まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

蕁麻疹の原因は肝臓から?

      2016/05/18

 - 美容・健康

蕁麻疹に悩まされてはいないでしょうか。痒くて夜もまともに寝られないということがあると思います。蕁麻疹の原因は何なのでしょうか。また、肝臓が関係しているのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

筋肉量の平均以上を男なら目指そう

体脂肪率も気になりますが、男なら筋肉量も気になります。筋肉量の平均値はいくらか、筋肉量にこだわらなければならない理由。マッチョな体ではなくても良いが、せめて平均に近づけたい。

インフルエンザになったら鼻が臭い?その原因とは?

インフルエンザが治ったと思ったら、鼻が臭い!と感じる人も中にはいるようです。インフルエンザウイルスが、鼻腔に入り込むことで炎症を起こすことがあるようですが、その場合はどうしたらいいのでしょうか。今回はインフルエンザの後に鼻が臭い原因と対処法について調べました。

妊娠初期はつわりが大変!仕事のやる気が出ない時はどうする?

妊娠初期はつわりなどの症状があり、精神的にも不安定になりやすい時期です。仕事をしている人はやる気が出なかったり、大変なことも多いでしょう。今回は妊娠初期の仕事について調べました。

頭を強打した時は頭痛や様々な症状の変化を観察しましょう

頭を強打した場合、「たんこぶができれば大丈夫」とよく聞きませか?その言葉を鵜呑みにしてはいけません。今は医療の進歩によりきちんと検査ができます。症状をよく観察してください。頭痛やめまい、言語障害などの症状があったら、早めに受診しましょう。強打して意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

アスペルガー症候群の診断名がなくなる?なくなったワケとは?

アスペルガー症候群とは、言葉や知的な遅れがない自閉症のことをいい、ある程度成長しないと見つかりにくい障害と言われています。今後このアスペルガー症候群の診断名は統合されてなくなるといいます。なぜ診断名はなくなることになったのでしょうか?

一重と二重はどっちがいい?男女で好みは違う?

一重と二重ではどっちが異性にもてるのでしょうか?日本人は一重が多いので、二重に憧れる人が多いようです。しかしどっちがいいかは、男女によって意見が分かれるようです。今回は一重と二重はどっちがいいかを調べました。

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

寝起きに心臓がドキドキ(動悸)することって良くありますよね。そんな時は、少なからず大丈夫かなぁと自分の心臓に問いかけるように心配になるものです。何か心当たりでもある場合は別ですが、何も無い場合はなおさら。ドキドキ(動悸)の原因を探るべく調べました。

眼鏡の度数はどのくらい?度数がきついといけない理由

目が悪くなると眼鏡やコンタクトを眼科などで作らないといけませんが、その眼鏡の度数はどのくらいになっていますか?度数がきついと目にもよくないようです。今回は眼鏡の度数について調べました。

女性と男性の年齢の見分け方

買い物に出かけた時など、初めて見る人に会います。様々な人がいる中で、年齢も様々ですが、何歳か全く見当がつかないこともありますよね。年齢を見分けるとき、どのようなところを意識すればよいのでしょうか。詳しく調べてみました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

インフルエンザの薬と子供

風邪をひくことはよくありますが、インフルエンザにはかかりたくありません。高熱といった症状に悩まされることもあります。最近では様々なインフルエンザに効く薬がありますが、子供が服用する場合はどうなのでしょうか。インフルエンザの薬と子供について調べてみました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

皮膚科に行ってシミにバイバイ!ハイドロキノン治療

『あ、シミができてる…』鏡を見て気づいてしまったら。あなたは皮膚科に行ったことはありますか?ハイドロキノンという薬がシミに効くと話題です!一体どのようなものなのでしょうか?

5歳の虫歯治療の麻酔は

虫歯で悩まれている方も多いと思います。しかし、5歳の子供たちの虫歯治療となると大変です。その場合、治療の麻酔や注意事項はどうなのでしょうか。今回は、5歳の虫歯治療の麻酔について調べてみました。

歯の神経を取るのはどんな時?取った後はどうなる?

歯にはそれぞれ神経が通っています。歯の神経にはどのような役割があるのでしょうか?また、虫歯などで神経を取る場合はどのようの状態の時なのでしょうか?今回は歯の神経について調べました。

禁煙で見られる効果と症状の時系列

禁煙をすると体に良いことは解っている。なかなか切っ掛けをつかめないし、踏み切れない自分が歯がゆい。一番気になるのが、禁煙をした時の症状と効果。時系列にどの様な効果と症状があるのか調べました。

体脂肪率を10%減らす為の食事

最近気になりだしたお腹を何とかしたいと思うと、体脂肪率はとても気になるもの。せめて、10%減らすことが出来たら…。かといって、食事を急激に減らしたダイエットは、辛い上にリバウンドが怖い。日頃の食事を続けながら、無理なく減らす方法は無い物か調べてみました。

親知らず抜歯後の穴に白いものが…

歯医者はハッキリ言って嫌いですが、とうとう親知らずを抜歯する事になりました。痛い思いをして抜いた跡をおそるおそるのぞいてみると、白いものが見えます。えっ!骨?いや、チョット違う。

ノンアルコールビールは飲んでも大丈夫?肝臓への影響は

肝臓はアルコールを摂取した場合に影響が出やすい臓器です。そのため、お酒を飲む人は休肝日を作る必要がありますね。ところでノンアルコールビールは肝臓への影響はないのでしょうか?

蕁麻疹とは

私たちの皮膚の表面には角層(表皮の最外層)があり、外部の刺激物などの侵入からからだを守る役目をしています。角層の下に表皮と真皮がありますが、真皮には蕁麻疹の原因となるヒスタミンなどを蓄えている肥満細胞(マスト細胞とも呼ばれます)が存在します。肥満細胞が何らかの刺激を受けると、ヒスタミンなどが放出されます。このヒスタミンが皮膚の毛細血管に作用すると、血液成分が血管外へ漏れ出して皮膚にミミズ腫れ、ブツブツ(膨疹)や赤み(紅斑)が生じ、また、皮膚に存在する神経に作用してかゆみを生じます。その発生機序には、アレルギー性と非アレルギー性とがあります。

引用元-蕁麻疹 どんな病気? | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

スポンサーリンク

  人気記事

蕁麻疹の症状

じんましんは、最初に蚊に刺されたときのような赤いふくらみがポツッとあらわれ、それがだんだんと広がったり、体のあらゆるところに出てきたりします。そのときには、かゆくて仕方ありませんが、やがて跡形もなく消えてしまうのが非常に特徴的です。数分から数時間で消えることがほとんどですが、半日から一日程度続くこともあります。

このような症状を「じんましん」と呼ぶのは、蕁麻(じんま)(別名イラクサ)という植物の葉に触れたときにあらわれる皮膚症状によく似ているためです。植物の名前が由来だったんですね。

さて、じんましんであらわれる膨疹(ぼうしん)は2~3mmの円形、楕円形のものから、直径10cm以上の地図状のものまでさまざまです。一ヶ所にできたかと思うと消え、また別の場所に出てくる、というようなこともあります。症状が強い場合は、次々と新しい膨湿ができ、広い範囲に広がることも。多くは、かゆみを伴いますが、チクチクとした痛みや、焼けるような痛みを感じることもあります。

また、まれに、まぶたや唇などが腫れたり、気道や腸の粘膜が腫れ、息苦しさや下痢などの消化器症状を起こしたりすることもあります。そのような場合は危険な状態ですので、病院を受診しましょう。

引用元-じんましんは、なぜなるの?どう対処する? [湿疹・皮膚炎] All About

蕁麻疹の原因と肝臓の関係

まず大人の蕁麻疹の原因ですが、風邪のような感染症のあと起こるものが10-20%、食物アレルギーで起こるものが5-10%、内臓疾患とくに肝機能障害によっておこるものが5%程度、薬剤の副作用で起こるものが2-3%、残りの約70%は原因不明です。その中で、特に1か月以上治らないものを慢性蕁麻疹といいますが、その原因として、最近ではヘリコバクターピロリ菌による慢性胃炎と慢性蕁麻疹の関係が注目されています。しかし、やはり多いのはB型およびC型ウイルス性肝炎です。ところで、肝機能検査およびB型、C型肝炎ウイルス性の検査は日本中どこの病院でも簡単に出来ます。したがって、まず最寄の病医院をおかかりになり、検査して頂いては如何でしょうか?蕁麻疹の原因はわからなくても、肝臓が大丈夫なら当面のご心配は解消すると思うのですが。

引用元-じんましんと肝臓の関係は? – 病気 | 【OKWAVE】

蕁麻疹の原因は肝臓なのか

蕁麻疹が出ると肝臓が悪いのではと考えてしまう人もいると思います。しかし、必ずしもそうではありません。そもそも蕁麻疹とは急性皮膚病の1つでアレルギーが関係しているものとそうでないものがあります。症状としては、皮膚の灼熱感やかゆみを伴う発疹が生じ、発作的に反復して発疹が出てきます。ひどければ気道内にも浮腫が現れ、呼吸困難になり死亡してしまう場合もあります。蕁麻疹等が出る原因は免疫能力が落ちているときが出やすいと言われています。ここで肝臓も関係してきます。個人差はあると思いますが、肝臓の悪い人は夜間の睡眠も浅く、障害のため体の老廃物等が完全に取り除かれないのでなかなか疲労が取れず、免疫が落ちてしまいます。

引用元-蕁麻疹の原因は肝臓なのか。蕁麻疹の対処法

蕁麻疹の対処法

日頃の体調管理は大切になってきます。どのような病気でも体の中をキレイにしなければなりません。まずは水をしっかり摂ること。体の60%は水で構成されているので循環が悪ければ体の水も悪くなってきてしまいます。そうなれば、老廃物が溜まり体は不健康になる可能性があります。なので、目安として1日2?水を飲むのが良いでしょう。あとは栄養をしっかり摂ることです。現代は栄養がなかなか摂れず、栄養バランスが偏っている方が多いようです。栄養バランスが偏りがちな方はサプリメントを摂るとバランスの調整が出来ます。それとプラス、プロテインを飲むと免疫も強くなります。プロテインはタンパク質なので、肌にも関係してきます。体の中から健康になりましょう。

引用元-蕁麻疹の原因は肝臓なのか。蕁麻疹の対処法

まとめ
蕁麻疹がなおらない場合は、病院で診てもらうことをお勧めします。

twitterの反応

https://twitter.com/Momo111Honey222/status/725451463309193216

 - 美容・健康