まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

子どもと自転車の注意点は歩道だけじゃない

      2015/11/13

 - 日常・生活

最近、改正道路交通法が変わり、自転車についての内容も変わりました。子供に自転車を与えたり、子供を乗せて自転車に乗ったりした時にはどの様になったのでしょうか。歩道を通行する時も、注意しなければならない事が有ると思います。

スポンサーリンク

  関連記事

赤ちゃんの動きが活発に!!部屋の安全対策はもうお済みですか?

今まで寝かせておいた場所で、手足をばたばたさせていただけだった赤ちゃんが、そろそろ寝がえり、ずりハイをスタート。そうなると気になってくるのがお部屋の安全対策ですよね?「少し気をつけておけばいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、赤ちゃんにとって多くの危険が潜んでいるのです。しっかり対策をしておきましょう!

Amazonのクレジットカード決済は大丈夫?その安全性について

Amazonは世界中で利用されている大手通信販売サイトですが、その決済はどのようにしていますか?最近はクレジットカードで決済する人が多いと思いますが、Amazonのクレジットカード決済の安全性はどうなのでしょうか?今回はAmazonのクレジットカード決済について調べました。

家計管理ってコツを掴めば楽しい♪方法まとめ

皆さんの家では、家計の管理はどのような方法でされていますか?細かく書き出して把握したいきっちりさんも、収支がざっくり分かればいいズボラさんも、無理なくかつ赤字にならないやりくりの仕方を見つけましょう!!

炊飯器で炊いたご飯はいつまで保温可能?

炊飯器でご飯を炊くと、そのまま保温機能で保温し続けてくれますね。この炊飯器の保温機能はいつまでご飯をおいしく保温してくれるのでしょうか?今回は炊飯器の保温機能の限界について調べました。

洗濯機の乾燥機能で乾かない原因と対策

乾燥機能の付いた洗濯機を購入したけれど、想像していたよりも乾燥しない事に気が付いたかたも多いのではないでしょうか。どうも使い方による原因があるみたいなんです。

パスポートに更新期間ってあるの?

海外旅行の計画を立ててパスポートの有効期間を調べると、残り数ヶ月しかありません。旅行予定では有効期間内に帰国するのですが、ぎりぎりでも差し支え無いのでしょうか?それとも、早めに更新しておいた方が良いのでしょうか?

双子を妊娠した!仕事はどうする?

もしも双子を妊娠したら、仕事はどうすればいいのでしょうか。妊娠してもギリギリまで働いている女性も見かけますが、双子の場合は気を付けないといけないことが多いようです。今回は双子を妊娠した時に仕事はどうすればいいのか調べました。

結婚式の披露宴はどのような髪型がいいのか

結婚式に参加することが少なからずあると思います。しかし、髪型はどのようなものが相応しいのかと感じるのではないのでしょうか。今回は結婚式の披露宴に相応しい髪型について調べてみました。

トイレ便座の黄ばみを落としたい

トイレ掃除は大変ですよね。黒ずみがなかなか落ちないといったことがあるかと思います。特に、便座の黄ばみが気になるところでしょう。このような黄ばみはどのように落とすことができるのでしょうか。詳しく調べてみました。

北海道で住宅メーカの選ぶときは評判を確認しよう

北海道で念願のマイホームを建てる際に一番気になるのが住宅メーカーです。一生に一度と言っても過言ではないマイホーム建築だからこそ、後悔しないために住宅メーカーの評判が大事だと思うのですが。

風呂の黒ずみは掃除の悩みの種!床をきれいにする方法

お風呂の掃除を怠るとすぐに床が黒ずんできますね。この黒ずみは掃除をしてもなかなか落ちなくて悩みの種です。今回はそんなお風呂の床の黒ずみをきれいにする方法を調べました。

自動車の走行距離のメーターについて

今では自家用車を持っている方は増えたのではないだろうか。その中、走行距離のメータを気にしながら運転しているのではないでしょうか。そこで今回は自動車の走行距離のメーターについて調べてみた。

シチューのルーでアレンジ!残り物もおいしく!

寒い冬には暖かいシチューがおいしいですね。ところでルーが残ってしまった場合はどうしていますか?次の日に残ったシチューもアレンジ次第でおいしくいただけるので今回はそのレシピを紹介します。

タオルのあの臭いが取れない…!いったいどうすれば?

タオルのあのいやな臭いが何をやっても取れない。そんな悩みを持ったことはありませんか?実は臭いの原因はひとつではなかったのです。臭いの原因と対策、そして予防の仕方についてご紹介します。

仕事でミスをしてしまった!続く時はどうしたらいい?

仕事をしていてるとどうしてもミスをしてしまうことがあります。人は誰しもミスをしてしまうものですが、それが続くようだと精神的にどんどん落ち込んでしまいますね。今回はミスをした時の対策について調べました。

原付で安全運転する方法

原付の免許を取りに行くと筆記試験だけ。また、普通免許を取ると原付の免許も付いてきます。どちらにしても、一度も乗らずに免許がもらえます。じゃあどの様に運転すれば良いのでしょうか?

産休手当をもらっていても年末調整で控除の対象になる

共働きだったのに、産休で長期間仕事を休んでいる間にもらっていた出産手当は収入になるのだろうか?年末調整を出す時にどういう扱いになるのか迷ってしまいます。もしかしたら控除の対象なのかも知れないと思い調べました。

婚約指輪のブランド、高級品を渡したい!

婚約指輪を購入する際はお悩みになることでしょう。多くの商品や様々な値段のものがあると思います。やはり、ブランドの高級な指輪を渡したいですよね。そのため、今回は様々な婚約指輪のブランド、高級品について、調べてみました。

学校でトイレを我慢するのは何故?

学校でトイレを我慢した経験はありませんか?やはり学校で大便をするのに抵抗がある人は多いようです。なぜ学校でのトイレを我慢してしまうのでしょうか?今回は学校のトイレについて調べました。

医療費控除の還付金の振り込みはいつ?

前年度の医療費が多かった場合は医療費控除が受けられます。確定申告をしたら、還付金はいつ頃受け取れるのでしょうか。今回は医療費控除のやり方や還付の時期などについて調べました。

●子供の運転する自転車は歩道を通行しても良い

・13才未満の子供
・70歳以上の高齢者
・安全に車道を通行することに支障を生じる程度の身体障害者
・車道等の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められる場合。
ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するために必要があると認めて歩道を通行してはならない旨を指示したときは歩道を通行することはできません。

上記の場合(方)のみ歩道での自転車通行が認められています。
子供を乗せているのはその家庭の都合です。
操縦者が上記のような方でない限り、歩道での通行は認められていません。

引用元-自転車は原則車道で子供は歩道ということらしいですが大人が前で運転して子供… – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク

  人気記事

●子供を自転車に乗せる時は気を付けよう

歩道を通るときは、歩行者優先で!

 道路標識がある場合や、車道の状況等に照らして車道の通行が危険な場合等は歩道を通ることができますが、歩道を通るときは、歩行者優先です。ゆっくり通行し、歩行者の邪魔になるときは一時停止するようにしましょう。
 また、普通自転車通行指定部分があるときはその部分を、それがない場合は中央から車道寄りの部分を通るようにしましょう。

子供は歩道を通ることができます。
ただし、歩行者優先は変わりません。

 自転車は車両の一種ですので、原則として車道を通ることとされていますが、13歳未満の子供は自転車を運転する場合、歩道を通ることができます。
 ただし、子供であっても、歩道を通るときは歩行者優先です。また、歩道上の通らなければならない場所も大人と一緒です。

子供にはヘルメットをかぶらせましょう。

 道路交通法では、保護者は、児童・幼児を自転車に乗せるときはヘルメットをかぶらせるよう努めることとされています。
 特に、6歳未満の子供で自転車同乗中に死傷した子の中では頭部を損傷した子が多くなっています。子供の安全のためにヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

子供に、自転車のルールを教えてあげてください。

 子供の安全のためにも、自転車を運転するときに守るべきルールを教えてあげてください。

引用元-

●自転車に子供を乗せて走行する時の注意点は歩道だけではない

車道走行中は車と同じ

自転車に乗ったら、車と同じようにルールが付きまとうものです。車道では、車と同じ信号に従ってください。ただ、ちょっと車と違うところもあるので気を付けましょう。

車道では進行方向に向かって左端を走ります。車道脇に路側帯(ろそくたい)がある時は、歩行者に気を付けて走行できます。でも、歩行者専用の場合や、歩行者が多い時は歩行者優先になります。

左折と直進は車同様です。右折の時は、車だと右折ラインから曲がりますが、一度向かいに直進して渡ってから曲がりたい方向に道路を渡ります。ちょっと面倒かもしれませんが、自転車は車道の右折ラインには入りません。

トンネルでは車のみの走行しか許可されていない場合もあります。特に車の往来が多いトンネルは、歩行者専用通路や自転車の走行ラインがトンネルの外側にあったりします。

交差点では自転車横断帯

大きな交差点では横断歩道の隣の、自転車横断帯(じてんしゃおうだんたい)といって、自転車用の横断ゾーンを使用します。

自転車横断帯の無い横断帯では、横断歩道の脇側を渡ってください。歩行者にぶつかりそうな並縫い走行や、スピードをだすことは控えます。

横断歩道で人や自転車が多くて、真っすぐ自転車が走れない時は、ママだけ自転車を降りたほうが安全です。特に自転車に子どもを乗せている時のゆっくり走行は、バランスがとりにくくてフラフラして周りの歩行者に迷惑です。横断中にフラフラ走るよりは、降りて自転車を押して渡りましょう。

横断歩道を渡る時、子どもを乗せている時は黄色信号になったら渡らない方が安心です。子どもをのせている時の無理な横断は控えます。子どもは大人の真似をするので、交通ルールに従うことが大切です。

自転車も一時停止

車道にある一時停止ラインでは、一時停止して見通しの悪い交差点や、多方面から往来する乗り物や人をチェックする必要があります。

車はもちろん一時停止して安全確認が必要ですが、自転車も同じです。自転車走行中も一時停止ラインでは止まって、安全確認します。スピードを出して走り抜けると危険です。
子どもを乗せた自転車で一時停止する時は、急ブレーキに気を付けてください。子どもはベルトを締めていても体重が軽いので、自転車から放り出されることがあります。

引用元-子ども乗せ自転車のルール

●子供を乗せた自転車でやりがちな違反

1. 歩道や車道の右側を走る
2. 携帯電話で話しながら走る
3. 子どもにヘルメットを着用させない
4. 下の子をおんぶや抱っこしながら乗る
5. 子乗せ用ではない自転車に子どもを乗せる

自転車は原則的に、車道左側を通行する!
子どもを乗せていると車にはねられるのが心配で、歩道を走りたくなってしまう……。
その気持ちはよくわかる!わかるけれども、歩道はあくまでも歩行者のためのもの。
自転車は車道を走らなくてはなりません。道幅が狭い、段差が激しいなどでどうしても歩道を通行したいときには、「降りて自転車を押す」もしくは「徐行(時速10km以下)」でなくてはいけません!
最近は、自転車に乗った人が歩行者をはねて起こる死亡事故が非常に増えているんです。中には、賠償金額が億単位になったケースも!
自転車もあくまで乗り物。
周囲の安全にも気を配りながら乗りましょう♪

引用元-仰天! 子どもを乗せた自転車での5大NG行為 | mamaPRESS

●子供が加害者の自転車事故

4歳の甥が自転車でご老人と衝突し骨折などの怪我を 負わせました。(手術有り) 現在は無事に退院され、リハビリも終え、 残りは2月のボルト除去のみとなっております。 先週今後の話ということで被害者家族と話をし、 治療費などとは別で慰謝料(入院日数×五千円)を求 められています。(35万程度) 加入している府民共済では、そのような費用は適用外 となりますので実費となるのですが、このような事故 (自転車と歩行者、4歳児の事故など)の場合の慰謝 料の有無や相場などについてご教授願います。

加害者が4歳児である場合であっても、慰謝料は相手方が請求している場合は、 過失分については支払うべきものだとお考えください。過失の有無は事故のあった場所(公道か、公園か)や事故状況(出会い頭か、追突か)など から総合的に考える必要があると思います。尚、4歳児が起こした事故という事ですと、本人に責任能力はありませんが、親の監督責任が認められることに なると思われますので、4歳児だから慰謝料を支払わなくていいという事はございません。 金額については、お怪我の程度、入院期間、通院日数および期間に応じて総合的に判断すべきものですので、 「入院日数×5千円」という金額が妥当かどうかまでは判断いたしかねますが、慰謝料が合計で35万円の請求ということと、 ボルトを抜く手術をする予定もあるなどのことからすれば、相手方の請求は良心的なものではないかと推測します。

引用元-交通事故相談2-6 自転車と歩行者で事故になりました。解決方法や注意点を教えてください。

まとめ
自転車に乗る時は親も子供も交通ルールを守りましょう。それは、子供の為でもあります。

twitterの反応

 - 日常・生活