まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

蕁麻疹の原因は肝臓から?

      2016/05/18

 - 美容・健康

蕁麻疹に悩まされてはいないでしょうか。痒くて夜もまともに寝られないということがあると思います。蕁麻疹の原因は何なのでしょうか。また、肝臓が関係しているのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

舌を噛むには原因があった!?その原因と出血した時の対処法

食事中などに舌を噛んで出血したことがある人はたくさんいる事でしょう。中には無意識に噛んでいる人もいるのではないでしょうか。実は舌を噛むという事には原因があったのです。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

筋トレを毎日やるのと隔日やるのとでどっちが有効

筋トレをしていると、効果がありそうで毎日続けていますが、隔日の方が効果は高いんだよと聞きました。毎日続けた方が良いに決まっているじゃん。いまいち納得が行かないので調べました。

5歳の虫歯治療の麻酔は

虫歯で悩まれている方も多いと思います。しかし、5歳の子供たちの虫歯治療となると大変です。その場合、治療の麻酔や注意事項はどうなのでしょうか。今回は、5歳の虫歯治療の麻酔について調べてみました。

腕の筋肉が痛い!その原因と対処法

腕の筋肉が痛くなるのには色々な原因がありますね。腕の筋肉が痛くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は腕の筋肉が痛くなる原因と対処法を調べましたので腕が痛い!という人は参考にしてみてください。

体脂肪率を10%減らす為の食事

最近気になりだしたお腹を何とかしたいと思うと、体脂肪率はとても気になるもの。せめて、10%減らすことが出来たら…。かといって、食事を急激に減らしたダイエットは、辛い上にリバウンドが怖い。日頃の食事を続けながら、無理なく減らす方法は無い物か調べてみました。

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

癌の宣告を受けることは大変ショックなことです。苦しい治療や手術をしても再発の可能性がある恐ろしい病気です。もしも癌になった場合に余命宣告を受けたら、どう解釈すればいいのでしょうか。

毎日ランニングを30分続けて健康な体を作る

ジョギングを毎日続けることは難しいし、しかも30分となるとなおさらです。三日坊主の私にはハードルの高い問題ですので、楽しく続づける方法と効果を理解すれば、三日坊主にならないかもと思い調べました。

虫歯治療の麻酔使用直後に食事

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。麻酔は治療が終わった後も効果が続いています。そのようなときに食事はいつからとっていいのでしょうか。そこで今回は、虫歯治療の麻酔使用後の食事について調べてみました。

背筋を筋トレで毎日鍛える

毎日、筋トレをしても良いものか、ある程度時間をおいた方が良いのか悩むところです。腹筋や背筋は大丈夫だと聞いたことがあり、最も友好的な筋トレの方法は何か調べて見ました。ダイエットにも繋がると嬉しい。

腹痛に下痢!微熱まであるのはどんな病気?

腹痛から下痢になるととてもつらいですね。そのうえ微熱まで出てしまった場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。今回は腹痛、下痢、微熱を伴う症状の病気について調べました。

足にできるタコとウオノメの違いとは?その取り方と予防法

サイズの合わない靴などを履いていると足にタコや、ウオノメができやすいようです。タコとウオノメはでき方は似ていますが、対処法は異なります。今回はタコとウオノメの取り方について調べました。

身体測定前に実践☆身長を簡単に伸ばす方法まとめ

『あと1cmあれば170cmなのに…』身体測定を前に、あと少し身長を伸ばしたいあなたへ!簡単に身長を伸ばす方法があります!これを見てぜひ試してみてください♪少し気をつけるだけで結果が変わるので驚きですよ☆

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

生理痛の薬でアレルギー!?服用時の注意点とは

つらい生理痛の時は鎮痛剤で痛みを和らげる人もいるのではないでしょうか?しかし中には生理痛の薬でアレルギーが出てしまう人もいるようなので注意が必要です。今回は生理痛の薬について調べました。

鼻水が透明なときとネバネバのときの違いは?

鼻水って、透明でサラサラしたものが出るときと、ネバネバしたものが出るときありませんか?とくに子供とかよく風邪なんか引いて鼻水しょっちゅうたらしてますが、鼻水が透明なときと、ネバネバしているとき、どう違うんでしょうか?詳しく、調べてみました!

病院に入院!医師やスタッフへのお礼はどうする?

ケガや病気などで病院に入院すると、医師やスタッフなどいろんな人のお世話になりますね。その際のお礼はどうしたらいいのでしょうか。今回は入院時の病院へのお礼は必要なのかどうか調べてみました。

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

風邪やインフルエンザは同時に感染するのか?

今年もインフルエンザが流行しました。かかってしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、通常の風邪と一緒にインフルエンザに感染することがあるのでしょうか。また、インフルエンザのA型、B型なども同時にかかることはあるのでしょうか。

蕁麻疹とは

私たちの皮膚の表面には角層(表皮の最外層)があり、外部の刺激物などの侵入からからだを守る役目をしています。角層の下に表皮と真皮がありますが、真皮には蕁麻疹の原因となるヒスタミンなどを蓄えている肥満細胞(マスト細胞とも呼ばれます)が存在します。肥満細胞が何らかの刺激を受けると、ヒスタミンなどが放出されます。このヒスタミンが皮膚の毛細血管に作用すると、血液成分が血管外へ漏れ出して皮膚にミミズ腫れ、ブツブツ(膨疹)や赤み(紅斑)が生じ、また、皮膚に存在する神経に作用してかゆみを生じます。その発生機序には、アレルギー性と非アレルギー性とがあります。

引用元-蕁麻疹 どんな病気? | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

スポンサーリンク

  人気記事

蕁麻疹の症状

じんましんは、最初に蚊に刺されたときのような赤いふくらみがポツッとあらわれ、それがだんだんと広がったり、体のあらゆるところに出てきたりします。そのときには、かゆくて仕方ありませんが、やがて跡形もなく消えてしまうのが非常に特徴的です。数分から数時間で消えることがほとんどですが、半日から一日程度続くこともあります。

このような症状を「じんましん」と呼ぶのは、蕁麻(じんま)(別名イラクサ)という植物の葉に触れたときにあらわれる皮膚症状によく似ているためです。植物の名前が由来だったんですね。

さて、じんましんであらわれる膨疹(ぼうしん)は2~3mmの円形、楕円形のものから、直径10cm以上の地図状のものまでさまざまです。一ヶ所にできたかと思うと消え、また別の場所に出てくる、というようなこともあります。症状が強い場合は、次々と新しい膨湿ができ、広い範囲に広がることも。多くは、かゆみを伴いますが、チクチクとした痛みや、焼けるような痛みを感じることもあります。

また、まれに、まぶたや唇などが腫れたり、気道や腸の粘膜が腫れ、息苦しさや下痢などの消化器症状を起こしたりすることもあります。そのような場合は危険な状態ですので、病院を受診しましょう。

引用元-じんましんは、なぜなるの?どう対処する? [湿疹・皮膚炎] All About

蕁麻疹の原因と肝臓の関係

まず大人の蕁麻疹の原因ですが、風邪のような感染症のあと起こるものが10-20%、食物アレルギーで起こるものが5-10%、内臓疾患とくに肝機能障害によっておこるものが5%程度、薬剤の副作用で起こるものが2-3%、残りの約70%は原因不明です。その中で、特に1か月以上治らないものを慢性蕁麻疹といいますが、その原因として、最近ではヘリコバクターピロリ菌による慢性胃炎と慢性蕁麻疹の関係が注目されています。しかし、やはり多いのはB型およびC型ウイルス性肝炎です。ところで、肝機能検査およびB型、C型肝炎ウイルス性の検査は日本中どこの病院でも簡単に出来ます。したがって、まず最寄の病医院をおかかりになり、検査して頂いては如何でしょうか?蕁麻疹の原因はわからなくても、肝臓が大丈夫なら当面のご心配は解消すると思うのですが。

引用元-じんましんと肝臓の関係は? – 病気 | 【OKWAVE】

蕁麻疹の原因は肝臓なのか

蕁麻疹が出ると肝臓が悪いのではと考えてしまう人もいると思います。しかし、必ずしもそうではありません。そもそも蕁麻疹とは急性皮膚病の1つでアレルギーが関係しているものとそうでないものがあります。症状としては、皮膚の灼熱感やかゆみを伴う発疹が生じ、発作的に反復して発疹が出てきます。ひどければ気道内にも浮腫が現れ、呼吸困難になり死亡してしまう場合もあります。蕁麻疹等が出る原因は免疫能力が落ちているときが出やすいと言われています。ここで肝臓も関係してきます。個人差はあると思いますが、肝臓の悪い人は夜間の睡眠も浅く、障害のため体の老廃物等が完全に取り除かれないのでなかなか疲労が取れず、免疫が落ちてしまいます。

引用元-蕁麻疹の原因は肝臓なのか。蕁麻疹の対処法

蕁麻疹の対処法

日頃の体調管理は大切になってきます。どのような病気でも体の中をキレイにしなければなりません。まずは水をしっかり摂ること。体の60%は水で構成されているので循環が悪ければ体の水も悪くなってきてしまいます。そうなれば、老廃物が溜まり体は不健康になる可能性があります。なので、目安として1日2?水を飲むのが良いでしょう。あとは栄養をしっかり摂ることです。現代は栄養がなかなか摂れず、栄養バランスが偏っている方が多いようです。栄養バランスが偏りがちな方はサプリメントを摂るとバランスの調整が出来ます。それとプラス、プロテインを飲むと免疫も強くなります。プロテインはタンパク質なので、肌にも関係してきます。体の中から健康になりましょう。

引用元-蕁麻疹の原因は肝臓なのか。蕁麻疹の対処法

まとめ
蕁麻疹がなおらない場合は、病院で診てもらうことをお勧めします。

twitterの反応

https://twitter.com/Momo111Honey222/status/725451463309193216

 - 美容・健康