日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

      2016/05/18

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

スポンサーリンク

膀胱炎とは

一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。膀胱炎のほとんどは、尿道から侵入した細菌の感染が原因で起こり、その多くは大腸菌によるものです。女性は男性と比較して尿道が短く、肛門や腟が尿道から近いところにあるため不潔になりやすく、細菌が侵入しやすいという特徴から、とくに女性に起こりやすい病気です。誘因としては、長時間トイレをがまんする、性行為、過労などによる抵抗力の低下、ストレスなどがあげられます。細菌以外の原因としては、ウイルス感染、放射線、薬剤によるものなどがありますが、頻度はそれほど多くありません。

引用元-急性膀胱炎とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

膀胱炎の原因

病気には、どんなものにも原因があります。もちろん膀胱炎にもなってしまう原因があります。自然発生するものではありません。これは、尿を膀胱の中に溜める・排尿するという働きが、スムーズにできなくなってしまう病気です。そのほとんどが、細菌によって、膀胱が炎症を起こすことでなってしまいます。元々、膀胱内の尿には、細菌が少量ですが存在していますが、抵抗力があるため何も症状が出ないのです。ですが、体調が悪かったり、疲れやストレスなどで抵抗力が弱くなってしまうときがあります。こうなると、膀胱の中で細菌が増えてしまい、炎症を起こし、膀胱炎となるのです。膀胱炎を起こすものには様々な細菌がいますが、中でも8割を占めるのが大腸菌です。

引用元-膀胱炎の症状・原因について – 【膀胱炎撃退ガイド】

子供の膀胱炎の症状

赤ちゃんの膀胱炎では発熱や機嫌が悪いといった程度の症状が多いようです。症状が出ないこともあるため、膀胱炎であることに気付くのが難しいこともあります。赤ちゃんのちょっとした変化を見逃さないよう注意が必要です。

幼児になると、おなかや背中の痛み、排尿時の痛み、日中にパンツを濡らすといった症状が現れるようになります。場合によっては尿が臭ったり、尿に血液が混じることもあります。

小学生以上になると、トイレが近くなったり、排尿時に強い痛みや血尿が出ることもあります。高熱を伴う場合は腎盂腎炎の可能性が出てきます。

乳幼児で発熱を伴う場合は、膀胱尿管逆流症や、水腎症の可能性があります。これらは放置しておくと腎臓などに障害を起こすことがあるので、きちんと検査をしてもらうことが大切です。検査はエコー、排尿時膀胱造影などを行うようです。医師と相談して早めに検査をしてもらいましょう。

引用元-膀胱炎 | 子どもの健康と病気の情報サイト

膀胱炎の兆候、症状

・おしっこの回数が増える
・極端におしっこの回数が少なくなる
・おしっこの時に痛がる
・昼間におしっこを漏らす時がある
・機嫌がわるくなったり、むずがりやすくなったりする
・お腹や背中の痛みを訴える
・高熱(39~40℃)を出す
・下痢や嘔吐がある

むずがりや発熱、腹痛、下痢や嘔吐の場合には風邪など他の病気だと思い込んでしまって、見当外れの治療を受けてしまうこともあり、そうなると逆流による細菌感染が悪化して腎盂炎を起こしてしまうケースもあるので要注意です。

幼児の場合としてご説明していますが、幼児期に気付くきっかけがないと、4~5才になってもこのような症状を繰り返す場合や、小学校へ上がるまで気付かず、尿タンパクが出たからと病院へ行って見つかるケースもあります。

もしも上記のような症状に思い当たることがあれば早めに病院を受診しましょう。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

子供、幼児の膀胱炎で注意しなければならない点

小さな頃にあまり膀胱炎を繰り返すと、腎臓の成長に影響が出てしまいます。腎臓が大きく育たなかったり、機能が低下したりする可能性があります。

腎臓の機能が低下すると腎不全を起こす場合もあります。そうなると長期にわたって治療が必要になり、体の負担も大きくなるため、充分な注意が必要です。

成長とともに自然に症状が消えて行くなら特に心配はありませんが、腎臓に影響が残る可能性があるようなら早期の治療が必要になります。膀胱炎を繰り返すようなら、医師とよく相談して今後の方針を決めて下さい。

引用元-幼児の膀胱炎で親が注意すべき、大人と異なる症状 | 健康生活

まとめ
膀胱炎を繰り返す場合は、すぐ病院で診察を受けましょう。

twitterの反応

 - 未分類, 美容・健康

ページ
上部へ