まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

DHCのサプリメントはどう飲む?おすすめの組み合わせ

      2016/05/21

 - 美容・健康

サプリメントを食事の栄養補給のサポートとして飲んでいる人は多いでしょう。サプリメントといえばDHCが有名ですね。サプリメントは組み合わせを気を付けないとちゃんと吸収されないようです。今回はサプリメントについて調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

扁桃炎の手術で入院!医療保険は適応される?

扁桃炎になると手術をしないといけない場合があります。手術後はしばらく入院が必要なので、医療保険に加入していないと痛い出費となってしまいます。しかし扁桃炎の場合は手術には保険が適応されない場合があるようなので気を付けましょう。

ヨーグルトは効果あり?アレルギーに効くヨーグルトとは

現在は3人に1人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。花粉症やアトピー…つらいですね。そんなアレルギーにヨーグルトが効果があるという話があります。どのようなヨーグルトを摂取すれば効果があるのでしょうか。

扁桃腺が腫れて片方だけ痛い

風邪を引くと扁桃腺が腫れることは良くあります。酷くなると唾を飲み込むことさえ容易ではありません。たまに、片方だけ腫れることがあります。何が原因なのか調べることにしました。

女性と男性の年齢の見分け方

買い物に出かけた時など、初めて見る人に会います。様々な人がいる中で、年齢も様々ですが、何歳か全く見当がつかないこともありますよね。年齢を見分けるとき、どのようなところを意識すればよいのでしょうか。詳しく調べてみました。

ノンアルコールビールは飲んでも大丈夫?肝臓への影響は

肝臓はアルコールを摂取した場合に影響が出やすい臓器です。そのため、お酒を飲む人は休肝日を作る必要がありますね。ところでノンアルコールビールは肝臓への影響はないのでしょうか?

半月板損傷の手術と麻酔について

主にスポーツをしている時になりやすいとされる、半月板の損傷。プロの野球選手やサッカー選手でも、よく聞く病名ですね。もちろん一般の方でも、部活やサークル活動などでスポーツを楽しむ方がなる可能性はあります。半月板損傷ってよく聞くけど、一体どういう症状が出るのでしょうか。手術をするにしても、全身麻酔? それとも部分麻酔?入院期間や費用は? 日常生活に復帰できるまでどのくらいかかる?ということで、調べてみました。

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

寝起きに心臓がドキドキ(動悸)することって良くありますよね。そんな時は、少なからず大丈夫かなぁと自分の心臓に問いかけるように心配になるものです。何か心当たりでもある場合は別ですが、何も無い場合はなおさら。ドキドキ(動悸)の原因を探るべく調べました。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

血糖値は正常なの?血糖の推移

健康診断の結果で血糖値が高めと出たら以上に気になります。人によれば、正常の範囲内だと言いますが、はたして本当何でしょうか。日頃の血糖値の推移が大事だと言う人もいます。

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

水切りヨーグルトは低カロリー高たんぱく!ダイエットに打ってつけ!

近頃、ギリシャヨーグルトと呼ばれているものが市販されていますが、濃度は違うものの、水切りヨーグルトと同じものだって知ってました?水切りヨーグルトは、低カロリー、高たんぱく。ダイエットにもなるし、健康効果も。そんないいことづくめの水切りヨーグルト、調べてみました。

MRIとCTの料金などの違いは?

病院で検査をするときにMRIやCTで撮影することがあります。ところでMRIとCTの違いは何なのでしょうか。診断する場所や料金などで違うようです。今回はMRIとCTの違いについて調べましたので紹介します。

歯の詰め物が取れたらどうしたらいい?正しい応急処置とは?

虫歯になると歯に詰め物をすることが一般的ですが、もしその詰め物が取れた場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は歯の詰め物が取れた場合の、正しい応急処置の方法を調べました。

新生児の鼻が低いのは何故?気になる場合はどうすればいい?

生まれたばかりの新生児は鼻が低い場合があります。新生児の鼻が低い原因はいくつかあるようですが、場合によっては病気が原因の時もあるようです。今回は新生児の鼻が低い原因について調べました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

虫歯の治療とその料金

多くの人が虫歯で悩まされていると感じます。虫歯の治療のために歯科に行かれると思いますが、虫歯治療の料金とはいったいどのくらいなのでしょうか。今回は、虫歯治療の料金について調べてみました。

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

大人になってからADHDの診断を病院でうけること

ADHDは発達障害の事ですが、子どもの頃に問題視されないで大人になってしまう場合も多いようです。なんか人と違うかな?くらいの時に家族や周りがADHDを疑い、病院で適切な診断を受けられれば早くに対策が練られたでしょう。

DHCのサプリメント人気ランキング

●第1位 フォースコリー

売り上げランキングの第1位は、太りにくいカラダ作りをサポートするサプリ『フォースコリー』。コレウスフォルスコリというシソ科植物の根から抽出した植物性素材コレウスフォルスコリエキスというエキスにビタミンB1、B2、B6を配合したサプリメントです。

●第2位 ビタミンCハードカプセル

第2位は1日1,000mgのビタミンCを補えるサプリメントの『ビタミンCハードカプセル』です。ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持に効果があり、その働きを助けるビタミンB2をプラスしました。

●第3位 ブルーベリーエキス

第3位は、目の使いすぎや集中疲れの回復などに効果のあるブルーベリーの色素成分アントシアニンが摂取できる『ブルーベリーエキス』です。アントシアニン以外にもマリーゴールド、カロテノイドやビタミンB類を配合。パソコンやテレビの画面を長時間見る方におすすめです。

●第4位 マルチビタミン

第4位は1日に必要な摂取基準量が1粒で摂れる『マルチビタミン』です。ビタミンAやビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなど12種類のビタミンをひとつのカプセルに封じこめています。

●第5位 亜鉛

皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素である『亜鉛』が第5位です。亜鉛は健康維持以外にも正常な味覚を保つのに必要な栄養素でもありますし、非常に重要な栄養素です。また、ビタミンCとの効果でコラーゲンを生成するので肌のコンディションが気になる人にもおすすめです。

●第6位 ヘム鉄

第6位は吸収率の高い鉄分を摂取できるサプリメント『ヘム鉄』です。鉄分が不足しがちな女性や、育ちざかりの方、または鉄不足が気になる方におすすめのサプリメントです。

●第7位 ビタミンBミックス

ビタミンB群を手軽に摂取できる『ビタミンBミックス』が第7位です。ビタミンB1、B2、B6、B12などのビタミンB群にイノシトールを加えたサプリメントです。ビタミンB群は脂質や糖質をエネルギーに変えるのに欠かせないものなので、ダイエットをしたい女性におすすめです。

●第8位 コラーゲン

第8位は女性の美しさをサポートするサプリメント『コラーゲン』です。魚由来のコラーゲンペプチドに、ビタミンB1、B2などの美容をサポートする成分を配合しているので肌がカサカサしてハリが感じられない人や、お肌の衰えが気になる方に使っていただきたいサプリです。

●第9位 パーフェクト野菜

第9位は32種類の野菜を凝縮したサプリ『パーフェクト野菜』です。栄養素の高い大麦若葉やケールのほか、人参やカボチャなどの緑黄色野菜の栄養素を効率よく補給できるので、栄養不足の人におすすめです。

●第10位 ビタミンE

第10位は「若返りのビタミン」とも言われている『ビタミンE』です。この製品は、ビタミンEの中で最も活性の高い天然由来のd-α-トコフェロールという成分を配合。美容と若さの維持におすすめです。

引用元-マイナビニュース

スポンサーリンク

  人気記事

サプリメントは奥の手

第一に、肝に銘じておかなくてはならないのは「サプリメントは薬ではない」という事実。どんなに優れたサプリメントをもってしても、食事そのもののかわりにはならない。ましてや薬と同じ効能を期待してもムダだ。「サプリを飲めばなんとかなる」ではなく、まずは食事を充実させることが大切。一日3食きちんと摂り、いろいろな食品を食べるように心がけよう。

とはいえ、最近は食材自体に含まれる栄養価が少しずつ減ってきているのも事実。生産技術の発達による、季節外れの野菜や果物。流通構造の変化で冷凍保存されるようになった生鮮食品。旬のものを新鮮なうちに食べていた昔と違い、現代人は自然の恵みを100パーセント受け取ることが難しくなってしまった。

だからこそ、補助的な意味で活用したいのがサプリメントなのだ。上手に利用すれば、食事でまかないきれない栄養素を補うことができる。

引用元-healthクリニック

サプリメントの注意点

サプリメントはいつとるのがいいのですか?

サプリメントは食品ですので、基本的にはいつおとりいただいてもかまいません。消化吸収しやすいという観点からは、食後がおすすめです。おすすめのタイミングがあるものもありますので、詳しくは「医療従事者のためのEBMサプリメント事典」をご確認ください。

1日数回に分けてとるのと、まとめてとるのとどちらがいいのですか?

基本的には、一度にまとめても、数回に分けてとってもかまいません。水溶性のビタミンCなどは、一度に多くとっても体内にたくわえておけないので、1日分を数回に分けるとよいでしょう。難しいルールはなく、1日のうち1番とりやすい食事のときにとったり、忘れても思い出したときにとる、という負担にならないとり方が、続けるコツです。

サプリメントの保管はどうしたらいいですか?

直射日光、高温多湿の場所を避け、なるべく涼しいところに保管してください。開封後はフタやチャックをしっかり閉めましょう。また、小さいお子様やペットがあやまって口にしないよう、ご注意ください。未開分のものは、パッケージに印字された賞味期限内にお召し上がりください。基本的に、開封後は粒タイプなら3ヶ月以内が目安。ドリンクタイプなら開栓後は冷蔵庫で保管し、1ヶ月以内を目安に、お早めにお召しあがりください。

引用元-DHCサプリメント研究所

サプリメントは組み合わせが大事

初めに摂取すべきサプリメントとは。

ビタミンやミネラルは、お互いに『協力』と『消耗』をしながら働いていますので、単体栄養素のサプリメントはあまりお勧めできません。

例えば、「亜鉛」は「ビタミンC」と同時に摂取すると吸収率が一気に高まります。
しかし、「亜鉛」が体内で活躍する際には、銅などのミネラルを消費するので、貧血を招く事があるのです。

この様に、単体栄養素のサプリメントを摂り続けていると、他の栄養素の消耗や、吸収率の低下を招きます。

■そこで、お勧めしたいのが、【マルチビタミン&ミネラル】のサプリメントです。

このサプリメントは、殆ど全てのビタミンとミネラルを含んでいますので、「協力関係」や「消耗関係」を考えなくてもバンラスよく栄養素を摂取できます。

あとは、『マルチビタミン&ミネラル』をベースに、他のサプリメントを追加していけば良いのです。例えば、美肌なら「ビタミンCのサプリメント」を追加して、ダイエットなら「ビタミンB群のサプリメント」を追加していきます。

引用元-サプリメントの効果と副作用

組み合わせで悪影響があることも

例えば、ビタミンDは、腸からカルシウムの吸収を高め血中濃度を高める働きがあるので、ビタミンDとカルシウムを同時に摂れるサプリメントも販売されています。

しかし、栄養素の組み合わせで、吸収を高めるどころか、吸収を妨げてしまうこともあります。サプリメントでカルシウムを補うときに鉄分も同時に摂れば、それぞれの効果が悪影響になり吸収しづらくなります。

また、ビタミンCのサプリメントを飲んでいる方が多いと思いますが、その他にもいくつかのサプリメントを飲んでいるときに注意してほしいのが飲み合わせです。

サプリメントの飲み合わせに注意すれば、さまざまな栄養成分が、互いに協調し合って働くので、サプリの単一の成分だけを突出して摂るよりも、バランスよく適切な量を摂取するほうが、効果が期待できます。

しかし、相性が悪いサプリメント同士を飲み合わせると、悪影響が及ぶこともあります。

たとえば、ビタミンCと骨粗しょう症や更年期障害などを予防するエストロゲンなどのホルモン系のサプリメントがあります。エストロゲンは、成長期にはこのホルモンの分泌で、身長の伸びが止まるといわれていますが、血中濃度を上げる働きがあります。エストロゲンが肝臓を通過するときにビタミンCは大量にあると代謝される割合が減るので、更年期障害が起こるといわれています。

その他、ダイエットサプリメントに含まれていることが多いDHAは血液をさらさらにし中性脂肪を減少させ、キトサンは、有害物質を吸着排出させ、ともに脂肪燃焼に効果があるといわれていますが、同時に摂取するとDHAの栄養素が吸収されないまま排出されます。
ですので、同時に摂取しないでタイミングをずらして飲みましょう。

引用元-健康豆知識大辞典

DHCのサプリメントで美肌になりたいならこの組み合わせで

「美肌に効果的なサプリの組み合わせ」・・ですが、人それぞれ、目指したいお肌によって異なってくるのでは・・と思います。

お肌のハリや弾力をアップ(維持)させたいのであれば「コラーゲン」・「エラスチン」の併用が効果的なようです。お肌の保水力を高めて、潤いのあるみずみずしいお肌を目指すのであれば「ヒアルロンサン」が乾燥対策に効果的とのこと。敏感肌対策には「セラミド」がお肌のバリア機能を高めてくれるようです。その他にも、アンチエイジング効果のある「プラセンタ」や、美白効果のある「バラの花エキス」・・などなど。

ご質問者さんはまだお若いので、アンチエイジングはまだ必要ないかも知れませんが、具体的に目指したいお肌があるようでしたら、いくつかチョイスされたものをしばらく続けてみられて、目にみえて効果を実感できたものを継続していかれればいいのでは・・と思います。

「身体の全細胞の生まれ変わりのサイクルは約3ヶ月。」・・と聞いたことがあるので、私はどのサプリも最低3ヶ月を判断の目安に飲むようにしています。参考までにですが、私がいままで試してきたDHCの美肌サプリのなかで目にみえて効果を実感できたものは、「肝油エキス」・「はとむぎエキス」・「DNA」・「リコピン」です。1年近くまえから生理前のPMS対策に飲んでいる「ローヤルゼリー」もお肌にだけは効いているような気がしてます(笑)。

他のかたも書かれていらっしゃるように、ビタミンCは水溶性で、汗や尿と一緒に体外に排出されてしまうので、まとめて飲むよりも数回にわけて飲んだほうがいいようです。

引用元-@cosme

サプリメントは一度に多量に摂取しないように

DHCのサプリメントで水溶性のビタミンがありますが、飲むタイミングとしては毎食後がいいと、それも朝食後がいいと言われています。またビタミンCに関しては少しのストレスなどで失われてしまう可能性があるのでこちらはちょっと多めに摂っておくといいでしょう。

それと一緒にビタミンEも飲み合わせて摂るとよりいっそう吸収されやすくなるのでおすすめです。

ようは水溶性ビタミン以外も分量を守っていれば飲み合わせには問題ありません。それとマルチビタミン系は寝る前に一度に飲むと寝つきが悪くなるケースがありますので、夕食後に服用されるといいんじゃないでしょうか。あとαリポ酸は食べる前の空腹時のほうが吸収率が高いといわれています。

DHCのサプリメントを数種類、何も考えずに飲み合わせている人がいらっしゃいますが、その後の状態は大丈夫なんでしょうか?

やはり中には気分が悪くなったという人もいらっしゃいます。この人は容量もきちんと守ってお水もしっかり飲んでいるのに、凄まじい吐き気がして様子を見たそうです。やはり身体の不調を感じたならサプリメントは控えるほうがいいと思います。

結論としてはサプリメントは一日二種までにしておいたほうがよさそうです。そうしないと、身体の中で効果を打ち消しあって結局なんにもならないといったことになります。何にもならない程度で済めばいいのですが、最悪副作用で体調不良にでもなると本末転倒ですのでお互い気をつけましょう。

引用元-自分に合ったサプリメントで家族健康、意気軒昂!

まとめ
いかがでしたか?サプリメントは手軽に摂取できますが、組み合わせには注意して摂取するようにしましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康