日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

      2016/05/18

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ポケモンの キャラの年齢が気になります

幼児から小学生まで人気のポケモン。原作者によると年齢を設定し...

車のブレーキの踏み方は何が正しい?

車のアクセルとブレーキの踏み方はすべて統一ではないのです。両...

火の色は温度によってどう違う?

火の色は身の回りで利用しているものを見てもいろいろと違います...

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書な...

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの...

『長い。。』更新プログラムのインストールが終わらない!

『さて、大学の宿題でもしようかな』とPCを立ち上げると「更新...

デスクトップのアイコンの画像を変更する方法

デスクトップにはショートカットアイコンが並んでいますね。この...

車の故障!?ブレーキでハンドルがガクガクする原因は?

車に乗っていてブレーキをかけるとハンドルなどがガクガクと揺れ...

テレビが映らない!?新築一戸建てを購入した場合のアンテナ設置

新築の一戸建てを購入した場合はテレビはそのままでは見ることは...

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあ...

地球の内部は未知。中心には何があるのか

科学が進歩した今、様々な情報を知る事が出来ますが、実は地球の...

病院にお見舞いに行くマナーは?夜の場合

病院にお見舞いに行くときは病院で定められている面会時間内でい...

バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプ...

メガネとコンタクトはどっちが疲れにくい?

視力が下がるとメガネかコンタクトをする必要があります。メガネ...

生活保護の受給の金額の平均はいくらぐらい?

病気持ちや障害者、幼い子を抱えた母子など本当に働けない人は生...

水槽の水草は買って来てすぐに枯れる事が多い

水草の種は陸で育ち、日光にもよく当たっています。お店で売られ...

マンションでの猫の飼い方

猫を飼いたい・・・。でも、マンションだし・・・と思っているあ...

着床してからの妊娠超初期症状!お腹の張りってどんな感じ?

妊娠超初期症状でお腹の張りを感じる人がいます。お腹の張りとよ...

機内に持ち込み出来るバッグってどんなバッグ?

旅行や仕事で飛行機を利用する際、注意したいのが機内に持ち込む...

スマホがフリーズ!電池パックがないXperia等はどうしたらいい!?

スマホ本体が熱を持ってフリーズ!ゲームなどに熱中するあまり動...

スポンサーリンク

膀胱炎とは

一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。膀胱炎のほとんどは、尿道から侵入した細菌の感染が原因で起こり、その多くは大腸菌によるものです。女性は男性と比較して尿道が短く、肛門や腟が尿道から近いところにあるため不潔になりやすく、細菌が侵入しやすいという特徴から、とくに女性に起こりやすい病気です。誘因としては、長時間トイレをがまんする、性行為、過労などによる抵抗力の低下、ストレスなどがあげられます。細菌以外の原因としては、ウイルス感染、放射線、薬剤によるものなどがありますが、頻度はそれほど多くありません。

引用元-急性膀胱炎とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

膀胱炎の原因

病気には、どんなものにも原因があります。もちろん膀胱炎にもなってしまう原因があります。自然発生するものではありません。これは、尿を膀胱の中に溜める・排尿するという働きが、スムーズにできなくなってしまう病気です。そのほとんどが、細菌によって、膀胱が炎症を起こすことでなってしまいます。元々、膀胱内の尿には、細菌が少量ですが存在していますが、抵抗力があるため何も症状が出ないのです。ですが、体調が悪かったり、疲れやストレスなどで抵抗力が弱くなってしまうときがあります。こうなると、膀胱の中で細菌が増えてしまい、炎症を起こし、膀胱炎となるのです。膀胱炎を起こすものには様々な細菌がいますが、中でも8割を占めるのが大腸菌です。

引用元-膀胱炎の症状・原因について – 【膀胱炎撃退ガイド】

子供の膀胱炎の症状

赤ちゃんの膀胱炎では発熱や機嫌が悪いといった程度の症状が多いようです。症状が出ないこともあるため、膀胱炎であることに気付くのが難しいこともあります。赤ちゃんのちょっとした変化を見逃さないよう注意が必要です。

幼児になると、おなかや背中の痛み、排尿時の痛み、日中にパンツを濡らすといった症状が現れるようになります。場合によっては尿が臭ったり、尿に血液が混じることもあります。

小学生以上になると、トイレが近くなったり、排尿時に強い痛みや血尿が出ることもあります。高熱を伴う場合は腎盂腎炎の可能性が出てきます。

乳幼児で発熱を伴う場合は、膀胱尿管逆流症や、水腎症の可能性があります。これらは放置しておくと腎臓などに障害を起こすことがあるので、きちんと検査をしてもらうことが大切です。検査はエコー、排尿時膀胱造影などを行うようです。医師と相談して早めに検査をしてもらいましょう。

引用元-膀胱炎 | 子どもの健康と病気の情報サイト

膀胱炎の兆候、症状

・おしっこの回数が増える
・極端におしっこの回数が少なくなる
・おしっこの時に痛がる
・昼間におしっこを漏らす時がある
・機嫌がわるくなったり、むずがりやすくなったりする
・お腹や背中の痛みを訴える
・高熱(39~40℃)を出す
・下痢や嘔吐がある

むずがりや発熱、腹痛、下痢や嘔吐の場合には風邪など他の病気だと思い込んでしまって、見当外れの治療を受けてしまうこともあり、そうなると逆流による細菌感染が悪化して腎盂炎を起こしてしまうケースもあるので要注意です。

幼児の場合としてご説明していますが、幼児期に気付くきっかけがないと、4~5才になってもこのような症状を繰り返す場合や、小学校へ上がるまで気付かず、尿タンパクが出たからと病院へ行って見つかるケースもあります。

もしも上記のような症状に思い当たることがあれば早めに病院を受診しましょう。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

子供、幼児の膀胱炎で注意しなければならない点

小さな頃にあまり膀胱炎を繰り返すと、腎臓の成長に影響が出てしまいます。腎臓が大きく育たなかったり、機能が低下したりする可能性があります。

腎臓の機能が低下すると腎不全を起こす場合もあります。そうなると長期にわたって治療が必要になり、体の負担も大きくなるため、充分な注意が必要です。

成長とともに自然に症状が消えて行くなら特に心配はありませんが、腎臓に影響が残る可能性があるようなら早期の治療が必要になります。膀胱炎を繰り返すようなら、医師とよく相談して今後の方針を決めて下さい。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

まとめ
膀胱炎を繰り返す場合は、すぐ病院で診察を受けましょう。

twitterの反応

 - 未分類, 美容・健康

ページ
上部へ