日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

引っ越しの業者さんへ寸志は常識?

      2016/05/24

引っ越しの業者さんへ寸志は常識?

古くから日本人の習慣として寸志やご祝儀があります。お世話になったお礼、気持ちよくやっていただくためや、労をねぎらう気持ちを表しまています。お祝い事は礼儀を重んじるとともに、共に祝う意味もあるのでしょう。人数分よりもいくらか多く用意しおていましょう。代金を払っているからと割り切らずに引っ越しの業者にも渡しましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

新幹線をキャンセル!乗車券の払い戻し

新幹線を予約していて、急に乗ることができなくなることあります...

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよ...

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足...

バレンタインの義理チョコへのお返しは?いらないと言われたらどうする?

バレンタインのお返しで悩むのは義理チョコへのお返しですね。最...

体育教師になるにはどの大学へいけばいい?

どうすれば体育教師になれるか知っていますか?どんな大学に行け...

司法書士と弁護士、統合は必要か?

弁護士と司法書士、どちらも法律に関係した仕事ですが、できる仕...

小学校の卒業式は何を着る?男子の場合

6年間通った自分の子供の小学校の卒業式は親としては感動もひと...

スポンサーリンク

引っ越しをする時に業者さんに寸志は必要ですか?

引越し業者に頼んで引越しをする場合、やはり気になるのが、「寸志・チップ・心付けや差し入れといったものは必要なのだろうか?」といったことかもしれません。

基本的には不要なのですが、大変な力仕事をしてくれる作業スタッフへのお礼の気持ちとして、お茶や寸志を用意するという方も、実は多いようです。大量に汗をかく作業スタッフにとっては、近所に自動販売機などがない場合は特に、作業の切れ目などでの飲み物の差し入れは非常に喜んでもらえるでしょう。

また、現金で渡す場合には、小さな祝儀袋や白い封筒に「寸志」「お礼」などと書いて、1人あたり1,000円ほどを全員分まとめて入れ、リーダー格のスタッフに、「皆さんで」と伝えてお渡しするという方法が一般的なマナーのようです。ただこの方法だと、独り占めされてしまったり全員に均等に分配がされないケースも多々あるようなので、人数分でぽち袋を用意しておき、一人一人に個別で手渡しをするという方法でもよいでしょう。作業スタッフの人数は見積もりのときに分かっていますが、念のため少し多めに準備をしておくと安心です。

タイミングとしては、作業開始前、お昼休憩開始時、作業終了後、といったパターンが多いようです。ただ、そもそも心付けなどは本来不要なものでもあるので、当日の作業スタッフの仕事ぶりや態度を実際に見て判断した結果、結局渡さないという選択をする人も多くいるようです。

引用元-引越し総合情報サイト

引っ越しの作業員への寸志の相場と渡すタイミング

引っ越し会社との契約時に受け取った書類には、「作業員への寸志・心づけは不要です」と書いてあり受け取らない業者も多くなっています。しかし渡す必要はないと聞いても、やはり「抜かりなく仕事をしてほしい」「良い仕事をしてくれて助かった」と思うと渡たくなるのが「心づけ」ではないでしょうか。そんな方に、ここでは心づけの額や、渡すタイミングなどのポイントを紹介します。

一般的な相場金額

「心づけ」はあくまでも「きもち」ですので、作業スタッフ一人につき1000円程度で十分でしょう。人数分の金額(3人なら3000円、5人なら5000円)をポチ袋などに1人分(1000円)ずつ分けておき、それらをひとまとめにして祝儀袋に入れましょう。必ずしも祝儀袋である必要はなく、普通の封筒や、紙に包むだけであってもOKです。あまり堅苦しく考える必要はありませんが裸のまま渡すのはやめましょう。

寸志(心付け)を渡すタイミング

また、渡すタイミングですが、どのような理由から「心づけ」を渡したいのか、ということでもタイミングは分かれます。「心づけ」の有無で作業に差が出るなどということはほとんどありませんが(そんなことではプロ失格!)、「手抜きのないようにキッチリと仕事をしてもらいたい」と思って渡す場合は、作業が始まる前に「今日はよろしくお願いします」と渡しておくと良いでしょう

引用元-引越し費用が安く作業が丁寧な業者の選び方

引っ越しの時に業者さんに寸志を渡す人の割合は?

引越し業者に心づけは必要?

「心づけ」とは、気持ちを形にしたもの。「寸志」とも言いますね。チップの習慣のない日本ですが、お葬式の手伝いの方へ、旅館の仲居さんへ、家に来てくれた作業員さんへなど、感謝の気持ちを込めてお渡しする習慣はあると思います。

最近は「心づけ」などは辞退するようにという申し渡しをしている会社もあります。しかし、実際に作業している人たちにしてみれば、自分たちの仕事に対する評価が目に見えてわかる瞬間でもありますね。頂けばみなさん嬉しいと思うはずです。

実際にはどのくらいの人が「心づけ」をお渡ししているかというと、約半数くらいとのことです。引越しの内容にもよるのが実情でしょうか。短時間で終わる単身パックではあまり必要性は感じないかもしれません。家族の引越しや長距離移動ともなると、時間や労力がかかるため自然と作業さんへの気遣いをする場面が増えますよね。

皆さんプロですから、「心づけ」がなくてもきっちりと作業をされますが、長時間の肉体労働となる場合には、休憩や食事時間もとる必要がでてきますので、「心づけ」や「お菓子・飲み物」などをお渡しすると喜んでいただけると思いますよ。

引用元-ひとり暮らしの役立つ知恵

引っ越し業者さんは手際よくて満足

【引越し作業】
作業員の方は3人でいらっしゃいました。荷物量も多く、大きい家具もあったのですが、チームワークが大変良くて手際よく作業されてました。

【サービス】
地震対策のゴムを食器棚の下に設置してもらいました。

【接客対応】
見積もりの際に、訪問して荷物量をチェックしていただきましたが、それを元に見積もり内容をわかりやすく説明していただきました。実際作業するリーダーの方が来られたので信頼感がありました。

【料金】
距離が近かったからなのか、閑散期だったからなのかわかりませんが、かなり安く感じました。

【総評】
引っ越し作業、料金とも大変満足しました。また、引っ越しする際にはお願いしたいです。

引用元-価格.com

引っ越しの時に寸志を受け取らない業者の場合はどうするの?

業者に対し、幾ら包むかの決まりは存在しません。寸志を出す人、出さない人の割合はおよそ半分半分くらいです。料金を支払っているのに寸志を出す意味が分からないと言う人と、作業してくれる人に対しての気持だから、と考える人と。出す出さないで作業自体は何ら変わりはありません。「ありがとう」と思えたら1人あたり1,000が相場だと思います。ただ、業者によっては会社的に一切受け取らない会社もあります。その場合は飲み物を多めに渡せば良いと思います。
友人(友達)に手伝ってもらった場合ですが、単純に午前中だけ、午後だけなら5,000。1日なら10,000が相場だと思います。どちらにしても、昼食か夕食は一緒に食べに行く形です。
なので、近場の少量の引越だと、友人に手伝ってもらうと割高になる場合があるかもしれません。
ご参考にしてみて下さい。

引用元-YAHOO!知恵袋

まとめ
日本人の習慣でお祝い事には寸志が当たり前。気持ちよくやっていただきましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ