日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

パートで働いたときの雇用保険とメリット・デメリット

      2016/06/02

パートで働いたときの雇用保険とメリット・デメリット

子育てに手がかからなくなり、教育費などがかかってくると仕事始めようか考えるようになりますが、正社員で働くことができればいいですが子育ての空いた時間に、と考えるとパートで働く選択が濃厚のような気がしますが、パートで働くことのメリット、デメリットについて雇用保険について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

新幹線をキャンセル!乗車券の払い戻し

新幹線を予約していて、急に乗ることができなくなることあります...

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよ...

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足...

バレンタインの義理チョコへのお返しは?いらないと言われたらどうする?

バレンタインのお返しで悩むのは義理チョコへのお返しですね。最...

体育教師になるにはどの大学へいけばいい?

どうすれば体育教師になれるか知っていますか?どんな大学に行け...

司法書士と弁護士、統合は必要か?

弁護士と司法書士、どちらも法律に関係した仕事ですが、できる仕...

小学校の卒業式は何を着る?男子の場合

6年間通った自分の子供の小学校の卒業式は親としては感動もひと...

スポンサーリンク

パートのメリット、デメリット

労働者から見たパートタイマーのメリット

私たちがパートをする上で得られるメリットとは何でしょう?

勤務時間が決まっている(好きな時間働ける)

何時から何時まで、という勤務時間がきちんと決められているので、残業などは基本的にありません。限られた時間内できっちり働けるのがパートの強みです。現状ではこれにそぐわない現場もあるようですので、疑問に感じたらしっかり上司や経営者に聞いてみるのも良いでしょう。

大きな責任を問われない

メインの業務のサポート的な仕事をするので、ミスなどで大きな責任問題になる事はまずありません。

専門の知識や技術を必要としない

決められた資格や技能が無くても、働くことが出来る場合が多いようです。つまり、割とどのような人にでも任せることが出来るような仕事ですので、正規雇用に比べても敷居が低いと言えるでしょう。

休暇を比較的楽に取る事が出来る

上記のように補助的な業務内容ですので、会社側からしても休暇を取られる事にさほど抵抗が無いところが多いようです。

労働者から見たパートタイマーのデメリット

労働者側から見て、パートをする上でのデメリットを紹介します。

原則的には賞与・昇給が無い

最初から給与が決まっているのですが、それ以降も給与に増減は無く原則的に一定給のままの場合が大半です(補助的な業務が多いので尚更)。ですが、給与形態の中には完全に出来高で計算する職場もあるようです。自分に合った職場を選ぶようにしましょう。

人員の削減の時に対象になりやすい

会社で人事異動や人員の削減の時には、対象になりやすいという点が挙げられます。
正社員と比べると、パートでは立場が弱い部分でもあります。

将来に向けての労働には向かない

正規雇用者扱いではないので、将来的に考えた場合に不安定な状況であると言う事が出来ます。

経歴としては扱われにくい

パートの業務内容は単純であったり簡単なものである場合が多いので、自分のスキルアップや経験になりにくい傾向にあります。したがって、履歴書に書けるような経歴や職歴としては扱われにくい場合が多いでしょう。

引用元-パートの花道

パートの労働時間と雇用保険

雇用保険制度とは、働いている方に安定した生活と雇用を約束するために設けられた制度です。この目的は、失業したり職業訓練を受けたりする期間、再就職までの生活を保障するためにあります。「失業時にハローワークで求人に応募」「職業訓練を受ける」など、次の仕事を探している間に給付を受けることができます。

雇用保険は、毎月の給与から天引きして支払われる方法が一般的です。雇用保険料率は1.35%から1.65%差し引かれます(平成26年度)。土木や建築、農林水産業のほうが高い傾向にあり、計算式が異なるため、給与明細を見るときは注意しましょう。

一定以上の労働契約条件で働いている人は、雇用保険の加入義務があります。31日以上の雇用見込みがあり、週20時間以上働いている人に対して、事業者は届出を行わなければなりません。そのため、パートタイムの方でも所定労働時間と日数を上回るのであれば、正社員と同じ保障を受けることが可能です。労働時間が週20時間未満だと、雇用保険に加入できません。31日以上の雇用見込みがない労働契約の場合も、同様に対象外となります。パートタイムで働く人で雇用保険への加入が気になる方は、自分が働く時間と日数を確認するとよいかもしれません。

なお、当初の契約では労働時間が週20時間を上回っていても、途中で変更になった時点で原則として資格がなくなります。他にも、労働条件に当てはまっていても、働いている事業所自体が雇用保険の適用の対象になっていないケースもあります。労働時間を満たしていても、必ずしも雇用保険への加入が義務とは限らないので、自分が働く事業所に確認してみましょう。

引用元-マイナビパート TAMES

得する働き方を考えよう

160万以上稼ぐことを目標とする

社会保険料を支払っても手取りが増えるように160万以上の年収を目指して働くのもお得な働き方と言えます。150万までの収入では社会保険料の支払いの影響が強く130万以下で働くのとあまり差がないですが、年収160万以上になると手取りが増えていきます。

それに厚生年金に加入していれば働いた分だけ将来もらえる年金も増えるのでお得です。「子育てが一段落した」「扶養範囲内でパートをしていた」という方は正社員になって年収160万以上を目指すのもよいかもしれませんね。

しっかり準備して収入アップを目指そう

主婦が仕事を始めるならライフステージに応じた準備が必要です。専業主婦なら正社員への就職を目指して資格を取得しておく、パート勤務なら社員への昇格を目指すなど収入アップへの道を探してみてはいかがでしょうか?

引用元-主婦の働き方損する4パターン&得する働き方2つのポイント

パートの厚生年金加入のメリット、デメリット

加入しやすくなった厚生年金ですが、加入して本当にメリットがあるのか?デメリットは何なのか?ということは事前に知っておいた方が良さそうです。

メリットとしては当然とも言えますが、将来的な年金受給額が増えるということです。加入しない場合は基本的に、基礎年金(国民年金)だけの受給ですが、厚生年金の場合は、労使折半での掛け金支払い(要は自己負担分半額)で厚生年金部分も受け取れることになるため、その部分はお得ですよね。

デメリットとしては、もしサラリーマンの奥様であれば、現行で130万未満の年収の場合は国民年金第3号被保険者が適用され、保険料の支払い義務はありません(いわゆる130万の壁というやつです)言ってみれば、タダで基礎年金(国民年金)を受給できてお得だったのが、自分でも保険料を支払うことになります。短期的に考えれば出費増ですよね。また旦那様が会社からもらう家族手当がなくなる可能性は大です(会社により条件がことなるかもしれませんが…)

将来の年金受け取りは増えるかもしれないけれど、自分で年金保険料を払う必要があります。いまお金が欲しいのに!という場合には保険料負担は損をした気分かもしれません。そのため労働時間を週20時間未満にしたり、年収を106万円未満に抑えたりする人も当然現れると思われます。現在の130万円の壁と同じことですね。またサラリーマンの妻だけど、に今の所得を増やしたいという人にとっても、保険料負担は困りものですよね。

結局のところ、将来の年金収入を確保するために今から保険料を払っておくか、将来の年金よりも今を大事にするか、という考え方になるのかもしれません。

減る一方の将来の年金受給に対する不安もあるので難しい判断ですよね。

引用元-パートの厚生年金加入は可能?加入条件とメリットデメリット | 興味津々!

雇用保険で失業手当をうけるには?

「雇用保険とは、民間の会社で働く人が、何らかの理由で働けなくなり失業状態となった場合に、再就職するまでの一定期間、一定額のお金を受け取ることができる保険のことです。失業保険とも呼ばれます」雇用保険に加入すれば、失業した時に必ず手当をもらえる訳ではありません。雇用保険に加入する他に以下の条件を満たす必要があります。

【条件① 一定期間雇用保険に加入する】

雇用保険の加入条件~パートパート等で雇用保険に1年以上加入していた実績が必要です。過去2年間に働いた期間の合計が1年以上あれば条件を満たします。パートや正社員に関わらず、複数の会社で働いた場合はその合計期間です。その他、会社の倒産などやむを得ない事業で失業した場合などは「短期雇用特例被保険者」扱いで、期間の条件が6ヶ月に短縮されます。やむを得ない理由ではなく、自分の勝手な都合「自己都合」で失業した場合は、給付を受けられる期間が短くなったり、給付が失業の3ヶ月後からになるデメリットがあります。

【条件② 働く意思があること】

パート等で規定の期間雇用保険に加入し、最終的には自分に再び働く意思があることを認められて初めて失業手当を受けられます。というのも、本来雇用保険とは、働きたいのに働けない人、やむを得ない事情で失業した人を助けるための制度であるからです。雇用保険加入期間の条件を満たした状態で失業し、ハローワークで手当を受けるための手続きをした後は、毎月一定の就職活動をする必要があります。パートの雇用保険加入条件就職活動とは「ハローワークの就職説明会に参加する」「ハローワークから求人に応募する」「職業訓練を受ける」などです。毎月一定回数以上の就職活動をすることで手当がもらえます。求人はパートでもアルバイトでも問題ありません。最初の月は大体1回、翌月以降は月に2~3回の就職活動を行えば受給資格が得られます。このように雇用保険の加入期間を満たしただけでは手当はもらえません。「長期間働いた暫く何もしないでゆっくりしよう」とはいかず、最低限の就職活動が必要です。「自分は働いた期間が短いからダメだろう」と思っても、失業した理由や自分の年令や身体の障害などの条件によっては給付が受けられるケースがありますので必ずハローワークに確認しましょう。

引用元-保険のまめ知識

まとめ
パートで働くことは、扶養の範囲やそれ以上と選択が出来、自分の生活環境に合わせて変えることも出来るので家族からの協力も得やすく働けそうですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ