日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

子どもと自転車の注意点は歩道だけじゃない

      2015/11/13

子どもと自転車の注意点は歩道だけじゃない

最近、改正道路交通法が変わり、自転車についての内容も変わりました。子供に自転車を与えたり、子供を乗せて自転車に乗ったりした時にはどの様になったのでしょうか。歩道を通行する時も、注意しなければならない事が有ると思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

●子供の運転する自転車は歩道を通行しても良い

・13才未満の子供
・70歳以上の高齢者
・安全に車道を通行することに支障を生じる程度の身体障害者
・車道等の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められる場合。
ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するために必要があると認めて歩道を通行してはならない旨を指示したときは歩道を通行することはできません。

上記の場合(方)のみ歩道での自転車通行が認められています。
子供を乗せているのはその家庭の都合です。
操縦者が上記のような方でない限り、歩道での通行は認められていません。

引用元-自転車は原則車道で子供は歩道ということらしいですが大人が前で運転して子供… – Yahoo!知恵袋

●子供を自転車に乗せる時は気を付けよう

歩道を通るときは、歩行者優先で!

 道路標識がある場合や、車道の状況等に照らして車道の通行が危険な場合等は歩道を通ることができますが、歩道を通るときは、歩行者優先です。ゆっくり通行し、歩行者の邪魔になるときは一時停止するようにしましょう。
 また、普通自転車通行指定部分があるときはその部分を、それがない場合は中央から車道寄りの部分を通るようにしましょう。

子供は歩道を通ることができます。
ただし、歩行者優先は変わりません。

 自転車は車両の一種ですので、原則として車道を通ることとされていますが、13歳未満の子供は自転車を運転する場合、歩道を通ることができます。
 ただし、子供であっても、歩道を通るときは歩行者優先です。また、歩道上の通らなければならない場所も大人と一緒です。

子供にはヘルメットをかぶらせましょう。

 道路交通法では、保護者は、児童・幼児を自転車に乗せるときはヘルメットをかぶらせるよう努めることとされています。
 特に、6歳未満の子供で自転車同乗中に死傷した子の中では頭部を損傷した子が多くなっています。子供の安全のためにヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

子供に、自転車のルールを教えてあげてください。

 子供の安全のためにも、自転車を運転するときに守るべきルールを教えてあげてください。

引用元-

●自転車に子供を乗せて走行する時の注意点は歩道だけではない

車道走行中は車と同じ

自転車に乗ったら、車と同じようにルールが付きまとうものです。車道では、車と同じ信号に従ってください。ただ、ちょっと車と違うところもあるので気を付けましょう。

車道では進行方向に向かって左端を走ります。車道脇に路側帯(ろそくたい)がある時は、歩行者に気を付けて走行できます。でも、歩行者専用の場合や、歩行者が多い時は歩行者優先になります。

左折と直進は車同様です。右折の時は、車だと右折ラインから曲がりますが、一度向かいに直進して渡ってから曲がりたい方向に道路を渡ります。ちょっと面倒かもしれませんが、自転車は車道の右折ラインには入りません。

トンネルでは車のみの走行しか許可されていない場合もあります。特に車の往来が多いトンネルは、歩行者専用通路や自転車の走行ラインがトンネルの外側にあったりします。

交差点では自転車横断帯

大きな交差点では横断歩道の隣の、自転車横断帯(じてんしゃおうだんたい)といって、自転車用の横断ゾーンを使用します。

自転車横断帯の無い横断帯では、横断歩道の脇側を渡ってください。歩行者にぶつかりそうな並縫い走行や、スピードをだすことは控えます。

横断歩道で人や自転車が多くて、真っすぐ自転車が走れない時は、ママだけ自転車を降りたほうが安全です。特に自転車に子どもを乗せている時のゆっくり走行は、バランスがとりにくくてフラフラして周りの歩行者に迷惑です。横断中にフラフラ走るよりは、降りて自転車を押して渡りましょう。

横断歩道を渡る時、子どもを乗せている時は黄色信号になったら渡らない方が安心です。子どもをのせている時の無理な横断は控えます。子どもは大人の真似をするので、交通ルールに従うことが大切です。

自転車も一時停止

車道にある一時停止ラインでは、一時停止して見通しの悪い交差点や、多方面から往来する乗り物や人をチェックする必要があります。

車はもちろん一時停止して安全確認が必要ですが、自転車も同じです。自転車走行中も一時停止ラインでは止まって、安全確認します。スピードを出して走り抜けると危険です。
子どもを乗せた自転車で一時停止する時は、急ブレーキに気を付けてください。子どもはベルトを締めていても体重が軽いので、自転車から放り出されることがあります。

引用元-子ども乗せ自転車のルール

●子供を乗せた自転車でやりがちな違反

1. 歩道や車道の右側を走る
2. 携帯電話で話しながら走る
3. 子どもにヘルメットを着用させない
4. 下の子をおんぶや抱っこしながら乗る
5. 子乗せ用ではない自転車に子どもを乗せる

自転車は原則的に、車道左側を通行する!
子どもを乗せていると車にはねられるのが心配で、歩道を走りたくなってしまう……。
その気持ちはよくわかる!わかるけれども、歩道はあくまでも歩行者のためのもの。
自転車は車道を走らなくてはなりません。道幅が狭い、段差が激しいなどでどうしても歩道を通行したいときには、「降りて自転車を押す」もしくは「徐行(時速10km以下)」でなくてはいけません!
最近は、自転車に乗った人が歩行者をはねて起こる死亡事故が非常に増えているんです。中には、賠償金額が億単位になったケースも!
自転車もあくまで乗り物。
周囲の安全にも気を配りながら乗りましょう♪

引用元-仰天! 子どもを乗せた自転車での5大NG行為 | mamaPRESS

●子供が加害者の自転車事故

4歳の甥が自転車でご老人と衝突し骨折などの怪我を 負わせました。(手術有り) 現在は無事に退院され、リハビリも終え、 残りは2月のボルト除去のみとなっております。 先週今後の話ということで被害者家族と話をし、 治療費などとは別で慰謝料(入院日数×五千円)を求 められています。(35万程度) 加入している府民共済では、そのような費用は適用外 となりますので実費となるのですが、このような事故 (自転車と歩行者、4歳児の事故など)の場合の慰謝 料の有無や相場などについてご教授願います。

加害者が4歳児である場合であっても、慰謝料は相手方が請求している場合は、 過失分については支払うべきものだとお考えください。過失の有無は事故のあった場所(公道か、公園か)や事故状況(出会い頭か、追突か)など から総合的に考える必要があると思います。尚、4歳児が起こした事故という事ですと、本人に責任能力はありませんが、親の監督責任が認められることに なると思われますので、4歳児だから慰謝料を支払わなくていいという事はございません。 金額については、お怪我の程度、入院期間、通院日数および期間に応じて総合的に判断すべきものですので、 「入院日数×5千円」という金額が妥当かどうかまでは判断いたしかねますが、慰謝料が合計で35万円の請求ということと、 ボルトを抜く手術をする予定もあるなどのことからすれば、相手方の請求は良心的なものではないかと推測します。

引用元-交通事故相談2-6 自転車と歩行者で事故になりました。解決方法や注意点を教えてください。

まとめ
自転車に乗る時は親も子供も交通ルールを守りましょう。それは、子供の為でもあります。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ