日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

      2016/05/22

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

頭を強打してたんこぶができてしまうことがありますね。たんこぶができた時はどうしたらいいのでしょうか。たんこぶができて、さらにほかの症状がある場合は注意が必要なようです。今回はたんこぶができた場合の対処法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

親に内緒で仕事を辞めたらどうなる?

「両親に仕事を辞めたいと相談したら、きっと反対する」親の性格...

札幌で自転車の練習に最適な場所はどこ?

子供の自転車の補助輪を外して練習しようとしたらどこですればい...

病院で診断書をもらうのに料金はどれくらいかかる?

病気やケガをして仕事を休む時や、入院をして保険を受け取るとき...

日本の入国審査は厳しい!?その現状とは

海外の人が日本へ入国しようとしたら事前にビザを申請しないとい...

艦これってなに!?原作とアニメのストーリーの違い

艦これという言葉を知っていますか?元々は育成シミュレーション...

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続き...

動物と人間のコミュニケーションの類似点・相違点

人間と人間。人間と動物。動物と動物。コミュニケーションの取り...

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます...

付き合う時に親への挨拶で心得ておくこと

付き合う2人が親へ挨拶へ行のはどのくらい経ってからが良いの?...

東京~福岡を高速夜行バスで帰りたい時にみるまとめ

東京から福岡、福岡から東京。この長距離を移動する際、あなたは...

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らし...

スマホの画面にウイルス警告が!その対処法は?

スマホを使っていると急にウィルスの警告が出ることがあります。...

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージは...

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。その...

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多い...

副業中をしたい人は必見!確定申告ってしないといけない?

企業に勤めている人にとって、〝確定申告”という言葉は知っては...

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものす...

YouTubeで英語のリスニング力をアップ!お勧めのチャンネルは?

YouTubeは世界中で利用されている動画投稿サイトのことで...

家族の一員として犬の散歩のマナーが変化しています

犬は愛情を注げばそれに応えてくれます。今や犬は番犬ではなく、...

市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区...

スポンサーリンク

頭を強打してたんこぶができた場合は

頭をぶつけるとたんこぶが出来ることがありますよね?たんこぶができると、しばらく痛みがあるくらいで完治します。しかし痛みが続く場合は要注意です。

一般的に、頭を強打しても、たんこぶや出血などがあれば、そんなに心配はいらないとされています。たんこぶは医学的には皮下血腫という名称で強打によって頭皮と頭蓋骨外の間で血管が切れてしまって、内出血が起こってしまうことでできます。頭蓋骨の外側が腫れているものなので、たんこぶ自体はそれほど心配はいりません。たんこぶや出血によって強打の衝撃を外に逃がしていることになるので、その方がかえって身体には良いのです。

たんこぶができないというのは弱い衝撃である場合が多いです。そのため、たんこぶができない強打は皮下血腫が発生しない程度の弱い衝撃だったということなので、心配しなくて良いケースがほとんどです。ただし、強打の際の衝撃が大きいときは大きなたんこぶができます。

大きなたんこぶができたということは、それほど強い衝撃を受けたということで、もしかしたら内部にも何か起きていることが十分考えられますから、注意する必要はあります。

引用元-薬に頼らず頭痛や吐き気を治す

こんな頭の強打は危険!

危険な頭の「打ち方」と「症状」

頭を打ったときに特に怖いのは、頭蓋内出血(頭の中の出血)で、緊急の脳外科的な治療が必要になることもあります。「打ち方」と「症状」に注意しながら頭蓋内出血のリスクを考えていきます。

危険な打ち方とは?

一般的には、頭を打った時に大きなエネルギーがかかっている場合が危険です。「カナディアンCTルール」という基準などを参考に考えると、受診すべきなのは以下のような場合です。
・バイクもしくは車にはねられた
・バイクもしくは車から放り出された
・1メートルより高い位置から転落した
・階段で、5段以上転落してしまった
また、お酒を飲んでいる人には特に注意が必要です。酔っ払って寝ているだけなのか、本当に意識がなくなってしまっているのかの区別がつかないからです。東京ベイ・浦安市川医療センターの場合、お酒を飲んで酔っ払っている人に対しては、ほとんどの場合頭をCTで検査します。

引用元-Medical Note

頭を打ったらここをチェック

●脈の確認

一般的な脈拍数は以下の通りです。
乳児     ……110~140
幼児、小学生 ……70~110
中高生    ……50~100
一般成人   ……50~90
頭を打ったあと、この脈拍数より、極端に早いまたは遅い場合は注意が必要です。

●嘔吐

吐き気や嘔吐がある場合は、注意が必要です。嘔吐物が気管をふさぎちっそくしないよう、注意しましょう。

●頭部の損傷

傷の有無や出血量、頭蓋骨の陥没がないかなどを確認します。

●痙攣や意識

けいれんやマヒが見られたり、ろれつが回らないなどは注意が必要です。ほかにも、左右動きがちがうなどの異変もないか確認します。

上記の項目が一つでもあてはまり、はげしい頭痛や意識困難などが見られたら、すぐに救急車を呼びます。

脳内の出血は、神経への圧迫などの症状があらわれやすいので、異変がないか全身をよく観察します。打った直後に異変がなくとも、2~3日は安静にし、異変がないかよく確認しましょう。

引用元-カラダノート

たんこぶができたらしばらくは注意

頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではない

頭を強く打つ、つまり急性の外傷の場合は普通打った部分が痛くなり、少し吐き気がしたり実際に少し嘔吐してしまう場合があります。

通常はその症状は2-3時間で治まり、その後は普通に過ごしているという方も多いと思います。

ただ、頭を強く打ってすぐに症状が出る場合ばかりではなく、あとから内部出血による影響が出る可能性もあるので、1週間程度は様子を見た方が良いと言われているのです。

遅発性脳内血腫とは

頭を強く打った直後には特に検査上の異常もなく、頭痛や吐き気もそれほど長く続かないので心配ないと思われがちですが、数日後-1週間後に血腫が発見されるのが遅発性脳内血腫という病気です。

2歳くらいの子供、40-50歳の方によく見られる病気で、大人の場合はお酒に酔っていて転んだときは特に注意が必要です。

遅発性脳内血腫で血腫が大きければ意識を失う可能性もあり、非常に危険なので頭を強く打ってからしばらく異常がないかのチェックが必要なのです。

引用元-コネクションズ(ConeXions)

頭を強打した時の危険な症状

脳震盪

脳が強い衝撃によって起こる脳障害のことです。ラグビーの選手がスクラムなどで気を失うといったことは、この脳震盪にあたります。

ラグビーに限らず、脳震盪を起こしやすいスポーツは、アメフト、相撲、ボクシング、サッカー、アイスホッケーなどです。

症状は、嘔吐、めまい、意識障害、ふらつき、視覚障害などがありますが、実は怖いのは後々症状が現われる後遺症です。これらの症状は、すぐに発症しないケースもあります。場合によっては2~3日後にめまいが起きたり、嘔吐したりするケースもあります。

毎年、多くの人がこれらのスポーツによって脳にダメージを受けています。仮に、脳震盪の直後に時間を空けて休養をしても、後遺症によって何年も後から症状が出るケースはよくあります。

例えばボクサーなどは、パンチドランカーといって、鬱、怒り、認知障害、歩行障害、パーキンソン病、身体の震えなど程度によって、いろんな症状が出ると認められています。これらは、何度も頭部に打撲などを受けた場合に徐々に効いてくるようなものです。現役の選手などはお金も掛かっていますから、試合のことばかりが頭にあり身体のことはすぐに異変が起きないようであれば、無理して継続してしまうからです。

ごく普通の人はこのようなことが起きるようなことは、めったにないでしょう。

強打した後は、その様子を家族の方などが観察することが必要です。強打した日をきちんと覚えておいて、その後はしばらくの間、絶対に一人にしてはいけないとのことです。何かあったら、その本人では何もできないからです。

脳挫傷

こちらは、強打によって傷を負い出血を伴うものです。表面的な部分からの傷がもとで、出血していれば出血を止める治療で問題はありません。

頭からの出血は損傷の割には多く血が出る場合があり、実際の損傷具合より軽い傷の場合が多くあります。ですが、一部出血が見られるるものの、かなり深い内部からの出血ですとかなり危険です。脳の損傷が激しいと、脳震盪のようなめまいや意識障害なども引き起こします。

脳内血腫

強打した後、少ししてから内部で出血が認められることもあります。当然危険なのですが、意外に本人も気付かないケースもあります。それと出血した場所により、その症状も違ってきます。この場合も、意識障害やめまい、嘔吐などが見受けられます。

これらは時間がたっていると、脳梗塞やくも膜下出血によるものとも捉えることもあります。この場合、強打した時期の把握もしっかりしておくことが重要になります。

中には強打した為に、頭の骨、いわゆる頭蓋骨がへこんでしまう頭蓋骨陥没骨折というものもあり、内出血も起きた場合は頭部を開き緊急手術も行うケースがあります。

引用元-Hapila

まとめ
頭を強打したらたんこぶのみでもしばらくは様子を見ることが大事です。心配な時は病院で診てもらいましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ