まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

      2016/05/18

 - 未分類, 美容・健康

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

虫歯治療後、麻酔が切れる時間や痛みについて

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。しかし、麻酔は時間が経てば切れてしまいますし、切れた後、痛かったりしますよね。そこで今回は、虫歯治療後麻酔が切れる時間などについて調べてみました。

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

生理痛の薬でアレルギー!?服用時の注意点とは

つらい生理痛の時は鎮痛剤で痛みを和らげる人もいるのではないでしょうか?しかし中には生理痛の薬でアレルギーが出てしまう人もいるようなので注意が必要です。今回は生理痛の薬について調べました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

筋トレを毎日やるのと隔日やるのとでどっちが有効

筋トレをしていると、効果がありそうで毎日続けていますが、隔日の方が効果は高いんだよと聞きました。毎日続けた方が良いに決まっているじゃん。いまいち納得が行かないので調べました。

大人になってからADHDの診断を病院でうけること

ADHDは発達障害の事ですが、子どもの頃に問題視されないで大人になってしまう場合も多いようです。なんか人と違うかな?くらいの時に家族や周りがADHDを疑い、病院で適切な診断を受けられれば早くに対策が練られたでしょう。

頭を強打した時は頭痛や様々な症状の変化を観察しましょう

頭を強打した場合、「たんこぶができれば大丈夫」とよく聞きませか?その言葉を鵜呑みにしてはいけません。今は医療の進歩によりきちんと検査ができます。症状をよく観察してください。頭痛やめまい、言語障害などの症状があったら、早めに受診しましょう。強打して意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

30分のウォーキングはダイエットにいい?どんな効果があるの?

ウォーキングは運動が苦手な人にもおすすめのダイエット方法ですね。ウォーキングで効果を期待するならば30分以上歩くといいと言われていますが実際はどうなのでしょうか?今回はウォーキングの効果について調べました。

歯痛に効くのは?カロナールとロキソニンどっち?

急に歯痛が!そんな時は痛み止めを飲みますね。痛み止めといえばカロナールとロキソニンが代表的ですが、この2つの薬の違いは何でしょう。今回は歯痛の原因とその対処法について調べました。

血圧を測るとき右手と左手どっちで測る?

血圧は血圧測定器があれば自宅でも測ることができますが、右手と左手ではどちらで測るのがいいのでしょうか?また右と左で、血圧の数値に違いがある場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は血圧の測り方について調べました。

ダイエットに大切な食事のバランス

食欲との戦いのダイエットは昔の話。極端な食事制限は体調のバランスを崩すばかりか、ストレスやリバウンドの原因になると聞きました。最近、気になりだしたお腹周りを学生時代に戻したいなぁ。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

一重と二重はどっちがいい?男女で好みは違う?

一重と二重ではどっちが異性にもてるのでしょうか?日本人は一重が多いので、二重に憧れる人が多いようです。しかしどっちがいいかは、男女によって意見が分かれるようです。今回は一重と二重はどっちがいいかを調べました。

後頭部が腫れて痛い!腫れの原因は?

後頭部が腫れていたりしこりになっていたりしていませんか?痛みがない場合は問題がないことが多いようですが、痛みを伴う場合は注意しましょう。今回は後頭部の腫れについて調べました。

皮膚科に行ってシミにバイバイ!ハイドロキノン治療

『あ、シミができてる…』鏡を見て気づいてしまったら。あなたは皮膚科に行ったことはありますか?ハイドロキノンという薬がシミに効くと話題です!一体どのようなものなのでしょうか?

うつ病の症状を訴える30代が増えてきた

働き盛りの30代は、責任感の強さから様々なストレスに悩まされます。自分だけは大丈夫と思っていても、知らない内にうつ病の症状を発症しているかも知れません。うつ病は誰にでも起こり得る病気です。うつ病に付いて調べました。

風邪やインフルエンザは同時に感染するのか?

今年もインフルエンザが流行しました。かかってしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、通常の風邪と一緒にインフルエンザに感染することがあるのでしょうか。また、インフルエンザのA型、B型なども同時にかかることはあるのでしょうか。

子供の頭痛はこんな病気から

子供が頭痛を訴えて苦しんでいたら、見ているだけでも辛いですよね。重い病気じゃないか、と心配になる保護者の方も多いでしょう。子供の頭痛には、どんな原因があるのでしょうか。調べてみました。

臍ヘルニアの手術とは?費用はどのくらい?入院はするの?

臍ヘルニアと聞くとなんだか重大な病気のように聞こえますが、つまりは出べそのこと。臍ヘルニアは自然に治る場合もありますが、手術となる場合もあります。手術することになった場合、入院期間や費用はどうなるのでしょうか?

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

癌の宣告を受けることは大変ショックなことです。苦しい治療や手術をしても再発の可能性がある恐ろしい病気です。もしも癌になった場合に余命宣告を受けたら、どう解釈すればいいのでしょうか。

膀胱炎とは

一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。膀胱炎のほとんどは、尿道から侵入した細菌の感染が原因で起こり、その多くは大腸菌によるものです。女性は男性と比較して尿道が短く、肛門や腟が尿道から近いところにあるため不潔になりやすく、細菌が侵入しやすいという特徴から、とくに女性に起こりやすい病気です。誘因としては、長時間トイレをがまんする、性行為、過労などによる抵抗力の低下、ストレスなどがあげられます。細菌以外の原因としては、ウイルス感染、放射線、薬剤によるものなどがありますが、頻度はそれほど多くありません。

引用元-急性膀胱炎とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

スポンサーリンク

  人気記事

膀胱炎の原因

病気には、どんなものにも原因があります。もちろん膀胱炎にもなってしまう原因があります。自然発生するものではありません。これは、尿を膀胱の中に溜める・排尿するという働きが、スムーズにできなくなってしまう病気です。そのほとんどが、細菌によって、膀胱が炎症を起こすことでなってしまいます。元々、膀胱内の尿には、細菌が少量ですが存在していますが、抵抗力があるため何も症状が出ないのです。ですが、体調が悪かったり、疲れやストレスなどで抵抗力が弱くなってしまうときがあります。こうなると、膀胱の中で細菌が増えてしまい、炎症を起こし、膀胱炎となるのです。膀胱炎を起こすものには様々な細菌がいますが、中でも8割を占めるのが大腸菌です。

引用元-膀胱炎の症状・原因について – 【膀胱炎撃退ガイド】

子供の膀胱炎の症状

赤ちゃんの膀胱炎では発熱や機嫌が悪いといった程度の症状が多いようです。症状が出ないこともあるため、膀胱炎であることに気付くのが難しいこともあります。赤ちゃんのちょっとした変化を見逃さないよう注意が必要です。

幼児になると、おなかや背中の痛み、排尿時の痛み、日中にパンツを濡らすといった症状が現れるようになります。場合によっては尿が臭ったり、尿に血液が混じることもあります。

小学生以上になると、トイレが近くなったり、排尿時に強い痛みや血尿が出ることもあります。高熱を伴う場合は腎盂腎炎の可能性が出てきます。

乳幼児で発熱を伴う場合は、膀胱尿管逆流症や、水腎症の可能性があります。これらは放置しておくと腎臓などに障害を起こすことがあるので、きちんと検査をしてもらうことが大切です。検査はエコー、排尿時膀胱造影などを行うようです。医師と相談して早めに検査をしてもらいましょう。

引用元-膀胱炎 | 子どもの健康と病気の情報サイト

膀胱炎の兆候、症状

・おしっこの回数が増える
・極端におしっこの回数が少なくなる
・おしっこの時に痛がる
・昼間におしっこを漏らす時がある
・機嫌がわるくなったり、むずがりやすくなったりする
・お腹や背中の痛みを訴える
・高熱(39~40℃)を出す
・下痢や嘔吐がある

むずがりや発熱、腹痛、下痢や嘔吐の場合には風邪など他の病気だと思い込んでしまって、見当外れの治療を受けてしまうこともあり、そうなると逆流による細菌感染が悪化して腎盂炎を起こしてしまうケースもあるので要注意です。

幼児の場合としてご説明していますが、幼児期に気付くきっかけがないと、4~5才になってもこのような症状を繰り返す場合や、小学校へ上がるまで気付かず、尿タンパクが出たからと病院へ行って見つかるケースもあります。

もしも上記のような症状に思い当たることがあれば早めに病院を受診しましょう。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

子供、幼児の膀胱炎で注意しなければならない点

小さな頃にあまり膀胱炎を繰り返すと、腎臓の成長に影響が出てしまいます。腎臓が大きく育たなかったり、機能が低下したりする可能性があります。

腎臓の機能が低下すると腎不全を起こす場合もあります。そうなると長期にわたって治療が必要になり、体の負担も大きくなるため、充分な注意が必要です。

成長とともに自然に症状が消えて行くなら特に心配はありませんが、腎臓に影響が残る可能性があるようなら早期の治療が必要になります。膀胱炎を繰り返すようなら、医師とよく相談して今後の方針を決めて下さい。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

まとめ
膀胱炎を繰り返す場合は、すぐ病院で診察を受けましょう。

twitterの反応

 - 未分類, 美容・健康