日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

子どもと自転車の注意点は歩道だけじゃない

      2015/11/13

子どもと自転車の注意点は歩道だけじゃない

最近、改正道路交通法が変わり、自転車についての内容も変わりました。子供に自転車を与えたり、子供を乗せて自転車に乗ったりした時にはどの様になったのでしょうか。歩道を通行する時も、注意しなければならない事が有ると思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

●子供の運転する自転車は歩道を通行しても良い

・13才未満の子供
・70歳以上の高齢者
・安全に車道を通行することに支障を生じる程度の身体障害者
・車道等の状況に照らして自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められる場合。
ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するために必要があると認めて歩道を通行してはならない旨を指示したときは歩道を通行することはできません。

上記の場合(方)のみ歩道での自転車通行が認められています。
子供を乗せているのはその家庭の都合です。
操縦者が上記のような方でない限り、歩道での通行は認められていません。

引用元-自転車は原則車道で子供は歩道ということらしいですが大人が前で運転して子供… – Yahoo!知恵袋

●子供を自転車に乗せる時は気を付けよう

歩道を通るときは、歩行者優先で!

 道路標識がある場合や、車道の状況等に照らして車道の通行が危険な場合等は歩道を通ることができますが、歩道を通るときは、歩行者優先です。ゆっくり通行し、歩行者の邪魔になるときは一時停止するようにしましょう。
 また、普通自転車通行指定部分があるときはその部分を、それがない場合は中央から車道寄りの部分を通るようにしましょう。

子供は歩道を通ることができます。
ただし、歩行者優先は変わりません。

 自転車は車両の一種ですので、原則として車道を通ることとされていますが、13歳未満の子供は自転車を運転する場合、歩道を通ることができます。
 ただし、子供であっても、歩道を通るときは歩行者優先です。また、歩道上の通らなければならない場所も大人と一緒です。

子供にはヘルメットをかぶらせましょう。

 道路交通法では、保護者は、児童・幼児を自転車に乗せるときはヘルメットをかぶらせるよう努めることとされています。
 特に、6歳未満の子供で自転車同乗中に死傷した子の中では頭部を損傷した子が多くなっています。子供の安全のためにヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

子供に、自転車のルールを教えてあげてください。

 子供の安全のためにも、自転車を運転するときに守るべきルールを教えてあげてください。

引用元-

●自転車に子供を乗せて走行する時の注意点は歩道だけではない

車道走行中は車と同じ

自転車に乗ったら、車と同じようにルールが付きまとうものです。車道では、車と同じ信号に従ってください。ただ、ちょっと車と違うところもあるので気を付けましょう。

車道では進行方向に向かって左端を走ります。車道脇に路側帯(ろそくたい)がある時は、歩行者に気を付けて走行できます。でも、歩行者専用の場合や、歩行者が多い時は歩行者優先になります。

左折と直進は車同様です。右折の時は、車だと右折ラインから曲がりますが、一度向かいに直進して渡ってから曲がりたい方向に道路を渡ります。ちょっと面倒かもしれませんが、自転車は車道の右折ラインには入りません。

トンネルでは車のみの走行しか許可されていない場合もあります。特に車の往来が多いトンネルは、歩行者専用通路や自転車の走行ラインがトンネルの外側にあったりします。

交差点では自転車横断帯

大きな交差点では横断歩道の隣の、自転車横断帯(じてんしゃおうだんたい)といって、自転車用の横断ゾーンを使用します。

自転車横断帯の無い横断帯では、横断歩道の脇側を渡ってください。歩行者にぶつかりそうな並縫い走行や、スピードをだすことは控えます。

横断歩道で人や自転車が多くて、真っすぐ自転車が走れない時は、ママだけ自転車を降りたほうが安全です。特に自転車に子どもを乗せている時のゆっくり走行は、バランスがとりにくくてフラフラして周りの歩行者に迷惑です。横断中にフラフラ走るよりは、降りて自転車を押して渡りましょう。

横断歩道を渡る時、子どもを乗せている時は黄色信号になったら渡らない方が安心です。子どもをのせている時の無理な横断は控えます。子どもは大人の真似をするので、交通ルールに従うことが大切です。

自転車も一時停止

車道にある一時停止ラインでは、一時停止して見通しの悪い交差点や、多方面から往来する乗り物や人をチェックする必要があります。

車はもちろん一時停止して安全確認が必要ですが、自転車も同じです。自転車走行中も一時停止ラインでは止まって、安全確認します。スピードを出して走り抜けると危険です。
子どもを乗せた自転車で一時停止する時は、急ブレーキに気を付けてください。子どもはベルトを締めていても体重が軽いので、自転車から放り出されることがあります。

引用元-子ども乗せ自転車のルール

●子供を乗せた自転車でやりがちな違反

1. 歩道や車道の右側を走る
2. 携帯電話で話しながら走る
3. 子どもにヘルメットを着用させない
4. 下の子をおんぶや抱っこしながら乗る
5. 子乗せ用ではない自転車に子どもを乗せる

自転車は原則的に、車道左側を通行する!
子どもを乗せていると車にはねられるのが心配で、歩道を走りたくなってしまう……。
その気持ちはよくわかる!わかるけれども、歩道はあくまでも歩行者のためのもの。
自転車は車道を走らなくてはなりません。道幅が狭い、段差が激しいなどでどうしても歩道を通行したいときには、「降りて自転車を押す」もしくは「徐行(時速10km以下)」でなくてはいけません!
最近は、自転車に乗った人が歩行者をはねて起こる死亡事故が非常に増えているんです。中には、賠償金額が億単位になったケースも!
自転車もあくまで乗り物。
周囲の安全にも気を配りながら乗りましょう♪

引用元-仰天! 子どもを乗せた自転車での5大NG行為 | mamaPRESS

●子供が加害者の自転車事故

4歳の甥が自転車でご老人と衝突し骨折などの怪我を 負わせました。(手術有り) 現在は無事に退院され、リハビリも終え、 残りは2月のボルト除去のみとなっております。 先週今後の話ということで被害者家族と話をし、 治療費などとは別で慰謝料(入院日数×五千円)を求 められています。(35万程度) 加入している府民共済では、そのような費用は適用外 となりますので実費となるのですが、このような事故 (自転車と歩行者、4歳児の事故など)の場合の慰謝 料の有無や相場などについてご教授願います。

加害者が4歳児である場合であっても、慰謝料は相手方が請求している場合は、 過失分については支払うべきものだとお考えください。過失の有無は事故のあった場所(公道か、公園か)や事故状況(出会い頭か、追突か)など から総合的に考える必要があると思います。尚、4歳児が起こした事故という事ですと、本人に責任能力はありませんが、親の監督責任が認められることに なると思われますので、4歳児だから慰謝料を支払わなくていいという事はございません。 金額については、お怪我の程度、入院期間、通院日数および期間に応じて総合的に判断すべきものですので、 「入院日数×5千円」という金額が妥当かどうかまでは判断いたしかねますが、慰謝料が合計で35万円の請求ということと、 ボルトを抜く手術をする予定もあるなどのことからすれば、相手方の請求は良心的なものではないかと推測します。

引用元-交通事故相談2-6 自転車と歩行者で事故になりました。解決方法や注意点を教えてください。

まとめ
自転車に乗る時は親も子供も交通ルールを守りましょう。それは、子供の為でもあります。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ