日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

自動車のバンパーを修理するにはどうしたらいい?費用はいくらかかる?

      2016/05/23

自動車のバンパーを修理するにはどうしたらいい?費用はいくらかかる?

大切な自分の車のバンパーを傷つけてしまったら、早く直してしましたいですよね。けど、直すのにはお金がかかってしまいます。どれくらいかかるのでしょうか、また、どうやって直すのか、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

部屋の片づけ、模様替えのコツ!

部屋のレイアウトも飽きてきたし、そろそろ模様替えをしようかな...

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

スポンサーリンク

どんなバンパーでも修理できるのか?

車のバンパーのへこみを修理する場合

車をぶつけてしまった、もしくは、ぶつけられてしまった、など車を運転していれば少なからずあるリスクです。こうしたリスクの中で、最も多いのはバンパーをへこませてしまったというものです。車のバンパーのへこみを修理するには、大きく分けると2つの方法があります。1つは、修理工場や板金屋などの店舗に持っていって、プロの手によって修理をしてもらう方法です。基本的には、修理をしてもらう人が多く、この場合は見積もりをとってもらい、修理費用の提示を受けた後に納得がいけば、契約をして修理をしてもらうことになります。修理の費用に関しては、ピンからキリまでありますので、一概にどの程度ということは言えません。また、店舗によっても費用は異なってきますので、懇意にしている修理工場などがあれば格安で引き受けてくれるケースもあります。

もう1つの手段としては、自分で修理する方法です。バンパーのへこみを修理することは意外と手軽に出来ますので、自分で行う方も多いそうですね。 手順としては、水に濡らした汚れても良いタオルとドライヤー、軍手を用意します。ドライヤーは専用のものではなく、家庭用で普段使っているもので構いません。バンパーのへこみ部分の裏、つまり出っ張っている部分に手が回る状況であれば作業ができます。バンパーを外せるのなら外してしまうと良いですね。 最初にへこんでしまっている部分にドライヤーの風をあてて温めていきます。表側から風をかけるのなら、裏側が熱くなってくるまで温めて下さい。充分に温まったら、裏側から手を回して出っ張っている部分を押し込むだけです。この時火傷をしないように、軍手を使って行うようにして下さい。バンパーのへこみをうまく戻せたら、表の部分をタオルで冷やして終了です。 最初はうまくいかないことも多いので、何度か繰り返して少しずつ行ってみると良いでしょう。

車のバンパーの割れは修理できるのか

車のバンパーが割れてしまった時の修理としては修理工場やディーラーなどで修理してもらう方法があります。基本的にディーラーで修理を行うと、修理工場で行うより高額になりがちですが、車種によっては売却時に有利になることもあります。修理工場での修理に関してはディーラーよりも安価になりますので、修理費用を安価に済まることが可能です。

他にはDIYで修理をする方法があります。この場合、バンパーを完全に取り外ししてしまわないといけませんので、まったく知識がない場合は難しいかもしれません。修理の行程としては、FRPで補修を行った後にパテで盛ったり、塗装を行う必要があります。事前にしっかりとバンパーを洗って、汚れを落としておくと良いでしょう。車のバンパー修理を行う時に必要になるものは、ホームセンターなどで購入することが可能です。ポリエステル樹脂やガラス繊維、硬化剤、はけなどを揃えておくと良いでしょう。

手順は、紙コップにポリエステル樹脂と硬化剤を100対1の割合で混ぜ合わせておきます。ムラなく混ぜた後は、バンパーの裏側から傷口を埋めるようにして塗っていきましょう。次にガラス繊維をバンパーの破損箇所にあてがって、ガラス繊維にポリエステル樹脂と硬化剤を混ぜたものを、しっかりと染みこませていきます。これを修理箇所に複数回行うことによって、強度を上げることが可能です。一晩ほど放置するとしっかりと固まりますので、固まった後は表側からパテ埋めを行ったり、塗装をしていき終了します。行程的にはさほど難しくはありませんが、実際の修理を行うとなると、それなりのスペースや時間が必要になるので理解しておいて下さい。

バンパーの傷を修理する方法

車のバンパーは、本人が気がつかないうちに傷がついていることも少なくありません。ちょっとしたことでも傷がついてしまうと、見映えが悪くなってしまうので修理したいという人も多いですよね。

車のバンパーの傷は修理工場やディーラー、板金屋などで修理をしてもらうことできれいに修復してもらうことが可能です。基本的には、修理工場やディーラーなどに車を持っていって、実際に修理をする箇所を見てもらって、このくらいの費用がかかりますという見積もりを出してもらいます。その後、見積もりで納得がいけば車を預けて修理するのですが、費用的には高額になることもあります。修理する傷の大きさ、場所、などによって費用は異なるので、見積もりが重要になるのです。何か所かに見積もりをしてもらうのもお勧めです。

費用が安くすむので、DIYをして自分で修理する人が多いようです。車のバンパーの傷を修理については様々な道具が販売されているので、店員さんに確認しながら購入すると良いでしょう。修理には、傷ついた場所を滑らかにしていくことが必要です。ささくれだった傷の場合は、カッターを使ってこそぎ取っていきましょう。大まかに綺麗にした後は、やすりをかけて平面にしていきます。最初はやすりがけをした時には、不安になってしまうものですが、割り切ってしっかりとやすりがけをして下さい。このやすりがけはある意味最も重要な行程となりますので、時間をかけて丁寧に行うと良いですね。やすりがけを終えたら、水でしっかりと汚れを落としていきます。洗った後は水気をしっかりとふきとって、油脂分を取り除いてからよく乾燥させておきましょう。乾燥したらパテ塗りで、バンパーの傷口を埋めます。埋めた傷口に、最後に塗装をして終了です。

見た目のきれいさはやはり本職にかなうものはないかもしれません。ですがちょっとしたキズを目立たなくする方法としては有効的だといえます。

引用元-事故車NET.

バンパーを自分で補修する場合の参考費用

コンパウンドとは、液状の研磨剤です。目が大変細かく、適量を布やスポンジにとって、傷を擦るようにして使うと、浅い傷であれば、すぐに目立たなく、なってしまいます。

但し、無数の浅い傷の場合なら、傷の溝の底まで、コンパウンドで磨けば目立たなりますが、深い傷も入っている場合は、擦りすぎは禁物。

表面の細かな傷が、消えてもそこに紛れていた、塗装の剥がれや、深い傷などが、露出することがあります。

こういうときは、使用している車と同じ色ナンバーの、タッチアップペンを使って色を挿すようにして、補修していきます。

「自分で修理をすれば、費用はコンパウンド(¥1000程度)とタッチアップペン(¥500~)、拭きあげ用のウエスを、購入する代金くらいで済むんだけど、業者に頼んだ時ほど、キレイには仕上がらないことは、覚悟しておく必要があるね。自分の経験からすると、バンパーなど、樹脂素材のパーツでも、へこみを自分で修理するのは、難しいと思うよ。だから、自分で行う補修は、コンパウンドで磨けるレベルの、傷までにとどめておく、というのが、無難なところだろうと思うね。カンスプレーなどを、使った塗装は、かなり、熟練してからでないと、後悔することに、なりかねないよ。自分でする塗装は、タッチペンレベルの補修までと考えておくのが、いいと思うよ。」

引用元-なるほど!そうなんだ!

バンパーの修理を業者に頼んだ場合

車のバンパーの傷は、修理工場、ディーラー、板金屋などで、修理をしてもらうことができます。まずは、実際に修理したい箇所を見てもらって、見積もりを、出してもらいましょう。ディーラーの多くは、板金塗装工場に外注(下請け)する場合が、多いですから、ディーラーの利益も、必要なため修理工場や、板金屋よりも高額になるのが、一般的です。

「業者に頼んだ場合は、小さな傷や、損傷範囲の狭いものでも、10,000円~15,000円程度を 見込んでおくと、良いだろうね。大きな傷になると、安くても30,000円はかかると考えておくのが、妥当だよ。更に、バンパーにある程度のヘコミや、割れなどがあり、取り外して、補修する必要があれば、補修・脱着・バンパー全塗装で、恐らく相場は、5万円~6万円程度かな。5万円くらいかければ、新品交換という、選択肢もでてくるね。よく売れている、コンパクトカーなどは大量生産できるせいか、塗装済みの新品が、かなり安いんだ。傷の状態によっては、修理して再塗装するより交換してしまう方が、安くなったり、高くなっても、数千円の差という場合もあるよ。交換と修理する場合の、両方の見積もりをとるようにした方がいいね。知り合いの、板金屋によると、交換なら15分~1時間程度で、作業が終わるので、車を預けられない、お客さんも交換してしまう場合が、多いそうだよ。塗装だと、最低3日は掛かるから、1万円くらいの差だと、修理より交換を、希望するお客さんが多いと言うことだよ。」

引用元-なるほど!そうなんだ!

車のバンパーを交換する場合

車のバンパーを交換する時の注意点として最も代表的なものは、きちんと車のボディカラーにあわせたものを選ぶことです。特に自分で交換を行う時には、この色をあわせることは非常に大切になってきます。同じような色であっても、少し色が違うだけで車の印象というのは大きく異なってくることがあるからです。修理工場やディーラーなどに修理を任せた時には、そのような細かい点に注意する必要はありません。しかし、自分で交換をするのなら最も注意しておくべき点ですね。交換するバンパーを用意する時には、きちんと自分の車にあわせて修理を行っていくべきです。

良く晴れた日の日中に行うことで、微妙な色の違いなどもしっかりと判別することが出来ますので、バンパーの修理交換を行うなら雨の日や曇っている日、夕方などは避けておいた方が良いでしょう。もう1つ注意すべきこととしては、バンパーの取り外しです。慣れている人なら問題はありませんが、初めて行う人の場合は力のかけ具合を間違ってしまうと、バンパーをはめる時にうまく出来なくいことも注意すべきポイントです。上手にはまらず、バンパーとボディ部分の間が大きく広がってしまうと、かなり目立つこともあるので、交換をする時には慎重に行っていくようにして下さい。また、バンパー交換をする時に、隣接するボディに引っかけてしまって傷を作ることがあります。こうした傷を防ぐためにもマスキングテープなどを利用して、あらかじめ引っかけても大丈夫なように養生しておくと良いでしょう。

修理工場などに持ち込む時の注意点としては、必ず見積もりを取ることです。車のバンパーを修理交換するとしても、場合によっては高額になることもあるので、事前にどの程度の修理費用がかかるのか確認しておかないと、実際の修理費用を見た時に困ることがあるからです。

引用元-事故車NET.

バンパー修理の経験者の声

以前、我が家の車(デミオ)をフロントバンパーを板金修理に出しました。「カーコンビニ倶楽部」です。直径5センチくらいの大きな擦り傷でした。(ちょいとへこんだ)

その際の塗装費用(へこみはパテ埋め)は2万円でした。このときは傷部分の部分塗りをしましたが、仕上がりはかなり満足のいくものでした。できばえは店にもよるかもしれませんが。。。

なお、バンパーをはずしての全塗装は見積もりで約3万円。また、新品バンパーへの取り替えが3万5千円ぐらいだったと思います。板金も新品もそんなに変わりません。。。

見積もりの際には、板金だけでなく新品交換も視野に入れた方がよいでしょう。

引用元-教えて!goo

まとめ
バンパーの傷や故障具合によって、修理できたり、交換になったり、自分で修理するほうがやすくついたりするようですね。修理するバンパーの状態によって対応はいろいろ選べるようです。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ