日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

200vのコンセントへ変更!?エアコンの電気工事

      2016/05/23

200vのコンセントへ変更!?エアコンの電気工事

エアコンを購入するときに200vと100vがありますが何が違うのでしょうか?200vのエアコンを取り付ける場合はコンセントの電気工事を行わないといけない場合があります。今回はエアコンの電気工事について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

メルカリの商品を郵便局で発送!トラブルを防ぐには?

最近はメルカリというフリマアプリを利用している人は多いですね...

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

スポンサーリンク

エアコンの100vと200vの違いは?

ボルト(V)とは、電気を押し出す力=電圧のこと

電気料金に関連するボルト(V)とは、電気を押し出す力、すなわち電圧のことを指します。電圧が高ければ高いほど、電気の量が多くなり、一般家庭では主に100V、工場などの大型施設では200Vを使用していることが多いです。しかし最近では、200Vに対応した電化製品が登場しており、パワフルな稼働が必要となるエアコンや床暖房、オーブンレンジなどが出回ってきています。 そこで気になるのが、ボルトの違いによる電気料金です。

100Vと200V、電気料金に違いはない

100Vと違い2倍に相当する200Vでは、電気代が2倍に膨らんでしまうと思いがちですが、実は電気料金の差はありません。例えば電子レンジで考えてみましょう。100Vで温める場合は200vよりも時間がかかり、その分電気を流している時間も長くなります。しかし、200Vの場合は100vよりも電気の力が強いために、結果的に100Vよりも電気を使用している時間が少なくなるのです。

引用元-enepi

200vのエアコンを100vのコンセントにつないだ場合は

エアコンは200Vでないといけないというわけではない

一般家庭の電源の取り方(配線の仕方)が理由で200Vのエアコンがあり、それに伴い通常の100Vコンセントを200Vに変える工事を行いエアコンを取り付けることになります。そもそも一般的な家庭の場合100Vのコンセントが各所に配置されていますが、自ら指定したり工事していない限りほぼ単相3線式という配線方式を採用してコンセントが設置されています。詳細は割愛しますが電線の太さを抑え配線ロスをできる限りなくすために単相3線式を採用しているという現状です。簡単に言うと2口のコンセントで計200Vが使えると思ってもらえれば良いかと思います。

100Vコンセントに200Vのエアコンをつなぐとどうなるのか

全く動かないということはありませんが1口で200Vを使用することとなり、残る1口に何かを接続し使用すると動かなかったり故障の原因になりかねません。よってエアコンを設置するときに100Vコンセントしかない場合は200Vのコンセントに変換する様勧められるわけです。また、電線が細く使用に際し熱が発し余分な電力を発熱として消費してしまうというデメリットもあるため、よほどのことがない限り数千円かかってもコンセントの変換工事をされることをお勧めします。

引用元-energy navi

200vへのコンセントの工事は意外と簡単

工事内容は意外に簡単

200Vの電圧を利用する方法としては『単相3線式』という方法がとられます。これは、3本の電線により100Vと200Vの電圧を同時に利用しようというもの。
そして、この3本の電線は、すでに多くのご家庭の分電盤にまで届いているのです。だから、ほとんどのご家庭では、分電盤から200Vのコンセントまでの屋内配線工事を行えば200Vをご利用いただけます。新築や増改築の時には、どこでどんな200V機器を使うのか検討しておけば、簡単な工事でお使いいただくことができます。

幹線の工事について

引き込み口から分電盤内の主開閉器までの部分を幹線と呼びます。幹線は設備内容に応じ、かつ、今後一般化が予想される機器の使用に対応できるよう余裕のある電線サイズを選定することをおすすめします。200Vを利用することで電線を太くすることはありませんが、将来的な機器の取替えや家族構成の変化に備えて、あらかじめ十分な設備をしておくことは、設備増加時における工事費の節減となります。

ブレーカーの工事について

住宅用分電盤は、ブレーカーで4~26回路が市販されております。一般的にブレーカー数は住宅の広さ、(200V機器を含め)1.2kWを越える容量の機器へ配線する専用回路の数などを目安に決定しますが、将来に備え、十分な回路数を計画されることをおすすめします。「これまで使っている機器が100V用のものだから、200Vの配線にしたら使えなくなるのでは?」そんな心配はいりません。家庭内に100Vと200Vの配線を同時にすることが可能なので、これまでどおり100Vの電気製品も使うことができます。テレビやオーディオ機器は100V用のコンセントに、ハイパワーなIHクッキングヒーターやエアコンは200V用のコンセントにと、差し込むコンセントがちがうだけです。(ただし、100V回路と200V回路は別々の配線になっていなければなりません)

引用元-中国電力

エアコンの電気工事には資格が必要!

無資格者によるエアコン工事の電気的な工事ミスが多発し、電気工事士の資格が必要と国土交通省からの通達が出ていますが、しかし現実には無資格者による工事が多く、エアコン工事できる人が極端に少なくなってしまうので 室内機と室外機の渡り配線および室内コンセントへの接地線(アース)の接続に限り 例外的に無資格でも認められています。

但し コンセントの新設や取替、分電盤内工事(ブレーカーの増設・電圧切替)、コンセント以外への接地工事は電気工事士の資格が必要です。繰り返しますが、本来は渡り配線も接地線の接続も電気工事士の資格が必要ですが、例外的に軽微な工事のみ許可されています。

引用元-YAHOO!知恵袋

200vへのコンセントの切り替えの値段

以下のような費用だと思います。
お近くの電気工事店にご相談してください。一般的に、100V使用コンセント等を大型機器使用等のために200Vに切り替えるには分電盤で電気工事が必要です。
100V~200Vまた200V~100Vへの切り替え \3000
コンセントの増設1ヶ所5mまで \5000より
又、700W以上の大型電器製品などにはコンセント1つに対し、ブレーカー1つの専用回路にすることが望ましいです。
専用回路標準工事(コンセント、ブレーカー、配線15mまで) \12000
15mを超える場合は1mにつき \500
配線が露出する場合に使うカバーは1mにつき \600

引用元-OKWAVE

電圧の違うコンセントが原因でエアコンが壊れてしまった場合は

状況により完全に業者のミスとは言えません
建物が賃貸、自己所有などの条件にもよりますが、エアコンを取り付ける前のコンセントの形状がどうだったかが問題になります。 コンセント形状変更工事をしたにもかかわらず、電圧確認をしていなければ、完全に業者の確認ミスになると思います。 コンセントの形状変更の工事がなく、平行やIL、IT型のコンセントで通常は100Vが供給されているべきコンセントに200Vが来ていた場合は、元々の建築業者やリフォーム業者にも責任はあると思います。 エアコンの内部にはこの様な時の為にバリスタと言う部品が付いています。100Vの機種に200Vを印加するとバリスタが瞬時に壊れてショートし、ヒューズを溶断します。バリスタが壊れる事によって、他の電気回路にダメージを与えない構造になっていますので、ヒューズとバリスタを交換するか室内のプリント基板を交換すれば、エアコンは問題なく動作すると思います。 あくまでも参考意見として、後は取付業者とご相談ください。業者が工事賠償保険に加入していれば、保険で処理できる場合もあります。

引用元-エアコントラブル相談室

まとめ
エアコンを買うときは事前にコンセントの電圧を調べておくといいですね。電気工事が必要な場合は業者さんに頼みましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ