は多いでしょう。サプリメントといえばDHCが有名ですね。サプリメントは組み合わせを気を付けないとちゃんと吸収されないようです。今回はサプリメントについて調べました。

キラキラしたものが見えるのは目の病気?

光視症~キラキラしたものがみえる~

光視症とは、キラキラしたものがみえることをいいます。光が散乱することでおこる症状であり、光の道筋に異常があるときにおこります。具体的には硝子体の収縮により網膜がけん引されることによって引き起こされます。網膜と硝子体の間に強い癒着があると目を動かすたびに硝子体に網膜が引っ張られて実際にはない光が見えるのです。光視症は網膜剥離の初期に出血した血液に光が反射することでおこりやすいとされています。ただ通常起こりうる症状でもありますので、それほど心配する必要はありませんが、しばらく続くようでしたら眼科で検査してもらうことをお勧めします。また脳に原因がある場合、光視症に似たような症状を持つこともありますので、眼科で目に異常がなければ神経内科などで受診してみるといいでしょう。

引用元-疲れ目・眼精疲労対策

スポンサーリンク

  人気記事

キラキラしたものが見えるのは網膜剥離の初期症状の場合も

網膜剥離と光視症

光視症とは暗いところに行くとキラキラ・チカチカと目の中に白や赤、オレンジ、黄色などの光が見える症状をいいます。見えるものは線香花火のようなものであったり稲光のようなものであったりと様々です。網膜剥離や網膜裂孔の初期症状のひとつでもあります。光視症は網膜剥離以外でも、加齢によるものや偏頭痛によるものもあります。しかし光視症の症状が出る前に飛蚊症の自覚症状があった場合や、片目に飛蚊症の症状があり片目に光視症の症状があるなど、光視症以外の症状がある場合は網膜剥離や網膜裂孔の疑いがあります。ある調査では飛蚊症と光視症の両方の症状を訴えた人の内、1/4の人は網膜裂孔が原因であったことが解っています。また脳の病気や耳・鼻の病気のときにも光視症の症状があらわれることもあります。このように光視症と一口に言っても様々な原因が考えられ、重い病気が潜んでいることもあるので、自覚症状があればまずは眼科を受診することが望ましいでしょう。

引用元-KENKOU SITE

キラキラしたものが見えるのは目ではなく脳が原因の場合も

冒頭にも書きましたが、視野のほぼ中心部(右寄りとか上よりとかのずれはあります。)がキラキラして歪んで見えなくなり、そのエリアがだんだん広がっていく現象です。

明るさや色までは阻害されないので、家の中や会社のオフィスなどのよく知っている場所を歩いて移動したりする分にはそれほどまでに支障がないのですが、パソコンや本はまともに見えないし、乗り物の運転もできません。コーヒーも怖くて入れられませんから、とりあえずは休憩するしかありません。

次第にそのエリアが拡大していったと思ったら、次第に中心部の視力が戻り始めます。最後はドーナツ状に視野の辺縁部だけがキラキラして、やがて消えます。全部で30分前後でしょうか?

この現象、いったい何なんでしょうか?実は医学的な名前がついています。閃輝暗点(Scintillating scotoma)といいます。

この現象は何によって発生しているかといえば、脳の血管の拡張が脳の視野を感じ取る部分を圧迫することによって生じると考えられています。血管が大きくなって周囲の脳組織を圧迫するために、そのような存在しないゆらゆらした光のゆがみが発生するのです。

引用元-官兵衛の覚え書き

閃輝暗点は片頭痛を伴う場合が多い

特に初めてこの症状を経験された方は、突然見え方がおかしくなったと感じるわけで、びっくりして眼科を訪れます。言葉で症状を表現するのは難しいのですが、キラキラとか、ギラギラしたとかいう光のようなものが見えて、それが動く感じがあり、その部分は見ようとしても見えなくなります。実は私も最近この症状を経験し、「ああ、これが閃輝暗点か」と、ある意味感激しました。それまで想像で患者さんには話をしていたわけですが、自分で体験してみてより具体的に話せるようになりました。私の場合は、モザイク状(よくテレビなどで顔をかくしたりするのにかけられているあれです)の部分が現れて少し広がり、中がギザギザ動く感じでした。片目ずつで見てみましたが、どっちで見てもモザイク状の部分は同じ形でありました。通常15~30分位で症状はおさまるので、眼科を受診するころにはこの症状はなくなっています。典型的にはその後に頭痛が出るのですが、(というより、片頭痛のある人の頭痛の前の前兆として閃輝暗点がみられることが多い)実は頭痛を伴わない方もかなりいます。症状自体は頭の見る機能に関係した部分の血管が一時的にけいれんをおこして血のめぐりが悪くなっておこるとされています。眼については何の異常もみられません。年齢が高い場合や繰り返す場合は一度頭の検査を受けることをおすすめします。

引用元-森村眼科クリニック

脳の病気の場合も

脳腫瘍でも起こる

片頭痛は、本人はつらいが、生命に危険を及ぼすような病気ではない。ただ、中高年で、閃輝暗点だけあって、その後に頭痛を伴わないような場合は要注意だ。血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性があるからだ。

動脈硬化、高血圧、糖尿病、高脂血症、不整脈など、血栓を起こす危険因子がないかどうか、全身の検査を受けるとよい。また、まれに年齢とは関係なく脳動静脈奇形や脳腫瘍などで起こることもあるので、コンピューター断層撮影法(CT)や核磁気共鳴映像法(MRI)による精密検査を受ける必要もある。

引用元-あなたの健康百科

まとめ
キラキラしたものが見える場合は眼科だけでなく内科などを受診したほうがいい場合もあるようです。

twitterの反応

 - 美容・健康