まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

      2016/05/18

 - 未分類, 美容・健康

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

生理痛の薬でアレルギー!?服用時の注意点とは

つらい生理痛の時は鎮痛剤で痛みを和らげる人もいるのではないでしょうか?しかし中には生理痛の薬でアレルギーが出てしまう人もいるようなので注意が必要です。今回は生理痛の薬について調べました。

貧血の症状と病院での処方

貧血でお悩みの方も多いことでしょう。貧血にも多くの種類がありますが、症状の重さは様々です。普段の生活に支障をきたす場合もあります。貧血の症状はどういったものなのでしょうか。その場合の病院での処方について調べてみました。

ステロイドの副作用!? 内服の場合はどんな副作用がある?

ステロイドは皮膚科などでもらう塗り薬などの外用薬の他に、内服薬もあります。ステロイドの内服薬によって、治療に大きな効果がみられる場合もありますが、副作用が起きることもあります。今回はステロイド内服薬の副作用について調べました。

歯痛に効くのは?カロナールとロキソニンどっち?

急に歯痛が!そんな時は痛み止めを飲みますね。痛み止めといえばカロナールとロキソニンが代表的ですが、この2つの薬の違いは何でしょう。今回は歯痛の原因とその対処法について調べました。

後頭部に痛みが一瞬走る…。これって何!?

あなたは、日常生活のふとした瞬間に後頭部に一瞬ズキンと痛みが走ったことはありませんか?自分だけかと思いきや、多くの人が同じようにこの痛みを感じ、これは何だろうか?と疑問に思っているようです。この謎の痛みについてまとめました。

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

頭を強打してたんこぶができてしまうことがありますね。たんこぶができた時はどうしたらいいのでしょうか。たんこぶができて、さらにほかの症状がある場合は注意が必要なようです。今回はたんこぶができた場合の対処法を調べました。

ノンアルコールビールは飲んでも大丈夫?肝臓への影響は

肝臓はアルコールを摂取した場合に影響が出やすい臓器です。そのため、お酒を飲む人は休肝日を作る必要がありますね。ところでノンアルコールビールは肝臓への影響はないのでしょうか?

ADHDの診断は年齢で変わるのか

子どもが、集団生活の始まる年齢になると何かしら気になるものです。他の子たちとの協調が上手くいかないので、病院へ行くとADHDと診断されることが有ります。ADHDの症状は年齢で変わるのでしょうか?

足にできるタコとウオノメの違いとは?その取り方と予防法

サイズの合わない靴などを履いていると足にタコや、ウオノメができやすいようです。タコとウオノメはでき方は似ていますが、対処法は異なります。今回はタコとウオノメの取り方について調べました。

卵巣の検査が必要?生理後のおなかの痛みの原因とは

生理中に下腹部の痛みがある人は多いですね。しかし生理後にも下腹部が痛むという方は子宮や卵巣に関する病気の可能性もあるので検査をした方がいいかもしれません。特に卵巣は自覚症状がなく病気が進むので痛みが出た場合は注意が必要です。

卵巣の腫れが3センチと言われた…!卵巣腫瘍にご注意を

卵巣は通常ソラマメくらいの大きさですが、3センチくらいに腫れてしまうと要注意。それ、卵巣腫瘍の可能性があります。卵巣腫瘍とはなんなのでしょうか?そして、診断を受けたらどうなるのでしょうか?

大人になってから突然出てくる鼻血は病気?

子どもの頃は良く出していた鼻血。大人になって久しく忘れていたのに、突然出てくると「えっ!何かした?」なんてビックリします。大人になってからの突然出てくる鼻血は病気とは関係無いのでしょうか。

タバコを止めたいあなたへ~タール&ニコチンの害~

この記事を開いたあなたはタバコを止めたいと思っているのですよね?「わかってはいるけど、止められない…」と悩んではいませんか?悩んでいると、余計タバコに依存してしまうかもしれません。ではどうすればいいのでしょうか?答えは案外シンプルだったりするのです。

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

腕の筋肉が痛い!その原因と対処法

腕の筋肉が痛くなるのには色々な原因がありますね。腕の筋肉が痛くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は腕の筋肉が痛くなる原因と対処法を調べましたので腕が痛い!という人は参考にしてみてください。

後頭部が腫れて痛い!腫れの原因は?

後頭部が腫れていたりしこりになっていたりしていませんか?痛みがない場合は問題がないことが多いようですが、痛みを伴う場合は注意しましょう。今回は後頭部の腫れについて調べました。

Twitterで友達の探し方はどうやるの?

Twitterは有名人もそうでない人も、ニュースや話題のことをつぶやいています。新たな見解が見つかったり、分からないことが分かったりします。つぶやきなので、堅苦しい言葉遣いや文法なども気にせずに、気楽に発信できます。きっとあなたの世界が広がることでしょう。

もしも都立高校受験日にインフルエンザにかかったらどうする?

2016年が明けてからインフルエンザの猛威はすごいものでしたね。この時期は都立高校などの受験があるので体調管理には本当に気を使います。もしも都立高校受験日にインフルエンザに罹ったらどうしたらいいのでしょうか。

ダウン症は胎児の時にわかる?成長とともにみられる特徴とは

妊娠中の胎児のエコーなどからダウン症かどうかは判断できるのでしょうか?胎児の成長とともにダウン症である場合はその特徴がはっきり見られるようになるのでしょうか?また、発育過程は?今回はダウン症について調べました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

膀胱炎とは

一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。膀胱炎のほとんどは、尿道から侵入した細菌の感染が原因で起こり、その多くは大腸菌によるものです。女性は男性と比較して尿道が短く、肛門や腟が尿道から近いところにあるため不潔になりやすく、細菌が侵入しやすいという特徴から、とくに女性に起こりやすい病気です。誘因としては、長時間トイレをがまんする、性行為、過労などによる抵抗力の低下、ストレスなどがあげられます。細菌以外の原因としては、ウイルス感染、放射線、薬剤によるものなどがありますが、頻度はそれほど多くありません。

引用元-急性膀胱炎とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

スポンサーリンク

  人気記事

膀胱炎の原因

病気には、どんなものにも原因があります。もちろん膀胱炎にもなってしまう原因があります。自然発生するものではありません。これは、尿を膀胱の中に溜める・排尿するという働きが、スムーズにできなくなってしまう病気です。そのほとんどが、細菌によって、膀胱が炎症を起こすことでなってしまいます。元々、膀胱内の尿には、細菌が少量ですが存在していますが、抵抗力があるため何も症状が出ないのです。ですが、体調が悪かったり、疲れやストレスなどで抵抗力が弱くなってしまうときがあります。こうなると、膀胱の中で細菌が増えてしまい、炎症を起こし、膀胱炎となるのです。膀胱炎を起こすものには様々な細菌がいますが、中でも8割を占めるのが大腸菌です。

引用元-膀胱炎の症状・原因について – 【膀胱炎撃退ガイド】

子供の膀胱炎の症状

赤ちゃんの膀胱炎では発熱や機嫌が悪いといった程度の症状が多いようです。症状が出ないこともあるため、膀胱炎であることに気付くのが難しいこともあります。赤ちゃんのちょっとした変化を見逃さないよう注意が必要です。

幼児になると、おなかや背中の痛み、排尿時の痛み、日中にパンツを濡らすといった症状が現れるようになります。場合によっては尿が臭ったり、尿に血液が混じることもあります。

小学生以上になると、トイレが近くなったり、排尿時に強い痛みや血尿が出ることもあります。高熱を伴う場合は腎盂腎炎の可能性が出てきます。

乳幼児で発熱を伴う場合は、膀胱尿管逆流症や、水腎症の可能性があります。これらは放置しておくと腎臓などに障害を起こすことがあるので、きちんと検査をしてもらうことが大切です。検査はエコー、排尿時膀胱造影などを行うようです。医師と相談して早めに検査をしてもらいましょう。

引用元-膀胱炎 | 子どもの健康と病気の情報サイト

膀胱炎の兆候、症状

・おしっこの回数が増える
・極端におしっこの回数が少なくなる
・おしっこの時に痛がる
・昼間におしっこを漏らす時がある
・機嫌がわるくなったり、むずがりやすくなったりする
・お腹や背中の痛みを訴える
・高熱(39~40℃)を出す
・下痢や嘔吐がある

むずがりや発熱、腹痛、下痢や嘔吐の場合には風邪など他の病気だと思い込んでしまって、見当外れの治療を受けてしまうこともあり、そうなると逆流による細菌感染が悪化して腎盂炎を起こしてしまうケースもあるので要注意です。

幼児の場合としてご説明していますが、幼児期に気付くきっかけがないと、4~5才になってもこのような症状を繰り返す場合や、小学校へ上がるまで気付かず、尿タンパクが出たからと病院へ行って見つかるケースもあります。

もしも上記のような症状に思い当たることがあれば早めに病院を受診しましょう。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

子供、幼児の膀胱炎で注意しなければならない点

小さな頃にあまり膀胱炎を繰り返すと、腎臓の成長に影響が出てしまいます。腎臓が大きく育たなかったり、機能が低下したりする可能性があります。

腎臓の機能が低下すると腎不全を起こす場合もあります。そうなると長期にわたって治療が必要になり、体の負担も大きくなるため、充分な注意が必要です。

成長とともに自然に症状が消えて行くなら特に心配はありませんが、腎臓に影響が残る可能性があるようなら早期の治療が必要になります。膀胱炎を繰り返すようなら、医師とよく相談して今後の方針を決めて下さい。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

まとめ
膀胱炎を繰り返す場合は、すぐ病院で診察を受けましょう。

twitterの反応

 - 未分類, 美容・健康