日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

親の介護はどうする?発生する問題とは

      2016/05/31

親の介護はどうする?発生する問題とは

年を取ると親の介護のことも考えないといけなくなってきますね。しかし親の介護には様々な問題がでてくるものです。今回は親の介護で発生する問題点について調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

アメリカの高校で行われる主な行事

アメリカの学校では、日本では考えられないような行事が行われて...

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には...

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです...

猫が飼い主を噛むのは何故?朝の場合はどういう意味?

飼っている猫に噛まれた経験はありますか?猫が飼い主を噛むのは...

ベッドのマットレスにカビが生えたらどうする?

ベッドのマットレスは敷きっぱなしにしているとカビが生えること...

スポンサーリンク

親の介護で兄弟間に発生する問題とは

親の介護をきっかけに兄弟の縁が切れることも

親が元気なうちは何の滞りもなく回っていた兄弟の歯車。それが親の介護をきっかけに軋みはじめ、やがて修復不可能なほど壊れてしまうこともあります。

いずれ長男夫婦が面倒を見てくれるだろうという両親の期待があったとしても、実際はほかの兄弟が介護を担うことになるのはよくある話。話し合いが余計に関係の悪化を招き、金銭的な協力も得られないまま絶縁状態になることだってあるのです。

「誰が介護するのか」兄弟が揉める原因

昔であれば長男が家を相続し、親の介護もするという暗黙の了解がありました。女性にしても長男のもとに嫁ぐということは、舅・姑が老いた先の面倒をみるということでもあったのです。ですが、近年では核家族化が進み、「家」という概念が薄れています。長男も次男も三男も、いわば平等。いざ介護が必要になったときに、誰が老いた両親の面倒をみるのか決まっていないのです。「なんで俺が?」「なんで私が?」、誰が親の介護をするのかが決まっていないことが、兄弟間のトラブルのもとになるようです。

「お金」も兄弟が揉める原因のひとつ

「誰が介護するのか」という問題に加えて、「お金」の問題もトラブルの原因になっています。「つきっきりで親の介護をしたのに、介護しなかった兄弟と遺産は同じなのは納得できない」「介護もせず、お金も出さなかった姉が親の死後、わずかな遺産の分配だけは請求してくる」このように「誰が介護するのか」という問題に加えて、「お金」の問題も絡んだトラブル、実は少なくないのだとか。

超高齢社会を迎え、これから増えると思われるこの問題。どうすれば避けることができるのでしょうか。

引用元-介護のほんねニュース

親の介護でかかるお金はどのくらい?

■在宅介護の自己負担平均はなんと月69,000円!

家計経済研究所が2011年、親を在宅で介護している人を対象に行った調査では、月の平均介護費用は37,000円!(介護保険制度を利用し自己負担で支払った金額)

そして、医療費や介護用品代など介護サービス以外の費用は32,000円。つまり、合計で月々69,000円もの出費があることが判明したのです。

高額になっていく理由は、介護保険の上限額を超えると全額自己負担になるから。その月平均はなんと24,000円……! ほとんどの人が介護保険の上限額を使い切り、自腹で介護サービスを利用していることが明らかになっています。

こんな状態が3年、5年と長引けば大変な負担に……。蓄えていたお金も底をつき、月収や親の年金だけでは生活自体が成り立たなくなる「介護貧乏」に追い込まれてしまう危険性もあるのです。

引用元-Suzie

老人ホームに入れるにはお金がかかる

親の介護と新築マンションを買うのは同じ!?

特別養護老人ホームと有料老人ホーム。両方とも高齢者の介護施設という点では同じですが、まず運営母体が違います。特別養護老人ホームは社会福祉法人や地方自治体といった公的機関が運営母体です。

これに対して有料老人ホームは民間企業が主な運営母体であり、特別養護老人ホームに比べると、設備・サービスなどが充実しています。部屋も、特別養護老人ホームは従来型の4人で1部屋と、ユニット型個室があります。有料老人ホームは個室であり、プライバシーがきちっと守られます。その部屋も、ホテル並みのクオリティを持たせた施設もあります。

設備やサービスが充実していれば、当然のことですがコストが高くなります。もちろん有料老人ホームといっても「ピンキリ」ですが、高い施設になると、入居する際に入居時費用として3000万円以上、月額費用として20万円以上かかるケースもあります。

もうほとんど新築マンションを買うのと同じようなものです。それだけのおカネを払えるだけの余裕が、親にあるのかどうかという点が、親の介護をしていくうえで重要になってきます。

引用元-東洋経済ONLINE

子供が独身の場合はこんな問題も

中田さんは一人っ子。73歳の父親は数年前に大病を患い、歩行に杖が必要など体調面での不安を抱え、今年70歳を迎える母親も衰えが目立つという。2人とも以前は、「子供に迷惑をかけたくないから老人ホームに入る」と語っていたが、「そんなことは言った覚えはない」と今では完全撤回。その急激な心変わりは中田さんを大きく困惑させている。

「仕方なく今は週末だけ実家で過ごしていますが、母親は『実家からでも仕事に通える』と言って譲りません。通えない距離ではないですが、片道1時間半はキツいですよ。もし同居するなら転職も考えなければなりません。でも、40歳目前で転職なんて大変ですし、できればしたくない。今の仕事だって教授のコネでようやく雇ってくれた職場ですし」

結婚相談所からも「一人っ子で39歳、両親と同居では無理」と女性の紹介を断られたが、事情を知らない両親は「早く結婚してほしい。孫の顔が見たい」とプレッシャーをかけてくるという。

「実は、海外の大学に留学していた20代後半、結婚を考えていた人がいたんです。同じ留学生で研究に専念するために別れましたが、唯一と言っていいチャンスだったから本当に後悔しています」

現在は結婚も半ば諦めモード。父親はいずれ歩行困難になる可能性が高く、将来に備えて介護講習会に参加している。

「20代は研究、30代は仕事に一生懸命取り組んでいた結果がこれじゃあまりに切ない。両親は自分に介護をしろと言うのに、老後の自分を介護してくれる人は誰もいないんですから」

親の介護と結婚。独身で出会いもないアラフォーにとって、その両方を滞りなく遂行するのは、もはやミッション・インポッシブルだ。「いずれは結婚したい」と考えるなら、女性に限らず、男性も早めにするに越したことはないのかもしれない。

引用元-J・SPA!

親の介護でもめないように決めておくこと

①主介護者をはっきりと決めておく

「私は末っ子だから」「同居している長男のお嫁さんがみるでしょ」といったそれぞれの考えは、お互いが共有しないとただの思いこみです。誰がリーダーになって介護するのか、前もって話しておきましょう。普段から介護について、兄弟同士で気軽に話せる関係性を作っておくのが重要といえますね。住んでいる場所が離れていて普段話せないなら、お盆やお正月など、親族が集まった時に切り出してみましょう。

②親の貯金がどれくらいあるか確認しておく

介護サービスや車いす、おむつ、リフォーム…介護にはお金がかかります。
それらの介護費用について、自分の親はどれ位負担ができるのか、事前に確認しておきましょう。とはいえ、直球で「うちって貯金いくらあるの?」とは、なかなか聞き出しづらいもの。その場合は、「◯◯さん家のお母さん、ホームに入る時にお金がたくさんいって大変だったんだって」など、他の人の話やニュースの話から、やんわりと切り出す方法もあります。

③兄弟同士で事前に「介護貯金」を積み立てる

両親の貯金で十分にまかなうことが厳しそうな場合、兄弟で介護貯金を積み立てておくのも手です。また、介護費用は親の貯金から出している場合でも、介護をしている人は何かとお金を使っています。兄弟で毎月5000円ずつ積み立てる、等ルールを決めておくことで、不平等さもなくなります。

④介護に加われない人は、口ではなく金を出す

介護もしない、お金も出さない、でも口は出す。というのが、実際に介護を担っている本人にとっては最悪のケース。良かれと思って「もっとこうした方がいいよ」とアドバイスしたとしても、毎日必死で介護している本人は批判されたと受け取ってしまいます。自分が主介護者でない人は、向き合ってくれている主介護者に感謝の気持ちをこめて、資金的な援助をすることをおすすめします。

⑤兄弟間ではマメに連絡して情報共有する

介護が始まったら、主介護者にまかせて後はおしまいではなく、兄弟間で日々の介護状況を共有しましょう。みんなで情報を共有することによって、万が一の時にも備えられます。LINEでグループを作ったり、メールで共有したり、その手段はいくつもあります。

引用元-認知症ONLINE

まとめ
親の介護はとにかく大変ですが、避けては通れないものです。その時が来る前からどうするか考えておくことが大事なよううです。

twitterの反応

 - 日常・生活, 未分類

ページ
上部へ