まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

      2016/05/22

 - 美容・健康

頭を強打してたんこぶができてしまうことがありますね。たんこぶができた時はどうしたらいいのでしょうか。たんこぶができて、さらにほかの症状がある場合は注意が必要なようです。今回はたんこぶができた場合の対処法を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

ダウン症は胎児の時にわかる?成長とともにみられる特徴とは

妊娠中の胎児のエコーなどからダウン症かどうかは判断できるのでしょうか?胎児の成長とともにダウン症である場合はその特徴がはっきり見られるようになるのでしょうか?また、発育過程は?今回はダウン症について調べました。

病院の選び方と診察の受け方

数多くの病院があり、それぞれの診療科が存在します。風邪や病気になったときには病院に行かれることがあるでしょう。正しい病院の選び方と診察の受け方はどのようなものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

コンタクトをしたまま目薬はOK?安全な使い捨て目薬とは

コンタクトをしていると目が乾いたり、目が疲れたりするので目薬を使っている人は多いでしょう。ところで目薬はコンタクト専用の目薬を使っていますか?ソフトコンタクトをしていても点せる、衛生面でも安心な使い捨ての目薬もあるようです。

臍ヘルニアの手術とは?費用はどのくらい?入院はするの?

臍ヘルニアと聞くとなんだか重大な病気のように聞こえますが、つまりは出べそのこと。臍ヘルニアは自然に治る場合もありますが、手術となる場合もあります。手術することになった場合、入院期間や費用はどうなるのでしょうか?

虫歯治療の麻酔使用直後に食事

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。麻酔は治療が終わった後も効果が続いています。そのようなときに食事はいつからとっていいのでしょうか。そこで今回は、虫歯治療の麻酔使用後の食事について調べてみました。

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

後頭部が腫れて痛い!腫れの原因は?

後頭部が腫れていたりしこりになっていたりしていませんか?痛みがない場合は問題がないことが多いようですが、痛みを伴う場合は注意しましょう。今回は後頭部の腫れについて調べました。

風呂上がりに牛乳はいい!?その効果とは

風呂上がりには冷たい牛乳を飲むのが習慣の人は多いのではないでしょうか?ところで風呂上がりに牛乳を飲むと何か効果があるのでしょうか?今回は風呂上がりの牛乳の効果について調べました。

美容室でトリートメントはするべき?トリートメントの種類と効果

美容室でトリートメントをすると髪がサラサラになりますね!しかし美容室のトリートメントは傷んだ髪を治すことはできません。たくさんの種類のトリートメントはどのような時にすると効果的なのでしょうか。

虫歯の治療とその料金

多くの人が虫歯で悩まされていると感じます。虫歯の治療のために歯科に行かれると思いますが、虫歯治療の料金とはいったいどのくらいなのでしょうか。今回は、虫歯治療の料金について調べてみました。

親知らずの虫歯治療はどのように麻酔をかける

虫歯を治療する際は、麻酔をかけると思います。親知らずが虫歯になって治療する際は、どのように麻酔をし、治療を行っていくのでしょうか。そこで今回は、親知らずの虫歯の治療と麻酔について調べてみました。

肝臓の数値って何?どうしたら下げることができる?

肝臓は自覚症状がなく病気が進行する場合があるので、定期的な検査が大事です。肝臓の状態は血液検査などの数値で知ることができます。肝臓に関わる検査の数値が高い場合は日常生活で下げる努力をする必要があります。今回は肝臓の数値の下げ方を調べました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

頭皮が凝ると肩も凝る?効果的なマッサージとは

肩が凝ることはよくありますが、頭皮も凝るって知ってましたか?頭皮が凝ると肩の凝りだけでなく頭痛がしたりといろいろ影響が出るようです。今回はそんな頭皮の凝りに効くマッサージを紹介します。

半月板損傷の手術と麻酔について

主にスポーツをしている時になりやすいとされる、半月板の損傷。プロの野球選手やサッカー選手でも、よく聞く病名ですね。もちろん一般の方でも、部活やサークル活動などでスポーツを楽しむ方がなる可能性はあります。半月板損傷ってよく聞くけど、一体どういう症状が出るのでしょうか。手術をするにしても、全身麻酔? それとも部分麻酔?入院期間や費用は? 日常生活に復帰できるまでどのくらいかかる?ということで、調べてみました。

ヨーグルトは効果あり?アレルギーに効くヨーグルトとは

現在は3人に1人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。花粉症やアトピー…つらいですね。そんなアレルギーにヨーグルトが効果があるという話があります。どのようなヨーグルトを摂取すれば効果があるのでしょうか。

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

リンパへの転移はどの様な症状が出るのか

がんと診断されただけでショックなのに、手術の後もリンパへの転移が心配です。リンパ節に転移すると再発も免れません。転移した場合は、どの様な症状があるのでしょうか。

タバコを禁煙することになったきっかけ

多くの方がタバコを吸っているかと思います。しかし、禁煙したいという方も多いのではないでしょうか。禁煙したひとはそのきっかけとは何だったのでしょうか。今回はタバコの禁煙のきっかけについて調べてみました。

頭を強打してたんこぶができた場合は

頭をぶつけるとたんこぶが出来ることがありますよね?たんこぶができると、しばらく痛みがあるくらいで完治します。しかし痛みが続く場合は要注意です。

一般的に、頭を強打しても、たんこぶや出血などがあれば、そんなに心配はいらないとされています。たんこぶは医学的には皮下血腫という名称で強打によって頭皮と頭蓋骨外の間で血管が切れてしまって、内出血が起こってしまうことでできます。頭蓋骨の外側が腫れているものなので、たんこぶ自体はそれほど心配はいりません。たんこぶや出血によって強打の衝撃を外に逃がしていることになるので、その方がかえって身体には良いのです。

たんこぶができないというのは弱い衝撃である場合が多いです。そのため、たんこぶができない強打は皮下血腫が発生しない程度の弱い衝撃だったということなので、心配しなくて良いケースがほとんどです。ただし、強打の際の衝撃が大きいときは大きなたんこぶができます。

大きなたんこぶができたということは、それほど強い衝撃を受けたということで、もしかしたら内部にも何か起きていることが十分考えられますから、注意する必要はあります。

引用元-薬に頼らず頭痛や吐き気を治す

スポンサーリンク

  人気記事

こんな頭の強打は危険!

危険な頭の「打ち方」と「症状」

頭を打ったときに特に怖いのは、頭蓋内出血(頭の中の出血)で、緊急の脳外科的な治療が必要になることもあります。「打ち方」と「症状」に注意しながら頭蓋内出血のリスクを考えていきます。

危険な打ち方とは?

一般的には、頭を打った時に大きなエネルギーがかかっている場合が危険です。「カナディアンCTルール」という基準などを参考に考えると、受診すべきなのは以下のような場合です。
・バイクもしくは車にはねられた
・バイクもしくは車から放り出された
・1メートルより高い位置から転落した
・階段で、5段以上転落してしまった
また、お酒を飲んでいる人には特に注意が必要です。酔っ払って寝ているだけなのか、本当に意識がなくなってしまっているのかの区別がつかないからです。東京ベイ・浦安市川医療センターの場合、お酒を飲んで酔っ払っている人に対しては、ほとんどの場合頭をCTで検査します。

引用元-Medical Note

頭を打ったらここをチェック

●脈の確認

一般的な脈拍数は以下の通りです。
乳児     ……110~140
幼児、小学生 ……70~110
中高生    ……50~100
一般成人   ……50~90
頭を打ったあと、この脈拍数より、極端に早いまたは遅い場合は注意が必要です。

●嘔吐

吐き気や嘔吐がある場合は、注意が必要です。嘔吐物が気管をふさぎちっそくしないよう、注意しましょう。

●頭部の損傷

傷の有無や出血量、頭蓋骨の陥没がないかなどを確認します。

●痙攣や意識

けいれんやマヒが見られたり、ろれつが回らないなどは注意が必要です。ほかにも、左右動きがちがうなどの異変もないか確認します。

上記の項目が一つでもあてはまり、はげしい頭痛や意識困難などが見られたら、すぐに救急車を呼びます。

脳内の出血は、神経への圧迫などの症状があらわれやすいので、異変がないか全身をよく観察します。打った直後に異変がなくとも、2~3日は安静にし、異変がないかよく確認しましょう。

引用元-カラダノート

たんこぶができたらしばらくは注意

頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではない

頭を強く打つ、つまり急性の外傷の場合は普通打った部分が痛くなり、少し吐き気がしたり実際に少し嘔吐してしまう場合があります。

通常はその症状は2-3時間で治まり、その後は普通に過ごしているという方も多いと思います。

ただ、頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではなく、あとから内部出血による影響が出る可能性もあるので、1週間程度は様子を見た方が良いと言われているのです。

遅発性脳内血腫とは

頭を強く打った直後には特に検査上の異常もなく、頭痛や吐き気もそれほど長く続かないので心配ないと思われがちですが、数日後-1週間後に血腫が発見されるのが遅発性脳内血腫という病気です。

2歳くらいの子供、40-50歳の方によく見られる病気で、大人の場合はお酒に酔っていて転んだときは特に注意が必要です。

遅発性脳内血腫で血腫が大きければ意識を失う可能性もあり、非常に危険なので頭を強く打ってからしばらく異常がないかのチェックが必要なのです。

引用元-コネクションズ(ConeXions)

頭を強打した時の危険な症状

脳震盪

脳が強い衝撃によって起こる脳障害のことです。ラグビーの選手がスクラムなどで気を失うといったことは、この脳震盪にあたります。

ラグビーに限らず、脳震盪を起こしやすいスポーツは、アメフト、相撲、ボクシング、サッカー、アイスホッケーなどです。

症状は、嘔吐、めまい、意識障害、ふらつき、視覚障害などがありますが、実は怖いのは後々症状が現われる後遺症です。これらの症状は、すぐに発症しないケースもあります。場合によっては2~3日後にめまいが起きたり、嘔吐したりするケースもあります。

毎年、多くの人がこれらのスポーツによって脳にダメージを受けています。仮に、脳震盪の直後に時間を空けて休養をしても、後遺症によって何年も後から症状が出るケースはよくあります。

例えばボクサーなどは、パンチドランカーといって、鬱、怒り、認知障害、歩行障害、パーキンソン病、身体の震えなど程度によって、いろんな症状が出ると認められています。これらは、何度も頭部に打撲などを受けた場合に徐々に効いてくるようなものです。現役の選手などはお金も掛かっていますから、試合のことばかりが頭にあり身体のことはすぐに異変が起きないようであれば、無理して継続してしまうからです。

ごく普通の人はこのようなことが起きるようなことは、めったにないでしょう。

強打した後は、その様子を家族の方などが観察することが必要です。強打した日をきちんと覚えておいて、その後はしばらくの間、絶対に一人にしてはいけないとのことです。何かあったら、その本人では何もできないからです。

脳挫傷

こちらは、強打によって傷を負い出血を伴うものです。表面的な部分からの傷がもとで、出血していれば出血を止める治療で問題はありません。

頭からの出血は損傷の割には多く血が出る場合があり、実際の損傷具合より軽い傷の場合が多くあります。ですが、一部出血が見られるるものの、かなり深い内部からの出血ですとかなり危険です。脳の損傷が激しいと、脳震盪のようなめまいや意識障害なども引き起こします。

脳内血腫

強打した後、少ししてから内部で出血が認められることもあります。当然危険なのですが、意外に本人も気付かないケースもあります。それと出血した場所により、その症状も違ってきます。この場合も、意識障害やめまい、嘔吐などが見受けられます。

これらは時間がたっていると、脳梗塞やくも膜下出血によるものとも捉えることもあります。この場合、強打した時期の把握もしっかりしておくことが重要になります。

中には強打した為に、頭の骨、いわゆる頭蓋骨がへこんでしまう頭蓋骨陥没骨折というものもあり、内出血も起きた場合は頭部を開き緊急手術も行うケースがあります。

引用元-Hapila

まとめ
頭を強打したらたんこぶのみでもしばらくは様子を見ることが大事です。心配な時は病院で診てもらいましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康