日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ガンがリンパへ転移した場合はどうなる?

      2016/05/26

ガンがリンパへ転移した場合はどうなる?

ガンは日本では死亡原因の第一位になるほど身近な病気です。多くのガンは早期発見をすることで再発も防げるようですがリンパに転移した場合はどうなのでしょうか。今回はガンのリンパへの転移について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

床のフローリングの種類は?シートタイプのメリット・デメリット

フローリングの床の種類にいくつかあります。最近よく使われてい...

小6女子の平均身長は?成長期はいつまで?

身長はいつまで伸びるのでしょうか?女子は大体小6頃に成長のピ...

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

スポンサーリンク

ガンとは

私たちの体を作っている細胞の総数はおよそ60兆個にもなります。それらの細胞は常に様々な傷を受けています。傷を受けると、細胞は速やかに修復しようとします。ところが、細胞に何らかの遺伝子の異常が起こり、細胞が増殖を繰り返し、止まらなくなってしまうことがあります。そうして何年もかけてできた異常な細胞のかたまりの内、生命を脅かすものががんです。悪性腫瘍あるいは悪性新生物とも呼ばれます。がんは近くの組織に侵入(浸潤)したり、一部が血管やリンパ管を通って離れた臓器に転移し、そこでも増殖したりします。このため、正常な組織や臓器がむしばまれ、放置すれば生命の危機にさらされることになります。

引用元-テラのがん免疫療法情報ガイド

リンパとは

私たちの体内に張り巡らされたリンパ管は、左上半身と下半身のリンパを集める「左リンパ本幹(胸管)」と、右上半身のリンパを集める「右リンパ本幹」に分かれます。

それぞれ経路は異なりますが、ともに体内で不要となった水分や老廃物を回収して運び、最終的に左右それぞれの鎖骨あたりから静脈に合流します。その後は腎臓を通して尿として体外へ排出されます。

リンパ管の途中にある、ソラマメのようにふくらんだところがリンパ節です。上半身ではワキの下(脇窩リンパ節)、下半身では足の付け根(鼠径部リンパ節)に多く集まっています。

リンパ管に異物が入り込んだ際、全身をめぐらないようここでチェックし、免疫抗体を作ってブロックする重要なはたらきをしています。

血管がおもに栄養や酸素を運ぶ「上水道」だとしたら、リンパ管は「下水道」のような役割といえそうです。リンパの流れが滞ってしまうと、体内の余分なものが排出されにくくなり、むくみや体調不良につながります。

引用元-がんのきほん

ガンのリンパへの転移とは

がん治療において、リンパ節と大きな血管への転移や浸潤は、常に意識しておかなければならない重要なポイント。このふたつへ腫瘍が入り込んでしまうと、全身にがん細胞が巡ってしまうことになるからです。

言うなれば、血管は全身の細胞へ酸素や栄養を運ぶ上水道のようなもの。リンパ管は全身の細胞から老廃物を排出する下水道です。この流れにがん細胞が乗ると、いつどんな場所に流れ着いて定着し、腫瘍が発生するのか全く予想できません。

例えば、乳がんと診断されて切除手術を行う場合、乳がんの原発巣と同時に、脇の下のリンパ節まで取り除いてしまうケースがあります。それは、リンパから脳などへの遠隔転移を防ぐ狙いがあるからです。

また、すい臓などのように、すぐ近くに大きな動脈やリンパ、神経などが多数通っている場所は、がんが発生すると初期の段階から遠隔転移を起こしやすく、病状が進みやすい傾向があります。

引用元-がんの転移が心配なときに読むサイト

リンパへの転移を認めるとステージが進む

リンパ節への転移による判定

ステージの判定について気になっている人も多いでしょう。ステージの判定は、先ほども説明した通り、癌の進行具合や大きさによって判定されますが、大きな区別は“リンパ節への転移”になります。リンパ節に転移していると判断されればステージⅡになりますし、まだ転移が見られない場合はステージⅠに分類されるのです。リンパ節に移転しているかどうかが大きなポイントになるので注意してくださいね。リンパ節に転移していると医者から判断されればすぐに治療を受け、癌細胞がほかの臓器に転移しないように防がなければなりません。たとえリンパ節に転移していない場合でも、早期の治療が大切です。

引用元-キュアの癒し系ブログ

ガンの再発と転移とは

正常な細胞は、体や周囲の状態に応じてふえるのをやめたり、成熟(分化)していろいろな機能を担うようになったり、脱落してほかの細胞と入れ替わるような仕組みが働いています。がん細胞は、こうした仕組みに異常があり、時間をかけて数をふやしたり、ほかの場所に移動しやすくなるなどの性質を持っています。

がんのある場所や大きさのほか、患者さんの状態、これまでに受けた治療の内容や効き方、検査でわかるがんの特徴など、さまざまな要因が、がんの進行に影響してきます。

「再発」とは、治療がうまくいったようにみえても、手術で取りきれていなかった目に見えない小さながんが残っていて再び現れたり、薬物療法(抗がん剤治療)や放射線治療でいったん縮小したがんが再び大きくなったり、別の場所に同じがんが出現することをいいます。治療した場所の近くで再発を指摘されるだけでなく、別の場所に「転移」としてがんが見つかることも含めて再発といいます。「転移」とは、がん細胞が最初に発生した場所から、血管やリンパに入り込み、血液やリンパの流れに乗って別の臓器や器官に移動し、そこでふえることをいいます。リンパの流れが集まる場所であるリンパ節に転移したり、肺や肝臓、脳、骨など血液の流れが豊富な場所に転移することが多いです。「播種」とは、がんのできた臓器からがん細胞がはがれ落ち、近接する体内の空間(胸腔や腹腔)に散らばるように広がることをいいます。

引用元-がん情報サービス

ガンは早期発見が大事

がんの進行は、種類によって寿命に違いがあっても、おおむね決まったパターンがあります。胃がんは、発見できる大きさになるまでは15年ほどの歳月を要します。その後、5年で10センチほどの大きさになって人間を死に至らしめます。

しかも、時間の経過とともに血液やリンパ液に乗って全身に広がる可能性が高くなっていきます。胃にできたがん細胞が血流にのって肝臓にたどりつき、そこで転移巣として見つかった場合、根治的な治療はむずかしくなります。ですから、早期発見・早期治療が重要となるのです。

がん早期発見をするためには、次の3点がポイントになります。

1.まずは、年に1回、定期検診を受ける
2.検診結果の数値を正しく読みとる
3.診断結果に素直に従う

会社勤めの人は会社の定期健康診断があります。これはおもに生活習慣病の予防を行うためのものですが、がんの兆候が発見される場合もあります。たとえば、「貧血」です。

胃がんや大腸がん、子宮がん(子宮体がん、子宮頸がん)などは出血があるため、貧血につながることが少なくありません。通常、貧血が起きるとめまいやふらつきがありますが、出血が少しで、それが常態化していると、体が慣れてしまって症状を自覚できない場合があります。この無自覚の貧血を、健康診断でチェックすることができるのです。

とはいえ、やはりがんを早期発見するためには、「がん検診」を受診することが必要です。最先端のPET検査は、全身のがんを一度に検査でき、早期がんも発見できるので、とても有効です。ポイントは、毎年、同じ医療機関を利用することです。健康診断の結果を判断する医師にとって、検診結果の推移はきわめて有用なデータになるからです。自分の誕生日に合わせて受診すれば、年に1回であっても検診が習慣化できます。

引用元-西台クリニック

まとめ
リンパへ転移してしまうとすべてを取り除くのは難しくなります。ガンの早期発見のために定期的な健康診断を実施しましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ