日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

      2016/05/22

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

頭を強打してたんこぶができてしまうことがありますね。たんこぶができた時はどうしたらいいのでしょうか。たんこぶができて、さらにほかの症状がある場合は注意が必要なようです。今回はたんこぶができた場合の対処法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

スポンサーリンク

頭を強打してたんこぶができた場合は

頭をぶつけるとたんこぶが出来ることがありますよね?たんこぶができると、しばらく痛みがあるくらいで完治します。しかし痛みが続く場合は要注意です。

一般的に、頭を強打しても、たんこぶや出血などがあれば、そんなに心配はいらないとされています。たんこぶは医学的には皮下血腫という名称で強打によって頭皮と頭蓋骨外の間で血管が切れてしまって、内出血が起こってしまうことでできます。頭蓋骨の外側が腫れているものなので、たんこぶ自体はそれほど心配はいりません。たんこぶや出血によって強打の衝撃を外に逃がしていることになるので、その方がかえって身体には良いのです。

たんこぶができないというのは弱い衝撃である場合が多いです。そのため、たんこぶができない強打は皮下血腫が発生しない程度の弱い衝撃だったということなので、心配しなくて良いケースがほとんどです。ただし、強打の際の衝撃が大きいときは大きなたんこぶができます。

大きなたんこぶができたということは、それほど強い衝撃を受けたということで、もしかしたら内部にも何か起きていることが十分考えられますから、注意する必要はあります。

引用元-薬に頼らず頭痛や吐き気を治す

こんな頭の強打は危険!

危険な頭の「打ち方」と「症状」

頭を打ったときに特に怖いのは、頭蓋内出血(頭の中の出血)で、緊急の脳外科的な治療が必要になることもあります。「打ち方」と「症状」に注意しながら頭蓋内出血のリスクを考えていきます。

危険な打ち方とは?

一般的には、頭を打った時に大きなエネルギーがかかっている場合が危険です。「カナディアンCTルール」という基準などを参考に考えると、受診すべきなのは以下のような場合です。
・バイクもしくは車にはねられた
・バイクもしくは車から放り出された
・1メートルより高い位置から転落した
・階段で、5段以上転落してしまった
また、お酒を飲んでいる人には特に注意が必要です。酔っ払って寝ているだけなのか、本当に意識がなくなってしまっているのかの区別がつかないからです。東京ベイ・浦安市川医療センターの場合、お酒を飲んで酔っ払っている人に対しては、ほとんどの場合頭をCTで検査します。

引用元-Medical Note

頭を打ったらここをチェック

●脈の確認

一般的な脈拍数は以下の通りです。
乳児     ……110~140
幼児、小学生 ……70~110
中高生    ……50~100
一般成人   ……50~90
頭を打ったあと、この脈拍数より、極端に早いまたは遅い場合は注意が必要です。

●嘔吐

吐き気や嘔吐がある場合は、注意が必要です。嘔吐物が気管をふさぎちっそくしないよう、注意しましょう。

●頭部の損傷

傷の有無や出血量、頭蓋骨の陥没がないかなどを確認します。

●痙攣や意識

けいれんやマヒが見られたり、ろれつが回らないなどは注意が必要です。ほかにも、左右動きがちがうなどの異変もないか確認します。

上記の項目が一つでもあてはまり、はげしい頭痛や意識困難などが見られたら、すぐに救急車を呼びます。

脳内の出血は、神経への圧迫などの症状があらわれやすいので、異変がないか全身をよく観察します。打った直後に異変がなくとも、2~3日は安静にし、異変がないかよく確認しましょう。

引用元-カラダノート

たんこぶができたらしばらくは注意

頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではない

頭を強く打つ、つまり急性の外傷の場合は普通打った部分が痛くなり、少し吐き気がしたり実際に少し嘔吐してしまう場合があります。

通常はその症状は2-3時間で治まり、その後は普通に過ごしているという方も多いと思います。

ただ、頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではなく、あとから内部出血による影響が出る可能性もあるので、1週間程度は様子を見た方が良いと言われているのです。

遅発性脳内血腫とは

頭を強く打った直後には特に検査上の異常もなく、頭痛や吐き気もそれほど長く続かないので心配ないと思われがちですが、数日後-1週間後に血腫が発見されるのが遅発性脳内血腫という病気です。

2歳くらいの子供、40-50歳の方によく見られる病気で、大人の場合はお酒に酔っていて転んだときは特に注意が必要です。

遅発性脳内血腫で血腫が大きければ意識を失う可能性もあり、非常に危険なので頭を強く打ってからしばらく異常がないかのチェックが必要なのです。

引用元-コネクションズ(ConeXions)

頭を強打した時の危険な症状

脳震盪

脳が強い衝撃によって起こる脳障害のことです。ラグビーの選手がスクラムなどで気を失うといったことは、この脳震盪にあたります。

ラグビーに限らず、脳震盪を起こしやすいスポーツは、アメフト、相撲、ボクシング、サッカー、アイスホッケーなどです。

症状は、嘔吐、めまい、意識障害、ふらつき、視覚障害などがありますが、実は怖いのは後々症状が現われる後遺症です。これらの症状は、すぐに発症しないケースもあります。場合によっては2~3日後にめまいが起きたり、嘔吐したりするケースもあります。

毎年、多くの人がこれらのスポーツによって脳にダメージを受けています。仮に、脳震盪の直後に時間を空けて休養をしても、後遺症によって何年も後から症状が出るケースはよくあります。

例えばボクサーなどは、パンチドランカーといって、鬱、怒り、認知障害、歩行障害、パーキンソン病、身体の震えなど程度によって、いろんな症状が出ると認められています。これらは、何度も頭部に打撲などを受けた場合に徐々に効いてくるようなものです。現役の選手などはお金も掛かっていますから、試合のことばかりが頭にあり身体のことはすぐに異変が起きないようであれば、無理して継続してしまうからです。

ごく普通の人はこのようなことが起きるようなことは、めったにないでしょう。

強打した後は、その様子を家族の方などが観察することが必要です。強打した日をきちんと覚えておいて、その後はしばらくの間、絶対に一人にしてはいけないとのことです。何かあったら、その本人では何もできないからです。

脳挫傷

こちらは、強打によって傷を負い出血を伴うものです。表面的な部分からの傷がもとで、出血していれば出血を止める治療で問題はありません。

頭からの出血は損傷の割には多く血が出る場合があり、実際の損傷具合より軽い傷の場合が多くあります。ですが、一部出血が見られるるものの、かなり深い内部からの出血ですとかなり危険です。脳の損傷が激しいと、脳震盪のようなめまいや意識障害なども引き起こします。

脳内血腫

強打した後、少ししてから内部で出血が認められることもあります。当然危険なのですが、意外に本人も気付かないケースもあります。それと出血した場所により、その症状も違ってきます。この場合も、意識障害やめまい、嘔吐などが見受けられます。

これらは時間がたっていると、脳梗塞やくも膜下出血によるものとも捉えることもあります。この場合、強打した時期の把握もしっかりしておくことが重要になります。

中には強打した為に、頭の骨、いわゆる頭蓋骨がへこんでしまう頭蓋骨陥没骨折というものもあり、内出血も起きた場合は頭部を開き緊急手術も行うケースがあります。

引用元-Hapila

まとめ
頭を強打したらたんこぶのみでもしばらくは様子を見ることが大事です。心配な時は病院で診てもらいましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ