日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

バイトのシフトを減らされた!その場合の対処法

      2016/05/29

バイトのシフトを減らされた!その場合の対処法

バイトをしていると急にシフトを減らされることがあるようです。収入が減るのは死活問題ですね。一方的にシフトを減らすのは違法にならないのでしょうか。今回はバイトのシフトを減らされたときの対処法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

バイトをのシフトを一方的に減らすのは契約違反

完全に立派な契約違反になります。
週5日で契約したほうがいいですよ。 シフト減らし、バレれば労働基準監督署から指導がきます。シフト制なら、会社の都合で出勤日は決めることはできます。ですが、 事前に出勤希望予定のシフト表を提出させ、希望にそったシフトを決める会社がほとんどです。シフトを決められるというのは、定休日がなく交代で休みをとっている ということですね?例えば、週5日で契約しているということは、週5日は就労させなければなりません。ただし、会社の都合で休みの曜日は調整することはできます。また、週休2日制であれば、契約通り2日休日を与えなければなりません。それを休日を増やしたり減らしたりすることもできません。ですので、出勤日数を勝手に増減はできません。本人からシフトを減らしてほしいという希望がない限り、店長が勝手にシフトを減らすことはできません。契約書を書かれたとおりにしなければなりません。たとえ、能力の低い人間はもちろんのこと、休みが多い人間や自己主張の弱い人間(自分勝手ともいう)、よい人が入ってきても、削っていっても、一緒に入りたくなくても、これも契約違反です。 最初が週5日で徐々に週3回から週2回に減らしても、これも契約違反です。契約内容を確認してみてください 。
店長に「契約違反だから、シフトを増やしてください」と相談し、改善がみられないようでしたら、本部か労働基準監督署に相談しましょう。労働基準監督署から指導がきますよ。

引用元-YAHOO!知恵袋

バイトのシフトを減らされたのはなぜ?

辞めさせたいバイトのシフトを減らすことがある

シフトがどうしても不足している場合は来てもらわざるをえないものの、十分なスタッフがいるならその人はあまり来てもらわなくても良い…もしくは、ちょっと仕事の能力がいまいちなので教育や指導の手間がかかりすぎてしまう…そんなバイト・パートのスタッフは、気づかないうちにシフトを減らされていることがあります。意図としては、「積極的に辞めてほしいわけではないけど、辞めてもらっても構わないし、自分から辞めると言ってくれれば引き止めることはない」と考えている場合があります。ただ、単に一時的に人手が足りている、忙しくない時期だからシフトが減っているという可能性もあるので、すぐに辞めようと考える必要はありません。真意を確かめてからでも遅くはないでしょう。

引用元-マイベストジョブの種

バイトのシフトの作成はもめやすい

まず、特にアルバイトやパート労働者が、採用当初の思惑とは異なり、希望するシフトに入れてもらえないことがトラブルの原因になることがります。シフトの作成方法については、就業規則や雇用条件通知書などで規定されることになりますが、実際にはルールが明確にされていないことも多く、たいていの場合、労働者から一定の希望を提示させ、他の労働者との調整を経て、会社が作成し、決定するというプロセスを取っています。

しかしこの調整過程で、シフト作成担当者の恣意的な操作が入る余地があります。本来であれば労働者からの希望ができる限り反映されるようなシフトにすることが、労使ともに望ましいのですが、調整がつかないことも当然あります。もっとも労働者からのシフト希望をすべて受け入れる義務は会社にない訳で、それは労働者も承知していることです。

しかし採用当初の労働条件通知書において、あるいは口頭かもしれませんが、どのくらいの日数を勤務するとか、サービス業などであれば、土日や祝日は勤務できるかなど、確認しているはずで、そうした確認事項に反するシフトが編成された場合には、労働者の同意を求めるべきでしょう。

引用元-労働法でチェック~トラブル対応の知識ノウハウ満載の労働法辞典~

シフトにしばらく入ってないと退職になる可能性も

勝手に退職になることはきわめて稀

シフトの都合が合わずに1ヶ月以上バイトに出ないと、退職扱いになる可能性もあります。とはいっても、勝手に退職させられるわけではなく、「1ヶ月以上、シフトに入っていませんが、退職する予定ですか?」などとバイト先から連絡があることがほとんどです。よっぽどスタッフの数が多く、一人ひとりのシフトや出欠を確認していない、というバイト先では、もしかすると1ヶ月以上シフトに入っていないことすら、確認しないと気が付かないこともあるでしょう。どちらにしても、毎月のシフト連絡を長期間無視しない限りは、勝手に退職させられることはありません。しかしお店によっては、長期間音信不通だった場合は、退職という形をとっているところもありますから、シフトに長く入っておらず気になるようなら、「しばらくシフトに入れていないのですが、大丈夫でしょうか?」と直接お店へ確認してみるのがベストです。

引用元-マイベストジョブの種

シフトを減らされたので辞める場合は

アルバイトを辞める意志は辞める日の直前に伝えた方が良いです。

労働契約書の契約期間が終了する前でも、自由にアルバイトを辞めることができます。「14日前に辞める意志を伝えたり、引き継ぎをしたり、次のアルバイトが決まるまで辞めるのを待つ」という形で円満にアルバイトを辞める人もいますが、それは法律で定められたことではないので、守る必要はないのです。

つまり、14日前に辞める意志を伝えなくても、引き継ぎをしなくても、次のアルバイトが決まる前でも、いつでも自由にアルバイトを辞めることができるということです。知り合いなどの紹介でやっているアルバイトなら、円満に辞めないと気まずくなりますが、そうじゃない場合は、辞める意志は辞める日の直前ギリギリに伝えた方が良いでしょう。

円満に辞めたいからといって、14日前に辞める意志を伝えたりしてしまえば、間違いなく辞めるまでのシフトを強制的に減らされてしまいます。シフトを強制的に減らされてしまえば、その分、バイト代が減ってしまうので、次のアルバイトが見つかるまで経済的に厳しくなってしまうのです。

会社側は、辞めていくアルバイターよりも、新人のアルバイターにたくさん出勤してもらって、仕事を覚えてもらった方が助かるから、辞めていくアルバイターのシフトを減らそうとするのです。契約期間が終了する前に自分の都合でアルバイトを辞めるのに、シフトを減らされたことに激怒して会社側とトラブルになるアルバイターも意外に多いみたいです。

しかし、法律では立場の弱いアルバイターを守るようにできているので、辞めるからといって理不尽にシフトを減らしてしまうと、トラブルになった時、アルバイターの方が勝ってしまうのです。だから、もし、14日前とか、もっと前に辞める報告をして、法律に違反するくらいシフトを減らされてしまったら、そこは弱気にならず、抗議しても良いのです。抗議すれば、シフトを通常通りに増やしてくれることでしょう。

引用元-労働契約書書き方見本ダウンロード

バイトでも契約内容の確認はしっかりと

労働者を雇う時に、会社が労働者に明示すべき労働条件が定められています(労基法15)。働き始める時には、これらの労働条件をきちんと明示してもらうことが重要です。もし、明示されない部分や内容に疑問がある時には、そのままにしておかないで、「尋ねて確かめる」ことが、トラブルを防ぐポイントとなります。 明示すべき労働条件が明示されていなくても、「雇ってください」「雇いましょう」というようにお互いに合意すれば、口頭であっても労働契約は成立します。 この時に、賃金・労働時間など働くときの基本的な労働条件は書面で明示してもらうこと、そしてその書面を保管しておくことで、「言った、言わない」「聞いてない」「話が違う」といったトラブルの大半を防げます。

労働条件はきちんと説明してもらうこと、書面でもらうこと、疑問点はよく確かめておくことが必須です。

また、当初、残業や休日出勤もできますと約束すると、実際に働き始めた時にこれらを拒否できない場合もあります。雇い入れられる際には、残業や休日出勤を「できるかできないか、できるとすればどのくらいまでならできるか」を十分考えて、働く時間や日数を決めることが大切です。

引用元-しっかり学ぼう!働くときの基礎知識

まとめ
バイトであってもシフトを一方的に減らされるのは違法になるので契約内容をしっかり確認しましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ